有馬記念2013

2013年12月22日(

有馬記念 GI

中山競馬場/芝/2500m

レース結果

有馬記念展望スペシャルコラム

有馬記念特別企画

ウマニティが誇る精鋭プロ予想家総勢11名が大集合!!

血統、指数、レース分析、データなどあらゆる分野のプロが今年の有馬記念を丸裸にします!
予想の参考になること間違いなしの超豪華コラムをしっかり見て有馬記念に備えよう!

有馬記念スペシャルコラムページはこちらから

最新出走馬情報 〜有馬記念2013〜

【有馬記念】オルフェ8馬身差V!最強のまま引退2013年12月23日(月) 05:09

 第58回有馬記念(22日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)1番人気のオルフェーヴルが、ケタ違いの強さを見せた。8馬身差の圧勝で昨年の宝塚記念以来となるGI6勝目を挙げて、見事にラストランを飾った。タイム2分32秒3(良)。レース後は引退式が行われ、その日のうちに福島県ノーザンファーム天栄へ移動。来春からは種牡馬となる。

 想像をはるかに超えた結末だった。12万を超えるファンが見守る中、王者オルフェーヴルが2着馬に8馬身差をつけて大楽勝。驚愕のパフォーマンスで花道を飾った。

 「オルフェが一番だとアピールしたかったし、自信がありました。オルフェは、世界一強いと思います」。心地よいオルフェ・コールを背に池添騎手が声を弾ませた。

 序盤は後方4番手で、ゴールドシップの直後を追走。1周目の正面スタンド前でも掛かることなく、流れに乗った。ハイライトは、2周目の3コーナー過ぎ。鞍上が軽く合図を送ると、大外から一気にひとマクリ。4コーナー先頭から、直線は独壇場だった。鞍上が内ラチ沿いに誘導した後、右ムチを振るって後続をぶっちぎった。

 「呼吸を合わせて走らせました。少し動くのが早いかなと思ったけど、手応えが十分ありましたから。馬を信じて行きました」と池添騎手が会心の騎乗に胸を張った。

 最強馬の主戦として、酸いも甘いも味わった。ダービージョッキーという最高の称号を得た後は、「毎日がプレッシャーとの戦い」だった。凱旋門賞は2年連続で乗り替わり…。ヤケ酒では傷ついたプライドを癒やせず、「騎手を辞めよう」と思うこともあった。それでも、今春は相棒の鞍上の座を射止めるべく、仏遠征して武者修行するなど、「すべてはあの馬のため」に、エネルギーを注ぎ込んできた。

 パートナーは主戦の思いに応える圧巻の走りで、GI6勝目をマーク。有馬記念の8馬身差は、2003年シンボリクリスエスの9馬身に次ぐ2番目の大きさ。まだまだ現役でやれる…という声も聞こえてくるが、来年からは種牡馬としての大きな仕事が待っている。

 「これまでの名馬と同じように、オルフェも今の時代を築いた馬。オルフェと凱旋門賞に挑むことはできなかったけど、オルフェの子供で叶えばこれ以上いうことはありません」と池添騎手は新たな夢を見すえる。

 最後はハッピーエンドで幕を閉じた。多くのファンに愛された破天荒な最強馬は、永遠に語り継がれていく。 (鈴木康之)

【有馬記念】池江師独占手記「正直ビックリ」2013年12月23日(月) 05:08

 第58回有馬記念(22日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)1番人気のオルフェーヴルが、ケタ違いの強さを見せた。8馬身差の圧勝で昨年の宝塚記念以来となるGI6勝目を挙げて、見事にラストランを飾った。多くのファンに愛されてターフを去ったオルフェーヴルの池江泰寿調教師(44)がサンケイスポーツに独占手記を寄せた。

 オルフェーヴルが有終の美を飾った今、私の胸の中は、感謝の気持ちでいっぱいです。「ありがとう」。これ以上の言葉は見当たりません。

 終わってみれば、2着馬に8馬身差。まさか、これほどぶっちぎるとは…。正直、この着差にはビックリです。10月の凱旋門賞をピークに仕上げた反動もあり、今回は8分くらいの状態。それでも圧勝するのですから、オルフェの能力には改めて驚かされました。

 レース前、ケンイチ(池添騎手)には「(今年の凱旋門賞で2着に負けたときの1着馬)トレヴのような競馬をしてほしい」と伝えましたが、3コーナーを過ぎてからは本当にトレヴのような走り。いい意味でも悪い意味でも、オルフェはいつも自分のイメージを裏切る走りをしてくれました。今回はいい意味で、オルフェらしいラストランだったと思います。

 ケンイチも最高の位置取りから、上手に進出して勝利へと導いてくれました。オルフェは折り合いに気をつけながら、3コーナーからジワッと進出しなければいけない。その“ジワッ”というのが、非常に難しい。彼は馬へのあたりが柔らかいので、オルフェに合うのです。

 もし、ケンイチで凱旋門賞に挑んでいたなら…と想像する方もいると思いますが、私は考えないようにしています。ただ、ひとつ言えるのは、彼とオルフェはベストコンビです。

【有馬記念】マー君、初の競馬場に大興奮!2013年12月23日(月) 05:07

 表彰式のプレゼンターとしてプロ野球・楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(25)が来場した。観覧席に立ち応援するゴールドシップのぬいぐるみを手にした姿がターフビジョンに映し出されると、12万人の観衆が大いに盛り上がった。

 田中投手は「競馬場に来たのは初めてで、朝から思う存分、競馬を楽しむことができました。有馬記念では目の前を駆け抜ける一流馬の走りとお客さんの歓声で、いつも以上にエキサイトしました。ライブ観戦にすっかりハマりましたので、また中山競馬場へ来たいと思います」と、楽しそうに話していた。

【有馬記念】角田獣医師「父、祖父を上回る種牡馬に」2013年12月23日(月) 05:07

 オルフェーヴルの圧勝劇に、オーナーであるサンデーレーシングの吉田俊介代表(39)は「絶対に勝つと信じていたが、想像以上の強さ。いい終わり方でホッとしたというのが正直な気持ちです」と吐露した。

 生産牧場・白老ファームを統括する角田修男(のぶお)獣医師(61)も、万感の思いでラストランを観戦。「新たな門出を前にしての最高の勝利。父(ステイゴールド)、祖父(サンデーサイレンス)を上回る種牡馬になってほしい」と語った。

 すでにグループが全ての権利を持ち、社台スタリオンステーションで繋養することが決定している。600万円の種付け料が設定され、申し込みが殺到しているが、関係者は「(種付け料は)流動的。(有馬記念大勝で)アップするでしょう」と打ち明けた。

【有馬記念】オルフェ引退式、6万人が「ありがとう」2013年12月23日(月) 05:07

 夕闇のターフにオルフェーヴルが現れると、スタンドに残った6万人が大歓声を上げた。午後5時から行われた引退式には、池添騎手を背にこの日着用した(6)番のゼッケンをつけて登場。スタンド前を歩く栗毛の怪物に「ありがとう」「忘れないぞ」と温かい拍手が起こった。

 単勝馬券を握り締めていた川崎市の女性会社員(50)は「私にとっては世界一強い馬。馬券は記念にとっておく」と涙ぐんだ。東京都台東区のアルバイト阿部諒介さん(25)は「圧倒的な強さと、たまに謎の敗北をするところが魅力的だった。(引退後は)強い子供を残してほしい」と話した。

 池添騎手は「もう乗ることはないんだな…とちょっと寂しくなりました。オルフェーヴルには『出会ってくれてありがとう』と言いたい」と感謝した。凱旋門賞制覇の夢を子供たちに託してターフを去る。お疲れ様。そしてありがとう、オルフェーヴル。 (板津雄志)

【有馬記念】レースを終えて…関係者談話2013年12月23日(月) 05:06

 ◆武豊騎手(ラブイズブーシェ4着) 「前半はついて行けなかったが、最後はしっかりと脚を使った。重賞を勝てる力はある」

 ◆和田騎手(タマモベストプレイ5着) 「リズムよく進めた。体も絞れていたし、来年が楽しみになった」

 ◆戸崎騎手(カレンミロティック6着) 「(2周目の)3〜4コーナーで馬場に脚を取られた」

 ◆横山典騎手(デスペラード7着) 「馬はよく頑張ってくれたが、下手に乗ってしまった」

 ◆ルメール騎手(トゥザグローリー8着) 「勝負どころで前が壁になって追い出しが遅れた」

 ◆Mデムーロ騎手(テイエムイナズマ9着) 「出遅れて後ろからになったが、よく頑張った」

 ◆田辺騎手(ヴェルデグリーン10着) 「勝負どころで手応えの差が出た」

 ◆ウィリアムズ騎手(アドマイヤラクティ11着) 「コーナーごとで馬場に脚を取られてついて行けなかった。2周目の4コーナーで狭くなって位置が下がったのが痛い」

 ◆蛯名騎手(ラブリーデイ12着) 「3〜4コーナーで何度かノメってつまずいていた」

 ◆柴田善騎手(ナカヤマナイト13着) 「具合も良かったし、道中も折り合いがついた。距離が長いのか…」

 ◆内田騎手(トーセンジョーダン14着) 「外枠だったので徐々に上がっていく感じだったが、外からオルフェが来て飲み込まれると手応えがなくなった」

 ◆川田騎手(ダノンバラード15着) 「いい位置で競馬はできたが、3コーナーで手応えが怪しくなった」

 ◆福永騎手(ルルーシュ16着) 「2番手にいた馬にかわされてから走りがバラバラになった」

もっと見る

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜有馬記念2013〜

特別登録 出馬表

レース結果

過去の結果 掲示板
オッズ 厩舎情報 前走情報 調教評価
着順

馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気
U指数
タイム 着差
1 3 6
オルフェーヴル
牡5 57.0 池添謙一 池江泰寿 栗東  466(--) 1.6 1 ** 2.32.3
2 2 4
ウインバリアシオン
牡5 57.0 岩田康誠 松永昌博 栗東  534(-4) 16.1 4 ** 2.33.6
3 7 14
ゴールドシップ
牡4 57.0 R.ムーア 須貝尚介 栗東  498(-2) 4.4 2 ** 2.33.8 1 1/2
4 6 11
ラブイズブーシェ
牡4 57.0 武豊 村山明 栗東  456(+6) 63.7 12 ** 2.34.2 2 1/2
5 4 7
タマモベストプレイ
牡3 55.0 和田竜二 南井克巳 栗東  496(-6) 113.7 16 ** 2.34.3 クビ
6 2 3
カレンミロティック
セ5 57.0 戸崎圭太 平田修 栗東  450(-10) 28.1 6 ** 2.34.3 アタマ
7 3 5
デスペラード
牡5 57.0 横山典弘 安達昭夫 栗東  478(+4) 33.8 7 ** 2.34.3 ハナ
8 7 13
トゥザグローリー
牡6 57.0 C.ルメー 池江泰寿 栗東  530(-4) 63.8 13 ** 2.34.7 2 1/2
9 6 12
テイエムイナズマ
牡3 55.0 M.デムー 福島信晴 栗東  508(+6) 110.2 15 ** 2.34.9 1 1/4
10 1 2
ヴェルデグリーン
牡5 57.0 田辺裕信 相沢郁 美浦  480(+4) 37.4 8 ** 2.34.9 クビ
11 5 10
アドマイヤラクティ
牡5 57.0 C.ウィリ 梅田智之 栗東  490(+6) 14.4 3 ** 2.35.3 2 1/2
12 4 8
ラブリーデイ
牡3 55.0 蛯名正義 池江泰寿 栗東  476(-4) 81.1 14 ** 2.35.5 1 1/4
13 8 15
ナカヤマナイト
牡5 57.0 柴田善臣 二ノ宮敬 美浦  498(+4) 47.5 10 ** 2.35.7 1 1/2
14 8 16
トーセンジョーダン
牡7 57.0 内田博幸 池江泰寿 栗東  482(+2) 24.8 5 ** 2.35.8 1/2
15 1 1
ダノンバラード
牡5 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東  480(-4) 40.9 9 ** 2.37.0
16 5 9
ルルーシュ
牡5 57.0 福永祐一 藤沢和雄 美浦  512(+8) 51.2 11 ** 2.42.8 大差
ラップタイム   6.9-11.1-12.3-11.6-12.4-12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.6-11.8-12.3
前半   6.9-18.0-30.3-41.9-54.3
後半  60.8-49.0-36.7-24.1-12.3

払戻金

単勝6160円  1番人気
複勝6110円  1番人気
4250円  4番人気
14170円  2番人気
枠連2 - 3610円  2番人気
馬連4 - 6860円  3番人気
ワイド4 - 6350円  3番人気
6 - 14250円  1番人気
4 - 14950円  10番人気
馬単6 - 41,020円  4番人気
3連複4 - 6 - 141,420円  2番人気
3連単6 - 4 - 145,240円  7番人気

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。
U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!  詳しくはこちら

無料会員登録するとコラムがご覧いただけます

展望コラム 〜有馬記念2013〜

☆まんでがん
2013年12月21日() 20:45

☆まんでがんの【人生競馬】 〜第58回 有馬記念 〜 

池江厩舎の5頭出しに対し、美浦関東馬は3頭

つか、5頭出しって。。。
池江厩舎の層の厚さ!なのか?
回避のオンパレードでJ殿からの要請なのか?
回避が多ければファン投票の意味は薄れる

いずれにせよ 個人的にはオルフェVSキズナ勝利で 世代交代を想定していたので
残念有馬には違いない。

しかし 馬券は取りたい。儲けて 遊びたい!

フォア賞連覇 そして凱旋門賞 連続2着
こんなパフォーマンスができる馬はいない。
たしかに 2度目の凱旋門賞は120%に仕上げられた。
だから おつりはない!とナンセンスな考えはない。
80%でも勝てる相手。

当面の相手だったハズの 金の舟 は ヤネをムーアに変え 馬具装着をした。
変われるかもしれない。しかし
もう 打つ手がありません!とも考えられよう。
だが実績実力はオルフェに近い存在
取捨が難しい

基本ファクターは展開なのだろう。
逃げ馬 不在
出し抜いて逃げ切れるレースではない。
オルフェは2011年と同じく 中段からの差しに構えよう
スローから 徐々にペースアップ 
ペースに順応して しまいキレる馬
しかもコース適性とローテ余力は要条件
これが オルフェの相手と結論づけた。

馬単【丁半】勝負

あー正月もキャバ行きたい(笑)

本命ドリパス
2013年12月18日(水) 19:00

『競馬』という名の推理小説 〜第264話有馬記念(謎解き編)〜

第264話 「有馬記念」

08年 35.6-43.7-35.8-36.4 =2.31.5 △1▼3△10 平坦戦
09年 34.6-42.5-36.9-36.0 =2.30.0 ▼1▼3△ 6 平坦戦
10年 36.5-45.7-35.8-34.6 =2.32.6 ▼3▼6△ 7 瞬発戦
11年 37.2-47.9-36.9-34.0 =2.36.0 ▼5▼1± 0 瞬発戦
12年 35.9-43.5-36.5-36.0 =2.31.9 ±0▼2△ 1 平坦戦

02〜03年にシンボリクリスエスが連覇して以来このレースを2勝した馬はいませんが今年はオルフェーヴルとゴールドシップのステイゴールド産駒2頭がこれに挑戦することになる今年の有馬記念。
過去5年のうち3回はラスト1000mから11秒台のラップに突入するロングスパート戦になっています。
瞬発戦の2回も最大加速度は▼5〜▼6程度なので瞬発力勝負というよりは小回りの機動力を活かしたロングスパート勝負というのがスタンダードになると思われます。
中山内回り2500mと特殊なコースなのでリピーターも出やすくなっていますがある程度傾向はあります。

【1着馬】
ダイワスカーレット、ドリームジャーニー、ヴィクトワールピサ、オルフェーヴル、ゴールドシップ
・同年にG犠〕(5頭/5頭中)
・同年に内回り小回りコースでのG犠〕(4頭/5頭中)
・残りの1頭は3冠馬オルフェーヴル
【2着馬】
アドマイヤモナーク、ブエナビスタ、エイシンフラッシュオーシャンブルー
・同年1〜2月か12月開催の芝中距離以上重賞を平坦戦で勝利(2頭/5頭中)
・同年外回りコースG犠〕(2頭/5頭中)
・同年内回りコースG3着以内(1頭/5頭中)
【3着馬】
エアシェイディ、トゥザグローリー、ルーラーシップ
・同年1〜2月か12月開催の芝中距離以上重賞を平坦戦で勝利(2頭/5頭中)
・過去有馬記念で3着以内あり(2頭/5頭中)
・同年内回りコースG3着以内(1頭/5頭中)

となっていて1着馬、2着馬、3着馬にはそれまでの実績の差があります。
今年の登録メンバーをこれにあてはめてみます。

【今年内回り小回りコースでのG犠〕】
ゴールドシップ
【今年内回りコースG3着以内】
ダノンバラード
【今年1〜2月か12月開催の芝中距離以上重賞を平坦戦で勝利】
アドマイヤラクティ、※ナカヤマナイト
(※ナカヤマナイトは平坦戦ではなく消耗戦)
【過去有馬記念で3着以内あり】
エイシンフラッシュオルフェーヴル、ゴールドシップ、トゥザグローリー

過去5年の傾向からすればゴールドシップが有利ということになりました。
難しいのはオルフェーヴルの取捨選択。
フォア賞(仏G供1着、凱旋門賞(仏G2着)をどう考えるか。
個人的には2着馬の条件ぐらいかなと思います。

今年最後の3連単フォーメーション予想
1着馬 : ゴールドシップ
2着馬 : アドマイヤラクティオルフェーヴルダノンバラード
3着馬 : アドマイヤラクティオルフェーヴルダノンバラードエイシンフラッシュトゥザグローリー
の12点買い。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールドシップオルフェーヴルダノンバラード
ゴールドシップはここ2走に比べれば状況は一変。
が、このメンツでは上位人気だろう…。
問題は逃げ馬不在のメンバー構成で、前で主導権取れそうなトーセンジョーダンゴールドシップをよく知る内田Jが騎乗するのがポイントになりそうなレース。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

伊吹雅也
2013年12月17日(火) 20:00

伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2013年12月17日号

▼12月21日(土)中山10R 中山大障害
【前走の着順別成績(2003年以降)】
●3着以内 [7-8-6-30](複勝率41.2%)
●4着以下、競走中止 [3-2-4-79](複勝率10.2%)
→基本的に前走好走馬が強いレース。前走で4着以下に敗れていた馬のうち、その前走が障害重賞でも平地競走でもなかった馬は2003年以降[1-0-1-61](複勝率3.2%)とさらに苦戦していました。

▼12月22日(日)中山10R 有馬記念
【芝2000mのJRA重賞における優勝経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [5-3-3-22](複勝率33.3%)
●なし [0-2-2-37](複勝率9.8%)
→芝2000mのレースに実績のある馬は堅実。また、同年に芝2000〜2400mのJRAG気JRAG兇罵ゾ〃亳海あった馬も2008年以降[5-4-3-21](複勝率36.4%)と安定しています。今回よりもやや短い距離のレースが合いそうな馬を重視すべきでしょう。

▼12月23日(月)阪神11R 阪神カップ
【中山芝か阪神芝のJRA重賞における連対経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [4-5-1-28](複勝率26.3%)
●なし [0-0-2-31](複勝率6.1%)
→ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性を問われるレース。特別登録を行った馬のうち、中山芝か阪神芝のJRA重賞において連対経験があるのは、エピセアローム、ガルボ、コパノリチャード、サダムパテック、サンカルロ、スギノエンデバー、ダイワマッジョーレ、マジンプロスパー、リアルインパクトの9頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

過去の優勝馬 〜有馬記念2013〜

2012年 有馬記念 2012/12/23 16頭 良 中山・2500m

有馬記念2012

1着 13 ゴールドシップ 99.3(9) 1人気 内田博幸 2:31.9
2着 6 オーシャンブルー 97.2(14) 10人気 C.ルメール 1 1/2
3着 9 ルーラーシップ 103.2(1) 2人気 C.ウィリアムズ クビ
馬名右横の数値は出走時のU指数(U指数順位)を示しています
払戻金
単勝 13 270円(1人気) 3連複 6−9−13 4,020円(7人気)
馬連 6−13 3,730円(12人気) 3連単 13→6→9 24,250円(58人気)

2011年 有馬記念 2011/12/25 14頭 良 中山・2500m

有馬記念2011

1着 9 オルフェーヴル 101.4(8) 1人気 池添謙一 2:36.0
2着 5 エイシンフラッシュ 102.0(4) 7人気 C.ルメール 3/4
3着 7 トゥザグローリー 101.5(7) 9人気 福永祐一 クビ
馬名右横の数値は出走時のU指数(U指数順位)を示しています
払戻金
単勝 9 220円(1人気) 3連複 5−7−9 24,290円(64人気)
馬連 5−9 3,170円(10人気) 3連単 9→5→7 78,260円(207人気)

2010年 有馬記念 2010/12/26 16頭 良 中山・2500m

有馬記念2010

1着 1 ヴィクトワールピサ 99.5(9) 2人気 M.デムーロ 2:32.6
2着 7 ブエナビスタ 102.9(2) 1人気 C.スミヨン ハナ
3着 11 トゥザグローリー 100.5(4) 14人気 C.ウィリアムズ クビ
馬名右横の数値は出走時のU指数(U指数順位)を示しています
払戻金
単勝 1 840円(2人気) 3連複 1−7−11 11,610円(35人気)
馬連 1−7 550円(1人気) 3連単 1→7→11 60,770円(179人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 U指数 人気 騎手 勝ちタイム
2009/12/27
有馬記念
中山 16 ドリームジャーニー 103.6(1) 2 池添謙一 2:30.0
2008/12/28
有馬記念
中山 14 ダイワスカーレット 104.4(1) 1 安藤勝己 2:31.5
2007/12/23
有馬記念
中山 16 稍重 マツリダゴッホ 99.9(11) 9 蛯名正義 2:33.6
2006/12/24
有馬記念
中山 14 ディープインパクト 106.1(1) 1 武豊 2:31.9
2005/12/25
有馬記念
中山 16 ハーツクライ 103.8(3) 4 C.ルメール 2:31.9
2004/12/26
有馬記念
中山 15 ゼンノロブロイ 104.9(1) 1 O.ペリエ 2:29.5
2003/12/28
有馬記念
中山 12 シンボリクリスエス 103.0(2) 1 O.ペリエ 2:30.5

データ分析

人気
「6勝9連対と1番人気が絶対の信頼感」
1番人気は2007年のメイショウサムソン以外すべて馬券に絡んでおり、その信頼感は相当に高い。人気でも逆らうのは危険だろう。データ的には穴馬が頻出しており、6番人気〜10番人気が9頭、11番人気〜も3度馬券に絡んでおり、荒れる有馬記念のイメージは健在だ。
人気 着度数
1番人気 6-3-0-1/10
2番人気 2-0-1-7/10
3番人気 0-1-2-7/10
4番人気 1-1-0-8/10
5番人気 0-1-0-9/10
6〜10番人気 1-3-5-40/50
11番人気〜 0-1-2-43/46
脚質
「流れに乗れる先行、差し馬の争い」
逃げ馬は目標にされる為、勝ちきるのは難しく、逃げ切ったのは歴史的名牝ダイワスカーレットのみとなっている。先行、差し馬で概ね決着することが多く、そこに大きな差は見られない。逃げ、追い込みから勝ち馬がまったく出てないことから極端な脚質は割引と言えるだろう。
脚質 着度数
逃げ 1-1-0-8/10
先行 5-4-5-25/39
差し 4-4-3-42/53
追込 0-1-2-39/42
枠順
「勝ち星は劣るが馬券内率で内枠が圧倒」
1枠〜4枠が4勝、5枠〜8枠が6勝と一見外枠が有利に見えるが、3着内率で見ていくと4勝12連対3着6回と内枠の成績が断然良く、予想組立の際は内枠重視が良さそうだ。
枠番 着度数
1枠 2-2-0-11/15
2枠 1-0-2-13/16
3枠 1-3-1-12/17
4枠 0-3-3-13/19
5枠 2-1-2-13/18
6枠 1-0-1-18/20
7枠 1-0-0-18/20
8枠 2-1-0-17/20
前走レース
「王道の天皇賞秋、ジャパンカップ、菊花賞組!」
師走の大一番だけに前走レースもGIでないと厳しい状況。天皇賞秋3勝、ジャパンカップ5勝、菊花賞2勝と勝ち馬はこの3レースからの出走馬に限られていて、予想の組立てにはこの3レースを徹底的に検証したい。凱旋門賞からの参戦馬はタップダンスシチーの2着が1回、時期が入れ替わった金鯱賞からはオーシャンブルーが2着となっている。
レース名 着度数
ジャパンカップ 5-3-4-55/67
天皇賞秋 3-0-2-6/11
菊花賞 2-2-1-5/10
エリザベス女王杯 0-2-0-4/6
金鯱賞 0-1-0-1/2
凱旋門賞 0-1-0-1/2

※対象データ(有馬記念過去10年)

歴史・レース概要 〜有馬記念2013〜

〜注目GI・2013有馬記念特集〜


2013年12月22日 中山競馬場・芝2500m・GI

有馬記念(GI)歴史・レース概要


有馬記念は宝塚記念と並ぶファン投票で出走馬が選ばれるオールスター・グランプリ。1年を締めくくるレースとして国民的行事とも言われており、1996年(優勝サクラローレル)では有馬記念1レースで売上げ世界レコード875億104万2400円を記録している。またオグリキャップの引退レースとなった1990年の有馬記念では、同馬の人気もあり17万7779名もの競馬ファンが中山競馬場に来場した。

中山競馬場の芝2500mで行われ、過去の優勝馬にはナリタブライアンディープインパクトゼンノロブロイゴールドシップオルフェーヴルドリームジャーニーヴィクトワールピサグラスワンダーダイワスカーレットシンボリクリスエスマンハッタンカフェハーツクライ古くはシンザン、テンポイント、シンボリルドルフオグリキャップなどの歴史を飾る名馬が名を連ねる。
 テンポイントとトウショウボーイのマッチレース、グラスワンダースペシャルウィークの激走、オグリキャップ感動のラストラン、トウカイテイオーの復活、ダイユウサクメジロパーマーマツリダゴッホの人気薄馬のあっと驚く激走など、記録と記憶に残る名勝負が繰り広げられてきた。

☆有馬記念の過去の成績はコチラ

ファン投票のグランプリということもあり、前哨戦は多彩。ジャパンカップ、菊花賞、エリザベス女王杯、天皇賞(秋)というGIレースだけでなく、ステイヤーズS、鳴尾記念などから滑り込みで出走を果たす馬もいる。しかし近年の優勝馬はジャパンカップ、天皇賞などをステップにした馬が多く優勝している。

レースレコードは2004年にゼンノロブロイが記録した2分29秒5という時計。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)