Race Info > FEBRUARY STAKES 2017 - Results,Payoff
FEBRUARY STAKES 2017

Sun,19Feb2017

FEBRUARY STAKES G1

Tokyo/Dirt/1600m

Menu

Related News -FEBRUARY STAKES 2017-

  • Arrival News

FEBRUARY STAKES 2017 - Gold Dream Conquers Heavy Contest in This Year's February Stakes 

Second favorite Gold Dream captured the February Stakes title this year and demonstrated his aptitude and liking for the Tokyo dirt mile course as he marked his third victory out of four, which includes his first grade-race triumph in the G3 Unicorn Stakes last June. The Gold Allure colt was entered off a disappointing 12th in the December Champions Cup after being sent off second favorite, but displayed a sound and convincing performance this time scoring his first G1 win as if paying tribute to his sire who passed away the previous day. This is the second JRA-G1 win for trainer Osamu Hirata who claimed his first with Curren Black Hill in the 2012 NHK Mile Cup, while jockey Mirco Demuro notched his 19th JRA-G1 victory, his latest with Queens Ring in the Queen Elizabeth II Cup last season, and celebrates his second February Stakes title since his victory last year on board Moanin.

Gold Dream broke fairly from stall three and was reserved in mid-division behind Best Warrior down the backstretch as Incantation headed the full field of 16 runners. As the bunched-up field fanned out rounding the final corner to secure room for their stretch-run, the Gold Allure colt also floated out wide entering the lane in seventh to eighth but galloped confidently picking off his tiring rivals one by one, finally pinning the brief leader Nishiken Mononofu before the furlong pole, and held off a fast closing Best Warrior by a neck for the title.

“In the Champions Cup, he broke poorly and was keen—he didn’t stretch at all. But today he was relaxed even after entering the track. His start was good, he was positioned well and responded beautifully in the straight. He still had a lot left at the end,” commented Mirco Demuro.

Best Warrior, sent off fifth favorite, was also reserved in mid-pack but took an inner route making the final turns and was blocked behind horses in early stretch. However, the patient seven-year-old found a gap chasing Nishiken Mononofu who pulled away in front of him two furlongs out, and unleashed a strong late run to threaten the winner for a neck second.

Off slow as usual, race favorite Kafuji Take sat unhurried near the rear and was last to enter the stretch but had no trouble finding his stride as he blew past the field clocking the fastest last three-furlong drive to finish 3/4 length from Best Warrior for third.

[See more]

FEBRUARY STAKES 2017 - Preview 

Tokyo Racecourse hosts the first top-level event of the year with the 34th running of the February Stakes on Sunday, Feb. 19. Twenty-six hopefuls, 4 years old and up, have been nominated for what is the first of only two JRA Grade 1 races run over dirt. Only 16 of those nominees will get a ticket to run the Tokyo mile for a chance at the first-place booty of 97 million yen.

This year’s lineup is shaping up to make things especially difficult for bettors. Wagers are expected to be spread across the field as punters vie for a winning pick. The “foreign factor” is raised to the power of three with Ryan Moore joining the dynamic duo of Christophe Lemaire and Mirco Demuro. And, the absence of Yuichi Fukunaga, sidelined by a fall, is yet another factor to be added to the beguiling, befuddling mix.

Moanin, Nonkono Yume, and Asuka Roman, the top three finishers in last year’s February Stakes, are all back and looking to repeat or improve their performances this year. And there is still hope that Copano Rickey, winner of the 2014 and 2015 versions, could still, despite a seventh-place finish last year, become the first horse to win three February Stakes. They’ll be up against some tough competition though, some new names and new talent, including Kafuji Take, the winner of the G3 Negishi Stakes, and Sound True, who scooped the JRA’s other big dirt event, the Champions Cup in December.

The February Stakes will be the 11th race on the Sunday card of 12 at Tokyo Racecourse. Post time is 15:40 local time. Here’s a look at what are likely to be race’s top picks.

Kafuji Take - The Precise End-sired Kafuji Take grabbed the spotlight when he virtually flew down the homestretch to win the G3 Negishi Stakes on Jan. 29 at Tokyo. Unable to pick up speed out of the gate, Kafuji Take lagged a length or two behind, raced from the rear and was still there, more than 10 lengths off the front, with only 400 meters to go. But that’s where he switched into top gear to cover the final 3 furlongs in a blistering turf-like 34.5 seconds and notch his first graded stakes race. Firmly established as a bright new star, Kafuji Take adds a generous dash of spice to the February Stakes lineup, which had been expected to feature mostly the old familiar faces. Fielded by trainer Sachio Yukubo, the 5-year-old Kafuji Take, the latter portion of whose name is pronounced like the English word, looks to be playing to win after finally moving to graded stakes company on his 18th start last summer. In November, Kafuji Take finished third in the G3, 1,600-meter Musashino Stakes at Tokyo, a race that was won in record time. The following month he took on his first Grade 1 race with the 1,800-meter Champions Cup and surprised when he ran fourth only 0.2 seconds off winner Sound True. Kafuji Take looks like he has come into his own, and although he will not have Fukunaga in the saddle this time, it would be no surprise if he took home the top prize.

Sound True - Sound True, a 7-year-old gelding by French Deputy, claimed first place in the Champions Stakes last year and took top honors as JRA Best Dirt Horse for 2016. This will be his first February Stakes, the first 150 meters of which are actually run over turf, but Sound True is a highly consistent seasoned runner and can handle the unusual combination. He has notched 9 wins, including three over the Tokyo dirt mile, 9 seconds and 13 thirds from 40 starts. Sound True has made the top three spots in all but one of his last 13 starts, eight of which were top-level NAR races, in addition to his win of the G1 Champions Cup at Chukyo in December and a third in the same race the year before. It will be his first time at Tokyo since the summer of 2015 and he will surely find the long Fuchu stretch a welcome change.

Moanin - This 5-year-old by Henny Hughes out of the stable of Sei ishizaka, rewrote the Tokyo course record in last year’s February Stakes with his winning time of 1 minute, 34.0 seconds and improved his own record at the time to 6 wins in 7 starts. Moanin has, however, failed to make the winner’s circle in his four starts since. He was runnerup by a head and 5 lengths ahead of third-place Sound True in the Nihon TV Hai at Funabashi in September, and his seventh-place in the Musashino Stakes at Tokyo could be forgiven due to the fact that he was carrying the top weight of 59kg, 3 kg more than the six horses who beat him over the line. Though the weights carried were the same for the top eight horses next out in the Champions Cup, Moanin again finished seventh, 0.5 seconds behind winner Sound True. Keita Tosaki has been in the irons for his last three starts, but this time Moore is pegged for the ride.

Nonkono Yume - A dark chestnut gelding by Twining, Nonkono Yume won big on the NAR circuit in the summer of 2015, when he was victorious in the Japan Dirt Derby. He almost realized his first JRA dream win when he ran second in the G1 Champions Cup two starts later. Some two and a half months later, he again ran second, this time in the 2016 February Stakes. He failed to win his next five starts as well, four outings at NAR tracks and his second bid in the 2016 Champions Cup, in which he finished sixth, 0.4 seconds off winner Sound True. Nonkono Yume does have consistency on his side, however, having never finished further back than sixth place. He will be returning to Tokyo, where he has, from six starts, tallied four wins, a second and a third and the change of venue will likely be welcome. Nonkono Yume’s Tokyo wins include the 2015 Unicorn Stakes and Musashino Stakes, both run over a mile on dirt. This will be his first time back at Tokyo since last year’s February Stakes. Christophe Lemaire has the ride.

Copano Rickey - The Gold Allure-sired Copano Rickey finished seventh in this race last year, but followed that performance up with a three-way winning streak as he pocketed the Kashiwa Kinen, the Teio Sho and the Nanbu Hai, all at NAR venues. He made the board in two of his last three starts, but his Champion Cup finish was a double-digit one. Tosaki rode Copano Rickey to a fifth last out in the Tokyo Daishoten at Ohi Racecourse on Dec. 29, but Yutaka Take is expected to take the reins this time out.

Not to be forgotten are Gold Dream, who beat Kafuji Take to the line in finishing second in the Musashino Stakes, but was late out of the gate next out in the Champion Stakes. Gold Dream has won both an open-class race and the G3 Unicorn Stakes at Tokyo, both over the mile on dirt. Mirco Demuro has the ride. Also, Asukano Roman, a 6-year-old son of Agnes Digital, ran third in this race last year, 0.2 seconds off the winner. He is coming off an eighth-place finish in the G2 Tokai Stakes at Chukyo on Jan. 22. That was preceded by a third in the Champions Cup. Best Warrior, paired with the 2016 JRA leading jockey Keita Tosaki, surely should be included among the top picks. This will be his fourth straight bid in the February Stakes and other than on his first try, when he faced older horses in a G1 for the first time, Best Warrior has done well, finishing a respectable third in 2015 and fourth last year. He is coming off a second in the Negishi Stakes.

[See more]

>>See more

 このチャンスはモノにする。14年目の津村明秀騎手(31)が「第34回フェブラリーS」でのGI初Vを狙っている。パートナーは、前哨戦の根岸Sを3F34秒5の鬼脚で突き抜けたカフジテイク。福永騎手のケガで突如巡ってきた大一番に、最高のモチベーションで挑む。

 −−カフジテイクは2走ぶりの騎乗。前走の根岸Sで手綱を取った福永騎手の負傷リタイアで白羽の矢が立った

 津村明秀騎手「乗せていただけると、直前になって報せがありました。うれしかったですね」

 −−4走前に初騎乗で勝って、3走前は3着、2走前は4着

 「最初に騎乗した去年のグリーンチャンネルCのときの末脚が、これまで自分が感じたことのないような感覚でした。これが大きいところを狙う馬なんだなと」

 −−暮れのチャンピオンズCも慣れない1800メートルで11番人気ながら、0秒2差の4着

 「最後はよく伸びてくれたけど、1コーナーでトモが流れる場面があったし、自分自身、コーナーを4つ回るコースで攻め切れないところもあった。ワンターンの東京のほうが合っています」

 −−15日は栗東で調教に初めて騎乗した

 「あまり栗東には来たことがないので、僕のほうはアウェーでしたけど(笑)、馬自身は印象どおりに、すごく落ち着いていました。時計はもう少し遅くてもよかったみたいですけど、動きは良かったし、とても順調な感じです」

 −−去年と比べて成長している点は

 「いえ、以前と変わりないと思います。体調にアップダウンがなくて、変わらないのがいいところでしょう。競馬でテンションが上がることもないし、あれだけの脚を使っているのに、(レースが)終わればスッとやめちゃう」

 −−マイルは1回だけ昨秋の武蔵野Sで走り、重馬場でレコード決着のなか3着。今回はパサパサの馬場の可能性も

 「馬場とか展開とか、そういうのとは関係なしに伸びてくれるのがこの馬。武蔵野Sは少しおかしな馬場状態で、前がまったく止まらなかったけど、あそこまで極端じゃなければ、どんな馬場でも大丈夫。枠順はできたら外めがいいですね」

 −−GIは21回目の挑戦。ただ、注目度がこれまでとはかなり違う

 「今までで一番のチャンスだと思っているし、これを生かせるかどうかで自分のジョッキー人生が変わると、それくらいの気持ちで乗りたい。当日のプレッシャーも半端じゃないだろうけど、なかなか味わえないものだし、それをいいほうに生かせればいい。この馬の決め手は自分がよく分かっているので、もう、思い切って乗るだけです」

(夕刊フジ)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【フェブラリー】モーニン、自己最速坂路50秒4!2月16日(木) 05:05

 JRAで今年最初のGIとなるフェブラリーステークス(19日、東京、ダ1600メートル)の追い切りが15日、滋賀・栗東トレーニングセンターで行われた。昨年の優勝馬モーニン(栗東・石坂正厩舎、牡5歳)が、坂路で抜群の動きを披露。自己最速の4ハロン50秒4を楽にマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。万全に体調を整え、今回は名手、ライアン・ムーア騎手(33)=英国=を初めて鞍上に迎える。史上2頭目の連覇へ向け、視界は良好だ。

 これがディフェンディングチャンピオンの貫禄だ。気温2度と冷え込んだ栗東で、モーニンが圧巻の走りを披露。動きを見届けた石坂調教師は、復権への期待を込めた。

 「(昨年の)フェブラリーSの後は結果が出ておらず心配ですが、あのときと同じか、もっと強くなっていると思う。力を発揮できれば、連覇があると期待しています」

 朝一番の坂路に登場し、単走でスタート。ウッドチップを力強く蹴り上げ、前半から快調に飛ばしていく。引っ張り切りの手応えで直線に向くと、先行していた他厩舎の併せ馬を内からあっさりパス。軽く仕掛けられてラスト1ハロン(200メートル)を11秒9でまとめ、余力十分に自己最速の4ハロン(800メートル)50秒4を叩き出した。騎乗した荻野要助手は「うなっていた。息の入りもよかったね」と好感触を証言。サンケイスポーツ調教評価では、ただ1頭の最上級の『S』だ。

 1月末に左前脚のフレグモーネ(主に外傷で皮膚などが化膿=かのう=する疾患)を発症したが、担当の濱名助手は「幸いにもピッチを上げていく前でした。牧場からいい状態で戻ってきていたので、うまく対応できた」と心配無用を強調する。

 昨年は1分34秒0のコースレコードをマークし、JRAのダートでは最速のデビュー7戦目でのGI制覇。だが、その後は4戦未勝利で、近2走の武蔵野S、チャンピオンズCでは、もまれ弱さを露呈して連続7着に終わった。音に敏感な面があり、この中間はストレスを軽減するため、運動中に音を遮る効果があるメンコを着用。輝きを取り戻すために試行錯誤を重ねている。

 今回は英国のムーア騎手が騎乗する。昨年も世界を股にかけた活躍を見せ、日本では天皇賞・秋を制覇。東京ダ1600メートルは得意としており、JRAのコース別では最も多く勝っている。2015年以降の勝率28・6%は出場予定騎手の中で最高だ。石坂調教師は「世界NO・1のジョッキーで、本当に心強い」とうなずく。

 迫力満点の動きを見せて、復権への態勢は整った。2014、15年のコパノリッキーに次ぐ史上2頭目の連覇に突き進む。 (川端亮平)

★世界NO・1ジョッキー

 ムーア騎手は昨年、ロンジンワールドベストジョッキーで優勝した。これは世界の主要GIレース100鞍における着順(1〜3着)を集計するもので、166ポイントを獲得して、98ポイントで2位のスミヨン騎手(仏)に大差をつけ、14年に次ぐ2度目のVとなった。昨年は天皇賞・秋のほかに、凱旋門賞、“キングジョージ”、ドバイターフ、香港C、仏2000ギニーなど世界でGI20勝を挙げた。

★この日のムーア

 ムーア騎手は15日、栗東トレセンを訪れ、ドバイのマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)に挑むラニ(栗・松永幹、牡4)の追い切りにまたがった。モーニンには騎乗しなかったが、石坂厩舎の所属馬は2013年のジャパンCで初騎乗のジェンティルドンナを勝利に導いており、指揮官は全幅の信頼を寄せている。

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【東西現場記者走る】コパノリッキー復活の坂路追い2月16日(木) 05:04

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画。フェブラリーSを担当する東京サンスポの千葉智春記者(32)は連載3日目、コパノリッキーの追い切りに熱視線を送った。近走はスランプ中だが、過去に連覇を果たしているように地力は確か。馬具を着用するなど試行錯誤する陣営、再コンビを組む武豊騎手に直撃し、復活への手応えを探った。

 追い切り日のターゲットは2014、15年覇者のコパノリッキーだ。基本的に最終追いはCWコースだが、この日は坂路で。振り返ると15年11月のJBCクラシック以来となる坂路追い。その意図が気になった。

 追い切り予定時間まで朝イチの組を取材しようとスタンドを降りると、1階で武豊騎手を発見。これはツイている。今回は5戦ぶりに手が戻るが、1週前追いで感触をつかんでいる。

 「気になることは何もない。コンディションは良さそう」と楽しみな様子。「左回りの1600メートルは一番いい条件。逃げても逃げなくてもいい。気分良く走れば、この馬は走る。当日の走りひとつ、乗り方ひとつだね」と人馬の呼吸に重点を置く。近3走は不振だが、これまで4連敗はない。コンビでGI4勝の名手が、復活へのカンフル剤になるかもしれない。

 お目当てはハロー(整地)前の午前9時10分過ぎに現れた。馬場が荒れた時間帯でも脚取りは軽快。仕掛けられると内ザイディックメア(1000万下)を一瞬で突き放し、3馬身先着した。4ハロン52秒8(ラスト12秒3)は自己ベスト。デキは問題なしと思えた。

 坂路追いの理由を村山調教師に聞くと「コースで併せると時計が速くなる。オーバーワークになるし、テンションも考えてやりすぎないようにした」。1週前(CW6ハロン81秒4)で態勢は整っていたというわけだ。「それでも時計は出た。状態はいい」と自信の笑みだ。「競馬でズルさを見せる」愛馬に1週前追いでブリンカーを試すなど、陣営は試行錯誤。「ポテンシャルは高い。あとはジョッキーに委ねます。気分良く走ってくれれば」と期待を寄せた。

 決め手のあるカフジテイクサウンドトゥルーなど、今回は後方組に有力馬がいる。警戒が薄まれば展開利が望めそうだが、アテにしづらいのは確か。週末まで頭を悩ませたい。この日は栗東取材最終日。リッキーにならって調教時間後に坂路の脇を駆けてみたが、数メートルで、しんどい。オーバーワークになる前に美浦へ向かった。 (千葉智春)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【フェブラリー】府中マイルでもサウンドトゥルー2月16日(木) 05:04

 フェブラリーステークスの追い切りが15日、東西のトレセンで行われた。美浦ではチャンピオンズCを勝ったサウンドトゥルーが坂路で好調をアピール。課題となる芝スタート対策も万全でJRAダートGI完全制覇を狙う。栗東では根岸Sを勝ったカフジテイクが、津村騎手を背に力強い動きを見せた。

 外ラチ沿いを力感あふれるフォームで駆け抜けた。昨年のチャンピオンズC優勝馬サウンドトゥルーは、いつも通り美浦坂路での総仕上げ。単走で4ハロン54秒0−12秒9をマークし、余力たっぷりのフィニッシュだ。

 「そんなに動くタイプではないし、時計的にはこれで十分。最近はレースを使ったあとに反動が出なくなった」

 高木調教師が上々の仕上がりを伝えた。勝ったチャンピオンズCのあとも、東京大賞典3着、川崎記念2着と休まず使われているが、疲れはみじんもない。

 サウンドトゥルーにとって、今回のポイントはスタートの芝部分だ。東京ダ1600メートルはゲートを出てから150メートルほど芝を走る。一昨年のオアシスS(3着)、アハルテケS(7着)では、ともに行き脚がまったくつかず離れた後方に置かれた。それ以来、この舞台は使わず、昨年のフェブラリーSも出走をあっさり見送っていた。

 ただ、今年になって参戦を決めたのは、陣営が課題をクリアできると感じているから。「昔と比べて馬も柔らかみが出ている。今ならこなしてくれるのでは。10日に(美浦の)芝に入れたときの反応も良かった」と高木調教師は芝スタート克服への手応えを明かす。また、主戦である大野騎手の騎乗停止で鞍上はまだ調整中だが、「決まったら金曜の調教で乗ってもらおうと思っている。乗り替わりについては、癖は特にないので」と問題ない。

 「距離は多少忙しいかもしれないが、必ずしまいは飛んできてくれる。あとは展開がはまるかどうか。最優秀ダートホースに恥じない走りをしてほしい」

 タイトルホースの誇りを胸に、サウンドトゥルーが府中のマイルでも豪快な追い込みを決める。 (板津雄志)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

>>See more

フェブラリーステークス2017/人気
「1番人気4勝を筆頭に上位人気馬が安定!」
1人気が4勝5連対、2人気は1勝3連対、3人気も2勝4連対と1〜3人気の馬券圏内率が相当高く、上位人気馬を信頼できるレース。穴で面白いゾーンは好走が目立つ7〜9番人気。10人気以降はかなり厳しい成績となっている。上位人気から中穴がフェブラリーステークスのポイントとなる。
人気 着度数
1番人気 4-1-2-3/10
2番人気 1-2-2-5/10
3番人気 2-2-2-4/10
4番人気 0-1-1-8/10
5番人気 0-2-0-8/10
6番人気 1-0-0-9/10
7〜9番人気 1-2-3-24/30
10番人気〜 1-0-0-68/69
フェブラリーステークス2017/脚質
「先行・差し馬向きのレース」
逃げ馬は壊滅的で唯一勝利したトランセンドは1人気馬、脚質的には相当不利な状況。一方で最も好成績なのが先行馬で6勝10連対と信頼度は一番高い。ある程度流れに乗れる先行馬から軸を選びたいところ。
脚質 着度数
逃げ 1-0-0-9/10
先行 6-4-2-27/39
差し 2-2-7-48/59
追込 1-4-1-44/50
フェブラリーステークス2017/枠順
「中枠は壊滅的!外枠狙いが◎」
特筆は外枠(6枠〜8枠)で7勝11連対と抜群の成績を収めている。続いて2勝4連対の2枠が健闘、内枠では唯一買える枠と言えそうだ。その他の枠はかなり奮わない状況で外枠狙いが大前提のレースと言える。
枠番 着度数
1枠 1-0-1-18/20
2枠 2-2-1-15/20
3枠 0-1-2-17/20
4枠 0-2-0-18/20
5枠 0-1-3-15/19
6枠 2-0-1-17/20
7枠 2-3-0-15/20
8枠 3-1-2-14/20
フェブラリーステークス2017/前走レース
「GI組+近年好走目立つ東海S組も注意!」
チャンピオンズカップ(JCD含む)や川崎記念、東京大賞典などに出走しているトップレベルの馬が直行してくることが多く、主要ステップとしては前走GIというのが1番手。注目は東海ステークス組でこのステップから4年連続馬券圏内馬を出している点からもこのステップレースが最もトレンドと言えそう。
レース名 着度数
チャンピオンズカップ(JCD含む) 2-1-2-5/10
川崎記念 2-3-2-6/13
東海ステークス 2-1-1-7/11
根岸ステークス 2-1-2-50/55
東京大賞典 0-3-3-8/14

※対象データ(フェブラリーS過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

「プロ予想MAX四天王の決断!」/フェブラリーステークス G1(...02月19日() 13:00スガダイ

本日は中央競馬の今年最初のG1フェブラリーSが行われます。古豪、前年覇者、新興勢力などバラエティ豊かなメンバーが揃い、予想のしがいのあるレースになりましたね。この注目の一戦を攻略すべく、今回はウマニティ公認プロ予想家の不動のエース・スガダイさんに登場してもらいます。大舞台に強い“持っている”男は、いったいどんな結論を導き出したのでしょうか?

本命はケイティブレイブ。「最近は長目の距離にばかり使われているが、3歳時のヒヤシンスSでは前半3Fが同日のフェブラリーSとほぼ同じという厳しいラップで先行して見せ場十分だった。血統的にマイルは十分対応可能で、外枠から自分のリズムで先行できれば粘り込める」と期待を寄せています。

対抗はゴールドドリーム、単穴はコパノリッキー、押さえはホワイトフーガ。馬券は単複、馬連・3連複ボックス↓きで勝負します。
本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【外厩】今週の重賞レース(フェブラリーS)byもっしゅ02月18日() 11:00みんなの競馬コラム

先週はクイーンCアドマイヤミヤビ共同通信杯スワーヴリチャードと注目度◎を打った2頭が勝利。
京都記念に至っては外厩帰りの3頭(サトノクラウン、スマートレイア―、マカヒキ)で決着するなど、外厩が非常に威力を発揮しました。
さて、いよいよ今週は本年最初のGIフェブラリーSが行われます。
馬券を仕留めるために、今回もしっかり外厩帰りの馬をチェックしておきましょう。


◇2/19(日) 東京11R フェブラリーS ダ1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

コパノリッキー (栗)村山 宇治田原優駿S
ゴールドドリーム (栗)平田 NFしがらき
ノンコノユメ (美)加藤征 ムラセファーム
モーニン (栗)石坂 NF天栄



<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆平田厩舎+NFしがらき
11-5-6-73(勝率11.6/複率23.2)
単回値 175円/複回値 90円

平田厩舎は主にNFしがらきと吉澤ステーブルWESTを多用している厩舎。
どちらの回収率も優秀で、上手く外厩を使いこなす調教師の一人です。
そして今回出走のゴールドドリームは、しがらき帰りが(3.1.0.0)のパーフェクト連対と相性抜群。
スタートで後手を踏んだチャンピオンズCは度外視し、態勢が整った今回が狙い時かもしれません。

【参考】
平田厩舎+吉澤ステーブルWEST
6-3-4-61(勝率8.1/複率17.6)
単回値 143円/複回値 72円



<危険な外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆村山厩舎+宇治田原優駿S
4-3-3-82(勝率4.3/複率10.9)
単回値 32円/複回値 32円

宇治田原優駿Sといえば、今年の京都開催で大活躍の外厩。
ただ村山厩舎とのコンビは全調教師中4番目に多い件数ながら、成績はかなり低調。
更にコパノリッキーは昨年のフェブラリーSとチャンピオンズCが宇治田原帰りでの敗戦。
近走を見ても外厩帰りでの実戦はこの2戦しかなく、どうも波長が合わない印象です。
能力的にも峠を越えた感があるだけに、過度な期待は禁物です。



<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ゴールドドリーム
モーニン
コパノリッキー

執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[See more]

【U指数的分析】フェブラリーステークス02月17日(金) 11:00【ウマニティ】

フェブラリーステークス

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースはフェブラリーステークスです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント➀>
・指数上位は絶対的な存在ではないものの、総崩れということはない。指数100.5以上の単勝回収率は116.7%。このラインを超えた1位馬は軸馬として狙っていける。

<ポイント◆
・指数90未満もしくは指数10位以下(ふたケタ順位)の馬は【1 0 1 36】。14年のコパノリッキーは最下位ながらに勝利したが、これは「事故」レベルの例外中の例外。基本的に低指数の馬は軽視できる。

<ポイント>
・指数1位かつ100.5以上の馬を軸に据え、指数90以上かつ9位以内の馬に流すと、馬連回収率256.0%、3連複回収率259.7%。

予想U指数は会員登録(無料)でご覧いただけますので会員登録がまだの方は是非ご登録ください!次回更新は高松宮記念となります。

--------------------------------------------------------------------------------U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

フェブラリーS02月15日(水) 04:19覆面ドクター・英

有馬記念が終わって早くもまたG気フェブラリーSがやってきました。20年以上前に西田式スピード指数からはじまり故・石川ワタルさんの指数などを参考にしてオリジナル指数作りなどしてきた指数派の人にとっては(私もそうですが)芝よりダートが得意でマイル以下の淀みのない流れの方が力関係の見極めが得意ではないかと思います。9年前にグアムで買ったフェブラリーSの馬券がガツンと当たって、海外挙式の家族の旅費まかなえて、「クイズ100人に聞きました」みたいだと思ったのがついこの間のようです(若い人にはさっぱりわからない話でしょうが)。今日は地方で大幅プラス(特に大井で勝つのは嬉しいです。投入額が他の地方競馬より少し多いですから)で気分よく昨秋のコラムのように書いてみます。

全馬診断

1番人気想定 カフジテイク 某わりと大手サイトで見てびっくりしました。鋭い末脚もっていて、好きな馬だし何度か穴で馬券とらせてもらっていますが、前走も本命打ちましたが、G気破槎燭箸いΕャラではないのでは。好勝負できるところまできているし、言われるほど1400向きでマイルだめとも思わないが・・。

2番人気想定 ゴールドドリーム これまたびっくり・・。まだ荷が重いのではチャンピオンズCも負け過ぎでまだ力つけてくるのは先で若すぎるのでは。消しの予定。

3番人気想定 ベストウォーリア 力があるのは確かだが2着続きなように、じれったい典型。3連単でマルチを買わないので本命打つ度、迷惑千万、いい加減にしてくれ、というタイプだが7歳だと、そろそろ舐められそうでこのくらいの人気なら妙味あり。

4番人気想定 モーニン ベストウォーリア と同じ馬場さんの有力マル外だがこちらの方が若いが器が小さく昨年よく勝てたなあという現況でヒモまででは。この人気なら消しも有りか。

5番人気想定 ノンコノユメ  去勢して体調あがるまで半年くらいはかかるので正直フェブラリーS間に合わないのではと、ここのところ消していたが、そろそろ上昇してくる頃ではあり、このくらい人気落としてくれればヒモには加えたい。

6番人気想定 サウンドトゥルー 騎乗停止で大野騎手が乗れないケチがついただけでなく力的にもちょっと下がってきている感じありヒモまで。

7番人気想定 コパノリッキー  16番人気で勝ったのが3年前ですが力落ちてきており買わない予定。

8番人気想定 アスカノロマン  チャンピオンズCでは人気薄で3着と激走したが勝ち切る力は無さそうでヒモまで。

9番人気想定 エイシンバッケン イマイチ伸び悩みでヒモに入れるかどうか程度。

10番人気想定 キングズガード  この馬ももう少しやれるかと思ったが一線級に入るとまだ少し落ちる。ヒモに入れるかどうか程度。

11 ホワイトフーガ ピーク過ぎつつある感あり。特に買えない。
12 ケイティブレイブ 気分よく逃げられるかの馬で流れ向かない。
13 デニムアンドルビー ディープ産駒のダート挑戦買えず。
14 レッツゴードンキ 芝マイルやダートで好走しているがここ通用する力無し。
15 ニシケンモノノフ  1400ベストに見せかけて通用することあり穴で買いたいタイプ。
16 サウンドスカイ 長期休養明けに大きくはなればビリだけに買えない。
17 インカンテーション 調子崩して休養も多く買えない。
18 ブラゾンドゥリス  力つけてきているがさすがに連闘でつかってこないのでは。
19 モルトベーネ ここのところの充実ぶりすごいがローテきつすぎ使わないのでは。
20 ソルティコメント オープンに上がってからは壁に当たっている。
21 スーサンジョイ 快進撃とまりオープン入着級に落ち着いてしまった。
22 チャーリーブレイヴ 休養明け2戦がふたけた着順では・・。
23 ブライトライン 丈夫で走り続けているが好勝負もう無理。
24 メイショウウタゲ オープン上がってからは入着級までに。
25 カゼノコ 相手弱いところ狙って距離短縮前走は出遅れて終了。スランプ期間。
26 ピオネロ 昨秋のシリウスSではアポロケンタッキーに先着しているように力あるが賞金足りないのでは。
というわけで10番人気以下ではニシケンモノノフピオネロが出られればというくらい。

最終結論は今週もう少し考えてから。本命を惜敗王ベストウォーリアにするかどうかも悩ましいところ。

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】フェブラリーS2017・GIの...02月13日(月) 19:06ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第34回 フェブラリーステークス GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月12日号】特選...02月12日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<伊吹雅也より>

 日曜の「特選重賞データ分析編」は今回が34回目。これまでに33回ずつ公開してきた水曜の「週末メイン“1点”分析EXTRA編」、木曜の「コース別“大全奥義! 全買いデータ”分析編」を含め、連載「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」は公開回数が100回の大台に到達しました。ご愛読いただいているユーザーの皆様に改めて御礼申し上げます。最先端の予想技術を提供すべく、今後もさらに精進致しますので、どうぞご期待ください。


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2017年02月19日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2012年以降)】
×500毀に [0-3-0-27](複勝率10.0%)
○500坩幣 [5-2-5-38](複勝率24.0%)

 ダートのレースということもあり、馬格がない馬は人気を裏切りがち。単勝2番人気以内の支持を集めた馬に限定すると、前走の馬体重が500坩幣紊世辰診呂2012年以降[2-1-2-1](複勝率83.3%)、500毀にだった馬は2012年以降[0-1-0-3](複勝率25.0%)でした。今年はこの条件に引っ掛かる実績馬が多いので注意しましょう。

主な「○」該当馬→ゴールドドリームベストウォーリアモーニン
主な「×」該当馬→カフジテイクケイティブレイブサウンドトゥルー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年か同年、かつJRA、かつダ1600〜1800mの重賞かオープン特別”において3着以内となった経験がある」馬は2012年以降[5-5-5-34](複勝率30.6%)
主な該当馬→カフジテイクサウンドトゥルー

[See more]

>>See more

ケイティブレイブの次走は名古屋大賞典!? 長期休養をほぼ取ることなく走り続ける同馬の未来は?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月23日 21時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2666.html

 19日(日)に開催された今年最初のG1・フェブラリーS。スタートするやいなや大外16番インカンテーションとともに飛び出し、逃げ争いを繰り広げたのが15番のケイティブレイブ(牡4歳・栗東/目野厩舎)だった。

 ゴール前で後続馬に差されて6着に終わったが、11番人気ながらも最後の最後まで上位に食い込むかもしれないと期待させる走りは見事だった。今後に期待がかかる1頭だが、そのケイティブレイブの次走に3月30日の名古屋大賞典(G3、ダ1900m)が予定されていると報じられた。

 これでケイティブレイブはデビュー以来、3カ月などの長期休養を取ることなく走り続けることになる。通常ならば、競走馬は月に1度程度の出走が常識。デビューから出走を毎月のように続けている馬はほぼ皆無だ。

 ケイティブレイブは重賞にも出走するいわば一線級の馬。一昨年前、ラブリーデイが1年で10走した際に『走らせ過ぎでは』と話題になっていたが、ケイティブレイブに関しても「ブラック厩舎」「ローテが謎すぎる」などの批判も上がっている。

 だが、この使い詰めに関し、ケイティブレイブを担当している北谷助手はフェブラリーS出走前に「ずっと使い詰めだけどタフな馬。古馬相手にも堅実に走ってくれる」と意に介す様子はないようだ。

 ケイティブレイブの主戦場はダートの短距離とされる。これは足元への負担が少ないともいわれているため、このペースが同馬にとってはベストと判断した結果なのかもしれない。
名古屋大賞典には、佐賀記念を勝ったロンドンタウン、フェブラリーSに出走したアスカノロマン、また韓国G1・コリアC2着のクリノスターオーなどが出走予定となっている。

 ハイペースで出走を続けるケイティブレイブは、名古屋大賞典で勝利をおさめることができるのか?

【追悼】ゴールドアリュール グリーンセンスセラさん 23 Feb 11:46 pm

【追悼】悲運のダート最強馬ゴールドアリュール。武豊と目指したドバイワールドカップ。─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月23日 21時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2668.html

 まさにダート最強を示したレースだった。2003年2月23日第20回フェブラリーステークス(G1)、1番人気に支持された武豊騎手鞍上のゴールドアリュールは横山典弘鞍上のビワシンセイキの追撃を振り切り快勝、これでダート重賞6戦5勝、国内ダート戦線に敵無しとなり、夢は3月のドバイへ向けられた。圧巻のレース内容から日本馬によるドバイワールドカップ初制覇は目前と誰もが感じていた。そして誰よりもその夢を描いていたのが、同馬を生産した追分ファームの吉田晴哉、吉田正志親子だろう。

 追分ファーム代表の吉田晴哉氏は、社台ファーム代表の吉田照哉氏、ノーザンファーム代表の吉田勝巳氏を兄に持つ三兄弟の一人。追分ファームの開場は社台ファームとノーザンファームよりも遅く、すでに競馬界を席捲していた兄たちには大きく遅れていた。父晴哉氏はもともとクラブ馬主社台レースホースの代表を務めていたこともあり、牧場経営を考えていなかったようだが、その父で社台グループの創業者である吉田善哉氏が「孫の正志に牧場をやらせろ」と遺言を語っていたことで追分ファームが誕生したという。

 追分ファーム設立後、遅れを挽回するために良質な繁殖牝馬を海外から輸入、その中でアメリカから輸入したニキーヤはダート最強馬ゴールドアリュールをこの世に送り出し、牧場に初G1レース制覇を届けてくれた。

 ゴールドアリュールはニキーヤにとって2番目の子供で、父は日本競馬の歴史を塗り替えたサンデーサイレンス。牡馬ながら3月3日のひな祭りに誕生した同馬はディープインパクトでお馴染みの池江泰郎厩舎に預けられた。デビュー前からクラシックを目指して調整されたが、ソエに悩まされ、さらに気性的な問題も重なって惜敗が続き、芝では勝ちきれないレースが続いた。

 デビューから7戦目、ここまで芝で勝ちきれないレースが続いていたことで切れる脚が欠けると判断した陣営は、初めてダート戦を選択。結果は3歳ダート戦としては優秀な1分51秒6という好時計で2着に4馬身差を付ける圧勝、この一戦で同馬はダートでの素質を開花させる。オープンクラスとなった同馬は続く端午ステークスも4馬身差の快勝。その後はダートで3連勝としてきたものの、3歳馬にとって一生に一度の晴れ舞台である東京優駿(日本ダービー)に出走、大方の予想を覆す5着に好走しその能力を証明したといえるだろう。

日本ダービーのあとは大井競馬場で行われる地方交流重賞ジャパンダートダービー(Jpn1)に出走し、危なげない内容で2着に7馬身差を付ける圧勝、ダート3戦で2着に付けた着差は合計15馬身、まさに3歳世代ダート界の頂点に立ったのである。

 夏を山元トレーニングセンターで休養に充てたゴールドアリュールは秋の初戦を地方交流重賞ダービーグランプリとし、レースは大幅に馬体が減少していたものの2着に10馬身差を付ける圧勝。陣営はこの時点で年内の最大目標を11月23日のジャパンカップダート(G1・今のチャンピオンズカップ)、さらに来年のドバイ遠征を計画してドバイワールドカップへ登録した。

 その後秋は一度も放牧に出さず厩舎で調整され、ジャパンカップダートはアドマイヤドンに次ぐ2番人気に支持された。しかしレースは初めて対戦した古馬の壁を超えることができず5着に敗退、ダート戦で初めて敗北を喫したのである。その後年末の地方交流重賞東京大賞典への出走が決定し見事勝利、この結果が決め手となり同馬は2002年のJRA最優秀ダート馬、2002年NARダートグレード競走最優秀馬(特別表彰馬)に選出された。

 2003年初戦は中山競馬場で行われたフェブラリーステークス(G1)。例年東京競馬場で行われていたレースだが、この年はスタンドの改修工事があったため中山で開催。初のJRAでのG1レース制覇を目指して調整されていた。吉報が届いたのは1月末、登録していたドバイワールドカップに選出され陣営の悲願だったドバイ遠征が決定、

「フェブラリーステークスを勝ってドバイへ行こう」

 という目標によって陣営は一つとなり、ゴールドアリュールはその期待に応えて優勝、日本代表馬としてドバイワールドカップへ向かうこととなったのである。


 レース後も順調で3月14日には海外輸送のため美浦の検疫厩舎に入厩して調整が続けられ、出国は3月20日の成田発、シンガポール経由でドバイへ向かうというスケジュール。馬は完全に本格化、順調に調整されて体調は万全、まさに日本馬が世界を制する瞬間は迫っていたが、世界情勢は風雲急を告げていたのである。

 まさに出発当日3月20日に発生したイラク戦争(第2次湾岸戦争)。遠い中東の地とはいえ関係者が懸念していた戦争が勃発してしまった。

 ドバイワールドカップが行われるアラブ首長国連邦は戦場となったイラクと目と鼻の先にあり、当初予定していたシンガポールからドバイへ向かう飛行機は飛べなくなってしまった。3月20日に日本を出発する予定だったが、それが判明したのが出発当日という不運。関係者はあらゆる手段を講じてドバイへの移動を模索したが情勢に変化はなく、また時間も迫っており遠征中止が決断されたのである。

「日本からシンガポールまでは行けるけど、シンガポールからドバイに行く手段がない。ヨーロッパ経由も他のルートも探したけど無理でしたし、レースまで9日しかなくて時間がなかった。本当にガックリ来ました。牧場にとって大きなチャンスでしたし、メンバー的にもチャンスは大きいと思っていましたから。このドバイとフェノーメノの日本ダービー(勝ち馬から23cm差の2着)は本当に悔しかった」(追分ファーム関係者)

 競走馬がピークの状態を維持するのは難しい。ましてはゴールドアリュールは

「池江調教師だけでなく他の調教師も勝てると言ってくれたので期待は大きかった」(同関係者)

 と感じたほどの仕上がりにあった。それだけに関係者の無念さは想像を絶するものだっただろう。

 それでも「来年のドバイ」を目指しゴールドアリュールの新たな挑戦が始まり、1ヶ月後のアンタレスステークス(G3)に出走が決定、59kgの酷量を背負いながら2着に8馬身差の圧勝、あらためて国内ダート最強のプライドを見せつけた。

その後は春のダート戦線最大のレースである地方交流重賞・帝王賞(Jpn1)に出走、断然の1番人気に支持された。陣営は「多少状態が落ちていても負けることなんて考えていなかった」と余裕の表情であったが、レース後にまさかの表情に変わる。いつもと同じ先行していつでも抜け出せる態勢、しかし直線はまったく伸びようとせず11着に大敗してしまったのである。

 レース後の歩様に乱れはなく故障も怪我もなかったが、池江調教師によるとレース後の息遣いが「ゼーゼーと荒かった」とのことで嫌な予感がしたという。その後社台ファームに放牧され内視鏡検査を行ったところ、重度の喘鳴症が発覚。治療後に以前のようなパフォーマンスは期待できないとの判断がされ引退が決定、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決定した。

 芝であらゆるG1レースを勝利していたサンデーサイレンス産駒の中でダートに特化したゴールドアリュールは、サンデーサイレンスの新たな可能性を感じさせてくれた一頭である。ゴールドアリュールが成し遂げられなかった夢は子供達が引き継ぎ、エスポワールシチーはアメリカのブリーダーズカップへ挑戦、2012年にはスマートファルコンがゴールドアリュールの主戦騎手であった武豊騎手を背にドバイワールドカップに出走、クリソライトが韓国のコリアカップで海外初勝利と世界へ挑戦している。

 そして2017年2月18日、ゴールドアリュールは天国へ駆けていってしまったが、その直後に3歳馬エピカリスがヒヤシンスステークスを快勝し、ドバイからアメリカへの挑戦を目指すプランを計画。さらに4歳馬ゴールドドリームはフェブラリーステークスを優勝し、来年のドバイ遠征が期待されるなど、ともに海外へ羽ばたこうとしている。

 競馬はブラッドスポーツとも呼ばれており、その「血」は何世代にも何百年も受け継がれていくもの。ゴールドアリュールの血は今も生き続けている。

[See more]

> 福永祐一とカフジテイクのコンビ復活? グリーンセンスセラさん 23 Feb 3:03 pm

福永祐一とカフジテイクのコンビが復活!? 次走予定のドバイで「伝説級」の豪脚は再現されるのか!!─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月22日 21時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2656.html

 19日に開催された今年最初のJRA・G1レース、フェブラリーS。M.デムーロ騎乗のゴールドドリームが見事に勝利を飾った。ゴールドドリームの父馬・ゴールドアリュールはレース前日に心臓疾患のため急死しており、父を弔うG1初制覇となった。

 一方、1番人気に押されていたカフジテイク(牡5歳/栗東・湯窪厩舎)は3着に終わる。前走の根岸Sでは、最後方から切れ味鋭い末脚を発揮し勝利。フェブラリーSでも直線に入るや否や、大外から先頭集団に進出したが惜しくも届かなかった。

「位置が後ろすぎたし、外を回りすぎた。ポジションを取れなかったのは僕のミス。完全に僕のミスです」

 レース後に行われた「日刊スポーツ」の取材に対し、騎手を務めた津村明秀騎手は反省しきりのコメントを寄せている。津村騎手は故障した福永祐一騎手の代打で騎乗していた。

 とはいえ、カフジテイク自身の能力は十分に見せた。競馬にたらればはないが、福永騎手騎乗ならば違う結果が訪れたと考えた人も多かったのではないだろうか。

 その福永騎手×カフジテイクのコンビだが、次走に予定されているドバイのゴドルフィンマイル(G2、ダート1600m)で復活するのではないかと見られている。

 湯窪師は次走での鞍上について、「(福永)祐一が登録してくれと言ってきたし、レースも乗ってもらう」とスポーツ紙でコメント。福永騎手の復帰時期はまだ公式なアナウンスはされていないものの、21日に掲載された「netkeiba.com」での連載コラムには「ここ2、3日で腫れも引き、同時に痛みも劇的に解消」しており、「現在はその主治医のゴーサインを待っている段階」であると綴っている。福永騎手が復活するともなれば、カフジテイクには大きな味方になることは間違いない。

フェブラリーSではコンビを組むことができなかったが、ドバイでウィナーズサークルに進むことができるのだろうか? 大舞台での活躍を期待したい。 

[See more]

大学受験とフェブラリーS 絵馬さん 22 Feb 9:11 am

フェブラリーSと大学受験。どちらのタイトルがいいか。
いつもタイトルつけるのに悩みます。

【フェブラリーS】戦い終えて
[スポニチ 2017年2月20日 05:30 ]
http://mcaf.ee/upksz5

【フェブラリーS】
売上約131億円は前年比微増 入場人員は微減
[スポニチ 2017年2月20日 05:30 ]
http://mcaf.ee/3tkh48
========================================

ニュースは飾りです。オマケ的なもので
関係ありません。

■フェブラリーSは

終わってしまいましたね。

ひさびさに買った新聞(東スポ)が
置いてあるのを見て、フェブラリーSで
何か書けないかな…と思ってました。

■他のネタがあるんですが

そっちを投稿する前に…

新聞1面の出馬表を見ながら、思い出したのが
なぜか、大学受験。

というか季節的に受験って今頃?
いや、もうそろそろ終わりに近いのでは?

なんて、ふと思ってました。

■さて、日記の内容ですが

タイトルの
「大学受験とフェブラリーS」。

今回は武豊さんとナナコさんが
騎手ではなくて受験生に。

そのユタカさんとナナコさん

ナナコさんは、「普通の受験生」。

ユタカさんは、競馬が好きで
「フェブラリーSが気になっている受験生」。


■2人は、目標や夢があり

それに向けて進んでいくのですが
考えていることが似ているようで似ていない。
別々のことを考えています。

さて2人の結果はどうなるのか?
というお話です。

■なんというか

急に思いついた話で
無理やりというかこじつけというか
つっこみどころもあるだろうし
受験の事をよく知らないで書いてます。

ありえない話ですのでお許しください。

オチもなくただ並べて書いているだけです。

ってことで、どうぞ。

[See more]

FEBRUARY STAKES Strategy Tool

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -FEBRUARY STAKES 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 2 3 98.5 Gold Dream M4 57.0 M.Demuro O.Hirata WEST 520(+4) 5.0 2 1.35.1
2 5 9 101.0 Best Warrior M7 57.0 K.Tosaki S.Ishizaka WEST 516(-4) 7.6 5 1.35.1 Neck
3 5 10 98.4 Kafuji Take M5 57.0 A.Tsumura S.Yukubo WEST 486(+2) 4.5 1 1.35.2 3/4
4 7 13 98.3 A Shin Bakken M5 57.0 Y.Iwata H.Nakao WEST 530(+4) 19.0 8 1.35.4 1_1/4
5 6 12 99.3 Nishiken Mononofu M6 57.0 N.Yokoyama Y.Shono WEST 512(-2) 100.9 14 1.35.6 1_1/4
6 8 15 94.7 K T Brave M4 57.0 H.Miyuki T.Meno WEST 498(+7) 44.1 11 1.35.6 Nose
7 6 11 100.3 Nonkono Yume G5 57.0 C.Lemaire Y.Kato EAST 452(+8) 7.1 4 1.35.7 Neck
8 1 1 97.1 Sound True G7 57.0 Y.Shibata N.Takagi EAST 474(-1) 13.6 7 1.35.7 Nose
9 1 2 95.5 White Fugue F5 55.0 M.Ebina N.Takagi EAST 508(-1) 36.2 10 1.35.9 1_1/4
10 4 7 97.7 Brightline M8 57.0 S.Ishibashi I.Sameshima WEST 532(0) 267.4 16 1.36.0 1/2
11 7 14 97.8 King's Guard M6 57.0 Y.Fujioka R.Terashima WEST 456(-2) 81.8 13 1.36.0 Neck
12 3 6 99.8 Moanin M5 57.0 R.Moore S.Ishizaka WEST 520(-6) 5.4 3 1.36.1 Neck
13 8 16 97.8 Incantation M7 57.0 K.Fujioka T.Hatsuki WEST 506(-6) 125.0 15 1.36.5 2_1/2
14 2 4 99.9 Copano Rickey M7 57.0 Y.Take A.Murayama WEST 544(-1) 9.0 6 1.36.5 Neck
15 3 5 99.2 Asukano Roman M6 57.0 R.Wada Y.Kawamura WEST 520(-6) 27.0 9 1.36.6 1/2
16 4 8 98.4 Denim and Ruby F7 55.0 H.Uchida K.Sumii WEST 446(+2) 54.5 12 1.36.7 1/2
Lap Time 12.1-10.5-11.4-12.2-12.8-11.8-12.0-12.3
The first half 12.1-22.6-34.0-46.2-59.0
The latter half 61.1-48.9-36.1-24.3-12.3

Payoff

Win3 500 JPY 2(Fav)
Show
(Place)
3 180 JPY 3(Fav)
9 180 JPY 2(Fav)
10 150 JPY 1(Fav)
Bracket quinella2-5 470 JPY 1(Fav)
Quinella3-9 1,470 JPY 4(Fav)
Quinella Place3-9 550 JPY 3(Fav)
3-10 530 JPY 2(Fav)
9-10 430 JPY 1(Fav)
Exacta3-9 2,520 JPY 3(Fav)
Trio3-9-10 2,140 JPY 1(Fav)
Trifecta3-9-10 9,240 JPY 2(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -FEBRUARY STAKES 2017-

Sun,4Dec2016CHAMPIONS CUP  Chukyo Dirt1800m Standard

1st 8 Sound True ENTRY 15.9(6Fav) T.Ono 1:50.1 104.9
2nd 2 Awardee 2.2(1Fav) Y.Take Neck 104.9
3rd 4 Asukano Roman ENTRY 40.4(10Fav) R.Wada 1/2 104.5
4th 1 Kafuji Take ENTRY 54.8(11Fav) A.Tsumura Neck 104.1
5th 14 Apollo Kentucky 21.0(7Fav) F.Matsuwaka 1_1/4 103.2
>>See more

Sun,22Jan2017TOKAI STAKES  Chukyo Dirt1800m Standard

1st 8 Glanzend 2.6(1Fav) N.Yokoyama 1:53.2 99.6
2nd 4 Molto Bene 96.3(12Fav) S.Akiyama 1/2 99.2
3rd 14 Meisho Utage 59.6(10Fav) H.Miyuki 1/2 98.8
4th 7 Shonan Apollon 122.3(13Fav) K.Maruta Nose 98.8
5th 15 Kazenoko 70.3(11Fav) K.Dazai Neck 98.8
>>See more

Sun,29Jan2017NEGISHI STAKES  Tokyo Dirt1400m Standard

1st 3 Kafuji Take ENTRY 3.0(1Fav) Y.Fukunaga 1:23.0 103.8
2nd 5 Best Warrior ENTRY 5.6(3Fav) K.Tosaki 1 102.7
3rd 13 A Shin Bakken ENTRY 7.6(4Fav) Y.Iwata 2_1/2 100.5
4th 14 King's Guard ENTRY 9.0(5Fav) Y.Fujioka Nose 100.5
5th 4 Nishiken Mononofu ENTRY 19.6(8Fav) N.Yokoyama Neck 99.9
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -FEBRUARY STAKES 2017-

2016 FEBRUARY STAKES 21Feb2016 Tokyo11R Dirt1600m Muddy

FEBRUARY STAKES 2016

1st 14 Moanin 5.1(2Fav) M.Demuro 1:34.0 103.6
2nd 7 Nonkono Yume 2.4(1Fav) C.Lemaire 1_1/4 102.6
3rd 4 Asukano Roman 18.1(7Fav) K.Dazai Head 102.6
Win 14 510 JPY(2Fav) Trio 4 - 7 - 14 3,820 JPY(10Fav)
Quinella 7 - 14 680 JPY(1Fav) Trifecta 14 - 7 - 4 16,010 JPY(45Fav)

2015 FEBRUARY STAKES 22Feb2015 Tokyo11R Dirt1600m Standard

FEBRUARY STAKES 2015

1st 4 Copano Rickey 2.1(1Fav) Y.Take 1:36.3 102.0
2nd 14 Incantation 13.8(5Fav) H.Uchida 1/2 101.5
3rd 10 Best Warrior 6.4(3Fav) K.Tosaki 3/4 101.0
Win 4 210 JPY(1Fav) Trio 4 - 10 - 14 3,060 JPY(6Fav)
Quinella 4 - 14 1,570 JPY(4Fav) Trifecta 4 - 14 - 10 12,370 JPY(25Fav)

2014 FEBRUARY STAKES 23Feb2014 Tokyo11R Dirt1600m Standard

FEBRUARY STAKES 2014

1st 13 Copano Rickey 272.1(16Fav) H.Tanabe 1:36.0 104.4
2nd 15 Hokko Tarumae 3.6(2Fav) H.Miyuki 1/2 103.9
3rd 11 Belshazzar 2.7(1Fav) C.Demuro 1_3/4 102.5
Win 13 27,210 JPY(16Fav) Trio 11 - 13 - 15 55,360 JPY(115Fav)
Quinella 13 - 15 84,380 JPY(82Fav) Trifecta 13 - 15 - 11 949,120 JPY(1,073Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
17Feb2013
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Standard Grape Brandy 6.7 3 S.Hamanaka 1:35.1 104.0
19Feb2012
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Standard Testa Matta 24.3 7 Y.Iwata 1:35.4 105.9
20Feb2011
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Standard Transcend 3.5 1 S.Fujita 1:36.4 106.1
21Feb2010
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Standard Espoir City 1.7 1 T.Sato 1:34.9 109.8
22Feb2009
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Good Success Brocken 20.6 6 H.Uchida 1:34.6 107.1
24Feb2008
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Standard Vermilion 2.4 1 Y.Take 1:35.3 107.2
18Feb2007
FEBRUARY STAKES
Tokyo 16 Sloppy Sunrise Bacchus 5.9 3 K.Ando 1:34.8 103.3

FEBRUARY STAKES Strategy Tool