山崎エリカプロの競馬予想|阪神大賞典 G2 - 2018年3月18日阪神11R|競馬予想のウマニティ!今週は宝塚記念G1

馬券購入機能をご利用の前に必ずお読みください

1.本機能のご利用にはJRA(日本中央競馬会)が運営するIPAT会員である必要があります。

2.ロボ設定にIPAT情報を設定しPATとの接続を確認してください。

3.本機能のご利用には別途費用(ゴールド)が掛かります。

4.馬券購入が正常に行えなかった場合、通信障害やプログラムのトラブルなど如何なる理由であっても、弊社およびJRAは一切責任を負いません。

5.投票内容は、JRA IPATメニュー内の「照会メニュー」にて必ず確認してください。

上記事項およびウマニティ利用規約に同意のうえ、馬券購入機能をご利用ください。

同意して利用する

馬券購入機能のご利用にはIPAT会員情報を設定していただく必要があります。
以下の項目を入力のうえ、接続確認をしてIPAT会員情報を設定してください。

INET-ID  
加入者番号  
暗証番号  
P-ARS番号  
接続確認して設定する

確認

以下の内容で馬券を購入してよろしいですか?

5点  10,000

 
山崎エリカプロの競馬予想 公認プロ 最新の競馬予想を見る≫
2018年3月18日() 1回阪神8日目 15:35発走
11R 第66回 阪神大賞典 G2
芝・右 3000m サラ系4歳以上 (国際)(指定) 別定
本賞金 6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万
最終更新日時:3月18日()11:36
必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)500G
必要ゴールド(一般会員)1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 7 レインボーライン 牡5 56.0 岩田康誠 5.6
2 6 6 サトノクロニクル 牡4 55.0 川田将雅 6.3
3 7 8 クリンチャー 牡4 56.0 武豊 1.9
4 8 10 アルバート 牡7 57.0 福永祐一 3.7
5 4 4 カレンミロティック セ10 56.0 池添謙一 29.5
6 8 11 ヤマカツライデン 牡6 56.0 松山弘平 43.5
7 3 3 シホウ 牡7 56.0 小牧太 149.3
8 7 9 ムイトオブリガード 牡4 55.0 藤岡佑介 19.3
9 2 2 スーパーマックス 牡4 55.0 山口勲 135.0
10 1 1 トミケンスラーヴァ 牡8 56.0 秋山真一 61.6
11 5 5 コウエイワンマン 牡7 56.0 四位洋文 396.0

コメント

 阪神大賞典は、春の天皇賞へ繋がる古馬長距離路線の重要レースだったのですが…昨年より、G1・大阪杯が新設されたことにより、天皇賞よりも大阪杯を目指す馬が多く、一気にメンバーが揃わなくなりました。

 昨年は、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの参戦によって例年のレベルは保たれたのですが、ワンアンドオンリーが3番人気に支持されるメンバー構成。さすがの私でも◎サトノダイヤモンド、○シュヴァルグランにせざるを得ないメンバーでした。

 しかし、今年は、サトノダイヤモンドは先週の金鯱賞に出走し、シュヴァルグランはぶっつけ本番で大阪杯に挑む形。このため一気にメンバーが手薄となり、G1勝ちの実績がないクリンチャーが1番人気、G1では歯が立たないアルバートが2番人気に支持されるというメンバー構成になりました。

 クリンチャーは休養明けの前走・京都記念を自己ベストのPP指数で優勝しているだけに、今回で二走ボケを起こす可能性もあります。それに今年の京都記念は、雨の影響を受けて、クリンチャーの得意とする時計の掛かる馬場状態でした。阪神の軽い馬場にどこまで対応できるかという疑問もあります。

 また、アルバートは今回が始動戦。あくまでも叩き台の一戦だけに、昨日の若葉Sのタイムフライヤーのようにドボンする可能性も十分あるでしょう。

 ここはメンバー的にも、実績馬のローテーション的にも波乱の要素が満載。これまでこのレースは、馬連3桁配当で決着することが多く、穴党にとってはくだらないレースでしたが、今年は面白そう。ここは大波乱も視野に入れて、予想を組み立てます。

 よって、◎には、昨秋のチャレンジCを優勝した(6)サトノクロニクルを推します。この馬は昨秋の菊花賞で10着と大敗したことから、世間からステイヤーだとは見られていませんが、私自身はステイヤーと見ています。なぜならチャレンジCでは、押して先行策から、向こう上面で一気に動くマイネルミラノについて行っても最後まで大きく失速することなく、差し迫ってくる後続を封じたからです。サトノクロニクルはいい脚を長く持続させていました。

 今回出走のクリンチャーも2月のすみれSではいい脚を持続させていましたが、こういうレースをする馬というのは長距離適性が高ければこそ。サトノクロニクルが菊花賞で惨敗したのは、休養明けのセントライト記念で3着と好走した反動によるものでしょう。もちろん、当時のサトノクロニクルでは、相手が強かったというのもあります。

 しかし、サトノクロニクルはチャレンジCで自己ベストのPP指数をマークした後の有馬記念でも大崩れしなかったように、セントライト記念3着時から、ワンランク以上は成長しています。クリンチャーやアルバートが本来の走りができない前提ならば、十分チャンスがあるはず。

 ○は、今年1月の万葉Sでは後のダイヤモンドSの2着馬リッジマンを2着に降して勝利した(1)トミケンスラーヴァ。この馬は長距離路線で開眼した馬であり、前走のAJCCは明らかに距離不足。再び距離3000mならば、巻き返しが期待できるでしょう。

 ▲は、PP指数の最高値が2016年の丹頂S(札幌芝2600m)の(10)ヤマカツライデン。この馬が丹頂SでマークしたPP指数は、クリンチャーの前々走(菊花賞・2着)と同等のもの。この馬はその後、中距離路線を主体に使われていますが、丹頂Sのように長い距離を息を入れながら逃げるほうが向いています。長期休養明けの前走・小倉大賞典は、ウインガナドルと競り合って逃げたために、共倒れする形となりましたが、ひと叩きされての上積みとこの距離で巻き返しを期待しました。

 以下特注馬として、芝の長距離路線に転向して急上昇した(9)ムイトオブリガード。芝2600mの前走では、500万下のメンバーが相手とは言え、自ら逃げて大楽勝。今回はさらに相手が強化されますが、今年のメンバーならば通用しても不思議ありません。

 あとは△に不良馬場で行われた昨秋の天皇賞で3着と善戦、3歳時には菊花賞2着の実績もある(7)レインボーライン。昨秋は天皇賞で激走したダメージでジャパンC、有馬記念ともに不本意に終わりました。しかし、今回は立て直されての一戦。もともと長距離適性が高い馬だけに巻き返しを警戒しました。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 06 5,000円 06 150円 的中!
馬連 通常 01 - 06 1,300円
馬連 通常 06 - 11 1,300円
馬連 通常 06 - 09 1,200円
馬連 通常 06 - 07 1,200円 06-07 1,290円 的中!

合計金額

購入:10,000円  払戻:22,980円  収支:12,980円

この予想は?

 
32ナイス

予想閲覧

370ビュー

2018年3月18日() 1回阪神8日目 15:35発走

11R 第66回 阪神大賞典 G2

下記の買い目でポイントをBET(賭け)しますか?

▶買い目

  • 複勝 通常 06 5,000円 06 150円 的中!
  • 馬連 通常 01 - 06 1,300円
  • 馬連 通常 06 - 11 1,300円
  • 馬連 通常 06 - 09 1,200円
  • 馬連 通常 06 - 07 1,200円 06-07 1,290円 的中!

▶賭けるポイント額

10,000P × = 10,000P
所持ポイント: 0P
ポイント不足 -10,000 ※ゴールドでポイントを購入できます
⇒詳しくはこちらへ
キャンセル
「BET!(賭ける)」ボタンを押すとBETが完了します。

注意:BETが完了すると、予想の変更および賭けたポイント額の変更はできません。