Race Info > YASUDA KINEN 2017 - Results,Payoff
YASUDA KINEN 2017

Sun,4Jun2017

YASUDA KINEN G1

Tokyo/Turf/1600m

Menu

Related News -YASUDA KINEN 2017-

  • Arrival News

YASUDA KINEN 2017 - Satono Aladdin Pins Defending Champion at Wire for Yasuda Kinen Win 

Satono Aladdin landed his first G1 title by capturing this year's Yasuda Kinen as seventh favorite in a full field of 18 runners. Following several acclaimed results at the graded level, the six-year-old bay notched his first grade-race win last year in the Keio Hai Spring Cup (G2, 1,400m) and after finishing fourth in his next Yasuda Kinen start, he successfully captured the Swan Stakes (G2, 1,400m) that autumn but was fifth in the G1 Mile Championship. He has been tested overseas twice, turning in an 11th and a seventh in the 2015 Hong Kong Cup and 2016 Hong Kong Mile, respectively. Lightly raced this season, he finished ninth in his only start, the Keio Hai Spring Cup over a yielding track. His latest triumph being the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) this season with Al Ain, trainer Yasutoshi Ikee has now 18 JRA-G1 titles under his belt, while jockey Yuga Kawada claimed his ninth, his latest the Tokyo Yushun (Japanese Derby) last year with Makahiki. This is also Kawada's second Yasuda Kinen title following his 2015 victory with Maurice.

After the field broke with Logotype spurting to the front, Kawada kept Satono Aladdin in a rearward position traveling outside Red Falx and swung wide into the straight fourth from last. While the defending champion found another gear to expand his lead to three to four lengths climbing the Tokyo stretch hill, Satono Aladdin surged out of the rallying group at the furlong pole and showcased a spectacular and fastest stretch drive to catch Logotype at the wire for a neck victory.

Sent off lightly regarded as eighth pick, Logotype was deprived of a back-to-back Yasuda Kinen title although he reenacted his powerful gate-to-wire run putting in a good runner-up effort.

Well reserved fourth from the rear on the rails, third favorite Red Falx found himself behind a wall of horses in early stretch, steered to the outside then found running room 300 meters out and furiously threatened the winner on his outside but was a neck short from Logotype for third.

After traveling in seventh and three-wide, race favorite Isla Bonita struggled to find room and was never given the chance to unleash his anticipated stretch charge finishing eighth.

Beauty Only broke well from stall 12 and raced mid-field two wide around 10th up to the last turn. Angling out slightly, he launched a mild rally between horses but was unable to sustain his bid once reaching the top of the uphill stretch while holding on well for a close sixth, about 1-3/4 length behind the winner.

“He didn't really kick home strong this time. He flattened out and leaning a bit to the left. It's his first time going left-handed and I think he needs a bit more experience to do this one, because I see at the straight he didn't change his gear - he usually changes to his near-fore kick where he's got more power but he didn't change because he was going opposite to what he's used to, so to me, he didn't kick home strong enough,” commented Beauty Only trainer Anthony Cruz.

“He traveled smoothly but didn't have any left at the end. He was a bit nervous prior to the race and it was his first time out on this course so maybe that was what affected him,” said jockey Zachary Purton of Beauty Only.

In his second challenge, Hong Kong raider Contentment was raced close to the pace, met traffic at the top of the stretch and driven from the 400-meter marker but weakened after sustaining his bid up to the furlong pole and finished 10th.

“He put himself in a good position, in fourth or fifth where we thought or hoped he would be. He traveled nicely in the first half of the race, but on straightening up, he got a little bit of pressure from the outside, then from the inside, and what I heard from the jockey, he continued to fight but he wasn't strong enough for these horses on this track but said he could have finished a length closer. So unlike last year, at least I was able to see how he fared in the race and I'm satisfied,” commented Contentment trainer John Size.
“He didn't disappoint me. He was trying his very best, but unfortunately he had these little issues that really could have changed the result of this race - I think he would have finished a little closer,” said jockey Joao Moreira of Contentment.

Other Horses:
4th: (7) Greater London―broke poorly, made headway to 11th, quickened between horses
5th: (8) Air Spinel―eased back to 3rd from last, failed to find clear path along rails, quickened after 200 marker
7th: (18) Staphanos―raced 3-wide around 10th, showed some effort but never a threat
9th: (10) Clarente―ran around 9th, found little room at early stretch, showed brief effort, weakened in last 100m
11th: (9) Longing Dancer―trailed in rear, angled out, passed tired rivals at stretch
12th: (3) Sunrise Major―pressed pace in 2nd, showed tenacity until 200m marker, fell back
13th: (2) Decipher―chased leaders in 4-5th, showed effort until 300m out, weakened thereafter
14th: (13) Logi Chalice―traveled 3-wide in 12th, unable to reach contention
15th: (4) Ambitious―raced 2nd from last, switched to outside after entering to stretch, never fired
16th: (17) Young Man Power―sat 3-wide in 5-6th from stall 17, weakened in last 200m
17th: (1) Talking Drum―hugged rails in 8th, ran willingly until 300m out, outrun thereaft

[See more]

YASUDA KINEN 2017 - Preview 

The Grade 1 Yasuda Kinen, to be held on Sunday, June 4, wraps up six straight weeks of top-level racing, five of them at Tokyo Racecourse. A mile event open to 3-year-olds and up, the Yasuda Kinen was named after the JRA's first president, Izaemon Yasuda, and caps Grade 1 action at Tokyo, though racing at the venue continues until month end. This year marks the 67th running of the race, which has also become a favorite target for runners from Hong Kong. Sunday will see two of Hong Kong's top milers - the geldings Contentment and Beauty Only - leave the gate at 15:40 local time to seek their share in the 228 million yen-plus prize money, including a first-place bounty of 103 million yen. Contentment is back for a second shot after finishing 12th last year, and Beauty Only takes on the race for his first time.

Contentment and Beauty Only were the top two finishers, respectively, in the Grade 1 Champions Mile, run at Sha Tin Racecourse on May 7. Beauty Only aced the Hong Kong Mile last December. Hong Kong runners have captured the Yasuda Kinen twice before since the race opened to international competitors in 1993; Fairy King Prawn won it in 2000 and Bullish Luck in 2006. Foreign-based horses have made 53 appearances in the Yasuda Kinen gate since 1993, but only one other than the two Hong Kong horses have won. That was the UAE-based Heart Lake in 1995.

Important races leading into the Yasuda Kinen for the Japanese runners include the Grade 2 Keio Hai Spring Cup, Grade 3 Lord Derby Challenge Trophy, Grade 2 Yomiuri Milers Cup, and Grade 3 Tokyo Shimbun Hai. The winners of those races - Red Falx, Logi Chalice, Isla Bonita and Black Spinel, respectively - have all been nominated for the race and are expected to start, as well as Grade 2 Nakayama Kinen third-place finisher and the defending champion of this race Logotype, Keio Hai Spring Cup runnerup Clarente and Yomiuri Milers Cup runnerup Air Spinel.

Five and 6-year-olds have figured most predominately in the Yasuda Kinen winner's circle over the last decade. Four 6-year-olds won the race and three 5-year-olds, with one victory each going to a 3-year-old and 4-year-old. Only one female horse has won in the past 10 runnings. That was Vodka, in 2008 as a 4-year-old and again the following year. The favorite has done well too, having won four times in the past 10 races and finished in second once. The longshots are not to be ignored however. Though no horse that went to the gate a double-digit pick has won in the past decade, six of them have figured in the top three spots.

Strong Return holds the race record of 1 minute, 31.3 seconds set in 2012.

Here's a look at the expected top picks.

Isla Bonita: Despite winning the 2,000-meter Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) in 2014, the Fuji Kiseki-sired Isla Bonita has gone on to establish himself clearly as a miler in recent months. Though he finished in the top three spots seven times in the 12 starts since his last win in the autumn of 2014, it wasn't until his most recent start that he finally made the winner's circle. Isla Bonita had posted second in three races straight before that - Grade 3 Fuji Stakes, Grade 1 Mile Championship and Grade 2 Hanshin Cup. His victory came last out in the Yomiuri Milers Cup, in which he topped Air Spinel by half a length. His last four races were also ridden by Christophe Lemaire, following a switch from his previous regular rider Masayoshi Ebina from last year's Yasuda Kinen, in which Isla Bonita finished fifth. Isla Bonita is expected to see improvement following his recent win, and, if he can pull off a win, would give Lemaire his fourth Grade 1 victory in four weeks and would be the horse's first Grade 1 win in three years and two months.

Staphanos: A 6-year-old by Deep Impact, Staphonos finished 3/4 lengths behind Kitasan Black for second last out in the 2,000-meter Osaka Hai, a race promoted to Grade 1 status this year. Staphanos finished third last year at Tokyo in the Tenno Sho (Autumn) over the same distance before going on to finish in third in the Hong Kong Cup. Raced predominately over 1,800-2,000 meters, this will be Staphanos' first start at the mile since the fall of 2014, when he won the Grade 3 Fuji Stakes under the same conditions as the Yasuda Kinen. Having performed well amid highly competitive fields, the highly consistent Staphanos (only off the board three times in his career 22 starts) is seen as having a good chance in the Yasuda Kinen this year. Slated for the ride is Keita Tosaki, who tops the record for most wins over the Tokyo 1,600 meters for the past five years with a total of 32 wins.

Ambitious: Also taking on the mile for the first time in quite the spell is another son of Deep Impact, the 5-year-old Ambitious. After debuting his first two career races at the mile, Ambitious was given more distance. He captured the Grade 2 Sankei Osaka Hai last spring, then failed to settle in the Grade 1 Takarazuka Kinen and finished just one off the rear. Since then he has made the board four times in as many starts and last finished in fifth place in the Osaka Hai, with a fourth before that in the Grade 1 Tenno Sho (Autumn). Though he has proven he can race well from any position, it is always his late speed that gets Ambitious close to the top in the final stages. If Ambitious, expected to be ridden by Norihiro Yokoyama, can settle, he has proven himself competitive at the highest level.

Air Spinel: Still trying to clinch his first big race, the 4-year-old Air Spinel, by King Kamehameha, has finished in the top three spots in all of his six starts over the mile. After three finishes out of the top three last year, Air Spinel has figured back in wagers yielding a return for his past four starts, three of them run over the mile. They included a third in the Kikuka Sho (Japanese St. Leger), a third and first in two Grade 3 races and a second last out in the Grade 2 Yomiuri Milers Cup. That race was his first in nearly three months and it is expected to have him sharp for the Yasuda. In the saddle will be Yutaka Take, who has been paired with Air Spinel for all his races thus far. “He is calmer now and more mature,” trainer Kazuhide Sasada said. “This has been our goal for the spring and I'm expecting to see good things from him.”

Logotype: A 7-year-old by Lohengrin, Logotype went wire to wire to capture the 2016 Yasuda Kinen and returned to the top for the first time since his 2013 win of the Satsuki Sho. The Satsuki Sho was won under Mirco Demuro, but it was Hironobu Tanabe who brought Logotype home a winner in last year's Yasuda Kinen. Tanabe has ridden all but one of his last seven starts - all but the Hong Kong Mile run last year, which went to Demuro. Last year's Yasuda Kinen was Logotype's first bid and before that he had been given the Grade 3 Lord Derby Trophy Challenge after the Nakayama Kinen. This year, though he had been slated to run in the Lord Derby Trophy Challenge, it was decided to withdraw him and go straight to this race. If he and Tanabe, who suffered injuries but no fractures in a fall on May 21, can prove themselves in winning form on Sunday, it will be the first time since Yukio Okabe's successive wins in 1997 and 1998 aboard Taiki Shuttle for a horse to win the Yasuda Kinen in back-to-back years.

Other contenders worth a mention are Greater London, a 5-year-old by Deep Impact who is rising to the graded-stakes level for the first time in his career. Greater London has won all but one of his seven starts thus far and is making a leap from a win of the open-class Kochi Stakes over the mile at Nakayama to the Grade 1 level. He has four wins over the Tokyo mile, albeit at lower levels. Veteran Yuichi Fukunaga will be in the saddle.

Also of interest are Satono Aladdin, fourth in last year's Yasuda Kinen, and Red Falx. The latter is being given an extra furlong after a win of the Grade 2 Keio Hai Spring Cup over 1,400 meters on May 13, and will be taking on his first mile in over three years. Demuro, who has ridden Red Falx for his last five starts and bagged three wins from them, is set for the ride.

Comment source: Keiba Book

[See more]

YASUDA KINEN 2017 - Hong Kong duo, Contentment and Beauty Only, arrive safely for Grade 1 Yasuda Kinen 

Contentment and Beauty Only, the one-two finishers of the Grade 1 Champions Mile held earlier this month at Sha Tin and the two foreign contenders in this year's Grade 1 Yasuda Kinen, arrived safely at Narita International Airport in Chiba Prefecture early Tuesday morning. The pair were then transported to the quarantine facilities at the JRA Horseracing School Quarantine Center, where they arrived at 09:40 a.m., completing about a ten-hour journey from their home base at Sha Tin.

“Drawing on last year's experience, he looks this time to be in better condition upon arrival than he had been last year,” said Sing Hon Pang, assistant trainer to John Size, of Contentment. “The trainer has instructed me to carry on training the same as we would do back home. We plan to give him a fast gallop on Friday (May 26).”

“It's his first overseas trip and he does seem a bit nervous, but after a few days I think he'll get used to things,” said Wai Kit Mo, assistant trainer to Anthony Cruz, of Beauty Only. “While we're in quarantine, the trainer gave us instructions to keep the horse nice and relaxed. While we're at the horseracing school, the plan is for him to have a fast gallop on Thursday. (May 25).”

In the Champions Mile, Contentment held off Beauty Only by a neck to clinch his first win since winning the Queen's Silver Jubilee Cup (1,400m) in February 2016. A 7-year-old gelding by Hussonet out of the Commands mare Jemison, Contentment has an overall record of 10 wins from 29 starts (with four seconds and two thirds) and will look to avenge his 12th place finish in the Yasuda Kinen last year. Trainer John Size is no stranger to JRA racing, having raced Contentment in last year's Yasuda Kinen as well as Glorious Days in the Yasuda Kinen for three consecutive years from 2012, but has yet to find the winner's circle on Japanese soil.

This will be the first trip to Japan for the 6-year-old Beauty Only, which defeated the Japanese trio of Neorealism, Logotype and Satono Aladdin to win the Grade 1 Hong Kong Mile last December. Consistency has been the key for the Holy Roman Emperor-sired gelding, with an overall record of 10 wins from 32 starts and not missing the board since finishing eighth in the Hong Kong Cup in December 2015. His trainer, Anthony Cruz, is the last Hong Kong trainer to take the Yasuda Kinen title, winning with Bullish Luck in 2006.

The Hong Kong duo will not have to challenge the overwhelming champion in Maurice this time, however, will have a testing field of Japanese local runners. Among the nominated horses for the Yasuda Kinen field are last year's winner of the race Logotype, as well as the fourth-place finisher Satono Aladdin and fifth-place Isla Bonita. Last year's Sprinters Stakes winner Red Falx, fresh off a win in the Grade 2 Keio Hai Spring Cup, is also among the nominated horses for the Yasuda Kinen.

The Yasuda Kinen will be run on Sunday, June 4 at Tokyo Racecourse, with a scheduled post time of 15:40 local time.

[See more]

>>See more

安田記念2017/人気
「1、2人気→穴の明確な傾向」
過去10年の安田記念は1人気4勝、2人気3勝と1、2番人気の信頼度は相当に高い。一方でヒモで狙うなら7人気以降を狙うのが面白そう。特に10人気以降は勝ち星こそないものの2着3回3着5回と馬券圏内に複数回きている。
人気 着度数
1番人気 4-1-0-5/10
2番人気 3-1-0-6/10
3番人気 0-3-1-6/10
4番人気 0-0-0-10/10
5番人気 0-2-1-7/10
6番人気 0-1-1-8/10
7〜9番人気 3-0-2-25/30
10番人気〜 0-2-5-75/82
安田記念2017/脚質
「差し馬狙いが基本!追い込み馬は頭なし!」
安田記念は逃げ馬が1勝、追い込み馬も0勝に対して先行馬4勝、差し馬5勝と極端な脚質は減点。頭で狙うなら中団で流れにのれそうな差し馬からの馬券が基本ラインとなる。
脚質 着度数
逃げ 1-1-0-8/10
先行 4-2-2-25/33
差し 5-5-3-71/84
追込 0-2-5-38/45
安田記念2017/枠順
「内枠(1〜3枠)が好成績」
内目が好調で中でも1枠、2枠、3枠の成績が良好。中枠では3勝を挙げている5枠に注意
枠番 着度数
1枠 1-2-1-15/19
2枠 2-1-3-13/19
3枠 2-2-0-15/19
4枠 0-0-1-18/19
5枠 3-1-0-16/20
6枠 0-2-2-16/20
7枠 1-1-1-24/27
8枠 1-1-2-25/30
安田記念2017/前走レース
「京王杯組はイマイチ」
安田記念でのステップレースとしてイメージのある京王杯組だが、出走頭数の割に1勝4連対とイマイチの感。それならむしろヴィクトリアマイル・ダービー卿組の方が面白い。マイラーズカップ組からは過去10年で勝ち馬がいないのもポイント。
レース名 着度数
ヴィクトリアマイル 2-0-1-15/18
ダービー卿CT 2-0-0-3/5
京王杯スプリングC 1-3-1-34/39
高松宮記念 1-0-0-6/7
マイラーズカップ 0-2-7-31/40
産経大阪杯 0-2-1-3/6

※対象データ(安田記念過去10年)

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800〜2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

第277回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜安田記念 G106月04日() 14:00凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「安田記念 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、エアスピネルイスラボニータの2頭。
第2グループ(黄)は、ロゴタイプサトノアラジンの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ステファノスからブラックスピネルまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧頂くとイスラボニータロゴタイプ間で1.1の溝、サトノアラジンステファノス間で1.1の溝がありますが、大きな溝ではありません。大混戦の安田記念と言えそうです。

土曜日の馬場(芝)を見ていると荒れてきてはいるものの内は伸びています。レースでは逃げ馬が4角で外に出すため、軒並み内で控えていた好位の馬が恵まれるレースが目立ちました。時計も早いですし、内から器用に立ち回れる差し馬を狙いたいと思います。

本命は◎エアスピネルとしたいと思います。陣営が早々と大目標を安田記念と掲げていましたが、ここまでの中間の過程を見ると明らかに勝負仕上げ、最高の状態で出走を迎えられそうです。以下、○アンビシャス、▲ブラックスピネル、△サトノアラジンレッドファルクスコンテントメントビューティーオンリーと印を打ちます。

【3連複ながし】
8

4,5,6,11,12,14

2,4,5,6,11,12,14.15,16.17

計39点

メンバー的に差はそれほどないと思っていますので大波乱も警戒して手広く買ってみます。

[See more]

「プロ予想MAX四天王の決断!」/安田記念 G1(霧プロ)06月04日() 13:00競馬プロ予想MAX

 本日の安田記念をもって、春の東京5週連続G1が終了。香港馬の参戦もあり、予想しがいのある面白いレースになりましたね。この難解な一戦を予想してくれるのは、先週の当欄においてダービーで馬連・3連複をガッチリ的中させた、ウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。ダービー以外にも万馬券を3本しとめたキレ者の「2週連続」に期待しましょう。
 本命はサトノアラジン。「ストライドが大きく、窮屈な競馬や道悪だと持ち味が出ない。外枠からのびのび走る形なら反撃がある」と人気を裏切った前走からの巻き返しに期待しました。対抗は「安田記念向きの底力を感じさせる血統構成が魅力」のブラックスピネル。単穴は「好調教を消化。ワンパンチ足りないが自分の能力だけは走れるデキ」のエアスピネル。以下、イスラボニータビューティーオンリーの順に押さえ、馬券は単勝、馬連・3連複ボックス┃で勝負します。
 本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017安田記念〜06月02日(金) 15:00山崎エリカ

昨年の安田記念は、ロゴタイプが28年ぶりの逃げ切り勝ち
しかし、本来は逃げ切るのが困難な舞台
__________________________


 先週の日本ダービーは、前日の稍重から馬場回復が恐ろしく早かったこともあり、前半5F63秒2-後半5F59秒1のウルトラスローペース。大外枠の1番人気馬アドミラブルは、先々週のアドマイヤミヤビの二の舞のような競馬になりました。

 逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、積極的に出して行くマイスタイル&横山典騎手に対して、持久力を生かしてこそのクリンチャー&藤岡祐騎手は、押さえて馬群の中に入れて行く形。クリンチャーが行かないことを見計らって、道中で位置を上げて行くレイデオロ&ルメール騎手。完全に騎手の判断力の差が出た一戦でした。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、今週は安田記念安田記念が行われる東京芝1600mの舞台は、坂を下って上るUターンコースということもあり、レースに淀みが生じづらいのが特徴。さらにかつては春の東京開催終盤で行われることもあり、馬場の内側が荒れて、外差しがバンバン決まっていました。そのため、長らく「安田記念を逃げ切るのは困難」と言われていたのです。

 しかし、昨年はロゴタイプニッポーテイオー以来、28年ぶりの逃げ切りを決めました。ロゴタイプは、近年の目覚ましい馬場高速化と維持向上、さらに逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、早め先頭に立ち、隊列を形成してからうまくペースを落として行く競馬。モーリスロゴタイプに並びかけると、ペースを上げたり、落としたりで、モーリスは折り合いを欠いて、折り合いに専念する形。

 本来のモーリスなら、ロゴタイプがペースを落とした時点で躊躇なく動いて行ったはず。しかし、それが出来なかったのは、検疫のルール上、東京競馬場で軽い追い切りしか出来ずに、状態面に不安を抱えていたことが理由でしょう。体調面に不安があったから、騎手が動いてはいけない心理に追い込まれたと見ています。

 世論では動けば勝てたという意見もありますが、個人的には動いたらもっと凡退していた可能性があったと見ています。昨年の安田記念は、ラスト2F目10秒9からラスト1Fで11秒7まで失速していたことを考慮すると、ラスト1Fでそれほど差を詰められなかったモ―リスは負けるべくして、負けたのでは?

 確かに、ロゴタイプは折り合いに絶対の自信があり、その長所を生かし切ったこと、そしてモーリスが能力を出し切れなかったことによる勝利だったことは、まず間違いないでしょう。しかし、昨年のロゴタイプは勝つべくして勝ったというのが私の判断です。

 ただし、昨年はたまたまスローペースになっただけ。

[See more]

安田記念・201706月02日(金) 12:00覆面ドクター・英

ダービー観戦中、1000m通過63秒って「アホか!」と思わず声が出て、普段あまり口にしない言葉だったので子供達に笑われました。スローが全部ダメというわけではないのですが、馬券買いはじめた第58回(トウカイテイオー)から26年でこんな不完全燃焼感のあるダービーは初めてかもしれません。レイデオロはいい馬だし、血統、馬体、厩舎も騎手も言うことなしなんですが、本命打ったアドミラブルはあんなスローならひとまくりでの圧勝を見たかったですね。3着とはいえ悲観する内容ではなかったので菊やJCや有馬記念など秋以降での活躍(くれぐれも故障しないでほしい)を期待してます。

余談ですが、ウマニティPOGの入札しました。今年は、1月生まれ(昔より異常に多く意図的に早くしているんだと思います)のディープ産駒の牡対牝を9対1としました。昨年度はルーラーシップ固めで不発気味でしたが今年度は好成績をおさめたいところ。

一昨年大爆発の得意の安田記念で巻き返したい今週。それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 イスラボニータ フジキセキの最後の大物で夜間放牧世代だけあって、タフに衰えずに活躍し続けている。蛯名騎手のまくりと合わずに(水曜さきたま杯ではエビまくり炸裂でホワイトフーガが勝ちましたが)不振続いていた時期もあったがルメール騎手となってからはパーフェクト連対な上に前走久々の勝利がG2マイラーズCと、騎手の勢い(というか腕)も加わって人気になるだろう。今更イスラボニータ??と1番人気はちょっと過剰に思う人も多いだろうが、今年はかなり層の薄い安田記念で、頑張って長く続けていれば(モーリスも抜けたし)、いい時期が来ることもあるという例か。ルメール騎手の4週連続G1制覇も十分ある。

2番人気想定 エアスピネル 菊花賞は地力で3着して、得意であろうマイル路線となる京都金杯はきっちり勝つも東京新聞杯はブラックスピネルに逃げ切られたり、なんせいい脚が一瞬なので本質的には東京は向かず、京都のほうがずっといいのだろうが相手がこれだけ層が薄いと好勝負してしまうのだろう。

3番人気想定 グレーターロンドン 7戦6勝でマイルでは無敵な感じできたが、順調さを欠いたのがちょっと痛いし、田辺騎手から福永騎手への乗り替わりもマイナス要因だし、調教の動きもイマイチ。ディープインパクト×ロンドンブリッジという夢配合での一流馬だし、オールドファンにとっては懐かしい大崎騎手の息子の大竹調教師も応援したくなるが、能力高いものの妙味はほとんどなく......。人気サイドで消すとしたらまずこの馬か。

4番人気想定 ステファノス 大阪杯ではキタサンブラックに食らいついていったように、一流馬相手にも善戦する一方、最後に勝ったのが2年半前と勝ち切る力が弱く、やはりヒモまでか。

5番人気想定 アンビシャス 大器と期待されながら掛かり癖を含めて大成できないでいる。初戦と2戦目以来のマイルとなるが東京マイルがあまり向いているとは思えず、どんな条件を使っても不安定であり、結果は出なかったが前走がピークだった感が調教からも見られて、あまり買える要素が無い。

それ以降の人気の馬達。

レッドファルクス 道悪となった京王杯SCは58kgを背負って1400mでも強さを見せた。以前はダートなら1400までこなせたが芝だと1200でないと指数ガタ落ちだったのだが、前走で、もう一段階レベルアップを見せている。マイルでも案外やれそうで楽しみな一頭。

ロゴタイプ 昨年はモーリスを封じる大駆けを見せた(モーリス本命だっただけに2着でよかったのですが(笑))。もうあんなにはうまくいかないだろうが58kgも背負い慣れているし、案外衰えてないので今年のメンバーならまだ馬券圏内も十分だろう。田辺騎手の大一番での度胸も楽しみ。

コンテントメント 香港の強豪だが昨年の安田記念でビリだったように適性低い。

サトノアラジン 能力秘めた良血馬だが、川田騎手と合っていない感がありありな3連続1番人気裏切り状態で、1ハロン長い印象のマイルだと買いにくい。ルメール騎手だった時期にグンと良くなったが、ルメール騎手には乗ってもらえない現況だけに妙味なし。

ビューティーオンリー 香港では活躍しているが高速馬場の日本向きではなさそう。

ヤングマンパワー 乗り難しいタイプで、戸崎騎手が乗っていた昨秋の快進撃が途切れるとイマイチな状態となってしまった。ただいつ走るかわからないタイプで、今回走るかもしれない。

ブラックスピネル 東京新聞杯はスローから逃げ切ったが、今回は奇襲は難しそうで良くて3着までか。

ロジチャリス ダービー卿CTを勝ってきた巨漢馬だが、東京だと瞬発力が足りない感じで要らない。

クラレント 一昨年の安田記念での大勝に貢献してくれたし、前走の11番人気激走も期待通りだったが(本命サトノアラジン全然だめで馬券は不発)、ここで通用する力は残っていないし、そこそこ注目されてしまうので妙味なし。

ディサイファ 昨秋のマイルCSは不利がなければ、という一瞬やるかという感じがあったが、さすがに8歳で近走は衰えてきた感じあり。

サンライズメジャー 重賞となるとさっぱりで、力が足りず要らない。

トーキングドラム 阪急杯は幸騎手が最高にうまく乗っての勝利で、それ以降ちょっと足りないように期待薄。

ロンギングダンサー 母ダンスパートナーの良血馬だが、オープン特別で二桁着順なように期待できない。


<まとめ>
有力馬 イスラボニータエアスピネルレッドファルクス

人気だが評価下げたい馬 グレーターロンドンアンビシャスサトノアラジン

ヒモで買いたい馬 ステファノスロゴタイプ

[See more]

【安田記念】香港馬分析06月02日(金) 11:42甘粕代三

 安田記念に香港馬として初の海外遠征をし、初の海外レース制覇を記録した2000年のフェアリーキングプローン以来延べ30頭が出走し、このレースの常連である香港勢から今年は昨年の香港マイル勝ち馬、ビューティーオンリーとこれを春のマイル王決定戦、チャンピオンズマイルで破ったコンテントメントのマイル王2頭が名乗りを上げた。


ビューティーオンリー〜高速馬場は歓迎
 ビューティーオンリーは冠号のビューティーから分かるように10年安田記念に挑戦したビューティーフラッシュ(11着)を擁した香港屈指の大馬主、郭少明氏の子女2人の所有。調教師もフラッシュと同じく香港のトップトレーナー、アントニー・クルーズ師である。

 さて、アイルランド産の同馬は2013年6月、イタリアでデビューしG1勝を含む4戦3勝の後に香港移籍。14年10月、移籍直後に1600m条件戦を連勝、5戦目の4歳クラシック三冠第1レグ、ジョッキークラブマイルでローカルG汽Εナーに輝く。その後、1800、2000、1400mと翌15/16年シーズンまで15戦を重ね、昨年4月のチェアマンズ・トロフィー(ローカルG供1600m)で1年3か月ぶりに重賞勝利を収め、ようやく距離適性をマイルに定めた。

 昨年9月に開幕した16/17年シーズンは香港マイルを目標にローテーションが組まれ、休み明けを2着、3着と叩いた後、トライアルのジョッキークラブマイルを勝つと本番では昨年の安田記念勝ち馬、ロゴタイプネオリアリズムら日本勢を破って悲願の香港マイル王の座を射止めた。

「来年は安田記念が大目標だ!」
香港マイル勝利直後に、クルーズ師は筆者に密かに漏らした。その後4戦を順調に消化。壮行レースの春のマイル王決定戦、チャンピオンズマイルではコンテントメントに直線で不利を受け頭差の2着と敗れたが、安田記念遠征はこのレース勝利が条件と主張していたオーナーを粘り強く説得し、ビューティーオンリー以来7年ぶりの挑戦を実現した。

 香港と日本では時計ひとつ以上の馬場差があり、東京競馬場の超高速馬場が厚い壁となって香港馬に立ちはだかる。
「この馬は硬くて速い馬場が合っているんだ。香港の馬場だから今の持ち時計になる。東京に行けば大幅に短縮してくれるよ。ブリッシュラックだってそうだったじゃないか!」
 クルーズ調教師は05年以来、4回にわたって延べ5頭、安田記念に挑戦。06年にはブリッシュラックでフェアリーキングプローン以来の香港馬2勝目を実現した。クルーズ師の楽観はその経験とビューティーオンリーに対する慧眼に裏打ちされている。
 

コンテントメント〜モレイラ騎乗に魅力
 一方のコンテントメントは昨年の12着に続く2年連続の挑戦。香港に戻って以来、16/17年シーズンは9戦して2着が1回だけと不振を極めた。安田記念に登録したものの、このため遠征費用半額招待しかJRAから提示されず、躊躇していたところ、チャンピオンズマイルで1年3が月ぶりの勝利を収め、めでたく全額招待を勝ち取った。

 前走はB・プレブル騎手が繰り出したスローペースと香港史上最強馬とも謳われた初の4歳クラシック三冠馬、ラッパードラゴンの3角手前での故障発生、競走中止によるフロック勝ちとの見方も流れているが、安田記念では1年4か月ぶりにJ・モレイラ騎手を鞍上に迎える。

 ドバイターフでのヴィブロス香港クイーンエリザベス2世カップでのネオリアリズム騎乗から、モレイラ5馬身という新たな伝説も生まれている。コンテントメントには7回騎乗5勝3着2回と一度も馬券を外していないモレイラ騎手の手綱にかかれば、昨年のようなことはあり得まい。

 ちなみにこの2頭、この3シーズンにわたって14回対決し、ビューティーが8回先着。今シーズンに限ればビューティーの5勝2敗。ビューティーを上位に取りたい。


甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[See more]

【濃霧注意報DX】〜安田記念(2017年)展望〜06月01日(木) 12:00

 大波乱の皐月賞から一転、2番人気、3番人気、1番人気の馬達で決着した先週の日本ダービー。皐月賞の結果が結果だっただけに、例年以上に様々な視点による様々な結論の予想が生まれると思っていましたが、蓋を開けてみれば多くの方の考え通りな結果になったと言えます。競馬ファンの見る目が洗練されてきているという証拠なのでしょうね。
 とは言え、ダービー史上に残る超スローペースになったことで力を出し切れなかった馬も多数いた印象で、今回の結果をもって勢力図が固まったという印象はあまりありません。ひと夏を越して大きく成長を遂げる馬もいるでしょうし、まだまだこの3歳牡馬世代には頭を悩まされそうな気がします。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、“悩まされる”と言えば今週のメインである安田記念も同じ。
 ここ5年で1番人気馬が3勝、2着1回と書くと非常に堅いレースのように映るのですが、その一方で毎年のように低人気の伏兵の台頭があり、二桁人気馬も当たり前のように馬券に絡んでいます。人気通りに走ってくる馬と、人気以上に走ってくる馬の両方を正確に見出さなければならないというのは意外と難しいもの。今回もコラム執筆を通して、週末の好結果へと繋げていければと思っています。
 というわけで早速……安田記念展望、まいります。



 安田記念の舞台と言えば、お馴染み東京の芝1600m。
 私がこの舞台に対して抱いているのは、”好走馬の血統が独特”ということです。
 直線が長く、軽いスピードが生きやすい東京競馬場が舞台ということで、ディープインパクト産駒に代表される、瞬発力に秀でた血統馬が強いイメージがありますが、この芝1600mという舞台……特にG1に関してはだいぶ違う傾向があるように感じられるのです。
 その独特の傾向が最も顕著に出ていたのが数週前に行われた同舞台のG1・ヴィクトリアマイル。
勝ったアドマイヤリードはサンデー系の中でも馬力や底力に秀でたステイゴールド産駒で、2着のデンコウアンジュも父メイショウサムソン×母父マリエンバードという1600mとは縁薄そうな欧州色の濃い血統馬でした。こうした血統の馬達が、ディープインパクト産駒の切れ者ミッキークイーンスマートレイアージュールポレールらに先着を果たしているというのは非常に興味深い点です。
 振り返れば、昨年の当レースでワンツーを果たしたロゴタイプモーリスも欧州色を感じさせる血統構成の持ち主でしたし、“そこそこの切れ味と重厚感のある血統を兼ね添えた馬”というのが狙い目なように感じます。

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月31日号】05月31日(水) 17:00伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年06月03日(土) 阪神11R 鳴尾記念
【“前年か同年、かつJRA、かつ出走頭数が16頭以上だったレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-3-8](複勝率52.9%)
●なし [0-0-0-20](複勝率0.0%)
→2014年以降の好走馬は前年以降に16頭立て以上のレースで連対していた馬ばかり。勢いを失っている高齢馬や、少頭数のレースでしか好走していない馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解05月31日(水) 12:00競馬プロ予想MAX

前回の〜日本ダービー編〜では、3番人気2着のスワーヴリチャードに対する「皐月賞より着順を上げる可能性はかなり高い」(スガダイプロ)、「コース適性が高く、ベストパフォーマンス必至」(サラマッポプロ)といった見立てや、1番人気で3着に敗れたアドミラブルに対する「前走のように出遅れて大外を回すような競馬になるとどうか」(スガダイプロ)、「能力上位は判っていても、後ろから競馬をするのであれば脚質的に取りこぼす可能性がある。“鉄板”ではない。」(kmプロ)との声をご紹介。人気馬の取捨検討の参考となる貴重なプロ見解が詰まった当コラムを、是非予想にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、6/4(日)G1安田記念
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/29(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
エアスピネル
 河内一秀 クラシック路線では、健闘を続けてはいたものの勝ち負けに加わるには一歩足りなかったね。指数的にも2歳時の自己最高を更新できない状況が続いていたわけだけど、古馬マイル路線に固定して以降は再び上昇を見せているよ。勝利こそ京都金杯のみだけど、3戦共に勝ち負けに加わり自己最高指数も更新しているね。今回、真価が問われる一戦となりそうだね。
 km この馬は東京だと直線で伸びを欠きますね。微妙に坂が影響しているのでしょう。そのウィークポイントも含めて、安田記念のレース質(底力が問われる)からしても、私は軽視可能だとみていますが......。
 サラマッポ 昨年は中長距離を走っていましたが、馬体観点からは胴詰まりの体型で明らかにマイラーです。ここ2戦はマイル戦らしからぬスローペースが敗因でしょう。タフさを要求されるペースになれば、最有力といっていい存在です。前さばきの硬さや筋肉質の馬体から、相当なパワータイプだと私個人としては思っています。道悪になれば、さらに期待できますね。
 加藤拓 血統面から言うと、このレースでは人気以上に好走する馬も多いキングカメハメハ産駒ですが、それらの馬は母父がダートや短距離系のスピードタイプの馬でした。しかし、この馬は母父もサンデーサイレンスでいかにも王道なクラシック血統で、その辺りがどうでしょうか。基本的にこのレースはハイペースの持久力勝負になる傾向があり、父ディープインパクトキングカメハメハのような切れ味のあるクラシック血統より、もっと地味な種牡馬のほうが好勝負していますしね(去年の勝ち馬ロゴタイプローエングリン産駒)。そういう意味では、この条件で血統的な上積みはない、という印象ですね。
 スガダイ 今年はマイルばかりを3回走って1、3、2着。毎回1番人気に推されているから物足りなく感じるかもしれないけど、毎回きちっと仕上げられているわけじゃないから。少々手緩い仕上げでも崩れずに走れているのは、能力とマイル適性の高さを証明していると俺は思うな。当然、今回は目標としてきたレースだろうから、メイチの仕上げでくるだろうし、少なくとも1週前の追い切りは抜群だった。あとは最終追い切りに注目したいと思っているよ。

イスラボニータ
 サラマッポ 伸びやかな走法で広々とした東京コース向きです。ただ、前走は勝ったものの詰めの甘さがある馬という印象は完全に払しょくできておらず、G1では勝ち切るイメージが持てないですね。上位人気必至で、積極的には買いたくないところなのですが......。
 加藤拓 去年はマイル戦のラップに戸惑ったのか、馬券にはなりませんでしたが、元々、この馬の母父にあるように、スピード血統のナスルーラ系の馬は好相性で、血統的には◎です。歳を取ると適性距離がだんだん短くなっていく傾向のフジキセキ産駒ですし、特に産駒が得意な内枠を引くと面白いのではないでしょうか。
 km この馬はルメール騎手に替わってから、長所である・・・

[See more]

【U指数的分析】安田記念05月30日(火) 17:30【ウマニティ】

安田記念

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは安田記念です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●新連載・U指数公認攻略&本格検証系コラム『【U指数コラム】活用法を伝授!予想力・回収率UP大作戦!』も好評連載中!!

<ポイント 
・毎年のように荒れる、つかみどころのないレースという印象を受けるが、U指数上位馬はコンスタントに走っている。しかも、人気薄で穴をあけるケースが多い。まさに、U指数がハマるレース。指数1〜6位の単勝回収率171.0%、複勝回収率190.1%。

<ポイント◆
・指数1〜6位の上位占有率は高く、3着に穴馬が激走して高配当演出というパターンが頻出している。馬連、馬単よりも、3着荒れを狙ったワイド、3連複、3連単に妙味アリ。指数1〜6位のボックス買いをした際の回収率は、ワイド225.5%、3連複331.5%、3連単360.6%。

<ポイント>
・取捨のひとつの目安は指数99。これ未満の成績は【0 1 1 16】。2着と3着はともに2015年(2着がヴァンセンヌ、3着がクラレント)となっており、この年は17頭立てながら指数100超えが2頭のみという超低レベルの一戦だった。例年のレベルなら、99.0〜99.3あたりまで消去対象に含めることができる。2015年を除くと、指数99.4未満の成績は【0 0 0 16】。


安田記念の予想U指数はこちら⇒(安田記念重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は宝塚記念となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】安田記念2017・GIのネッ05月29日(月) 10:33ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第67回 安田記念 GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月28日号】05月28日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 安田記念 2017年06月04日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走が“国内か香港のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2011年以降)】
×490毀に [0-0-1-35](複勝率2.8%)
○490坩幣 [5-6-5-45](複勝率26.2%)

 馬格が最大のポイント。2011年以降に限ると、前走の馬体重が490毀にだった馬は連対例がありません。ちなみに、前走がUAEのレースだった2014年1着のジャスタウェイは、前走の馬体重が記録に残っていないものの、前々走の馬体重は502圈∈2鵑稜和僚鼎498圓任靴拭今年は馬格のない馬が注目を集めそうですし、波乱の決着を期待していいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→ブラックスピネルヤングマンパワーロジチャリス
主な「×」該当馬→イスラボニータエアスピネルグレーターロンドン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[See more]

>>See more

YASUDA KINEN Strategy Tool

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -YASUDA KINEN 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 7 14 101.3 Satono Aladdin M6 58.0 Y.Kawada Y.Ikee WEST 528(+4) 12.4 7 1.31.5
2 8 16 100.8 Logotype M7 58.0 H.Tanabe T.Tanaka EAST 494(-4) 14.6 8 1.31.5 Neck
3 3 6 100.2 Red Falx M6 58.0 M.Demuro T.Ozeki EAST 474(0) 7.9 3 1.31.6 Neck
4 4 7 94.9 Greater London M5 58.0 Y.Fukunaga M.Otake EAST 474(+2) 11.8 6 1.31.6 Neck
5 4 8 103.0 Air Spinel M4 58.0 Y.Take K.Sasada WEST 476(-8) 5.9 2 1.31.7 Neck
6 6 12 ---- Beauty Only G6 58.0 Z.Purton A.Cruz Hong Kong 496(-18) 18.1 9 1.31.8 1/2
7 8 18 100.3 Staphanos M6 58.0 K.Tosaki H.Fujiwara WEST 484(+2) 8.1 4 1.31.8 Neck
8 7 15 101.9 Isla Bonita M6 58.0 C.Lemaire H.Kurita EAST 480(-8) 3.5 1 1.31.9 1/2
9 5 10 99.1 Clarente M8 58.0 Y.Iwata S.Hashiguchi WEST 488(0) 120.9 14 1.31.9 Neck
10 3 5 96.4 Contentment G7 58.0 J.Moreira J.Size Hong Kong 500(-16) 44.5 12 1.32.3 2_1/2
11 5 9 95.3 Longing Dancer M8 58.0 K.Yokoyama Y.Tamura EAST 488(+4) 347.0 18 1.32.3 Head
12 2 3 98.4 Sunrise Major M8 58.0 K.Ikezoe T.Hamada WEST 484(-8) 207.5 17 1.32.7 2_1/2
13 1 2 99.6 Decipher M8 58.0 H.Shii F.Kojima EAST 502(+2) 138.9 15 1.32.7 Neck
14 7 13 95.1 Logi Chalice M5 58.0 H.Uchida S.Kunieda EAST 554(-6) 55.1 13 1.32.8 Neck
15 2 4 101.1 Ambitious M5 58.0 N.Yokoyama H.Otonashi WEST 466(-4) 9.1 5 1.32.9 3/4
16 8 17 99.1 Young Man Power M5 58.0 M.Matsuoka T.Tezuka EAST 516(+2) 32.4 11 1.33.1 1_1/4
17 1 1 96.4 Talking Drum M7 58.0 S.Ishibashi M.Saito EAST 484(+6) 178.7 16 1.33.1 Head
18 6 11 100.2 Black Spinel M4 58.0 K.Matsuyama H.Otonashi WEST 500(-2) 19.5 10 1.33.7 3_ 1/2
Lap Time 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1
The first half 12.2-22.8-33.9-45.5-57.1
The latter half 57.6-46.0-34.4-23.4-12.1

Payoff

Win14 1,240 JPY 7(Fav)
Show
(Place)
14 380 JPY 6(Fav)
16 440 JPY 7(Fav)
6 340 JPY 4(Fav)
Bracket quinella7-8 590 JPY 2(Fav)
Quinella14-16 10,480 JPY 40(Fav)
Quinella Place14-16 2,870 JPY 33(Fav)
6-14 2,730 JPY 30(Fav)
6-16 2,720 JPY 29(Fav)
Exacta14-16 20,410 JPY 75(Fav)
Trio6-14-16 43,500 JPY 128(Fav)
Trifecta14-16-6 283,000 JPY 797(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -YASUDA KINEN 2017-

Sat,1Apr2017LORD DERBY CHALLENGE  Nakayama Turf1600m Good

1st 3 Logi Chalice 11.1(5Fav) H.Uchida 1:34.7 101.5
2nd 5 Campbell Junior 3.4(1Fav) A.Starke 1/2 100.8
3rd 8 Grand Silk 3.6(2Fav) K.Tosaki Nose 100.8
4th 11 Meiner Aurato 5.6(3Fav) D.Shibata Nose 100.8
5th 10 Daiwa Liberal 24.2(8Fav) H.Kitamura 1/2 100.0
>>See more

Sun,23Apr2017MILERS CUP  Kyoto Turf1600m Firm

1st 11 Isla Bonita 3.8(2Fav) C.Lemaire 1:32.2 106.0
2nd 4 Air Spinel 3.1(1Fav) Y.Take 1/2 105.2
3rd 6 Young Man Power 18.8(7Fav) M.Matsuoka 3/4 104.5
4th 8 Black Spinel 4.8(3Fav) M.Demuro Neck 104.5
5th 1 Sunrise Major 95.8(9Fav) F.Matsuwaka 1/2 103.7
>>See more

Sat,13May2017KEIO HAI SPRING CUP  Tokyo Turf1400m Yielding

1st 10 Red Falx 5.0(2Fav) M.Demuro 1:23.2 102.7
2nd 12 Clarente 50.4(11Fav) Y.Iwata 3/4 101.8
3rd 9 Grand Silk 6.2(4Fav) K.Tosaki 1/2 101.0
4th 1 Hiruno Devaro 81.0(13Fav) N.Yokoyama 1_1/4 99.2
5th 8 Tosho Drafter 11.7(6Fav) H.Tanabe Nose 99.2
>>See more

Sun,14May2017VICTORIA MILE  Tokyo Turf1600m Good

1st 5 Admire Lead 13.5(6Fav) C.Lemaire 1:33.9 103.3
2nd 10 Denko Ange 67.9(11Fav) M.Ebina 1_1/4 101.8
3rd 3 Jour Polaire 17.5(7Fav) H.Miyuki Neck 101.8
4th 2 Smart Layer 8.9(4Fav) Y.Take Head 101.8
5th 4 Solveig 43.6(9Fav) Y.Kawada Neck 101.1
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -YASUDA KINEN 2017-

2016 YASUDA KINEN 5Jun2016 Tokyo11R Turf1600m Firm

YASUDA KINEN 2016

1st 6 Logotype 36.9(8Fav) H.Tanabe 1:33.0 106.3
2nd 8 Maurice 1.7(1Fav) T.Berry 1_1/4 104.8
3rd 10 Fiero 29.5(6Fav) H.Uchida Nose 104.8
Win 6 3,690 JPY(8Fav) Trio 6 - 8 - 10 14,990 JPY(42Fav)
Quinella 6 - 8 3,230 JPY(10Fav) Trifecta 6 - 8 - 10 153,560 JPY(312Fav)

2015 YASUDA KINEN 7Jun2015 Tokyo11R Turf1600m Firm

YASUDA KINEN 2015

1st 6 Maurice 3.7(1Fav) Y.Kawada 1:32.0 106.3
2nd 13 Vincennes 6.6(3Fav) Y.Fukunaga Neck 106.3
3rd 12 Clarente 42.7(12Fav) H.Tanabe 1_1/4 104.8
Win 6 370 JPY(1Fav) Trio 6 - 12 - 13 40,690 JPY(129Fav)
Quinella 6 - 13 1,740 JPY(5Fav) Trifecta 6 - 13 - 12 127,190 JPY(387Fav)

2014 YASUDA KINEN 8Jun2014 Tokyo11R Turf1600m Soft

YASUDA KINEN 2014

1st 10 Just a Way 1.7(1Fav) Y.Shibata 1:36.8 105.0
2nd 12 Grand Prix Boss 148.4(16Fav) K.Miura Nose 105.0
3rd 11 Shonan Mighty 37.1(10Fav) H.Kitamura 3 101.2
Win 10 170 JPY(1Fav) Trio 10 - 11 - 12 91,160 JPY(211Fav)
Quinella 10 - 12 18,730 JPY(40Fav) Trifecta 10 - 12 - 11 373,470 JPY(805Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
02Jun2013
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Lord Kanaloa 4.0 1 Y.Iwata 1:31.5 104.7
03Jun2012
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Strong Return 6.7 2 Y.Fukunaga 1:31.3 107.8
05Jun2011
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Real Impact 29.3 9 K.Tosaki 1:32.0 107.3
06Jun2010
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Showa Modern 13.9 8 H.Goto 1:31.7 107.9
07Jun2009
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Vodka 1.8 1 Y.Take 1:33.5 105.0
08Jun2008
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Vodka 4.1 2 Y.Iwata 1:32.7 109.3
03Jun2007
YASUDA KINEN
Tokyo 18 Firm Daiwa Major 4.4 2 K.Ando 1:32.3 107.6

YASUDA KINEN Strategy Tool