Race Info > TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017 - Results,Payoff
TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017

Sun,26Mar2017

TAKAMATSUNOMIYAKINEN G1

Chukyo/Turf/1200m

Related News -TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017-

  • Arrival News

Fifth pick Seiun Kosei sired by Admire Moon captured his first graded title in this year’s Takamatsunomiya Kinen. Making his debut in a 1,800m race in June of his two-year-old season, he scored his first win in a 1,200m race in his seventh career start as a three-year-old. Marking three more wins that year, he won his kickoff start this year in the open-class Yodo Tankyori Stakes (1,200m) in January and marked a runner-up effort in his first grade-race challenge in the Silk Road Stakes (G3, 1,200m) three weeks later. This win marked the sixth JRA-G1 victory for trainer Hiroyuki Uehara since winning the 2007 Mile Championship with Daiwa Major. For jockey Hideaki Miyuki, this is his second Takamatsunomiya Kinen title, his first being in 2008 with Fine Grain, and his sixth JRA-G1 victory following his win in the 2014 Champions Cup with Hokko Tarumae.

Four-year-old Seiun Kosei broke smoothly from stall six and rallied to take the lead but eventually settled in fourth to press the pace. Taking a wide route entering the lane, the chestnut exerted a tenacious stretch kick, overtaking the dueling Let’s Go Donki and Red Falx 100 meters out from the outside, and continued to accelerate strongly to widen the gap for a 1-1/4-length victory.

“I raced the colt for the first time but I found him easy to ride from when I rode him at the training. I was told by the trainer that he handled the soft ground well and he ran comfortably in the forward position. He felt really good from the beginning and although I was afraid that I may have slipped him out too early, I believed in him and urged him to go until the wire,” commented Hideaki Miyuki.

Making a good break, second pick Let’s Go Donki was eased back to around sixth from the rear. Finding a narrow gap by the rail at the top of the homestretch, the 5-year-old mare by King Kamehameha rallied strongly with Red Falx and Teehaff at first then with Red Falx in the last 100 meters and managed to edge over the race favorite for second place with her impressive late charge that timed the fastest over the last three furlongs.

Odds-on favorite Red Falx hugged the rails around seventh from the front and dueled strongly with Let’s Go Donki in the last 100 meters for second place but was a neck short to finish third.
Other Horses:
4th: (1) Teehaff—sat behind favorite along rails, rallied with 2nd&3rd-place finishers, weakened in last 100m
5th: (2) Fiero—saved ground in rear pack, accelerated between horses, timed 2nd fastest over last 3 furlongs
6th: (14) Talking Drum—ran 3-wide in mid-group, switched to outside at early stretch, showed belated charge
7th: (11) Snow Dragon—settled in mid-pack, showed effort but never a threat
8th: (17) Nac Venus—traveled 4-wide in mid-division, lacked needed kick on outer stretch
9th: (13) Solveig—raced 3-wide in mid-group, showed little at stretch
10th: (12) Melagrana—took wide trip toward rear, showed brief effort, unable to threaten
11th: (15) Hiruno Devaro—traveled near rear, turned wide, passed tired rivals
12th: (8) Bakushin Teio—sat in rear division, even paced at stretch
13th: (4) Rhein Spirit—set pace, sustained bid until 300m out, fell back gradually
14th: (10) Xmas—rated outside favorite in mid-pack, showed brief response until 200m marker
15th: (9) Shuji—pressed pace in 2nd, led briefly, dropped back after 300m out
16th: (18) Once in a Moon—ran outside eventual winner, unable to reach contention
17th: (5) Red Arion—trailed in rear, no factor throughout
18th: (16) Tosho Piste—positioned among leading trio, faded after top of stretch

TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017 - Preview 22 Mar 3:36 pm

The year’s first Grade I race over turf - the Takamatsunomiya Kinen -- is hosted by Nagoya’s Chukyo Racecourse this coming Sunday, March 26.

The Takamatsunomiya Kinen, a race first designed in 1971 by Prince Takamatsu and run under the name the Takamatsunomiya Hai, received its current name in 1998, was designated an international race in 2001, and saw its first two foreign-based participants two years later. The current version of the race, which includes the latest renovations to the Chukyo course, dates to 2012.
Long a fan favorite, with its fast pace and stars such as Lord Kanaloa, Curren Chan and Kinshasa no Kiseki, this year sees no strong standout and no foreign-based horses in the lineup either. Last year’s Best Sprinter Mikki Isle, runnerup in last year’s Takamatsunomiya, has been retired. Two certain top picks were knocked out of action in the leadup to the race. Dance Director suffered a break on Feb. 23. Two days later connections of Big Arthur announced that the 2016 record-setting champion was also not running in the Takamatsunomiya due to injury. With no one horse in the 1,200-meter sprint considered a shoo-in step in and headline, the mood is mixed, the outcome forecast murky. Though many fans may feel tempted to pass on a wager, they could miss out on a fat return by doing so.

The Takamatsunomiya Kinen, which is also the third leg of the Global Sprint Challenge, is the 11th race on the Sunday card of 12 at Chukyo. Just a little over a minute from the 3:40 p.m. post time, one horse will rake in 98 million yen of the total purse of over 212 million yen.

Last year, Big Arthur rewrote the record book with a winning time of 1 minute, 6.7 seconds.

Here’s a look at some of the likely top picks.

Red Falx - The 6-year-old gray by the American-bred Swept Overboard surprised last autumn in capturing the Sprinters Stakes and his first top-level win. He had preceded that with a string of dirt races, moved to the turf and won the G3 CBC Sho before claiming the Sprinters. His next hurdle, however, an overseas trip, proved a bit too high with a resulting 12-place finish in the Dec. 11 Longines Hong Kong Sprint. Now back for his first run since Hong Kong, Red Falx has had success over the Chukyo turf and boasts a perfect three for three, with two of those races over 1,200, one a furlong longer. “I thought he would give us a solid run in the Hong Kong Sprint,” says trainer Tomohito Ozeki, “but he mustn’t have been fully recovered from the Sprinters Stakes.”
“Since then, we haven’t overworked him and we’re going straight in to this race. On March 16, I gave him a long workout and his movement was good. He’s had a nice bit of time off and his recovery has gone well. He is very well suited to Chukyo and I’m looking forward to the race.”

Let’s Go Donki - Eighth in last year’s Takamatsunomiya Kinen, the 5-year-old daughter of King Kamehameha has recently given her best performances since at the G3 level, including a win last time out in the 1,400-meter Kyoto Himba Stakes. That victory was her first since the 2015 Oka Sho (Japanese 1000 Guineas), and unlike in that race, where she went wire to wire, she won the Kyoto Himba traveling from midfield with a nice display of late speed on a somewhat slow track. Though Let’s Go Donki’s best results over 6 furlongs are two third-place finishes, the Chukyo course, with a hill in his stretch, is suited to the racing style she displayed in the Kyoto Himba Stakes.

Melagrana - The Australian-bred Melagrana, a 5-year-old mare by the Australian champion sprinter Fastnet Rock, scooped two races in a row and jumped from an open-class win to an impressive first in the G3 Yukan Fuji Sho Ocean Stakes last time out on March 4 at Nakayama. Following that race, jockey Keita Tosaki said, “Riding her again after three months, I feel she has matured even more from her previous race. She’s a clever horse and I think she can handle any kind of race.” Though her last two wins came at Nakayama, Melagrana has fared well at Chukyo as well, with one win over the distance from her two starts at the venue.

Shuji - Fourth in last year’s Sprinters Stakes, Shuji returned to win the G2 Hanshin Cup amid strong competition, then last time out ran eighth in the G3 Hankyu Hai. That loss was attributed to his being overly agitated. Having less time between races this time, things are expected to go better. A 4-year-old son of two-time Takamatsunomiya winner Kinshasa no Kiseki, Shuji’s best performance at the top level was the Sprinters’ fourth, but a G1 victory is believed to be well within this colt’s reach. “He was agitated for the Hankyu Hai after a layoff,” says trainer Naosuke Sugai. “And he was pressured on his outside and tense during the race. But that should have given him a chance to let off steam and we’ve taken care to watch his mental state since then. He had poor results in the (Chunichi Sports Sho) Falcon Stakes at Chukyo last year but that was over 1,400 meters and on a sloppy surface. He has a fourth place in the Sprinters and ample ability.”

Solveig - Even as a 3-year-old last year, the Daiwa Major-sired Solveig turned in a fine third-place performance in the Sprinters Stakes. Last time out in the Silk Road Stakes, she took the lead for the first time and was pressed from start to finish. She battled gallantly but was overtaken in the stretch. She needn’t lead, however, and a more relaxed run would likely stand her well. The venue this time, in closer proximity to where Solveig is based at the stable of Ippo Sameshima, should also prove an advantage over the long hauls of her three starts before last.

Talking Drum - Last time out, Talking Drum won his first graded stakes race, the G3 Hankyu Hai, on his second start after reaching open-class competition. He has put on muscle and was able to travel up the inside in a style first for him. Though it’ll be his first 6-furlonger in a while, if he can get an economical ground-saving run, he has a chance. “I worked him in tandem on March 16 and pushed him hard. He looks to have maintained his condition. This year, with no big star, I have my hopes up and think he’s up for the challenge,” said trainer Makoto Saito.

Seiun Kosei - With five seconds and five firsts in his last 11 starts, 14 total, Seiun Kosei has demonstrated outstanding consistency. He moved to graded stakes competition from his last start and ran second by a neck to Dance Director in the G3 Silk Road Stakes, a formidable run notwithstanding the 2.5 kg less he ran under. This will be his first time at Chukyo, but he has had success over the left-handed Tokyo as well. The 4-year-old son of Admire Moon is one to keep an eye on. Trainer Hiroyuki Uehara says, “I had jockey Hideaki Miyuki ride work last week so he could get a handle on the horse. He gave him a strong workout and his movement was good. This time he’ll have the long stretch at Chukyo to deal with but he has done well at Tokyo, so I don’t think it should pose a problem. A torn-up track will actually work in this horse’s favor.”

[See more]

>>See more

 ラピスラズリS→夕刊フジ賞オーシャンSを連勝中のメラグラーナは、栗東坂路で万全の動き。大下騎手(レースは戸崎騎手)を背に、徐々にラップを上げていくいつものパターンで、4F52秒4、ラスト1F12秒2をマークした。

 前走で8キロ減った馬体も戻り、「もともと乗り味のいい馬。前走を使って、さらに良くなっている」と大下騎手。宮田助手も、「南半球産だから完成するのは秋だろうけど、ふっくらして実が入ってきた。中京なら輸送減りもそれほどないと思う」と強気に構える。

 手綱を預かる戸崎騎手も「自信を持って臨んだ前走も強い勝ち方。賢くて乗りやすさは抜群。どんな競馬もできるので、逆に自分の乗り方を問われる。スピードよりパワーを感じるので、先週みたいな少し掘れる感じの馬場は合う」と、Vをしっかり見つめている。(夕刊フジ)

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【高松宮記念】シュウジ反撃へ!ラスト12秒0 3月23日(木) 11:38

 断然人気の阪急杯で8着と惨敗したシュウジ。イレ込みが激しく折り合いを欠いたのが敗因だ。巻き返しへ、当日の落ち着きが課題となる。

 栗東坂路で単走。2F目から13秒0−11秒4と快ラップを刻み、ラスト1Fもほとんど鞍上の手綱は動かないまま、歯切れのいい脚さばきで12秒0。もともとけいこは動くにしても、申し分のない内容だ。

 「サラッとでいいと思っていた。前走は競馬場に着いてからイレ込み、レースでも前に壁を作れず折り合いを欠いた。4歳になって体高が伸び、馬体も前走が8キロ増だったが、もっとあっていいくらい。とにかく落ち着いているかがカギ。馬ごみに入って、落ち着いて臨めるかどうかだろう」と野本厩務員。己との戦いに勝てればもちろん、昨年後半の充実ぶりからもチャンスは十分だ。(夕刊フジ)

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【高松宮記念】レッツゴードンキ躍動感十分 3月23日(木) 11:38

 京都牝馬S優勝で完全復活した’15桜花賞レッツゴードンキは、栗東坂路で単走。気負う面はないがスピード感はたっぷりで、躍動感十分に好調をアピールした。ラスト1Fでやや仕掛けられると鋭く反応し、12秒4のフィニッシュだ。

 「スカッと勝てたのが大きい。なかなか勝てなかった馬が、1つ勝つとポンポン行くのは少なくないから。(岩田)ジョッキーもあの勝利以降、いいところ(フラワーCファンディーナ)で勝っているしね」と、梅田調教師も絶“口”調。

 6Fは未勝利も、「見た目、体がムキムキでいかにもスプリンターという感じ。気性は以前からスプリンター向きだったが、体型もそうなってきた。落ち着きが出てきたし、混戦の今年ならチャンス。きれいに乗った馬が勝つんじゃないかな」と、桜花賞前の強気が完全に戻ったようだ。(夕刊フジ)

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【高松宮記念】ナックビーナス、リズム良く併入3月23日(木) 11:37

 ナックビーナスは美浦Pコースでフクノクオリアを1馬身追走。前半からリズム良く運び、直線で外からスッと並びかけ併入した。

 ■田面木助手「(中2週と)間隔が詰まっているから、これで十分。状態は大丈夫」(夕刊フジ)

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【高松宮記念】ワンスインナムーン、上々11秒73月23日(木) 05:03

 京都牝馬S2着のワンスインナムーンは、坂路で4ハロン53秒2−11秒7。ラストで少し内にモタれる面を見せたが、レコンキスタ(未勝利)に1馬身半先着した。騎乗した石橋騎手は、「先週、びっしりやったので反応を確かめる程度。動きはよかったし、体に緩みもない。1200メートルも問題ないですよ」と一発を狙う。

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【高松宮記念】レッドファルクス、納得12秒73月23日(木) 05:03

 秋春スプリントGI制覇に挑むレッドファルクスは、Wコースで一杯に追われて4ハロン51秒5、3ハロン38秒0−12秒7。内ザッツクール(3歳未勝利)に2馬身先着した。尾関調教師は「1週前に併せてスイッチが入った。しまいはすごくいい反応」と納得の表情。「馬体は成長しているし、中京競馬場は結果が出ている」。芝3戦全勝を含めて【4・1・0・0】のコースで期待は高まる。

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

>>See more

高松宮記念2017/人気
「下位人気の優勝なし!頭は4番人気まで!」
高松宮記念過去10年の最多勝利は1番人気で4勝、続いて3番人気の3勝、4番人気の2勝、2番人気の1勝と4番人気以内に推された馬がすべて勝利している。
人気 着度数
1番人気 4-1-3-2/10
2番人気 1-2-1-6/10
3番人気 3-1-3-3/10
4番人気 2-1-0-7/10
5番人気 0-1-0-9/10
6番人気 0-2-0-8/10
7〜9番人気 0-1-0-29/30
10番人気〜 0-1-3-83/87
高松宮記念2017/枠順
「2枠が4勝と突出!」
2枠が4勝5連対と抜群の成績、続いて2勝3連対の2枠、0勝ながら4連対の8枠が好成績を収めている。1枠は0勝連対なしとかなり厳しい状況。
枠番 着度数
1枠 0-0-3-17/20
2枠 4-1-0-15/20
3枠 2-1-1-16/20
4枠 1-1-1-17/20
5枠 1-1-1-17/20
6枠 1-1-1-17/20
7枠 1-1-1-25/28
8枠 0-4-2-23/30
高松宮記念2017/前走レース
「ステップレースは3強!中でも特筆は阪急杯組」
阪急杯、オーシャンステークス、シルクロードステークスの3レースが、主力ステップレース、この3レースから本命候補を選びたい。率を考えると阪急杯組が最有力。
レース名 着度数
阪急杯 4-5-4-39/52
オーシャンステークス 3-2-3-59/67
シルクロードステークス 2-1-3-17/23
中山記念 0-1-0-1/2
スプリンターズステークス 0-1-0-1/2

※対象データ(高松宮記念過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「高松宮記念 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、フィエロのみ1頭。
第2グループ(黄)は、レッツゴードンキから1.0ポイント差(約1馬身差)内のナックビーナスソルヴェイグスノードラゴンシュウジレッドファルクスまで6頭。
第3グループ(薄黄)はセイウンコウセイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のメラグラーナヒルノデイバロークリスマスまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、スプリント路線初参戦のフィエロが2位以下に少し差を付ける格好で、その下は10頭くらいが大混戦の状況。

勝ち馬に限っていえば、外国馬を除き前走でも上位人気に推されていた馬ばかリな印象の高松宮記念。そして雨の影響が危ぶまれ、昨年の超高速馬場とは(仮に雨量が少なくても)ちょっと異なる様相でレースを迎えることになりそうな状況。
そんなわけで今回私の本命は◎レッツゴードンキとしました。先述の前走上位人気というタイプが少ない中にあってこの馬はその条件をクリア。ビッグアーサーミッキーアイルらが抜けた混戦メンバーにあって、昨年の高松宮記念でマークした1分7秒4はその時計だけでも十分価値があるとみます。しかも当時直線での大きな不利と、嫌気がさした(?)鞍上とは対照的にそこからまた馬自身が勝手に進んでいくような伸びを見せ「あの不利が無かったら」と思わせるところまで追い上げた内容を含めて考えると今年はチャンスが大きいのではないでしょうか。昨秋以降、馬体を増やし続けながら成績が安定してきている点も好感。本格化したスプリンターとして、◎レッツゴードンキを春のスプリント王候補1番手に指名したいと思います。
○はソルヴェイグ。初の左回りさえこなせれば、馬券の軸としては鞍上込みで面白い存在。以前から阪神1400mと中京1200mにはリンクする傾向があると私はみているのですが、その点この馬に阪神1400mでの勝利経験があることは心強い材料と考えています。
▲にヒルノデイバロー。前走の阪急杯(2着)は勝ち馬に上手く乗られた格好でしたが外から迫ったこの馬も強い内容。阪急杯組からは前走でもそこそこ人気を集めて好走したこちらを上に取ります。
レッドファルクスは休み明けと順調さを欠いた中間に尽きると考えています。それでも、昨年のCBC賞で見せた競馬は強い内容だったと思いますし、鞍上を考えると軽視しづらいのも事実。前日オッズ1番人気は正直想定外ですが、上位評価妥当とみて4番手に据えます。
そして今回の私の馬券は、◎=○▲☆からの3複と馬単で勝負としたいと思います。

【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=7,13,15=2,4,7,12,13,14,15(15点)

【馬単流し】
◎→○▲☆
3→7,13,15(3点)

計18点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/高松宮記念 G1(スガダイ03月26日() 13:00競馬プロ予想MAX

今週は土日合わせて4重賞、さらにはドバイと注目レースが目白押し。予想に観戦に大忙しという方も多いでしょう。クライマックスは高松宮記念。最後をビシッと締めるべく、本日はウマニティ公認プロ予想家のエース・スガダイさんに、渾身の予想を披露してもらいます。ぜひ参考になさってください。

本命はレッツゴードンキ。「道中で折り合いを欠きながらも直線で豪快に突き抜けた前走が圧巻で、馬体重の増加が示す通り明らかにパワーアップしている。昨年のこのレースでは前が塞がり脚を余したが、鞍上の岩田騎手も深刻なスランプからは完全に立ち直っている」と推奨根拠を挙げてくれました。
 対抗はメラグラーナ、単穴はフィエロ、押さえにセイウンコウセイレッドファルクスシュウジソルヴェイグ。馬券は単勝、馬連流し→↓、3連複2頭軸流し→↓ΝЛで勝負します。
本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢28名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017高松宮記念〜03月24日(金) 15:00山崎エリカ

中京芝1200mの高松宮記念は、逃げ馬の枠番がペースを決める!
__________________________

昨年の高松宮記念で上位のビッグアーサーの戦線離脱、ミッキーアイルの電撃引退により主役不在の高松宮記念。昨夏の北海道で台頭した新星4歳馬シュウジソルヴェイグもそれそれ前哨戦で1番人気、2番人気を裏切り、混戦の様相となりました。

 さらに、昨年のようにBコース替わりで、いきなり超高速馬場で決着タイムが1分06秒7のレコードタイムが飛び出したように、1分06秒差の決着まで高速化となれば、大波乱の可能性も…。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 昨年は、大外18番からハクサンムーンを押して押して前に出して行った酒井騎手から「この1週間で馬場がガラっと変わってしまったので、大外枠は不利でしたね」、大外17番からヒルノデイバローで直線一気の競馬をした太宰騎手から「この時計の速い馬場では、外枠は厳しかったですね。先週は外が伸びていたんですが…」という端的なコメントが示すように、馬場高速化で外差し有利の前週から一転して、内枠有利となりました。

 昨年はそのことが予想するものを困らせ、後に競馬関係者の物議を醸しだしたほど。ただ、昨年は前週までは雨の影響を受けて、一度もパンパンの良馬場で行われていなかったことが盲点となり、さらにBコース使用で、馬場が恐ろしいほど高速化してしまったことも事実。今年の中京は、開催週から高速馬場なので、Bコース替わりでさらに高速馬場になったとしてもたかが知れているし、天気予報によると日曜日はひと雨降る可能性もあるとのこと。

 しかし、Bコース使用により、馬場の悪い内側が使われなくなるので、昨年のように先週は外差しが届いていても、今週は届かなくなる可能性も視野に入れなければなりません。先週日曜日の最終12レース(中京芝1400m)で、直線で内から外に進路を切り替えたオメガタックスマンの位置、内から5頭目くらいが一番伸びていたので、良馬場ならば、内枠有利の可能性もあると見ています。(オメガタックスマンは、苦しい展開になったわりに、もうひと伸び出来ている)

[See more]

【各馬の前走と妙味】〜2017高松宮記念〜03月24日(金) 11:00夢月

中京芝1200m左回りで行われる高松宮記念
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
基本的には非常にタフでスピードを持続させるのが難しいコースですが、そうさせているのは芝の繊細さによるものでとにかくダメージを受けやすいのが原因です。
天候次第では週単位でも馬場傾向が変わってしまうため、時計が出なくなってきたかどうかは常にチェックするべきでしょう。
また加速をつけやすいコース形態ゆえになかなか馬群がばらけてくれず不利を受けやすいので、枠を考慮してレースをイメージしてみるのも大切です。
予想する側にとっては腕の見せ所、馬達にとっては運が必要なそれなりに荒れやすいレースと言えるでしょう。


■前走の分析■

クリスマス
●前走オーシャンS G3 3着 (経由7頭)
ロスなく立ち回ってしぶとく伸びた。
人気薄になりそうだが地力が足りていないイメージはなく、見せ場があってもおかしくはない。
スピードを活かせる綺麗な馬場なら。

シュウジ
●前走阪急杯 G3 8着 (経由3頭)
終始折り合いを欠く競馬で惨敗。
元から前向きな馬ではあるが、あの様子を見せられた以上、距離短縮でパフォーマンスを上げてくるのは間違いないだろうし本質的にもこの距離が合う。
落ち着き具合が鍵なのでパドックを見てから取捨選択をしたいところ。

スノードラゴン
●前走オーシャンS G3 8着 (経由7頭)
直線やや窮屈になりながらもじわじわ伸びてなだれ込む。
距離を短くする度にパフォーマンスを上げており、やはり1200m向きの馬。
豪脚を活かせる中京で能力を出し切ってくれるだろう。
高齢馬だが時計の掛かる馬場ならまだまだ軽視できない存在。

[See more]

高松宮記念201703月23日(木) 13:30覆面ドクター・英

エアレーション&シャタリングで逃げ残りにくい馬場となり、逃げ馬大好きな私も、逃げ得意な松山騎手も、あとはパワー優先馬場でディープ産駒も大苦戦している現状ですが、恒例の全頭診断いってみたいと思います。高松宮記念ショウナンカンプ(逃げ不利と言われていた中での大楽勝)の単勝などでガッツリ稼いで初の一口馬主参入したゲンのいいレースでもあります。(現在母父などで活躍馬だしているが当時は不発だったサザンヘイロー産駒やタイキシャトルと4分の3同血でデビュー戦勝利するも故障して引退して種牡馬入りするも不発だった馬など3頭所持したのがいい思い出です。当時は藤澤和厩舎らしく、なかなか出走しないのでヤキモキしたものですが(笑))

1番人気想定 レッドファルクス 中京大得意でもあり、現在のこの路線の国内暫定チャンピオンというような感じでしょうか。父スウェプトオーヴァーボードがその父エンドスウィープに比べて低評価になりやすい地味血統だが母系もスティンガーの居る本格派で、海外帰りの休み明けも外厩全盛時代の社台Fの馬で調整ぬかりなし。当然有力。

2番人気想定 メラグラーナ 南半球産でまさに現在ピークの時期なんだろうし、なんせ吉田和美さん名義になっている社台Fが連れてくるマル外は将来繁殖牝馬としても含めて本当に当たり引いてくる。前走も凄味のある末脚で、これまた当然有力。

3番人気想定 レッツゴードンキ 昨年夏の北海道シリーズでの1200Mも秋のスプリンターズSもパッとしなかったように本質的にはスプリンターでなく1400〜1600向きタイプと考える。ミッキーアイルのように本質スプリンターでなくても結果出してしまったりもあるが、あそこまでの力は無いと思われ、人気サイドで消すならこの馬か。

4番人気想定 シュウジ 前走の凡走で人気落とすようならヒモと考えていたが、まだ人気になりそうで前走あんだけ掛かると騎手も思い切った騎乗しにくく消しが妥当か。

5番人気想定 ソルヴェイグ スプリンターズS3着は中山特有の巧くいきすぎた典型で、器用さがある証明でもあるのだが中京の差し比べで一線級とやる力無いとみる。消しの予定。

6番人気想定 セイウンコウセイ 地味だが力つけてきていて是非ヒモには加えたい一頭。

7番人気想定 フィエロ 中山1200なら要らないのだろうが中京1200なら多少距離不足でも補えるだけの本来の力が上な馬で一発あるならこの馬か。通常高齢になってくるとズブくなりスプリント力落ちてくるのだが。栗東坂路で49秒台まだ出せるように元気一杯。内田騎手も好調で楽しみな一頭。

8番人気想定 ヒルノデイバロー はじめ門別で走ったり、ダートで出世した後に芝路線に転向したりとかなり異色な経歴だが、末脚強烈でヒモに加えたい一頭。

9番人気想定 ナックビーナス ダイワメジャー産駒らしい弱い相手なら粘り強さで頑張り通すのだが、この相手だときつい。消し想定。

10番人気想定 ワンスインナムーン 上昇一途の状況でレッツゴードンキには差された前走だが流れと通った馬場の影響もあり、本番では人気ないこちらを狙いたい。

11番人気想定 トーキングドラム 内すくって勝った前走だが人気このくらい無いようならヒモに加えてもいいくらい高齢だが使っていなくて現在ピークの状況。

12番人気想定 スノードラゴン さすがにもう買えない状況。

13番人気想定 クリスマス 夏の北海道シリーズはまた出番ありそうだがここでは。

14番人気想定 ラインスピリット オープン特別くらいまでの実力。

15番人気想定 ティーハーフ 末脚も衰え買える要素無し。

16番人気想定 トウショウピストシーイズトウショウは早い馬だったが、器小さい。

17番人気想定 レッドアリオン 短距離でもう少しやれるかと思ったがダメな現況で。

18番人気想定 ナガラオリオン 初芝で鋭い差し脚を見せたがここではきついか。

19番人気想定 バクシンテイオー 人気ほどダメでないと思うがさすがにここでは。

<まとめ>
有力(軸はこの中から)・・・レッドファルクスメラグラーナフィエロ

ヒモ・・・セイウンコウセイヒルノデイバローワンスインナムーントーキングドラム

[See more]

【U指数的分析】高松宮記念03月23日(木) 11:00【ウマニティ】

高松宮記念

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは高松宮記念です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・波乱がほとんど起こらず配当妙味はないが、絞って勝負しやすい本命党向きのレース。指数1位の単勝回収率は182.0%。指数103以上の1位は断然の存在で、単勝回収率390.0%。

<ポイント◆
・指数2〜4位も安定しており、1〜4位の3連複ボックスを購入した際の回収率は140.5%。指数103以上の1位を1着軸、2〜4位を相手に3連単流しを購入した際の回収率は1051.7%。

<ポイント>
・低指数馬はほぼ用なし。10位以下は【0 0 1 42】。指数100未満は【0 2 1 55】。


予想U指数は会員登録(無料)でご覧いただけますので会員登録がまだの方は是非ご登録ください!次回更新は大阪杯となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解03月22日(水) 17:30競馬プロ予想MAX

昨年全18回にわたって、プロ見解をお届けしてきた人気コラムが今シーズンも連載決定!引き続き2017春G1の馬券的中への手がかりを探しにウマニティ公認プロ予想家陣に迫って参りたいと思いますので、どうぞお付き合いの程よろしくお願い致します。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、3/26(日)G1高松宮記念
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て3/20(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。

●各馬へのコメント
メラグラーナ
 スガダイ 極悪馬場だった京阪杯での14着大敗を除けば芝の1200mでは毎回いいレースをしていると思うよ。特に5走前、今回と同じ中京芝1200を勝った時は強かったな。末脚のいい馬だから直線の長い中京コースが合うんだろうね。G1でも中京の舞台なら勝ち負けになると思うよ。ただ、前走で体を減らしていたのはちょっと気になるなあ。そこから更に減っているようだと危ないかもしれないね。
 サラマッポ 馬体の特徴からも、1200mで頭角を現してきたのには納得できますね。豪州産馬らしい大きなトモで、爆発的なスピードの持ち主。まだまだ1200mでは底を見せておらず、能力的にはG1でも十分に通用するとみています。ただ、ストライドが大きく不器用な面があるので、内枠での競馬となった場合には不安が残りますね。
 河内一秀 スプリント路線に転向後は6戦4勝で前走では重賞も制し、指数的にも近2走はG1連対レベルに達しているよ。確固たる中心馬が不在のスプリント路線の現状だからね、有力馬の一角を占めるのも当然と言える存在だと思うよ。  
 加藤拓 血統構成的には、この馬の父はダンチヒ系統の血を持つのですが、このタイプはミッキーアイルサドンストーム(人気薄で4着)のようにこのレースで好走例があります。過去の実績を見るに時計がかかる馬場では不安定ですから、良馬場の方がいいでしょうね。広い直線コースでのびのびと走らせてあげれば、G1初挑戦でも好走を果たせそうです。
 km はじめましてkmです。どうぞお手柔らかにお願いします。さて、メラグラーナですが、皆さん結構高評価なんですね。ちょっと意外でした。スガダイさんもそのようですが、陣営なども中京向きの馬だと考えているようですね。ただ、この馬が勝ったのは”夏の中京”です。夏と春でガラッと性格が変わる中京の馬場だと参考外で、極端な高速馬場になった場合対応できるか疑問が残ります。主役級不在の混迷期に2連勝は価値が低いし、過去のレース傾向からここで勝ちきれると考えるのは早計でしょう。ただ、今年は超がつくほどの低レベルな高松宮記念になりそうで、さすがにヒモには加えるべきですけどね。

レッドファルクス
 スガダイ kmプロお得意の“データブレイク!(⇒詳しくはこちらで)”ならぬ、いきなりの“スガダイブレイク”かよ(笑)。さてさて、お次は去年のスプリンターズS覇者のレッドファルクスね。勝ったには勝ったけどね。あのレースはデムーロが上手かったというか、他のジョッキーが下手過ぎたというか......。力を発揮出来ていない馬が多かったからね。あの勝利にどれほどの価値があるかは微妙だろうね。香港では全くいい所がなかったけど、あれが実力って気もするな。とはいえ中京は3戦3勝。積極的に買いたい馬ではないけど、押さえは必要かな。
 加藤拓 1200m戦が得意なスウェプトオーヴァーボード産駒にとって、このコースとの相性は悪くはありません。が、G1となるとスタミナ要素も必要になってくるからなのか、字面の血統で言うともう少し長めの距離もこなせそうな配合のタイプのほうが、この高松宮記念での好走例は多いです。その点は微妙なところですね。あとは、やはり長期休養明けが不安。長期休養明けの馬はこのレースとの相性が悪いですし、勢いがある馬の方を上に据えたくなります。
 サラマッポ スプリンターズSでは、コーナーで外を回るロスがありながらの差し切り勝ち。1200mではトップクラスの実力の持ち主で、走法的には・・・

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月22日号】03月22日(水) 17:00伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年03月25日(土) 阪神11R 毎日杯
【“JRAの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [7-1-4-17](複勝率41.4%)
●なし [0-6-3-56](複勝率13.8%)
→優勝を果たしたのは重賞で上位に食い込んだことがある実績馬ばかり。なお“JRAの重賞”において4着以内となった経験がなかった馬のうち、生産者がノーザンファームでない馬は2010年以降[0-1-0-49](複勝率2.0%)と苦戦していました。


▼2017年03月25日(土) 中山11R 日経賞
【“前年か同年、かつJRA、かつ2400〜2500mのG1かG2”において6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [6-6-6-21](複勝率46.2%)
●なし [0-0-0-35](複勝率0.0%)
→“格”と距離適性を素直に評価した方が良さそう。また“前年か同年、かつJRA、かつ2400〜2500mのG1かG2”において6着以内となった経験があった馬のうち、前走の着順が6着以内だった馬は2011年以降[5-4-6-8](複勝率65.2%)、馬齢が4歳だった馬は2011年以降[3-3-2-2](複勝率80.0%)と、より安定しています。

<<さらにプラス1!>>

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】高松宮記念2017・GIのネ03月21日(火) 10:25ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第47回 高松宮記念(グローバルスプリントチャレンジ) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月20日号】03月20日(月) 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 高松宮記念 2017年03月26日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【日本調教馬の、“前年10月以降、かつJRAの重賞”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [4-5-5-29](複勝率32.6%)
×なし [0-0-0-45](複勝率0.0%)

 前年のスプリンターズステークス以降、すなわちここ半年ほどの実績が極端に実績が見劣りする馬までマークする必要はなさそう。外国調教馬で2015年1着のエアロヴェロシティも、前年12月14日に香港スプリント(G機砲鮴していました。今年のメンバー構成なら、前哨戦の好走馬を素直に重視したいところです。

主な「○」該当馬→セイウンコウセイトーキングドラムメラグラーナ
主な「×」該当馬→スノードラゴンソルヴェイグフィエロ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が5着以内」だった馬は2012年以降[5-5-4-35](複勝率28.6%)
主な該当馬→セイウンコウセイトーキングドラム

[See more]

>>See more

だから、Uたやないですか?ヾ(ーー )

tntnさん 4月19日(水) 01:55

。。。誰の声ですか?運営さんですか?
 
決して私では有りません!
 
今週休みと言う事もあり、先週の結果を受けまして。。。(´`〃)ゞ
 
公開されているU指数を本位に2017年〜これまでのG1結果を紐解いてみます。
 
自分の予想や結果を関係なしで評価もしてみます。あしからず。ヾ(ーー )
 
―――――――――――――――――――――――――― 
フェブラリーS(評価△・指数を意識しないほうが獲れそう)
 
7位(ゴールドドリーム◆泡唯碓漫淵戰好肇Εーリアァ泡唯弘漫淵グジテイク 
――――――――――――――――――――――――――
高松宮記念(評価○・フィエロさえ消せれば、実際消し可能レベル)

6位(セイウンコウセイァ泡唯外漫淵譽奪張粥璽疋鵐◆泡唯屋漫淵譽奪疋侫.襯ス 
 
※1位フィエロ(5着)ちなみに4着ティーハーフは16位( ´艸`)
――――――――――――――――――――――――――
大阪杯(評価◎・これは、あざすでしょ。キタサンさえ嫌わなければ。。。)
 
1位(キタサンブラック 泡唯屋漫淵好謄侫.離広А泡唯完漫淵筌泪ツエースぁ
――――――――――――――――――――――――――
桜花賞(評価◎・これも、あざす。そもそもレーヌの人気の無さが変。。。)
 
2位(レーヌミノル─泡唯彊漫淵螢好哀薀轡紂辞)⇒1位(ソウルスターリング 
――――――――――――――――――――――――――
皐月賞(評価◎・この間最大のヒット!3連複で17万。。。ファンディーナさえ。。。)
 
5位(アルアインァ泡唯外漫淵撻襯轡▲鵐淵ぅ鉢)⇒4位(ダンビュライトぁ
 
※1位ファンディーナ(7着)ちなみに、4着クリンチャーは、17位( ´艸`)
――――――――――――――――――――――――――
 
たまたまなのか否か。。。下位穴馬を4着止まりもにするもU指数のなせる業!?ヾ(ーー )

確認すると。。。気付くの遅いくらいでした。(´`〃)ゞ

レース的中者の中に、5頭ボックスを遂行している方おられました。
 
さあ、VIPでもない私。。。どうしょましょうか。( ゚д゚)ポカーン
 
------------------------------------------------
 
Re(;;) U指数って、どうなの?
 
http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=bdffd7be89&owner_id=4a85df85ef
 
------------------------------------------------

マイラーズC 展望浪花のクマさん 4月18日(火) 15:47



過去5年、馬連万券2回!
今年は順当・・波乱・・

エアスピネル
京都(2−0−1−0)マイル(3−1−1−0)
10戦、掲示板を外したことがない、人気
になるだろうが、目標は次走G気・・
イスラボニータ 
京都(0−1−1−0)マイル(1−3−1−1)
14年の皐月賞馬、暫らく勝ち星に恵まれ
ていないが、常に上位争い、3度目の京都
マイルで優勝争いに・・
ブラックスピネル 
京都(2−1−1−1)マイル(1−1−0−2)
前走、東京新聞杯を逃げて快勝、勢いなら
この馬が・・
プロディガルサン 
京都は菊花賞11着、マイル(1−1−0−0)
舞台は京都マイルでディープ産駒なら・・
フィエロ
京都(1−5−3−3)マイル(4−3−3−6−6)
8歳になるが、京都金杯3着、高松宮記念5着
まだまだ元気だ・・
ヤングマンパワー 、ダッシングブレイズ 、クルーガー
も差はない・・



マイラーズC登録馬、予定騎手、ランク

エアスピネル (武豊) A
イスラボニータ (ルメール) A
ブラックスピネル (Mデムーロ) A
プロディガルサン (川田) B
フィエロ (福永) B
ヤングマンパワー (松岡) C
ダッシングブレイズ (浜中) C
クルーガー (松山) C
サンライズメジャー (−) D
ブラヴィッシモ (−) D
アクションスター (佐藤友) D
シェルビー (−) D
トーアライジン (−) D

[See more]

G1開催週に「特殊な馬場 グリーンセンスセラさん 4月18日(火) 13:19

JRAは何故、G1開催週に「特殊な馬場」を作るのか? 中山の皐月賞(G1)敗因が「前走・中山でレースをしたこと」という皮肉な結果に......─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年4月17日 8時46分 http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3150.html

「速い馬場が初めてで......」
 16日に行われた第77回皐月賞(G1)のレース後、3番人気のカデナに騎乗していた福永祐一騎手がそう悔しがっていた。
 前哨戦の弥生賞を勝って主役の1頭に挙げられていたカデナだが、その弥生賞が良馬場では歴代最も遅い勝ち時計。時計面で大きな不安を抱えていたが、コースレコード・タイという高速決着で、福永騎手の不安が的中してしまった格好だ。
 それにしても、先週の中山競馬場の豹変ぶりには驚かされた。
 今開催の中山は、開幕時から総じて時計のかかる馬場だった。その上に前々週、前週と雨が降った中での開催だっただけに、2カ月開催の最終週となる皐月賞週の馬場コンディションは「相当タフになる」と考えられていたのだ。
 実際に事前の雨予報が重なったこともあって、各メディアは総じて「荒れた重い馬場」での記事や予想を展開、出走馬の各陣営からも口々に馬場を気にするような言葉が相次いだ。
 ところがいざフタを開けてみれば、これまでの中山開催が嘘のような高速馬場だった。
 土曜日から上がり3ハロン33秒台が連発し、山藤賞(500万下、1800m)では先月の中山の2000mで上がり3ハロン35.6秒で3着だったレッドローゼスが33.3秒の末脚で快勝。皐月賞当日に至っては32秒台の上がりも記録され、皐月賞は事前の想定とは完全に異なった舞台で行われることとなった。


次のページ 今開催の中山は「皐月賞週」と「それ以外」に分別できるほど、大きく異なった馬場状態

その結果、アルアインとペルシアンナイトという前走で「阪神」の重賞を快勝してきた馬がワンツーゴール。3着ダンビュライトこそ意地を見せたが、4着のクリンチャー、5着のレイデオロ、いずれも「今開催の中山を使っていない馬」が掲示板を占めた。
 しかし、それも仕方がないのかもしれない。今開催の中山は「皐月賞週」と「それ以外」に分別できるほど、大きく異なった馬場状態で競馬が行われており、弥生賞やスプリングSで上位を賑わせた馬たちは、いわば「それ以外」の中山で結果を残してきた馬である。
 6着スワーヴリチャードも今開催の中山を使っていないが、そこに続いたのが7着ファンディーナ、8着ウインブライト、9着カデナといずれも「今開催の中山重賞を勝利した馬」であることが、なんとも対照的な結果となってしまった。
 ちなみに先述した通り、今年の皐月賞は2015年の最優秀古馬ラブリーデイが、やはり2015年の中山金杯で記録したコースレコードと同タイムの「皐月賞レコード」だった。
 実はこの日に行われた「芝の特別戦(固有の名前がついたレース)」鹿野山特別(2000m)、春雷S(1200m)、春興S(1600m)は、いずれも現行のレースレコードを更新している。これだけを見ても、この日の中山がいかに特殊な高速馬場だったのかがわかる。
 つまり皐月賞を含め、この日に行われた芝の特別戦は「すべてレコードを更新した」ということだ。
 これもJRAの馬場造園課の技術の賜物といったところだろうか。しかし、以前同じようなことがあった昨年の高松宮記念の際は、メディアだけでなくファンも巻き込んで大きな波紋を呼んだことを覚えている人も多いだろう。


次のページ G1レースだからといって“特別なコンディション”で開催する必要があるのか

 G1という競馬における「看板商品」を絶好のコンディションで開催したいという主催者側の意図は理解できなくもない。だが、馬場を"人為的"に大きく変化させてしまうのはいかがなものだろうか。
 多くの馬券購入者にとって、馬場状態は予想の重要なファクターを占めていることは述べるまでもない。それが、実際にレースが行われる土曜日まで「まったく不透明」というのは結果的に、週末までの競馬への意識を低下させ、馬券の購買意欲を削いでしまうことにつながらないのだろうか。
 競馬は「ギャンブル」と「スポーツ」という大きく異なった二面性を持つ特殊な競技だ。だが、どちらにも共通して言えるのは、大きな決定権を握る主催者側が"主役"になった興行は得てしてロクなことがないということ。
 平成生まれで初のG1騎手となった松山弘平騎手とアルアインが勝った今回の皐月賞は、確かに迫力のある素晴らしいレースだった。
 だが、これだけ極端な馬場状態になってしまえば「特定の馬を勝たせるために馬場を操作したのでは?」と勘ぐる人が出てきても仕方がない。真偽はともかく、本来まったく出てくる必要のない"疑念"だ。
 何故、G1レースだからといって"特別なコンディション"で開催する必要があるのか。平常の手入れでは不足なのか。改めて考えさせられることとなった。我々ファンはただ、気持ちよく馬券を買いたいだけである。
(文=浅井宗次郎)

[See more]

☆今年♪これまでのG1結果は☆ユウキ先生さん 4月15日() 21:13

フェブラリーS!!

2番人気→5番人気→1番人気で決着☆3連単は約9000円

高松宮記念!!

5番人気→2番人気→1番人気で決着☆3連単は約23000円

大阪杯!!

1番人気→7番人気→4番人気で決着☆3連単は約23000円

桜花賞!!

8番人気→3番人気→1番人気で決着☆3連単は約94000円

これまでは1番人気が必ず馬券に絡んでる(^_-)-☆

これも一応サインとして参考にします〜〜〜!!

[See more]

皐月賞(サイン編)秋人さん 4月15日() 13:26

【馬番パターン】
フェブラリーS(3番)
高松宮記念(6番)
大阪杯(5番)
桜花賞(10番)

3→6(2倍)
5→10(2倍)
偶数回は前のG1の倍
フェブラリーS(3)→大阪杯(5)は+2だとして

7(皐月賞)→14(天皇賞春)

7番ペルシアンナイト(デムーロ)!

【騎手パターン】
フェブラリーS(デムーロ)
高松宮記念(幸・フェブラリー8枠)
大阪杯(武豊・海外遠征)
桜花賞(池添・大阪杯8枠)
”フルゲートの時は前走8枠の騎手が勝つ”
”フルゲート割れの時は1番人気”(だと思う)

皐月賞はフルゲートなので桜花賞8枠の騎手は…、

2番スワーヴリチャード(四位洋文)
8番ファンディーナ(岩田康誠)
9番プラチナヴォイス(和田竜二)

この4頭上げておけば、当たるでしょう。(1・3・5番人気だし)

[See more]

情熱と冷静の間…〜皐月賞展望〜藤沢雄二さん 4月14日(金) 08:04

さて皐月賞である。
POG的にはペルシアンナイトとダンビュライト(こちらは主戦場のPOGで指名)が出走するので力が入るのだが、馬券では思いっきりペルシアンナイトに期待するのだが、POGのスコアメイク的には3着を確保できればOKぐらいにしか考えていない。

我が指名馬のペルシアンナイトで負けない!という理由は後述するとして、まずは敵情視察。

1番人気が予想される牝馬のファンディーナ。やはり焦点は「牡馬相手のG気把麺僂垢襪里?」というところにあると思われる。
新馬戦を9馬身差、前走のフラワーCを5馬身差で勝利とそれが伊達や酔狂ではできない芸当であるのは認める。
だけど『前走の牝馬限定のG靴廼烈な勝ち方をした馬がレース間隔を理由に牡馬相手のG気北契茲鮓けて人気になる』って、どこかで聞いたような話じゃないか?
そう、去年の朝日杯FS。まだ4ヶ月ちょっと前の話である。その時のミスエルテは「中4週の阪神JFじゃダメなんかい!?」と言いたくなるような気性面に端を発していたと思っているので、一概には今回のファンディーナとは比較できないだろうけど、歴史を紐解いていけばトライアル→本番というのは中2週だったわけで、時代が変わっていると言えばそれまでなのだろうけど中3週を理由に皐月賞参戦というのは消極的な理由に映る。
エアグルーヴが秋の天皇賞を勝って時代の扉をこじ開けた訳だが、それまでは牝馬が牡馬相手の中距離以上のG気膨戦して大敗してもノーカウントみたいな風潮はあった。まああれだ、リックフレアーがNWAの防衛戦で戦況が悪くなってくるとレフェリーをぶん殴って反則負けを選ぶ、そんな感じだ。
(なおルールによりベルトは移動しない)

まあエアグルーヴにしろ、ダービーのウオッカにしろ、実績があっての牡馬挑戦だったわけで、そこへいくとファンディーナはまだフラワーCを勝っているだけにすぎない。
そしてそもそもの話として、年明けデビューの皐月賞馬っていつ以来出ていないのか?という話。今をときめくキタサンブラックだって、年明けの東京デビューから3連勝で皐月賞に駒を進めたが3着が精一杯だった。牝馬69年ぶりの勝利がどうこう言うより、この年明けデビューの件の方が現実的な問題ではなかろうか?


ここ5年で共同通信杯から直行している馬が4勝していることで俄然注目度が高くなっているスワーヴリチャード。ぶっちゃけると、POG的にはこの馬に勝たれるのが最もよろしくないw
極端なことを言うと他の16頭には勝たれてもどうってことはない。あくまでもPOG的な話では、この馬だけは潰さなくてはいけないのである。

で、スワーヴリチャードを消したい理由はちょっとオカルト的なのだが『5連勝って難しいよね』ということ。
極めて個人的なことで恐縮なのだが、ボクはミッキーアイルが好きで、都合が合えば現地に応援に行っていた。で、シンザン記念→アーリントンC→NHKマイルC→スワンSと観戦機会4連勝で迎えた高松宮記念で3着に負けた。
サッカーの話でいえば、浦和レッズは近年の対戦成績でガンバ大阪とはあまり相性が良くないのだが、自分が参戦した時は4連勝中だったんですよ。それが先日の吹田スタジアムの試合は引き分けで連勝ストップ。
そう、なかなか5連勝というのは経験しないのですよ。
現に先週の桜花賞でもソウルスターリングが5戦目にして初黒星。今年のJ1も開幕4連勝したヴィッセル神戸は5節の浦和戦で初黒星。これらは決して偶然ではないと思うのよ。

で、皐月賞は目下『共同通信杯からの直行組が出走機会4連勝中』である。一昨年のドゥラメンテは共同通信杯2着からだったから「共同通信杯を勝っていない」という事で嫌った人も多いだろう。去年のディーマジェスティは「人気がない」とか「4回目があるのか?」とかの理由で嫌った人も多いだろう。
が、今回はそれに懲りた人が多数出てくる頃である。ましてや空前絶後の大混戦みたいな言われ方をしているわけだし。
なので『まだはもうなり』に賭けてみたい。

そしてレイデオロ。この馬の場合はやはり年明け初戦がどうなのよ?と。
調整の過程で弥生賞を使うのが難しく、まあスプリングSなら使えないこともないけど今さら1800を使う理由はない。それはわかるのだが、ソウルスターリングのコメントで「100回の調教より1度のレース」と言っていた人が若葉Sを考えなかったとは思えない。かつてペルーサで若葉S→青葉賞というローテーションを組んだ人なのだから。それだからこそ、やはり年明け初戦というのは大きな不安材料なのではないか?

そして我がペルシアンナイト。
ザックリと言えば、ドゥラメンテを擁して戦った一昨年のPOGの展開によく似ているのよ。直感的にはそれに尽きるのだが、それはテメーの話だろうと言われるとそれ以外の何物でもないw
まあ真面目に理由を挙げていけば、近年の皐月賞のゴール写真を見れば勝ち馬は馬場の真ん中に写っている。決して内ラチに近いところの勝ち馬の姿はない。
で、今年の出走馬の勝ったシーンを振り返ってみた時に、皐月賞のゴール前を一番イメージできるのがアーリントンCのペルシアンナイトだということ。
言いたいことはたくさんあるけど、最大の理由はコレ。きっとミルコが手をパーの状態にしてカメラ目線バッチリで先頭でゴールに飛び込んで来るハズだから。

あとこれだけは言っておきたいのだけど、土曜日のはなみずき賞に出走するエクレアスパークル。若葉S2着で皐月賞の優先出走権を得ておきながら、皐月賞に登録すらせずに同じ週の自己条件を使うって、さすがにそれはナシでしょう。G気鯔粗造靴討い襪茲諭これは行き過ぎた馬優先主義だと思う。調教師に何らかのペナルティは必要だと思う。こんな使い方をするようでは、少なくともこの調教師とは同じ夢は見られない。

[See more]

TAKAMATSUNOMIYAKINEN Strategy Tool

Up-and-coming tipsters/Smash Hits -TAKAMATSUNOMIYAKINEN2017-

Up-and-coming tipsters may help your prediction! We provide a lot of tips if you are an Umanity Member(Free)! It is definitely worth checking!

  • Tips(Including Pro)
  • Tips(Free Only)
Winners
Update:26Mar 16:31
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 町田の馬券師 37e31ba413 Lv 35 33% 1583% 445,000 None
2 OTASAM 432f6d5319 Lv 99 16% 106% 24,600 None
3 ハズレ馬券おやじ 7b6d4f7744 Lv 64 100% 2030% 193,020 None
4 やまかわゆーと 0d84907c81 Lv 53 100% 1278% 117,820 None
5 朝一運試し 1ac2d5bee3 Lv 91 12% 155% 44,500
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold
Winners
Update:26Mar 16:31
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 1ac2d5bee3 1ac2d5bee3 Lv 91 12% 155% 44,500
2 atyui atyui Lv 89 11% 132% 23,390
3 makotaro makotaro Lv 21 100% 712% 61,250
4 Manekinekonohige Manekinekonohige Lv 97 33% 121% 79,090
5 f60bb40d47 f60bb40d47 Lv 101 50% 322% 44,550
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 3 6 98.6 Seiun Kosei M4 57.0 H.Miyuki H.Uehara EAST 500(0) 8.7 5 1.08.7
2 2 3 99.7 Let's Go Donki F5 55.0 Y.Iwata T.Umeda WEST 506(+4) 5.1 2 1.08.9 1_1/4
3 4 7 99.8 Red Falx M6 57.0 M.Demuro T.Ozeki EAST 472(+7) 3.6 1 1.09.0 Neck
4 1 1 95.3 Teehaff M7 57.0 Y.Kokubun K.Nishiura WEST 468(0) 178.5 16 1.09.3 1_3/4
5 1 2 101.1 Fiero M8 57.0 H.Uchida H.Fujiwara WEST 504(+2) 12.3 7 1.09.3 Nose
6 7 14 95.8 Talking Drum M7 57.0 K.Fujioka M.Saito EAST 480(+2) 55.0 10 1.09.4 1/2
7 6 11 98.9 Snow Dragon M9 57.0 T.Ono N.Takagi EAST 512(-2) 62.6 11 1.09.4 Neck
8 8 17 99.6 Nac Venus F4 55.0 Y.Ishikawa H.Sugiura EAST 516(-2) 68.8 12 1.09.5 Neck
9 7 13 98.1 Solveig F4 55.0 H.Tanabe I.Sameshima WEST 476(-2) 8.9 6 1.09.5 Neck
10 6 12 98.1 Melagrana F5 55.0 K.Tosaki M.Ikezoe WEST 528(+14) 5.3 3 1.09.6 Neck
11 7 15 97.9 Hiruno Devaro M6 57.0 H.Shii M.Kon WEST 532(+6) 49.6 9 1.09.7 3/4
12 4 8 96.7 Bakushin Teio M8 57.0 A.Starke N.Hori EAST 476(-6) 184.9 17 1.09.7 Neck
13 2 4 95.8 Rhein Spirit M6 57.0 K.Mori M.Matsunaga WEST 436(-10) 111.3 14 1.09.8 1/2
14 5 10 97.8 Xmas F6 55.0 Y.Fujioka D.Ito EAST 450(-10) 89.8 13 1.10.0 1_1/2
15 5 9 97.9 Shuji M4 57.0 Y.Kawada N.Sugai WEST 502(-10) 6.2 4 1.10.1 Neck
16 8 18 95.9 Once in a Moon F4 55.0 S.Ishibashi M.Saito EAST 434(-4) 49.4 8 1.10.2 1/2
17 3 5 94.8 Red Arion M7 57.0 Y.Hishida S.Hashiguchi WEST 484(-2) 274.5 18 1.10.3 1/2
18 8 16 93.6 Tosho Piste M5 57.0 Y.Yoshida K.Tsunoda WEST 488(0) 153.8 15 1.11.0 4
Lap Time 12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2
The first half 12.3-22.6-33.8-45.2-56.5
The latter half 56.4-46.1-34.9-23.5-12.2

Payoff

Win6 870 JPY 5(Fav)
Show
(Place)
6 230 JPY 5(Fav)
3 180 JPY 2(Fav)
7 160 JPY 1(Fav)
Bracket quinella2-3 2,490 JPY 13(Fav)
Quinella3-6 2,150 JPY 10(Fav)
Quinella Place3-6 770 JPY 8(Fav)
6-7 700 JPY 6(Fav)
3-7 480 JPY 1(Fav)
Exacta6-3 4,750 JPY 24(Fav)
Trio3-6-7 3,230 JPY 6(Fav)
Trifecta6-3-7 23,880 JPY 75(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017-

Sun,29Jan2017SILK ROAD STAKES  Kyoto Turf1200m Firm

1st 7 Dance Director 6.7(3Fav) Y.Take 1:07.8 102.6
2nd 11 Seiun Kosei ENTRY 7.0(4Fav) D.Matsuda Neck 102.6
3rd 9 Second Table 18.6(7Fav) Y.Mizuguchi 1_1/2 100.5
4th 4 Hiruno Devaro ENTRY 23.6(8Fav) H.Shii Neck 99.5
5th 1 Rhein Spirit ENTRY 11.4(6Fav) K.Mori Nose 99.5
>>See more

Sun,26Feb2017HANKYU HAI  Hanshin Turf1400m Firm

1st 2 Talking Drum ENTRY 25.7(7Fav) H.Miyuki 1:21.4 100.8
2nd 4 Hiruno Devaro ENTRY 16.1(4Fav) Y.Furukawa Head 100.8
3rd 12 Nagara Orion 96.2(12Fav) Y.Kokubun 2 98.2
4th 3 Bravissimo 7.9(3Fav) Y.Take Neck 98.2
5th 9 Meadowlark 85.3(11Fav) S.Foley 1 96.4
>>See more

Sat,4Mar2017OCEAN STAKES  Nakayama Turf1200m Firm

1st 9 Melagrana ENTRY 2.3(1Fav) K.Tosaki 1:08.3 105.4
2nd 2 Nac Venus ENTRY 7.9(3Fav) Y.Ishikawa 1/2 104.4
3rd 4 Xmas ENTRY 8.4(4Fav) M.Katsuura Head 104.4
4th 3 Brave Smash 5.6(2Fav) N.Yokoyama Nose 104.4
5th 14 Bravissimo 14.5(5Fav) H.Kitamura 1 102.3
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2017-

2016 TAKAMATSUNOMIYAKINEN 27Mar2016 Chukyo11R Turf1200m Firm

TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2016

1st 4 Big Arthur 3.9(1Fav) Y.Fukunaga 1:06.7 106.0
2nd 6 Mikki Isle 3.9(2Fav) K.Matsuyama 3/4 105.0
3rd 8 Albiano 5.1(3Fav) C.Lemaire 1_3/4 101.9
Win 4 390 JPY(1Fav) Trio 4 - 6 - 8 1,740 JPY(1Fav)
Quinella 4 - 6 890 JPY(1Fav) Trifecta 4 - 6 - 8 6,690 JPY(1Fav)

2015 TAKAMATSUNOMIYAKINEN 29Mar2015 Chukyo11R Turf1200m Good

TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2015

1st 4 Aerovelocity 6.5(4Fav) Z.Purton 1:08.5 108.8
2nd 15 Hakusan Moon 16.8(6Fav) M.Sakai 1/2 107.8
3rd 16 Mikki Isle 5.2(3Fav) S.Hamanaka Nose 107.8
Win 4 650 JPY(4Fav) Trio 4 - 15 - 16 14,000 JPY(48Fav)
Quinella 4 - 15 7,480 JPY(34Fav) Trifecta 4 - 15 - 16 81,560 JPY(281Fav)

2014 TAKAMATSUNOMIYAKINEN 30Mar2014 Chukyo11R Turf1200m Soft

TAKAMATSUNOMIYAKINEN 2014

1st 5 Copano Richard 7.7(3Fav) M.Demuro 1:12.2 111.2
2nd 17 Snow Dragon 19.6(8Fav) T.Ono 3 106.0
3rd 9 Straight Girl 2.6(1Fav) Y.Iwata 1_1/4 104.0
Win 5 770 JPY(3Fav) Trio 5 - 9 - 17 7,990 JPY(22Fav)
Quinella 5 - 17 10,400 JPY(38Fav) Trifecta 5 - 17 - 9 71,040 JPY(203Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
24Mar2013
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 17 Firm Lord Kanaloa 1.3 1 Y.Iwata 1:08.1 105.4
25Mar2012
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 18 Firm Curren Chan 3.9 2 K.Ikezoe 1:10.3 105.1
27Mar2011
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Hanshin 16 Firm Kinshasa no Kiseki 4.5 3 U.Rispoli 1:07.9 106.9
28Mar2010
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 18 Firm Kinshasa no Kiseki 3.7 1 H.Shii 1:08.6 105.8
29Mar2009
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 18 Firm Laurel Guerreiro 7.6 3 S.Fujita 1:08.0 107.0
30Mar2008
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 18 Firm Fine Grain 7.1 4 H.Miyuki 1:07.1 109.4
25Mar2007
TAKAMATSUNOMIYAKINEN
Chukyo 18 Yielding Suzuka Phoenix 4.5 1 Y.Take 1:08.9 111.6

TAKAMATSUNOMIYAKINEN Strategy Tool