マリオおっさんさんの競馬日記

独断レース回顧(12/23版)

2017年12月25日13:15 公開

93

阪神
1R→やや早めのペース。ただ、それを考えてもミンナノシャチョウは止まりすぎ。2走ボケなのか。勝ったメリッサー二は評価をしていい内容。相手次第では昇級しても圏内か。2〜4着も展開次第では未勝利ぐらいなら。
2R→少し遅いぐらいのペースか。先行勢はモズノーブルギフトに力負けの感じで差が離れたが、そこに追い込んできたクリノカポネは内容的にはかなり強いか。(メンバーに恵まれている感もある。)
3R→ほぼ平均ペース。エイシンテースティはスタートが決まったのがあだになったか。初芝で外から伸びたプンタレオナは次も要注目。
4R→タイム的には平均ペースに見えるが、結果的にはスローだったか。勝ったブランモンストルは2戦目の上積みか。次走的には5着までで少し差をつけたい。
5R→新馬戦恒例の超スローペース。勝ったキタノコマンドールの決め脚が目立ったが、ゴール前で斜行があったから、4着までは差は小さいか。5着アベンチュリンも悪くないが、その下は力差があるか。
6R→新馬戦だが、1Rの未勝利戦と遜色ないペースだった。勝ったグレートシールを筆頭に4着までの力が違った。ハナを奪って粘ったスキップガールも次は2走ボケさえなければ勝機。
7R→長距離戦らしくペースは遅め。上位3頭はある程度の評価ができるが、その下は各馬よれたりふらふらしたりしていたので、参考外の馬も多い。ただ、ウインカートゥーンは距離が長かった。(全体のレベルもイマイチか。)
8R→前後半はイーブンだが、先行勢に息を入れる時間があったから先行馬が有利だったか。ソリティールは昇級してもそこそこは。ただ、メンバーレベルが疑問。
9R→スローペース。インヘリッドデールは展開的には内容がある。ただ、2着エールデュレーヴの方が直線は内に詰まり、前が空いた時には時すでに遅しからの豪脚で伸びており、次走は注目。
10R→超をつけてもいいスローペース。順番が変わっただけで先行決着になった。敗北組も位置取りの差が大きく、着順ほどの差はない。(ただ、レベルは疑問)
11R→阪神カップ。ハイペース。早めに抜け出したダンスディレクター、勝ちに行ったモズアスコットを捕らえた引退レースのイスラボニータ。サクラバクシンオーのレコードを破るおまけ付き。お疲れさまでした。捕まったダンスディレクターも1400でこの競馬ができたのは収穫。5着以下は少し差があるか。
12R→早めのペース。ゴール前は定量戦とは思えない大混戦。メンバーを考えると着が大きい馬でも一考の余地はあるか。(特に直線で詰まったアドマイヤシャドウは穴でも)
中山
10R→中山大障害。アップトゥデイトの大逃げ、捕まえに行った(「行けた」が正しいかも)のは王者オジュウチョウサンだけ。直線は一騎打ちになったが、オジュウチョウサンが辛うじてとらえてJ・G14連勝の大記録樹立、タイムもレコード。アップトゥデイトとともに今の障害界はこの2頭で回っていることを証明するレースになった。

 ナイス!(1
 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬日記

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント