山崎エリカプロの競馬予想|ベルモントステークス|競馬予想のウマニティ!今週は天皇賞(秋)G1

山崎エリカプロの競馬予想 公認プロ 最新の競馬予想を見る≫
2017年6月11日()7:37発走(日本時間)
ベルモントステークス
ベルモントパーク 11R
ダート・左 2400m 3歳
最終更新日時:6月11日()07:11
必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)500G
必要ゴールド(一般会員)1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 2 2 タップリット 牡3 57.0 J.オルティス 5.4
2 7 7 アイリッシュウォークライ 牡3 57.0 R.マラージ 3.3
3 12 12 パッチ 牡3 57.0 J.ヴェラスケス 18.5
4 3 3 ゴームリー 牡3 57.0 V.エスピノーザ 6.7
5 8 8 シニアインベストメント 牡3 57.0 C.ヒル 7.0
6 1 1 ツイステッドトム セ3 57.0 J.カステリャーノ 10.3
7 6 6 ルッキンアットリー 牡3 57.0 I.オルティスJr. 6.0
8 9 9 ミーンタイム 牡3 57.0 M.スミス 16.4
9 4 4 ジェイボーイズエコー 牡3 57.0 R.アルバラード 22.9
10 10 10 マルチプライヤー 牡3 57.0 J.ロザリオ 21.2
中止 5 5 ハリウッドハンサム 牡3 57.0 F.ジェルー 78.3
取消 11 11 エピカリス 牡3 57.0 C.ルメール

コメント

 今年のケンタッキーダービーの決着タイム2分03秒5(昨年は2分01秒3)を始め、米クラシック戦線は、軒並み決着タイムが遅いのが目につきます。ミーンタイムが逃げた今年のピータパンSの決着タイムも1分56秒6。昨年が1分47秒1、カジノドライヴが勝った2008年も1分47秒8で決着していることから、不良馬場を考慮しても遅いでしょう。

 なぜ、こういうことが起こるのかというと、いかにもアメリカンなスピードタイプの逃げ馬が不在だからです。さらにプリークネスSで早め先頭から押し切って2着のクラシックエンパイアが回避。そこで今回、楽にハナへ行けるのではないかと思われていたエピカリスも回避。もうこうなると、今年は差し、追い込み馬が上位を独占するような例年のベルモントSではないでしょう。

 よって、今年は前々からの一発を狙います。◎には、ダート路線に転向して目下3連勝と上昇一途の(1)ツイステッドトム。この馬は追加登録料を支払っての参戦。また、同厩舎が管理するプリークネスSの勝ち馬クラウドコンピューティングをわざわざ引っ込めて、この馬でベルモントSに参戦することの意味を考えると、格下の立場ながらこの馬の勢いに期待したくなります。早め先頭から押し切るレースぶりから、距離が長くなるのもいいでしょう。

 ○は、デビュー2戦目でダ1700mのG1・フロントランナーSを制した(3)ゴームリー。4歳になってからもサンタアニタダービーを制してG1・2勝を飾りました。前走のケンタッキーダービーは18番ゲートで、終始外々を追い上げる形となったために、9着に凡退しました。しかし、もともと強いことが前提で、ケンタッキーダービー凡退→プリークネスS回避の臨戦過程馬は、ベルモントSでの活躍が目立ちます。フロントランナーSの勝ち馬は、マイラー色の強い馬が多いですが、警戒が必要でしょう。

 ▲は、デビュー3戦目のルイジアナダービーで2着の(12)ハッチ。ルイジアナダービーは、好位の内から直線の中目を突いて最後までしぶとく粘って2着となかなか強い競馬でした。前走のケンタッキーダービーでは、大外枠で前に行けなかったために14着に凡退しましたが、ルイジアナダービーで6着のシニアインベストメントがプリークネスSで3着だったことを考えれば、この馬もクラシック戦線で通用するはず。なお、ハッチは病気で左目を摘出していますが、幸いにも米国は全てが左回りなので、右目だけでも結果に大きく影響するような不自由はないはずです。

 以下特注馬として、ここへ来て地力をつけて前々走のレキシSを勝利、前走のプリ=クネスSも3着と、ケンタッキーダービーの2着馬ルッキンアットリーに先着した(8)シニアインベストメント。プリークネスSは前残りが決まったケンタッキーダービーから一転、ケンタッキーダービーを早め先頭から押し切って勝利したオールウェイズドリーミングを有力各馬が負かしに動いて、レースが超ハイペースで流れたことがこの馬の好走要因。しかし、この馬の勢いを考えると、ここも軽視は出来ないでしょう。

 △に今年に入って、G2のホーリーブルS、ウッドメモリアルSを制した(7)アイリッシュウォークライ。前走のケンタッキーダービーは、終始外々を回って10着に凡退しましたが、もともとの能力を考えれば巻き返して来るでしょう。この馬も前々で立ち回れる強みがあります。

 あとは3走前のゴッサムSでは、後のプリ―クネスSの勝ち馬クラウドコンピューティングを撃破した(4)ジェイボーイズエコー。前走のケンタッキーダービーではスタート後にぶつけられて後方からのレースになったために見せ場が作れませんでした。ケンタッキーダービーは、前残りレースですから、前走15着凡退でも仕方がないでしょう。前々で立ち回てっもともとの力を出し切れれば、巻き返しがあっても不思議ない馬です。

 他では前々走のケンタッキーダービーの2着馬(6)ルッキンアットリー。前走のプリークネスSも4着と上々ですが、ケンタッキーダービー、プリークネスSに出走していた馬というのは、このレースでは不振。米クラシック戦線は、5週間という短期間で行われるため、前記2戦に出走すると、ここでは余力がないのが通説です。だからカジノドライヴやエピカリスなどの日本馬は、米国トップホースが不参加か消耗しきったこのレースに参戦しようとするのです。序盤でスピード負けするところがあるので、ダ2400m自体は向くと見ていますが、過信は禁物でしょう。

買い目

複勝 通常 01 5,000円
馬連 通常 01 - 03 1,000円
馬連 通常 01 - 12 1,000円
馬連 通常 01 - 08 1,000円
馬連 通常 01 - 07 1,000円
馬連 通常 01 - 04 500円
馬連 通常 01 - 06 500円

合計金額

購入:10,000円  払戻:0円  収支:-10,000円

この予想は?

 
2ナイス

予想閲覧

105ビュー