最新競馬コラム

【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018高松宮記念~

2018年3月23日(金) 16:00

 1,538



 いよいよ春のG1シーズンが開幕。その第一弾となるのは、今年も中京競馬場で行われる高松宮記念。昨年の高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイはその後、勝ち星がなく不振。昨秋のスプリンターズSの覇者レッドファルクスも、前哨戦の阪急杯では3着と敗れている状況下。さらに前哨戦を圧倒的な強い勝ち方をした馬もおらず、レースの度に勝ち馬が入れ替わることが多いのも昨年同様。今年も「主役不在」、「大混戦」という言葉がしっくりとくる高松宮記念となりました。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 しかし、主役不在、大混戦であっても、実力上位の馬でなければ勝てないのも事実。そこで今回は、過去1年以内のスプリント路線のレースで、どのレースがレベルが高かったのか、またそれらはどのようなレースだったのかを整理していきたいと思います。準オープンを勝ち上がれば、重賞でも通用してしまう低調なスプリント路線の中でも、レベルが高かった国内の5レースに厳選して、ピックアップしました。

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月3日()
安田記念 G1
6月2日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月27日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月26日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る