最新競馬コラム

ウマニティ編集長「岡田大がそっと教える“プロ予想家の表と裏” 」〜河内一秀プロ(オモテ編)〜

2011年12月2日(金) 18:54

 812

シムーンさんのプロデビューに際し、短期集中連載コラムのかたちをとって彼のスゴさ、予想スタイル、知られざる素顔などを3回にわたって紹介しましたが、これが非常に好評かつ「ほかのプロ予想家についても取り上げてほしい」という声が多く寄せられたようで、このたび新たに連載化の運びとなりました。

題して岡田大がそっと教える“プロ予想家の表と裏”」

記念すべき第1回に登場してもらうのは、ウマニティ開設時からトッププロとして活躍し、高いレベルの成績を維持し続けている河内一秀さんです。

「自分がこの分野での第一人者です」(by河内一秀)

彼の代名詞にもなっている的中率日本一の予想ソフト“カツラギ”はどのようにして生まれたのか?
プロ予想家としてどうありたいと考えているのか?
河内さんはプライベートでも大親友で、ふだんお互いにくだらない話しかしないのですが、前半戦(今週分)は真面目なテーマについてしっかり語ってもらいました。

後半戦(次週分)ではあんなこと、こんなことを暴露する予定ですので(笑)、まずはプロ予想家・河内一秀のスゴさ、カッコ良さを皆さんに紹介しましょう。

“鉄板河内”の予想に対するこだわりは、ハンパじゃありませんよ!

--------------------------------------------------------------

競馬を始めたキッカケは?
カツラギエースジャパンカップを夕方のニュースだったか何かで見て以来です。馬券を買い始めたのは1994年秋のGIシーズン、京大の4回生で5年目以降が正式に決まって暇になったから(苦笑)。その最初の天皇賞(秋)で、ネーハイシーザーセキテイリュウオーの馬連を1点で仕留め、その後も本命サイドのレースが多かったので連戦連勝し、競馬は簡単だと勘違いをしてしまいました(笑)」

じゃあ、そのあとは負けることに?
「ですね。1995年以降はビギナーズラックの効力もなくなりマイナスに転落しました」

当時はどんな予想スタイルだったんでしょう?
「ふつうに新聞を見ながら予想したり、パドックだけで馬券を買ってみたり、血統だけで買ってみたり。それと並行してスピード指数の開発を開始しました」

具体的に言うと?
「週末に映像も含めて実際に競馬を見て感じたことを、1週間かけて週報や公開されて間もないTARGETを眺めてイメージを膨らまし、数学的な表現に落とし込んでいく。そして、翌週に実践する。それを繰り返していましたね」

その作業の繰り返しが“カツラギ”誕生につながったと。
「そういうことですね。自分なりにプログラムを組んで、カツラギを開発しました」

競馬人生のなかで転機になった出来事やレースはありますか?
フサイチコンコルドの新馬戦です。京都競馬場で目撃して『ダービー馬発見!』と思ったものの、結局自分の目を信じ切れずにダービーの馬券は取り逃してしまったんです。スピード指数の開発に主軸が移りつつある時期でしたが、自分の目でレースを見ることの重要性を認識した出来事でしたね」

現在はカツラギの予想をベースに馬券を買っていると思いますが、それ以外に参考にしているファクターはありますか?
「当然、独自開発したカツラギの指数を用いたレベル比較が基本です。そこに、そのときの状況に応じて馬体重や馬場状態をチェックしたり、競馬場にいればパドックをチェックしたり、血統に関する個人的なイメージを反映させてみたり。実際に馬券を買う段階では、意外とアナログ的な要素も取り入れていますよ」

目標にしている予想家や競馬著名人、ライバルはいますか?
「とくにいません。スピード指数の開発を始めたころは某○○式が有名で、単行本をパラパラとめくってみたことはありますが、明らかに自分の指数のほうが優秀でした。その後も『これは!』というものにはお目にかかったことがありません。だからこの分野では自分が第一人者だと思っています」

理想のプロ予想家像・ウマニティのプロ予想家としての目標は?
「無駄な穴狙いをせずに勝ち続けることが目標ですね。穴を狙わないと勝てないと断言する予想家もいますが、それはその人の予想の精度が低いからであって、精度が高ければ本命サイドの予想でも勝てます。そのベースとして、指数の精度の維持・向上は怠らないように心がけています」

言い切りましたね! では、ユーザーさんに向けて自己PRを。
「競馬の楽しみ方はさまざまですが、馬券は当たらないと楽しくないし、予想する過程の楽しみも大きいと思います。もちろん、自分の予想に丸乗りしてもらって儲けていただけたら嬉しいですけど、それよりも、予想するうえでのひとつのファクターとして常に手元に置き、いつ何時でも、どんな条件下でも参考にしてもらえる、安定感のある精度の高い予想を提供していきたいですね」

--------------------------------------------------------------

基本的に控えめな河内さん。自己アピールをあまりしない河内さん。
しかしながら、言うときは言う、決めるときは決める河内さん。

今回のインタビューでは、まさにその本性を垣間見た気がします。
いやいや、気持ちいいくらいの自信家ぶりですね。結果が伴っているからいやらしくもなく、また納得もできる。
河内さんは誰からの影響も受けない強い信念を持つ男ですので、いつまでもマイペースで、ハイレベルな予想成績を記録し続けてくれることでしょう。

とまぁ、持ち上げるのはこのくらいにして、次週の後半戦では“ダメな部分”も含め(笑)、河内さんの正体に迫りたいと思います。

河内一秀は実際のところ馬券で勝ってるのか?

過去最高の大当たりでいくら儲かったのか?

大当たりしたお金は何に使うのか?

河内一秀の裏の顔を(僕が知る限り)包み隠さず披露しますので、来週をお楽しみに!


河内一秀プロの最新予想は!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://umanity.jp/professional/profile.php?pro_id=3100000012

関連キーワード

 ナイス!(29

もっと見る 

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連コラム

新着コラム

人気コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月26日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月25日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月19日()
マイルCS G1
11月18日()
東スポ2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る