Race Info > VICTORIA MILE 2017 - Results,Payoff
VICTORIA MILE 2017

Sun,14May2017

VICTORIA MILE G1

Tokyo/Turf/1600m

Menu

Related News -VICTORIA MILE 2017-

  • Arrival News

VICTORIA MILE 2017 - Admire Lead Dismisses Favorites to Claim Victoria Mile Title 

Four-year-old Admire Lead captured her first grade-race victory in this year's Victoria Mile after being sent off sixth favorite in a field of 17, putting away three G1 champions. The Stay Gold filly registered two wins out of four starts in her debut season but was winless in all six of her three-year-old campaign starts after challenging the fillies' classics, finishing fifth in the Oka Sho (Japanese 1000 Guineas) and 15th in the Yushun Himba (Japanese Oaks). However, she notched a back-to-back win and had shown a good runner-up effort in her most recent G2 Hanshin Himba Stakes start. For both trainer Naosuke Sugai and jockey Christophe Lemaire, this is their 11th JRA-G1 victory—their latest were the 2015 Tenno Sho (Spring) with Gold Ship and the 2016 Arima Kinen with Satono Diamond, respectively.

The field broke evenly with Solveig rushing to the front setting a slow pace as Smart Layer sat at her heels on the rails with Jour Polaire right behind that while Admire Lead settled far back in 12th behind Queens Ring and Denko Ange. While most of the field fanned out to avoid the soft inner-track going due to the heavy rain the day before, Admire Lead chose an economic inner route heading into the stretch and dug in gamely between Solveig and Smart Layer 150 meters out, stretching strongly from thereon to cross the finish line a comfortable 1-1/4-length winner.

“I had every confidence in her today because I knew the soft track wouldn't bother her at all. I was able to position her well and although she has a good turn of foot, her charge doesn't last long so I tried not to drive her in early stretch. She kicked off the season with two wins and then a second in a G2 race—it's obvious she's progressed enormously,” commented Christophe Lemaire who claimed his 600th JRA career win in his first race today.

As Solveig, Smart Layer and Queens Ring, who also took an inner path into the lane, furiously rallied for the runner-up seat, Queens Ring was first to drop away 100 meters out before both Solveig and then Smart Layer were caught by Denko Ange who came up gamely from the outside to clear the wire in second. While the runner-up displayed an incredible last three-furlong drive, Jour Polaire, who chased Solveig down the middle of the straight, also dug in well to tag her front runners in the final strides for third.

Breaking from stall 11, heavy favorite Mikki Queen traveled wide in seventh to eighth and angled out at the top of the stretch for clear sailing, however met traffic with a furlong to go, losing momentum to finish seventh.

Other Horses:
8th: (15) Frontier Queen―unhurried near rear, accelerated and tied fastest over last 3 furlongs, but belated
9th: (12) Ukiyono Kaze―traveled outside eventual winner, met traffic at early stretch, showed belated charge thereafter
10th: (7) Rouge Buck―ran behind eventual winner, quickened impressively, but was too late
11th: (14) Let's Go Donki―advanced to 4-5th from wide draw, showed little at stretch
12th: (1) At the Seaside―positioned near rear, turned innermost, ran gamely until furlong pole, outrun
13th: (6) Asuka Biren―prominent early in 3rd, sustained bid until 200m marker, weakened thereafter
14th: (13) Hiruno Matera―trailed in rear, turned inner route, failed to respond and gradually fell back
15th: (16) Kurino Lahore―raced wide in mid-division, checked turning final corner, lost momentum
16th: (17) Lethal Weapon―chased leader early from widest draw, met traffic at 400m marker, dropped back
17th: (9) Halteclere―traveled around 7th inside favorite, no factor after turning into stretch

[See more]

VICTORIA MILE 2017 - Preview 

Top-level racing continues for the third week in a row and the second straight week at Tokyo Racecourse. The filly Aerolithe prevailed over colts to top the NHK Mile Cup last week and, on May 14, the females will shine once again as it marks the 12th running of the Victoria Mile, a race open to fillies and mares 4 years old and up. The race carries a first-place prize of 93 million yen.

For the race's third time in its history, the field boasts three previous Grade 1 winners - the two-time Grade 1 winner Mikki Queen, 2015 Oka Sho (Japanese 1000 Guineas) champ Let's Go Donki, and the Queen Elizabeth II Cup winner Queens Ring - all now 5 years old and all taking on the Victoria Mile for their second time.

The Tokyo 1,600 meters is a tough test of strength and stamina at a venue that is known for its high standards. In short, it's hard to get lucky at Tokyo. The mile race starts at the top of the backstretch and continues for more than 500 meters. It dips slightly from the gate to about 250 meters out and the pace tends to be faster than average. The track rises again, dips into the bend, and levels into the stretch of 525 meters, where horses face an upward slope over 225 meters until the ground flattens over the final 300 meters.

The favorite has won the race three times in the last 11 runnings and run second three times. However, the past three versions did not see the favorite in the winner's circle. In 2014, Verxina, at 28-1 odds, took home the lion's share, and in 2015, the 5th, 12th and 18th picks filled the top three spots and skyrocketed the return on the trifecta to a whopping 20.7 million yen on 100 yen.

Seventeen of Japan's best females have been nominated for this year's Victoria Mile, the 11th race on the Sunday card of 12 races at Tokyo Racecourse. Post time is 15:40 local time.

Following is a look at the likely top picks:

Mikki Queen: After running second to Straight Girl in last year's Victoria Mile, Mikki Queen returned in the fall for runs at distances 3 and 4.5 furlongs longer in the Queen Elizabeth II Cup and the Arima Kinen (Grand Prix) and finished in third and fifth place, respectively. Her first start this year was the April 8 Hanshin Himba Stakes, which she captured over heavy ground by a 1 3/4 lengths over Admire Lead. “Her responses were a bit slow last out and it took a while for her to pick up speed, but when she did it was terrific,” trainer Yasutoshi Ikee said. “We were close to retiring her at one point, but I think she has fully recovered now and she is very tough mentally.” The Deep Impact-sired Mikki Queen now aims to pocket her third Grade 1 event, following wins in the 2015 Yushun Himba (Japanese Oaks) and Shuka Sho. In her 13 career starts, she has finished out of the top three spots only twice and made first or second 10 times. With her splendid run last out, she looks to be in top form. She has two seconds over the mile at Tokyo, and rain or shine, this girl has what it takes to make the winner's circle. Suguru Hamanaka is pegged for the ride.

Rouge Buck: A 5-year-old daughter of Manhattan Cafe, Rouge Buck followed her fifth place in the Victoria Mile last year with two wins over a furlong longer at Tokyo. She was competing against the boys but scooped both the Grade 3 Epsom Cup in mid-June and the Grade 2 Mainichi Okan in October. Her next two starts, both Grade 1s, saw her end the year with only seventh and eighth-place finishes. Sunday puts Rouge Buck back on the track for the first time since her only run this year, an eighth in the Grade 2, 2,000m Kinko Sho at Chukyo on March 11. It has been over 2 months, but Rouge Buck is known to do well with a bit of time between races. Trainer Masahiro Otake admits his mare “has gotten a bit ornery at times.” In training “when she lines up with another horse in the stretch she seems a bit timid, but she is in good shape, and even though she'll be competing against females, it's a Grade 1 and the competition will be tough. That said, the wide-open Tokyo course is a plus.” She is fresh and with such factors on her side, including Keita Tosaki in the saddle, Rouge Buck is in a fine position to at long last avenge her Yushun Himba (Japanese Oaks) second to Mikki Queen.

Smart Layer: Yet another horse that made the board in last year's Victoria Mile is Smart Layer, a 7-year-old mare by Deep Impact. Smart Layer ran fourth in last year's race, then returned in the fall for a third in the Grade 2 Fuchu Himba Stakes before taking on the Hong Kong Vase at Sha Tin, where she finished in fifth place. Smart Layer has had one race back in Japan since, the Feb. 12 Kyoto Kinen, a Grade 2 over 2,200-meters. She ran second, a neck ahead of last year's Japanese Derby champion Makahiki. Smart Layer's record at Tokyo has been competitive, including a win of the Grade 3 Tokyo Shimbun Hai over the mile. At the Grade 2 level, she has scored two seconds and a third in her three starts in the Fuchu Himba Stakes and her second last year saw her beat Mikki Queen over the line. The fourth in last year's Victoria Mile was Smart Layer's best result in three tries and the 2016 run also saw her race from a more forward position for the first time. It will be three months from her last race, but Smart Layer has proven before that she can do well in such circumstances and although she is 7 years old, this silver lady shows no sign of slowing down. Last year, Straight Girl became the first 7-year-old mare in JRA history to capture a Grade 1 race when she topped the field of the Victoria Mile for her second year in a row. Here's hoping Smart Layer, with the aid of ace jockey Yutaka Take, can finally lay claim to her own big prize.

Admire Lead: A 4-year-old filly by Stay Gold, Admire Lead has two wins and a second from three starts this year, the last result a second in the Grade 2 Hanshin Himba Stakes on April 8. Topped by Mikki Queen in that race, Admire Lead has currently won or finished second over her past five races, all at 1,600-1,800 meters. Admittedly, she dropped down in class this year after three disappointing Grade 1 bids in 2016, but as a 4-year-old she looks to be coming into her own. Trainer Naosuke Sugai knows that a Grade 1 won't be easy and admits that Admire Lead has always needed time to recover from a race. “She has no problems now though, and she gave us a very good workout last week,” Sugai said. It will be Admire Lead's first time at Tokyo since last year's Yushun Himba (Japanese Oaks). “She is much more solid than she was for the Oaks. Key will be if we can keep her calm during the long haul to the track,” Sugai said. Frenchman Christophe Lemaire is set to ride.

Other horses considered competitive in the Victoria Mile are 2016 Queen Elizabeth II Cup winner Queens Ring, who ran 15th last out on heavy going and coming off a spell. Let's Go Donki had been inconsistent for much of last year, but her last four races have seen her reap one win and three seconds, including a second in the Grade 1 Takamatsunomiya Kinen on March 26. Jour Polaire, off of a third-place run in the Hanshin Himba Stakes, and Ukiyono Kaze, a recent winner of the Grade 3 Fukushima Himba Stakes, will also likely be one of the top contenders.

[See more]

>>See more

ヴィクトリアマイル2017/人気
「7人気以下馬の激走を警戒!」
ヴィクトリアマイルは1人気が3勝6連対で上位人気では信頼度が高い。もう一点ポイントとなるのが7人気以下馬で3勝9連対と人気の割に好走が目立っている。
人気 着度数
1番人気 3-3-0-4/10
2番人気 1-0-1-8/10
3番人気 0-1-2-7/10
4番人気 1-0-1-8/10
5番人気 2-0-1-7/10
6番人気 0-0-1-9/10
7〜9番人気 1-3-2-24/30
10番人気 2-3-2-82/89
ヴィクトリアマイル2017/脚質
「差し馬狙いが基本!追い込み馬は頭なし!」
ヴィクトリアマイルは逃げ馬が1勝、先行馬も3勝に対して差し馬は6勝と頭で狙うなら差し馬がおすすめ。一方で追い込み馬は1連対しかなく、1勝もしていない現状からはかなり不利な脚質と言えそう。中団で流れにのれそうな差し馬からの馬券が基本ラインとなる。
脚質 着度数
逃げ 1-1-2-6/10
先行 3-4-3-26/35
差し 6-4-2-64/76
追込 0-1-3-53/57
ヴィクトリアマイル2017/枠順
「頭なら3枠・6枠」
3枠、6枠が最多の3勝でトップだが、2着0、3着0となっており、勝つか馬券圏外という状況。連対ベースでは内、外で大きな偏りは見られないのが特徴だ。外枠もまずまずに傾向。
枠番 着度数
1枠 0-2-5-13/20
2枠 1-2-1-16/20
3枠 3-0-0-17/20
4枠 0-2-1-17/20
5枠 0-2-1-17/20
6枠 3-0-0-17/20
7枠 2-1-1-25/29
8枠 1-1-2-26/30
ヴィクトリアマイル2017/前走レース
「どの組にもチャンスある珍しいGI」
主要ステップとしては阪神牝馬ステークスが1番手に挙げられるが、好走ステップレースは多岐に渡り、ここの組だけを注意という図式にはならないレース。
レース名 着度数
阪神牝馬ステークス 3-4-2-52/61
中山牝馬ステークス 1-1-2-11/15
マイラーズカップ 1-0-0-9/10
大阪杯 1-1-1-2/5
ダービー卿 1-0-1-4/6
高松宮記念 1-0-1-7/9

※対象データ(ヴィクトリアマイル過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ヴィクトリアマイル G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ミッキークイーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルージュバックまで2頭。
第2グループ(黄)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレッツゴードンキまで2頭。
第3グループ(薄黄)はアドマイヤリードから同差内のジュールポレールまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、4位レッツゴードンキ→5位アドマイヤリード間、9位ソルヴェイグ→10位オートクレール間などに2.0ポイント以上の開きがみられ、おおまかに見るとこの2つの溝部分でそれぞれの集団を形成する配置となっていることが分かります。
あとは、今回の場合何といってもポイントは馬場。明日、おそらく降雨は無いのでしょうが、どこまで回復してくるか、馬場状態の見極めが重要となりそうです。

今回の私の本命は◎スマートレイアーとしました。昨年は強いメンバーを相手に、前半流れて上りの掛かる展開で、前に行った組には厳しいレースとなるなか好内容の4着。残り100mまで2着あるかという内容でしたし、勝ち馬は別として当時の2、3着馬とは展開ひとつで逆転可能だったとみています。昨年のレッドリヴェールカフェブリリアントのように意表をついてレースをかき乱す馬がいれば別ですが、そうでなければおそらく後傾ラップになるであろう展開面の恩恵を今年は受けられそう。土曜にまとまった雨があって、ソフトで時計が掛かる馬場になったことも、一気の距離短縮ローテ的にも、この馬の現状の適性的にも追い風ではないでしょうか。1週前追いを見ても渾身仕上げに映る今回、年齢には目を瞑って期待を掛けてみたいと思います。
あとは、1週前追い切り内容を評価した組から▲ジュールポレール、☆アットザシーサイド、△アスカビレン、△アドマイヤリード、△クイーンズリングといったところに印を回します。
ミッキークイーンは△としました。当初は、マイルで、スプリンター寄りの馬が好走するような馬場・展開なら(少なくともアタマは)嫌って妙味と思っていたのですが、土曜の雨が恵みの雨となってくれそうで直前に厄介な存在となってしまいました。が、しばらく頭を悩ませた末、ここは初志貫徹でいくことに決めました。前が崩れるようなレースになれば前走のように鮮やかに一蹴する可能性も十分だとは思いますが、そもそもそうなれば◎が好位から好走する予想コンセプトとズレてくることもありますので、相手有力の一頭とします。
今回の私の馬券は、◎からの馬連と、◎→△ミッキーへの馬単で勝負とします。


【馬連フォーメーション】
◎=印
2=1,3,5,6,8(5点)

【馬単】
◎→△(11)
2→11(1点)

計6点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/ヴィクトリアマイル G1(河内...05月14日() 13:00競馬プロ予想MAX

 本日は的中率と回収率のバランスのとれた高値安定の予想で、不動の人気を勝ち得ているウマニティ公認プロ予想家の河内一秀さんに登場してもらいます。「的中率日本一」とも噂される予想ソフト『カツラギ』の開発者としても知られる稀代のヒットメーカーは、先週のNHKマイルCをアエロリット◎でバッチリ的中。今週のヴィクトリアマイルもバシッと決め手もらいましょう。
「リピーターが多いレースゆえに、パフォーマンスを落としていない昨年の上位馬中心の争いになる」とこのレースを分析した河内さんの本命はミッキークイーン。「前走は1年半ぶりの勝利ながら、自己最高指数をマーク。昨年以上の走りに期待できる」と力強く推奨してくれました。
 対抗はスマートレイアー。単穴はルージュバック。以下、ジュールポレールアドマイヤリードレッツゴードンキの順に押さえ、馬券は馬連流し→↓キЛで勝負します。本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017ヴィクトリアマイル〜05月12日(金) 11:50山崎エリカ

ヴィクトリアマイルは、中距離路線の差し、追い込み馬不振。
前哨戦の着順入れ替わりも激しくミッキーアイルは......。
__________________________


 秋のエリザベス女王杯が芝2200mならば、春のヴィクトリアマイルは芝1600m。秋がステイヤーも出走する長距離指向の強い中距離戦ならば、春はスプリンターも出走する短距離指向の強いマイル戦。この秋と春の古馬牝馬路線の距離やレースの質の違いから、これまでにヴィクトリアマイルとエリザベス女王杯を連覇した馬はいません。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 例年、中距離路線の実績馬が上位人気に支持されますが、あのウォッカやブエナビスタも後方からレースを進めて、取りこぼしたのがこのレースです。なぜならヴィクトリアマイルは、1分31秒台が飛び出すほどの超高速馬場で行われることもあり、前半2F目に10秒台半ばが計測されることがしばしば。これにより中距離路線を主体に使われて来た馬は、序盤ゆったりのレースに慣れてしまっているため、スピードに乗り損なって置かれてしまうことが間々あります。

 2007年のこのレースでは、前年のエリザベス女王杯を1着降着したカワカミプリンセスが、このレースでは追走一杯の10着に凡退したこともありました。また、昨年のショウナンパンドラも休養明けの大阪杯(芝2000m)で3着と好戦した後の一戦で出遅れ、2F目でも押して押して出して行った分、最後はミッキークイーンとの叩き合いに敗れる形での3着でした。

 つまり、前走で中距離戦を使われている馬、特に中距離戦で後方からレースを進めているような馬は、追走に苦労することが多いため、この一戦においてはマイナスであるということ。良馬場なら基本的には短距離戦でも通用するスピード、そこからもうひと足使えるような馬が有利です。マイル戦で先行して結果を出しているような馬が、このレースには向くでしょう。

 また、ヴィクトリアマイルは、決め手を生かしたい馬が多い牝馬の限定戦らしく、東京マイルとしてはペースが上がり切らないことが多いレース。しかも、今年は先行馬揃いで内枠の馬が競り合って淀みなく流れた昨年とは一転して・・・

[See more]

【kmのG1データブレイカー】〜2017ヴィクトリアマイル〜05月10日(水) 10:00km

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”、おまけコーナーの”血統診断”も合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
ヴィクトリアマイル

荒れた結果が続く今年のG1戦線。前半戦ラストを飾るのは、ヴィクトリアマイルです。
ヴィクトリアマイルは、3年連続で単勝配当が4桁を記録する”大穴G1”ですから、当コラムが最大限に力を発揮するのは言うまでもありません。では、最後までお付き合いください!

・前走1−4着【0.2.4.37】

アスカビレン→前走1着(六甲S1着)
アドマイヤリード→前走2着(阪神牝馬S2着)
ウキヨノカゼ→前走1着(福島牝馬S1着)
ジュールポレール→前走3着(阪神牝馬S3着)
スマートレイアー→前走2着(京都記念2着)
デンコウアンジュ→前走4着(福島牝馬S4着)
フロンテアクイーン→前走2着(福島牝馬S2着)
ミッキークイーン→前走1着(阪神牝馬S1着)
レッツゴードンキ→前走2着(高松宮記念2着)

これこそ、ヴィクトリアマイルが荒れるG1と言われる所以です。前哨戦が結果に直結しないG1なんて、滅多にありません。
最近4年は、ヴィルシーナストレイトガールが連覇を果たすなど、コース巧者が活躍しています。
同舞台でクイーンSを勝っているウキヨノカゼ、牡馬相手に東京新聞杯を制しているスマートレイアー、アルテミスSでメジャーエンブレムを差しきったデンコウアンジュなど、今年は絶好調のコース巧者たちの激走が見られるでしょう!

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見...05月09日(火) 18:00競馬プロ予想MAX

前回の〜NHKマイルC編〜では、「本来の先行策ならさらにやれる。桜花賞よりメンバー弱化で勝機十分。」(サラマッポプロ)や、「府中なら前走以上にやれる。今回は牡馬も一緒に走るが桜花賞より相手は楽になっている。上手くかみ合えば勝つチャンスは十分にある。」(スガダイプロ)とのアエロリット評をご紹介。また、人気で沈んだアウトライアーズへの「激戦続きで状態をキープできるのか半信半疑。」(加藤拓プロ)、「厩舎成績が芳しくない。マイルに矛先を向けた判断は間違いとみている。」(kmプロ)といった注目見解を掲載。貴重な情報が詰まった当コラムを、是非予想の参考に、人気馬の取捨検討などにお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、5/14(日)G1ヴィクトリアマイル
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/8(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。


●各馬へのコメント
ミッキークイーン
 河内一秀 秋華賞以降は勝ちきれないレースが続いていたけど、一昨年のジャパンカップや昨年の有馬記念では牡馬の一線級相手に善戦するなど安定的に能力の高さを見せていたね。そして前走の阪神牝馬Sで一年半ぶりの勝利を上げたわけだけど、指数的にも自己最高指数を更新していてさらに上昇中といった感じだね。
 加藤拓 血統的にも、ディープインパクト産駒は東京1600mを得意にしていますし、人気馬が確実に走っています。昨年も2着でリピーターレースの特徴には合ってくるのですが、その昨年は差し・追い込み馬が上位を占めた例外的なレース。例年は淡々と流れる展開が多く、先行馬、内枠馬がすっと抜け出し、スピードをキープしたまま走り切ってしまうことが多いG1です。そういう形になると、1着を取りこぼす可能性もありそうです。――去年がはたして好走なのか、取りこぼしなのか......。先週までの前が止まらない馬場も気になります。
 くりーく 今年は阪神牝馬Sを勝っての参戦ですが、その阪神牝馬Sは時計のかかる馬場で他の馬の切れる脚が鈍ったため差し切れた感じです。本質的には2000mぐらいが良い馬だと思いますので、パンパンの良馬場マイルだと実力で上位にはこれてもマイル適性の高い馬には敵わないと思っています。追い切りに関しては、いつも通り1週前にCWで併せて一杯に追われて先着。動きに関しては、追われてから首が上がり気味な走りから前へ出るような走りに変わっていて、状態はかなり良いです。状態面でも、上位にくるだけの出来で臨めると思います。
 スガダイ まあこの馬が中心だろうな。牝馬同士なら崩れる事はまず考えにくい。ただ、一本被りの人気になるだろうけど、頭鉄板とまでは言い切れないという印象。昨年のこのレースでは勝ったストレイトガールが強すぎたってのもあるけど0.4秒差の2着。そのストレイトガールの後ろを通ってロスなく運べていたから、その意味で着差以上の完敗だった。やっぱり、決してマイルがベストの馬ではないといったところなんじゃないかな。軸としては信頼していいと思うけど、1着固定はオススメできないかな。
 サラマッポ バランスの良い走法で、総合力が必要な東京コース向き。昨年も2着しているように今年も好走が期待できますね。道悪でも問題なく、馬券圏内は堅そうな印象です。

ジュールポレール
 加藤拓 この馬もミッキークイーンと同じようにディープ産駒で、配合的にはマイル戦線で期待ですね(半兄サダムパテック)。先行馬でスピードに乗って流れ込みを図れそうなところも悪くないです。ただ、キャリアも浅く、輸送も馬体重も心配。穴を開けるにしても、このレースのパターン的には隠れた実績馬か、もっと小回りのスピード競馬が得意そうな馬の方が期待値は高いですね。
 くりーく この馬は脚の回転が速くいかにもスピードタイプといった走りですね。昨年、一昨年の勝ち馬ストレイトガールと似たタイプの馬なので、前走のような馬場よりは時計の速い良馬場でスピードを生かしたいクチでしょう。1週前追い切りでもスピードのある走りで好成績の勢いは衰えていない感じです。直前の追い切りは毎回一杯に追ってくるので、そこでテンションを上げ過ぎてしまうと今回は関東への輸送があり当日イレ込んでしまうかもしれません。そのあたりはパドックを見て判断したほうが良いと思います。イレ込んでいなければ十分勝ち負けできる馬だと思いますよ。
 スガダイ 前走はちょっと驚いた。道悪は苦手なイメージがあったんだけど・・・

[See more]

【U指数的分析】ヴィクトリアマイル05月08日(月) 16:00【ウマニティ】

ヴィクトリアマイル

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースはヴィクトリアマイルです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・毎年のように荒れるレースだが、指数上位馬が人気薄というケースが多く、U指数攻略がフィットするレース。
(指数上位人気薄の好走例)
13年 指数3位 マイネイサベル 5人気3着
14年 指数5位 ヴィルシーナ 11人気1着
14年 指数1位 ストレイトガール 6人気3着
15年 指数2位 ストレイトガール 5人気1着
15年 指数5位 ケイアイエレガント 12人気2着
16年 指数4位 ストレイトガール 7人気1着
→指数1〜5位の単勝回収率240.4%、複勝回収率157.6%

<ポイント◆
・低指数馬の台頭が多いためバッサリ切るのは危険だが、指数96.5未満の馬が2頭以上絡んだ年はない。低指数馬同士の2連勝馬券、低指数馬を2頭以上含む組み合わせの3連勝馬券の購入は控えたほうがいい。

<ポイント>
・指数順にバランスよく馬券に絡むのがこのレースの特徴。指数1〜2位+指数3〜5位+指数6位以下という組み合わせの3連複フォーメーションを購入した際の回収率は7480.0%。最低18番人気で3着に激走した15年のミナレットが数字を引き上げていることは明白だが、この年を除いても回収率は182.1%と優秀。


ヴィクトリアマイルの予想U指数はこちら⇒(ヴィクトリアマイル重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新はオークスとなります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

ヴィクトリアマイル・201705月08日(月) 12:00覆面ドクター・英

NHKマイルCでは1番人気のカラクレナイを1400適性高過ぎでマイル案外向かなそうだし人気過ぎと消し、前走桜花賞組の中では東京マイルがもっとも向くと評価したアエロリットも走ってくれたのですが、2着に来たリエノテソーロをコラムで「明らかにダート馬で買わない」と、やってしまいました......。WIN5も絞った新潟大賞典をはずして4つ止まりとイマイチ続きなままですが、そろそろ流れが来るはず。

それでは恒例の1週前の全頭診断を。

ミッキークイーン:昨年はストレイトガールの大駆けにあったが、依然牝馬のトップレベル維持しているのを示した前走阪神牝馬S勝ちからも当然有力。あとは浜中騎手が斜行に注意すれば(笑)。人気になり過ぎないと良いのだが。

レッツゴードンキ:ラッキーだったドスローからの桜花賞制覇の後、しばらく低迷していたが馬体重グングン増やしてデビュー時より50kg以上大きくなり再び充実期間迎えている。ただ個人的にはあまり馬券相性も良くないし、1200の後でもあり凡走期待したいのだが買うべきなんだろう。

ルージュバック:前が詰まった前走度外視としてもゆるやかに気力が衰えている感じもあり末脚の凄味無くなってきた。マイルも本質的には短いが上位争いできる力はまだあるが軸にはしない予定。父ディープインパクトの弟がダート向きのパワー型に出ているようにダート路線で見てみたい気もするが。

クイーンズリング:本質的にはマイル向きでないが、香港遠征や減った体重戻すなかでの調整でかつ馬場悪くて、馬も騎手もやる気無くした前走はノーカウントで昨秋は府中牝馬Sとエリザベス女王杯を連勝した実力馬だけに、人気落としてくれると狙いたいが。

スマートレイアー:元々はマイルの追い込み馬だったのが逃げに脚質転換したり、中距離に進出して香港でも掲示板に乗ったり、マカヒキとの叩き合いで負かした京都記念や元気に長く頑張っている。久々のマイルはパフォーマンス落としそうにも思えるがどんな条件でも頑張るタイプで人気次第か。

ウキヨノカゼ:福島牝馬Sでは本命打って馬券とらせてもらったし、北海道の皮膚科医が馬主の馬で父オンファイアはブラックタイドディープインパクトの2つ上と1つ上の兄達と比べて厳しい現況で頑張って欲しいが小回り向きの追い込み馬で昨年ヴィクトリアマイルで最後方から7着に押し上げた。今年は層が薄く更なる好走も可能かも。高齢牝馬で人気落とすようなら楽しみ。

アドマイヤリードステイゴールド産駒にしては瞬発力あるタイプで阪神牝馬Sでも勝ったミッキークイーンと同じ最速の末脚で2着に来ており、大舞台で連敗街道続くオーナーにとってチャンス到来。ただ頭までは無いか。

ジュールポレール:昨秋から3連勝してオープン入りして前走阪神牝馬Sでも直線一旦先頭と見せ場作った。ただ母父エリシオはトライアルホース感あり本番では厳しいのかもしれないがヒモには入れたい。

ソルヴェイグ:明らかにスプリンター寄りで東京の長い直線は向かない。夏のスプリント路線での活躍期待。

アスカビレン:前走オープンで初勝利上げたが相手の弱いオープン特別だけに上位陣とは少し力差あり。

アットザシーサイド:京都牝馬Sも阪神牝馬Sも8着と頭打ちの状態で、血統的には身体小さくてもダート試すのも面白いと思うが。

デンコウアンジュメジャーエンブレムをアルテミスSで差し切ったまさに「一発屋」で以後、穴人気になりやすい馬だが田辺騎手だからできた芸当なのになぜか以降田辺騎手を一度も起用しないで低迷続く。前走秋山騎手が思い切ったまくりで久々好走したがあれが限界で要らない。

リーサルウェポン:昨年1月の愛知杯2着以降さっぱりな状態で不振に陥ったディープインパクト産駒の激走まずない。

フロンテアクイーンメイショウサムソン産駒にしては母父サンデーサイレンスが利いているのか3走前の準オープン勝利を東京であげたが、一線級と東京マイルで戦うのは不利か。

オートクレール:準オープンで上位に来れるだけの力つけてきているがここ通用は厳しい。

ヒルノマテーラ:昨秋カシオペアSでオープン特別勝ちが上限で重賞では二桁着順連発で、ここは厳しい。

クリノラホール:昨年秋から年末にかけての3連勝でオープン入りしたが愛知杯、阪神牝馬Sと壁に当たっておりローカル牝馬重賞が出番では。


<まとめ>
人気薄の激走は無いのでは。前半の8頭から絞ってどう三連単くむか。

最有力:ミッキークイーン

有力な実績馬:レッツゴードンキルージュバッククイーンズリングスマートレイアー

ヒモに入れたい新興勢力と古豪:アドマイヤリードジュールポレールウキヨノカゼ

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】ヴィクトリアマイル2017・G...05月08日(月) 10:28ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第12回 ヴィクトリアマイル GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月07日号】特選...05月07日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2017年05月14日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1”において6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [6-5-5-44](複勝率26.7%)
×なし [0-1-1-45](複勝率3.8%)

 大波乱決着となった年もありますが、好走馬の大半は前年以降にJRAのG1で善戦した経験があった馬。昨年はストレイトガール(2015年スプリンターズステークス1着)、ミッキークイーン(2015年秋華賞1着)、ショウナンパンドラ(2015年ジャパンカップ1着)と、前年秋にJRAのG1を勝った馬が上位を占めました。なお“前年か同年、かつJRAのG1”において連対経験がない馬は2011年以降[0-2-4-71](複勝率7.8%)。今年もG1ウイナーやそれに準ずる馬たちが優勝争いの中心となりそうです。

主な「○」該当馬→クイーンズリングミッキークイーンレッツゴードンキ
主な「×」該当馬→アスカビレンウキヨノカゼジュールポレール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[See more]

>>See more

VICTORIA MILE Strategy Tool

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -VICTORIA MILE 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 3 5 95.8 Admire Lead F4 55.0 C.Lemaire N.Sugai WEST 422(-4) 13.5 6 1.33.9
2 5 10 93.8 Denko Ange F4 55.0 M.Ebina Y.Arakawa WEST 444(0) 67.9 11 1.34.1 1_1/4
3 2 3 96.1 Jour Polaire F4 55.0 H.Miyuki M.Nishizono WEST 452(-2) 17.5 7 1.34.1 Neck
4 1 2 100.0 Smart Layer F7 55.0 Y.Take R.Okubo WEST 470(-6) 8.9 4 1.34.1 Head
5 2 4 96.4 Solveig F4 55.0 Y.Kawada I.Sameshima WEST 470(-6) 43.6 9 1.34.2 Neck
6 4 8 93.2 Queens Ring F5 55.0 M.Demuro K.Yoshimura WEST 466(0) 9.4 5 1.34.3 3/4
7 6 11 100.2 Mikki Queen F5 55.0 S.Hamanaka Y.Ikee WEST 440(+2) 1.9 1 1.34.4 1/2
8 8 15 93.5 Frontier Queen F4 55.0 H.Kitamura S.Kunieda EAST 462(0) 89.2 12 1.34.5 1/2
9 6 12 96.5 Ukiyono Kaze F7 55.0 H.Yoshida T.Kikuzawa EAST 490(+8) 37.8 8 1.34.5 Neck
10 4 7 100.2 Rouge Buck F5 55.0 K.Tosaki M.Otake EAST 452(-2) 7.6 2 1.34.6 1/2
11 7 14 98.8 Let's Go Donki F5 55.0 Y.Iwata T.Umeda WEST 496(-10) 7.9 3 1.34.6 Neck
12 1 1 93.8 At the Seaside F4 55.0 H.Tanabe H.Asami WEST 438(-6) 107.2 13 1.34.6 Nose
13 3 6 95.4 Asuka Biren F5 55.0 K.Ikezoe H.Nakao WEST 470(+2) 45.3 10 1.34.7 Neck
14 7 13 92.3 Hiruno Matera F6 55.0 H.Shii M.Kon WEST 464(+2) 312.7 17 1.34.9 1_1/2
15 8 16 91.1 Kurino Lahore F4 55.0 Y.Kitamura K.Tani WEST 446(+4) 225.9 16 1.35.2 2
16 8 17 93.7 Lethal Weapon F6 55.0 H.Uchida Y.Takeichi EAST 442(+10) 177.1 15 1.36.2 6
17 5 9 93.1 Halteclere F6 55.0 H.Mayuzumi E.Nakano EAST 440(+2) 142.3 14 1.41.7 Dist
Lap Time 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9
The first half 12.6-23.8-35.6-47.9-60.1
The latter half 58.3-46.0-33.8-22.7-11.9

Payoff

Win5 1,350 JPY 6(Fav)
Show
(Place)
5 440 JPY 6(Fav)
10 1,580 JPY 11(Fav)
3 480 JPY 7(Fav)
Bracket quinella3-5 11,230 JPY 26(Fav)
Quinella5-10 42,710 JPY 61(Fav)
Quinella Place5-10 8,380 JPY 59(Fav)
3-5 1,890 JPY 22(Fav)
3-10 10,530 JPY 67(Fav)
Exacta5-10 73,750 JPY 110(Fav)
Trio3-5-10 123,870 JPY 194(Fav)
Trifecta5-10-3 918,700 JPY 1,139(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -VICTORIA MILE 2017-

Sun,12Mar2017NAKAYAMAHIMBA STAKES  Nakayama Turf1800m Firm

1st 4 Tosen Victory 12.5(5Fav) Y.Take 1:49.4 96.2
2nd 13 Magic Time 2.9(1Fav) C.Lemaire Neck 96.2
3rd 1 Queen's Milagro 14.4(7Fav) M.Ebina 3/4 95.6
4th 16 Pearl Code 4.5(2Fav) Y.Kawada Neck 94.9
5th 9 Denim and Ruby 12.5(6Fav) A.Starke Nose 94.9
>>See more

Sat,8Apr2017HANSHINHIMBA STAKES  Hanshin Turf1600m Yielding

1st 6 Mikki Queen 2.2(1Fav) S.Hamanaka 1:34.3 101.8
2nd 16 Admire Lead 6.0(3Fav) C.Lemaire 1_3/4 99.5
3rd 8 Jour Polaire 7.4(4Fav) H.Miyuki Neck 99.5
4th 4 Crocosmia 25.5(7Fav) F.Matsuwaka 3 95.7
5th 13 Eterna Minoru 229.0(13Fav) K.Ikezoe 1_1/2 94.1
>>See more

Sat,22Apr2017FUKUSHIMAHIMBASTAKES  Fukushima Turf1800m Firm

1st 6 Ukiyono Kaze 6.7(3Fav) H.Yoshida 1:46.8 101.7
2nd 8 Frontier Queen 8.0(4Fav) H.Kitamura Neck 101.7
3rd 9 Queen's Milagro 3.2(1Fav) Y.Take Neck 101.0
4th 3 Denko Ange 16.2(8Fav) S.Akiyama 2 99.0
5th 15 Lethal Weapon 124.7(16Fav) Y.Tannai 1/2 98.4
>>See more

Sun,23Apr2017MILERS CUP  Kyoto Turf1600m Firm

1st 11 Isla Bonita 3.8(2Fav) C.Lemaire 1:32.2 106.0
2nd 4 Air Spinel 3.1(1Fav) Y.Take 1/2 105.2
3rd 6 Young Man Power 18.8(7Fav) M.Matsuoka 3/4 104.5
4th 8 Black Spinel 4.8(3Fav) M.Demuro Neck 104.5
5th 1 Sunrise Major 95.8(9Fav) F.Matsuwaka 1/2 103.7
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -VICTORIA MILE 2017-

2016 VICTORIA MILE 15May2016 Tokyo11R Turf1600m Firm

VICTORIA MILE 2016

1st 13 Straight Girl 17.7(7Fav) K.Tosaki 1:31.5 106.3
2nd 10 Mikki Queen 3.4(1Fav) S.Hamanaka 2_1/2 103.2
3rd 15 Shonan Pandora 4.4(2Fav) K.Ikezoe Nose 103.2
Win 13 1,770 JPY(7Fav) Trio 10 - 13 - 15 6,090 JPY(11Fav)
Quinella 10 - 13 3,510 JPY(13Fav) Trifecta 13 - 10 - 15 48,310 JPY(125Fav)

2015 VICTORIA MILE 17May2015 Tokyo11R Turf1600m Firm

VICTORIA MILE 2015

1st 5 Straight Girl 14.1(5Fav) K.Tosaki 1:31.9 104.1
2nd 7 Keiai Elegant 47.4(12Fav) Y.Yoshida Head 104.1
3rd 18 Minaret 291.8(18Fav) T.Eda 1_3/4 101.8
Win 5 1,410 JPY(5Fav) Trio 5 - 7 - 18 2,860,480 JPY(726Fav)
Quinella 5 - 7 36,880 JPY(66Fav) Trifecta 5 - 7 - 18 20,705,810 JPY(4,140Fav)

2014 VICTORIA MILE 18May2014 Tokyo11R Turf1600m Firm

VICTORIA MILE 2014

1st 14 Verxina 28.3(11Fav) H.Uchida 1:32.3 105.4
2nd 4 Meisho Mambo 5.5(3Fav) K.Take 1/2 104.6
3rd 1 Straight Girl 13.7(6Fav) Y.Iwata Head 104.6
Win 14 2,830 JPY(11Fav) Trio 1 - 4 - 14 50,720 JPY(150Fav)
Quinella 4 - 14 8,450 JPY(28Fav) Trifecta 14 - 4 - 1 407,940 JPY(1,035Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
12May2013
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Verxina 3.1 1 H.Uchida 1:32.4 101.7
13May2012
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Whale Capture 7.2 4 N.Yokoyama 1:32.4 102.5
15May2011
VICTORIA MILE
Tokyo 17 Firm Apapane 4.1 2 M.Ebina 1:31.9 106.0
16May2010
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Buena Vista 1.5 1 N.Yokoyama 1:32.4 100.1
17May2009
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Vodka 1.7 1 Y.Take 1:32.4 110.8
18May2008
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Asian Winds 13.4 5 S.Fujita 1:33.7 106.8
13May2007
VICTORIA MILE
Tokyo 18 Firm Koiuta 60.3 12 M.Matsuoka 1:32.5 105.1

VICTORIA MILE Strategy Tool