Race Info > TENNO SHO(SPRING) 2017 - Results,Payoff
TENNO SHO(SPRING) 2017

Sun,30Apr2017

TENNO SHO(SPRING) G1

Kyoto/Turf/3200m

Related News -TENNO SHO(SPRING) 2017-

  • Arrival News

Race favorite Kitasan Black vanquished his rivals in this year's Tenno Sho (Spring) by renewing the course and race record set by legendary Deep Impact in 2006 by 0.9 second and became the fourth contender to capture the title consecutively as he cruised to his fifth G1 victory. Since their recent G1 Osaka Hai triumph, trainer Hisashi Shimizu and jockey Yutaka Take celebrate their fifth and 73rd JRA-G1 titles, respectively. Take stretched his own record as the jockey with the most Tenno Sho (Spring) titles to eight.

The field got underway with Yamakatsu Raiden immediately taking the lead, putting six to seven lengths between the chasing group headed by Kitasan Black, Admire Deus and One and Only as he posted 58.3 in the first 1,000 meters. The front runner galloped more than 10 lengths in front of the trailing field which formed a long line down the backstretch but Kitasan Black waited patiently as the leader gradually squandered his huge lead, and shot up front at the 600meter marker. The son of Black Tide unleashed an incredible stretch drive in front of the cheering Kyoto crowds and secured a comfortable 1-1/4 length win.

“It was a really tough race—the pace never slowed down. Although the horse had little left, he showed amazing stamina and tenacity up to the end which only he can do. I never thought Deep Impact's record would ever be broken. This horse is just so much stronger than he was a year ago,” commented Yutaka Take.

Fourth favorite Cheval Grand traveled in a good fifth to sixth position, crept up steadily rounding the final corners to make his bid and entered the straight behind the winner in second. While struggling to catch the winner, last year's third-place finisher found another gear to shake off the fast closing Satono Diamond for a neck second.

Sent off second pick and archrival to Kitasan Black, four-year-old Satono Diamond was settled in mid-field throughout most of the journey, was steered to the outside before the last corner and chased the leader down the straight fiercely battling with Cheval Grand but was beaten while he slimly held third by a neck over Admire Deus.

Other Horses:
4th: (10) Admire Deus―traveled behind winner, sustained bid but weakened in final strides
5th: (7) Albert―settled in mid-pack, showed response but 3 lengths behind top finishers
6th: (9) Dee Majesty―raced 3-wide toward rear, advanced at backstretch, quickened, was too late
7th: (12) Gold Actor―broke poorly, traveled in mid-group, improved position at stretch
8th: (13) Tosen Basil―sat in mid-division, showed belated charge at stretch
9th: (1) Sciacchetra—was off slow, made headway to 5th, lacked needed kick at stretch
10th: (5) Fata Morgana―raced along rails in mid-pack, even paced
11th: (14) One and Only―ran near winner in 4th, ran gamely until final corner, outrun
12th: (16) Rainbow Line―trailed in rear, driven from 3rd corner, passed tired rivals thereafter
13th: (8) Tamamo Best Play―took economic trip in mid-group, failed to respond at stretch
14th: (4) Spirits Minoru―positioned among rear trio early, turned wide, never fired
15th: (17) Yamakatsu Raiden―set fast pace, sustained lead before final corner, faded
16th: (11) Proletariat―ran 2nd from rear, no factor throughout
17th: (2) Labradorite―hugged rails in mid-division, unable to reach contention

TENNO SHO(SPRING) 2017 - Preview 25 Apr 11:57 am

Kyoto Racecourse is the venue for one of Japan’s most prestigious long distance races on Sunday, April 30, the Tenno Sho (Spring), or Emperor’s Cup as it is known in English. Going back as far as the early 20th century, different racing clubs around Japan held their own Emperor’s Cup races, before its current format began in 1937/38, making it a race steeped in history. The Grade 1 Tenno Sho (Spring) is run over 3,200 meters of the outer track at Kyoto, taking in roughly one and a half circuits of the turf course. This will be the 78th running of the spring race, and adding in the autumn races makes it the 155th overall.

It is a race for 4-year-olds and up, and with the exception of a 2kg allowance for fillies and mares, all horses carry a set weight of 58kgs. There have been 19 nominations for a maximum field of 18, and the total purse for the race is a cool \325 million, with \150 million going to the winner. The race record time is still held by the great Deep Impact, the last first favorite to win the race, and he did so in a time of 3 minutes, 13.4 seconds, back in 2006.

Lead up races to this year’s Tenno Sho (Spring) have been the Grade 2 Hanshin Daishoten run over 3,000 meters in March, the Grade 2 Nikkei Sho run over 2,500 meters at Nakayama in March, and the newly promoted to Grade 1 status, Osaka Hai, run earlier this month over 2,000 meters at Hanshin. Winners of the Tenno Sho (Spring) in the last 10 years have been four, five or six year-olds, with 4-year-olds just getting the upper hand with four victories, while five and six year-olds have three wins apiece. Five second favorites have won in the last decade, causing the first favorite to draw a blank in that period.

It looks like a clash of the titans on Sunday, when Kitasan Black and Satono Diamond renew their rivalry, but there’s plenty of more talent in the lineup to make sure they don’t have it all their own way. As the great race beckons, final declarations and the barrier draw will be available later in the week. The big race is Race 11 at Kyoto on Sunday, with a post time of 15:40 local time. Here’s a look at some of the contenders:

Kitasan Black: 2016 JRA Horse of the Year, Kitasan Black’s reputation is without dispute, as he just seems to be getting stronger and stronger. Galloping away to win last year’s Japan Cup, the 5-year-old has won nine times from a 15-race career, and has only been unplaced once. Four of his wins have been at Grade 1 level, including the recent Osaka Hai at Hanshin over 2,000 meters earlier this month, and let’s not forget, he won the Tenno Sho (Spring) last year. He’s already won over a billion yen in prize money. Jockey Yutaka Take, who is pegged for the ride again on Sunday, has ridden him seven times and seems to really get the best out of him. Kitasan Black has been flying in training, putting in a six furlong time of 82.7 seconds, three furlongs at 38.1 seconds, and a final furlong of 11.7 seconds, on the woodchip course at the Ritto Training Center on April 19. Trainer Hisashi Shimizu commented: “It was a great win last time, and I was relieved that all went well, given the status of the horse, and the expectations of the fans. He came out of the race well, and we just gave him an easy three or four days. I’m looking forward to taking on Satono Diamond, and I just hope all goes smoothly leading up to the race.”

Satono Diamond: The 4-year-old by Deep Impact has started favorite in all but one of his races, and jockey Christophe Lemaire has ridden him each time, including his biggest victories in last year’s Grade 1 Kikuka Sho (Japanese St. Leger) and the year-ending Grade 1 Arima Kinen (Grand Prix). Two of his seven wins have been over 3,000 meters. In training, Satono Diamond recorded very similar times to Kitasan Black at the Ritto Training Center on the woodchip course on April 20. Working with stablemate, Prophet, his six furlong time was 82.8 seconds, three furlongs in 38.3 seconds, and a final furlong time of 11.8 seconds. Assistant trainer at the Yasutoshi Ikee stable, Yuki Iwasaki, said, “He’s worked well with his training partner recently, recording a good time in the last furlong. I think having had the one race this year, he’s open to a lot more improvement.”

Cheval Grand: A horse who is always knocking on the door, the 5-year-old by Heart’s Cry was bred at Northern Racing, is owned by Kazuhiro Sasaki, and is trained by Yasuo Tomomichi. He was third in last year’s Tenno Sho (Spring), and finished in the same spot in last year’s Japan Cup. He was second to Satono Diamond in his only race this year, the Grade 2 Hanshin Daishoten over 3,000 meters in March. His recent regular jockey, Yuichi Fukunaga, will partner him on Sunday. Trainer Tomomichi said, “He ran well last time, and was slightly unlucky in being marked a lot of the way by the eventual winner. We didn’t send him to the farm after that, like we did last year, as he has a tendency to gain weight. His training has been fine so far.”

Sciacchetra: Rising through the ranks quite impressively, this 4-year-old colt by Manhattan Cafe is four wins from just six starts, and has always been in the first three. His latest win came in the Grade 2 Nikkei Sho over 2,500 meters at Nakayama in March. He runs in the Kaneko Makoto Holdings Co. Ltd. colours, and is trained by Katsuhiko Sumii. The big names connected with him are completed by his big race jockey, Hironobu Tanabe. Assistant trainer Yasuyuki Tsujino commented: “We’ve been surprised by his rapid improvement. There have been no problems after his last run; no damage or stiffness, and his training has gone as expected. Being by Manhattan Cafe, we think his career has some way to go.”

Dee Majesty: Last year’s Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) winner is looking to try and rediscover some of his sparkle, after finishing sixth most recently to Sciacchetra in the Grade 2 Nikkei Sho. It’ll be just his second run at Kyoto, after finishing fourth at the track in last year’s Kikuka Sho (Japanese St. Leger), run over a distance of 3,000 meters. The 4-year-old colt by Deep Impact is trained by Yoshitaka Ninomiya, and a stable staff recently commented: “He was a little heavy for his last race in the Nikkei Sho, but given that, and the fact it was his first run this year, I think his sixth place finish wasn’t bad at all. As the weather warms up, his condition gets better, and in training he’s worked well.”

Gold Actor: The 6-year-old by Screen Hero is a pretty consistent type, having finished in the first three 13 times from a 19-race career to date. He’s taken on Grade 1 races five times, and has one top-level victory to his name, the 2015 Arima Kinen (Grand Prix). In his only run this year, he finished fifth to Sciacchetra in the Grade 2 Nikkei Sho. It will be his third time to tackle the Kyoto course, and it’s looking as if jockey Norihiro Yokoyama will get the ride on Gold Actor for the first time. Assistant trainer, Toshiaki Sasajima, said, “He just needed to run a little better in his last race. He’s come out of it fine, and has been training in his usual way. He was a little unfortunate in last year’s race, drawing a wide gate, and getting a bit worked up before running, so hopefully that won’t happen this time.”

Albert: In his three Grade 1 races so far, Albert’s best finish has been sixth, and that was the Tenno Sho (Spring) last year. He proved his staying power, however, when winning his only race this year, the Grade 3 Diamond Stakes over 3,400 meters at Tokyo in February, when he was sent off as the favorite. The 6-year-old was bred at Northern Farm, and is trained by Noriyuki Hori. Assistant trainer, Kazutomo Mori, said, “He’s come back from the farm, and there’s little change in him. He looks in good condition. He finished sixth in the race last year, and we felt there was a bit of a difference between him and the other Grade 1 horses. However, given his powerful victory most recently, this might not be the case now.”

[See more]

>>See more

 菊花賞有馬記念を含み4連勝中のサトノダイヤモンドも、通常どおりに厩舎周辺で約1時間の引き運動。「雰囲気はいつもと変わらない。今回も順調にこれています」と、池江調教師は穏やかな表情だ。

 有馬記念でキタサン狩りを果たしたが、意識はチャレンジャー。「前走は2キロの斤量差が大きかった。適性距離とはいえないし、本当に芯が通って良くなるのも今年の秋でしょう。まだ大関の立場だけど、高いハードルに挑戦しないと何事も成長できない。ガソリン満タンでぶつかります」。凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ、GI、芝2400メートル)を先に見ながら、再びキタサンと真っ向勝負だ。(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【天皇賞・春】トーセンバジル豪快先着!上昇カーブ 4月27日(木) 11:52

 休み明けの阪神大賞典で3着に食い込んだトーセンバジルが、豪快な先着デモで上昇カーブをアピールした。

 四位騎手を背に、栗東CWコースでダノンサンシャインを追走。道中でその差は7馬身まで広がったが、4コーナーで勢いがつくと一気に接近。直線で鞍上から軽く仕掛けられると、内からスッと2馬身抜け出した。

 鮮やかなフィニッシュに、「いいね。変に力みがないし、前走と同じくらいにいい」と、ジョッキーは満足げ。

 「今回は別格な馬がいるけど、この馬も自分が乗っていた3歳時(神戸新聞杯3着)とは比べられないくらい力をつけている。レースでコントロールが利くのは(長距離で)何よりのアドバンテージだし、外回りの下り坂をうまく利用できれば」と、強豪に一矢報いる構えを見せる。

 皐月賞2着(ペルシアンナイト)、サンスポ賞フローラS1、2着(モズカッチャンヤマカツグレース)と活躍が続くハービンジャー産駒の勢いにも注目だ。(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【天皇賞・春】キタサンブラック、逆襲追い! 4月27日(木) 05:11

 現役最強馬の座をかけた一戦、天皇賞・春の追い切りが26日に行われた。昨年の年度代表馬キタサンブラックは、栗東CWコースの併せ馬で先着。サンケイスポーツ調教評価は最高ランクの『S』で、連覇に向けて態勢を整えた。コンビを組む武豊騎手(48)は、ライバルのサトノダイヤモンドに対して「負かしてやりたい」と力を込めた。春の頂上決戦は、27日に枠順が確定、28日に金曜発売が実施される。

 昨年の年度代表馬は5歳を迎え、さらに進化を続ける。休み明けの大阪杯でGI4勝目を挙げたキタサンブラックが、史上4頭目となる春の盾連覇へ向け、素晴らしいデモンストレーションだ。

 「動きはよかった。十分に仕上がりましたね。いい状態でレースに使えます。楽しみです」

 体に張りがあり、筋肉は隆起。追い切り後の様子を確認した清水久詞調教師は、絶好の気配に思わず目を細めた。

 CWコースでペイバック(3歳未勝利)を4馬身ほど追走。雄大なフォームで徐々に差を詰めていく。余裕たっぷりに直線に向き、軽く仕掛けられただけであっさりと前へ。余力残しで6ハロン82秒3、3ハロン39秒3−12秒5をマーク。1/2馬身の先着を果たした。

 調整役を務めた黒岩騎手(実戦は武豊騎手)は「1頭で走っているみたいでした。相手にしていませんでしたね」。着差はわずかだったが、力量差があまりにも大きく、最後に気を抜いたため。動きは力強く、反応は俊敏だった。

 大阪杯の前は、一日に坂路を3回駆け上がるハードメニューも消化。その後も調教の手は緩められず、CWコースを2周半する日もあるなど、継続的に強い負荷をかけられてきた。トレーナーは「普通の調教では調教になりませんから。これだけやれるのは体力がある証拠」と、さらなるパワーアップを追い求める。それに馬もこたえて、大阪杯は過去最高馬体重の540キロ。デビュー時から30キロも増えた体が、今の強さの証明だ。今回も追い切り前で542キロ。「プラス体重は筋肉が付いたもの。オーラが出ましたよね。すごい馬です」と、清水調教師は胸を張る。

 「この1年で強く、たくましくなったと思います」と、武豊騎手も成長を実感。サトノダイヤモンドのクビ差2着に敗れた有馬記念から4カ月。この間にもキタサンブラックは進化している。

 「有馬記念がわずかの差。何とかならなかったかな、と思います。負かしてやりたい、という気持ちは当然あります」

 名手は力を込めた。天皇賞・春連覇を成し遂げ国内最強の称号を得たとき、世界への扉も開かれる。 (宇恵英志)

★サブちゃん前祝い

 キタサンブラックの北島三郎オーナー(名義は有限会社大野商事)は、19日に大井競馬で行われた交流GIII東京スプリントをキタサンサジンでV。天皇賞・春の前祝いの形となった、表彰式後に北島オーナーは「(天皇賞・春は)出走するだけでも大変なレースだし、強い馬ばかり。自分のレースをしてくれれば」と愛馬への思いを語った。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【天皇賞・春】キタサンブラック・武豊騎手トーク4月27日(木) 05:10

 −−大阪杯

 「いい形で競馬ができましたね。状態が非常によかったです。しっかりと走ってくれる馬ですし『すごい馬だな』と改めて思いましたね。とてもいいレースでした」

 −−サトノダイヤモンドと2度目の対戦

 「当然みなさんが思っているように、強い相手だと思っています。有馬記念がわずかの差。あれくらいの差(クビ)だけに、何とかならなかったかな、と思いますね」

 −−コンビを組んで約1年が経過

 「強さが増しています。全体的に強くなっていますね。強く、たくましくなっています。体がよくなりましたね」

 −−連覇への意気込みを

 「昨年は差し返してくれて、うれしい勝利でした。前走後も『変わらずに順調にきています』と(陣営から)報告を受けています。キタサンブラックらしい競馬をさせたいですね」

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【天皇賞・春】シャケトラ、下克上追い!2強食う 4月27日(木) 05:08

 天皇賞・春の追い切りが26日、東西トレセンで行われた。前走の日経賞を快勝したシャケトラは、栗東のCWコースで豪快に最先着。打倒2強へ向け、仕上げに抜かりはない。美浦ではディーマジェスティゴールドアクターのGI馬が軽快な動きを見せた。枠順は27日に確定、28日に金曜発売が実施される。

 シャープな伸び脚で、今の充実ぶりを示した。日経賞を制したシャケトラが、CWコースの3頭併せで最先着。2強ムードに“待った”をかけた。

 「ラストに肩ムチで、反応を確かめる感じ。前走の疲れを見せず、痛いところもありません。順調に(調子を)上げてきています」

 辻野助手が順調ぶりを伝えた。朝一番に、僚馬2頭を追走してスタート。スムーズに折り合いながら、徐々に差を詰めていく。手応えよく直線に向いて、鞍上が合図を送ると瞬時にギアチェンジ。ラスト1ハロンは11秒8(6ハロン83秒3)と鋭く伸びて、中ハッピーモーメント(OP)に2馬身半、外エルビッシュ(1000万下)に半馬身先着した。中間も柔軟性のある動きを見せており、臨戦態勢に不安はない。

 重賞初制覇を飾った前走の日経賞が、価値のある内容だった。スローペースで中団のやや後方に位置。外を回りながら追い上げ、メンバー最速の末脚で突き抜けた。昨秋は500万下の条件馬にすぎなかったが、そこからわずか4戦でGIの有力馬に躍り出た。「以前はソエもあって、不安を抱えながらでしたが、今は脚元も体もしっかりしました。体質が強化したのが大きいですね」と、辻野助手は成長力に目を細める。

 折り合い面に不安がなく、父マンハッタンカフェは2002年天皇賞・春など中長距離GIを3勝。初めての3200メートルをこなせる下地がある。キタサンブラックサトノダイヤモンドに対し「2頭の胸を借りるつもりで挑みます。今の充実ぶりなら…」と辻野助手は逆転を意識する。

 キャリアはわずか6戦。そのぶん良化の余地は大きい。馬名は、イタリアの幻のデザートワインのこと。熟成のときを迎えつつあるシャケトラが、大金星を挙げる。 (鈴木康之)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【天皇賞・春】ディーマジェスティ、蛯名満足12秒5 4月27日(木) 05:07

 ディーマジェスティは先週に続いてWコースで蛯名騎手を背に併せ馬。ワールドレーヴ(1600万下)を3馬身追走し、直線で気合をつけられると鋭い伸びを見せ、5ハロン65秒4、3ハロン36秒9−12秒5で併入した。「もっと、と思っている馬だけど、リラックスして上手に走っていたし、先週よりは良くなっている。地力に期待したい」と蛯名騎手はまずまず納得の表情。二ノ宮調教師は「強いところを一杯にできた。これで変わってくれれば」と皐月賞馬の復権に期待している。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

>>See more

天皇賞春2017/人気
「1番人気は苦戦」
1番人気は過去10年では未勝利どころか、未連対という、1番人気に推された馬にとっては受難のレース。対して、2番人気は5勝を挙げ、複勝率も70%をマークしている。3、4番人気もアベレージスコアを記録していることからも基本的に上位人気馬は強いが、1番人気だけは崩れるケースが多いG1といえるだろう。
人気 着度数
1番人気 0-0-1-9/10
2番人気 5-1-1-3/10
3番人気 1-4-1-4/10
4番人気 1-2-1-6/10
5番人気 0-0-2-8/10
7〜10番人気 1-1-1-37/40
10番人気〜 2-2-3-76/83
天皇賞春2017/脚質
「追い込み脚質は大幅割引」
追い込み馬は1頭しか馬券に絡んでおらず、大幅に割り引いて考えるのが良さそう。連対ベースでは先行馬、差し馬に差はなく、極端な脚質でなければそれほど脚質は気にしなくても良さそうだ。
脚質 着度数
逃げ 2-0-0-10/12
先行 3-6-5-22/36
差し 4-4-5-64/77
追込 1-0-0-47/48
天皇賞春2017/枠順
「1枠が特注!全体に内有利の傾向」
天皇賞春の枠順で最も警戒すべきは1枠で最多5勝6連対のトップの成績を残している。外枠で警戒すべきは8枠で勝ち星こそ1勝だが4連対と連対ベースでは奮闘している。
枠番 着度数
1枠 5-1-1-12/19
2枠 0-2-2-15/19
3枠 2-0-1-17/20
4枠 1-0-1-18/20
5枠 0-1-0-19/20
6枠 1-1-3-15/20
7枠 0-2-1-24/27
8枠 1-3-1-23/28
天皇賞春2017/前走レース
「阪神大賞典・日経賞組・大阪杯組の3ローテ」
天皇賞春での重要ステップレースといえば阪神大賞典だが、近年は日経賞組が3勝7連対、大阪杯組も3勝6連対と好成績でこの3レース出走馬で馬券の大部分を占める。思い切ってこの3レース以外は検討しなくてもいいレベルの成績だ。
レース名 着度数
日経賞 3-4-2-43/52
阪神大賞典 3-1-4-47/55
大阪杯 3-3-2-10/18
ダイヤモンドS 0-1-0-8/9

※対象データ(天皇賞春過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「天皇賞(春) G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、キタサンブラックサトノダイヤモンドシュヴァルグランの3頭。第2グループ(黄)は、ゴールドアクターから1.0ポイント差(約1馬身差)内のファタモルガーナまでの3頭。第3グループ(薄黄)はアドマイヤデウスから同差内のディーマジェスティまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間には大きな溝は生まれていません。言ってしまえばいわゆる2強の様相ではない構図(分布)となっています。

私の本命は◎サトノダイヤモンドにしたいと思います。当コラムの有馬記念回で書かせて頂いたようにこの馬の指数(能力)曲線はディープインパクト級に到達。現役最強馬と個人的には見立てています。

血統的に見ると母方は軽いスピード血脈で固められた軽快なタイプ。皐月賞、有馬記念のレースぶりを見ても坂のあるコースでパフォーマンスを落としていますので平坦の京都コース変わり+芝刈り実施でスピードが要求される馬場と条件好転の今回は菊花賞のようなワンサイドの競馬になる可能性が高いとみました。

以下、内を通れる馬を重視したいので○キタサンブラック、▲シュヴァルグラン、☆シャケトラと印を打ちます。

【3連単1着ながし】
15

1,3,6

計6点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/天皇賞(春) G1(スガダ04月30日() 13:00競馬プロ予想MAX

 ゴールデンウィークに突入しました。中央競馬はもちろん、地方競馬でも注目の交流重賞が多数組まれており、競馬ファンにとってはたまらない連休になること間違いなし。まずは幸先よく、本日の天皇賞(春)をバッチリ当てたいところですね。キタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強対決で注目集めるこの大一番を、ウマニティ公認プロ予想家の大エース・スガダイさんに予想してもらいました。
 本命はサトノダイヤモンド。「本来不向きな中山、阪神で連勝してきた価値は大きく、得意の京都なら負けられない。個人的には1強と評価している」と自信満々にコメントしてくれました。対抗は「前走が時計、内容ともに優秀だった」シュヴァルグラン。単穴は「まだ底を見せておらず、馬体が1戦ごとに良くなっている」シャケトラ。以下、キタサンブラックまで印を回し、馬連Ν、3連複´Ν、3連単1着流し→´Δ脳”蕕靴泙后
本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017天皇賞(春)〜04月28日(金) 15:00山崎エリカ

天皇賞(春)は、先行馬が断然有利の舞台
サトノダイヤモンドは、向こう正面で動けるかがポイント
__________________________


 昨年の有馬記念でマッチレースを演じたサトノダイヤモンドキタサンブラックに注目が集まる天皇賞(春)。昨年の有馬記念は、2番手を追走するキタサンブラックとその直後からレースを進めるサトノダイヤモンドのせめぎ合い。サトノダイヤモンドが向こう正面の下り坂(ラスト6F目くらい)からキタサンブラックを負かしに動いて、キタサンブラックもそれを振り落としに行く競馬。まさに強い馬と強い馬のガチンコ勝負でした。今回の天皇賞(春)で再び一騎打ちが期待されるのも無理もないでしょう。

 しかし、これまで一騎打ちと言われて、そのとおりに決まったことがわずかしかないのも確か。トウカイテイオーvsメジロマックイーンの年は、トウカイテイオーが馬群に沈み、ナリタブライアンvsマヤノトップガンの年はマヤノトップガンが馬群に沈みました。また、2012年の天皇賞(春)では、断然の1番人気に支持されたオルフェーヴルが生涯最低着順の11着に凡退したのも記憶に新しいところで、ただ、強いだけでは通用しない舞台です。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 なぜ、オルフェーヴルが馬群に沈んだのかと言うと、京都外回り・芝3200mで行われる天皇賞(春)は、追い込み馬はほぼアウトの舞台でありながら、2週目の3コーナー17番手、4コーナー14番手の追い込み競馬をしたからです。ひと昔前の天皇賞(京都外回り・芝3200m)は、杉本アナウンサーの実況でおなじみのように、2周目の京都の坂は「ゆっくり上って、ゆっくり下れ、直線向いて勝負がセオリー」と言われていました。かつての京都は、今よりも馬場がタフで、向こう正面の上り坂はもちろん、3コーナーの下り坂で加速をすると、直線失速がお決まりのパターンだったからです。

 しかし、高速馬場でレースがスローペース化した近代では、その乗り方は逃げ、先行馬の場合ならばOKでも、差し、追い込み馬はタブー。スローペースの天皇賞(春)となると、逃げ、先行馬でも後半に十分余力があり、後方勢は2周目の坂を早めに上らなければ前との差は詰まりません。坂を速く上らなければ、先頭との差をさらに広げてしまうことにもなりかねないでしょう。オルフェーヴルは2周目の向こう正面で動かず、3コーナーまでたっぷり脚をタメたぶん、下り坂で加速がつきすぎて4コーナーでは大外に張られ、いったんは前との差を広げてしまう始末。最後の直線約399m(Cコース使用時)では、その差を詰めることが出来ずに11着に凡退しました。

 これには鞍上の池添騎手が、「向こう正面で追い出しても馬が反応しなかった。いつもの反応ではなかった」とコメントしていたように、馬自身が本調子ではなかったせいもあったでしょう。前年の菊花賞では、2周目の3コーナーでは6番手まで位置を上げ、下り坂でスピードに乗せて4コーナーでは前2頭に並びかける勢いで3番手から突き抜けて圧勝していることから考えても、本来は道中から動いて結果が出せる馬です。しかし、天皇賞(春)では、そういう競馬ができなかった…なぜ、でしょう?

 推測される一番の理由は、二走ボケです。オルフェーヴルは、始動戦の阪神大賞典では3コーナーで逸走しかけるロスを盛り返しての2着と恐ろしく強い競馬をしました。これは始動戦から馬をぶっ放したも同然の内容です。休養明けで初戦から能力全開の競馬をせざるを得なくなったために、本番・天皇賞(春)では反応が悪かったのでしょう。では、オルフェーヴルと同じローテーションで挑むサトノダイヤモンドはどうでしょうか? サトノダイヤモンドも阪神大賞典で完勝と9割近くは能力を出し切っています。

 サトノダイヤモンドも昨年の菊花賞や有馬記念、前走の阪神大賞典のように、後方からレースを進めて、道中から動いてロングスパートできる馬。しかし・・・

[See more]

【kmのG1データブレイカー】〜2017 天皇賞(春)〜04月28日(金) 13:00km

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
天皇賞(春)

・前走4角5番手以下【0.2.3.42】

アルバート→前走4角12番手(ダイヤモンドS1着)
シャケトラ→前走4角8番手(日経賞1着)
ディーマジェスティ→前走4角10番手(2016皐月賞1着)
トーセンバジル→前走4角7番手(阪神大賞典3着)
レインボーライン→前走4角(2016菊花賞2着)

先行馬有利の現代競馬。スタミナが物を言う長距離戦ですから、その傾向は更に強く出ています。
今年は、伏兵・有力馬の多くを前目で競馬をするタイプが占め、道中の位置争いが激しくなりそうで、後ろから競馬をする馬の出番です。
キャリア7戦目でG1まで昇りつめたシャケトラ、距離を延ばしてサトノダイヤモンドに迫ったトーセンバジル、3000m超重賞3勝のアルバート等の末脚が炸裂するでしょう!

[See more]

くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)04月28日(金) 11:00くりーく

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[See more]

【U指数的分析】天皇賞(春)04月27日(木) 15:01【ウマニティ】

天皇賞(春)

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは天皇賞(春)です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・指数上位は比較的安定しており、103以上になると期待値アップ→指数103以上の単勝回収率180.0%。

<ポイント◆
・5年連続して指数100以上の馬が2頭+指数97.0〜99.9の馬が1頭という組み合わせで決まっている。指数の低い穴馬の一発の多いレースだが、97未満は【0 0 0 17】。指数97.0〜99.9の馬の複勝回収率は196.8%。

<ポイント>
・指数1〜2位+超人気薄という決着が多いをことを踏まえ、指数1〜2+全頭という組み合わせの馬連フォーメーションを購入すると回収率558.2%。相手を指数97以上に絞ればさらに期待値上昇。


天皇賞(春)の予想U指数はこちら⇒(天皇賞(春)重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新はNHKマイルカップとなります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解04月25日(火) 19:00競馬プロ予想MAX

前回の〜皐月賞編〜では、ただ1頭その他の特注馬として取り上げた4番人気ペルシアンナイトが2着とまたも好走。また、人気で敗れたファンディーナ(「――トモ高で距離の壁がありそうな点は否めない」 byサラマッポプロ、「――安心して本命に出来るってほどでもない。パドックでの仕草なんかを見ていると、気性的にちょっと怪しい所もありそう。」 byスガダイプロ)や、レイデオロ(「――ホープフルSの頃はロベルト系がよく来る力の要る馬場だった。当日もロベルト系産駒が馬券に絡んでいれば要注意も、そうでなければ長期休みも相まって評価を下げたい。ここ数年の皐月賞をみても、サンデーの血が入っていない馬は全く馬券に絡んでいない。 by加藤拓プロ)などへの注目の発言も聞かれた当コラム。是非今週もプロの事前見解の中に潜む的中のヒントを皆さまの予想にお役立てください。それでは、さっそくプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

なお、コラム読者の皆さまのご支援に支えられて【最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!】は、昨年の天皇賞(春)回のスタートから1周年を迎えることとなりました。この場をお借りして、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。


本日のターゲットは、4/30(日)G1天皇賞(春)
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て4/24(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。

●各馬へのコメント
サトノダイヤモンド
 くりーく この中間は、1週前に調教助手が騎乗して併せ馬で一杯に追われるいつも通りの調整内容。併せ馬と言っても直線並ぶ間もなく突き放してゴールまで気を抜かせないように一杯に追われる内容で、仕掛けられてからの反応と動きはかなり良く見えました。順調にきているので、あとは直前にルメール騎手が騎乗して馬なりで追い切られれば良い状態で出走できそうです。
 加藤拓 レースの性質上、途中からどんどんスピードが上がることが多いため、直線一気のディープ産駒や、スタミナタイプのディープ産駒ではついていけず好走が難しいこのレースですが、自在性があり、速いスピードを長く持続出来るこの馬には問題ないように思います。紛れもなく、中長距離ではこれまでのディープ産駒の牡馬としては一番でしょうし。
 サラマッポ 前のめりの走法で直線平坦の京都コース向きのタイプです。有馬記念では直線の坂で勢いが鈍っていましたが、今回は直線でさらに伸びるはずです。キタサンブラックに対しては、道中の立ち回りでの差がポイントになりそうですね。かきこむような走法で、仮に道悪になっても大丈夫だと思います。
 スガダイ まあ、この馬で鉄板だろう。ルメールも言ってたみたいけど、この馬は“スーパーホース”だよ。オッズ的には2強扱いになるかもしれないけど、力量的には完全にサトノダイヤモンド1強だと思う。阪神大賞典は好時計で文句なしの勝ち方だったし、調整過程にも特にケチをつける所がない。有馬記念も阪神大賞典も力の違いで勝ったけど、中山や阪神の内回りより間違いなく京都の外回り向きだから。負けるとすればキタサンブラックが支配するペースで動くに動けない位置に嵌ってしまった時かな。それでも、さすがに3200mのレースなら直線はさすがにバラけるだろうし、大丈夫だと思うけどね。まあルメールのこれまでの騎乗を見れば、普通に考えればキタサンブラックをマークして強気なレースをしてくれるんじゃないかな。今回は、“ラッキーホース”と“スーパーホース”の力の違いを見せつけてくれると思うよ。
 河内一秀 それはどうかな。有馬記念でキタサンブラックを差し切った事は評価できるけど指数的には標準レベルだったし、阪神大賞典も相手を考慮すれば平凡な内容でこちらも指数的に標準レベル。少なくとも指数評価ではそこまで強気にはなれない印象だよ。史上最強とまで言われた世代でダービーまでは指数面での裏付けもあったんだけど、秋以降は成長力に疑問を感じざるを得ない状況が続いているからね。打倒キタサンブラックの一番手であることに異存はないけど、本命に推すまでの強調材料に乏しいのも事実だね。まあ、あくまで“指数観点では”だけどね。

キタサンブラック
 加藤拓 父ブラックタイドは全弟ディープと違い、切れ味よりもパワータイプ、差し・追い込みよりも先行で押し切るタイプが産駒に多いのが特徴です。ディープが来ないレースでこそブラックタイドが来るというパターンが多く、昨年この馬が勝利したようにこのレースもその中の一つになりつつあります。ブラックタイド産駒全体でも京都コース自体、通算で単複回収率が100%前後あるように好相性です。スタミナ勝負というより、スピードを持続させる力が問われる近年のこのレースでは、前走2000mの中距離というのもスピード慣れしていいのでは、と思います。前走、長距離より中距離からの転戦組の好走率が高いこのレースの特徴とも合いますしね。
 スガダイ 前走の大阪杯にはビックリしたよ。何がって、離して逃げたマルターズアポジーの1000m通過タイムが59.6秒だったこと。さすがにそれなりに(ペースが)流れるかと思ったんだけど、全然速くなかった。結果的に、明らかに力が足りなかった馬を除くと、キタサンとステファノス以外はみんな仕掛け遅れ。あんな離れた位置にいてキタサンがペースアップしてから仕掛けたんじゃ勝負になるわけがない。もっと他の騎手たちを批判する声が上がるかと思ってたけどな。キタサンを賞賛する連中ばっかりだからなあ。こんな空気ならまた勝っちゃうかもねぇ。キタサンが勝ったほうが盛り上がるのは間違いないし。空気の読めない外人J以外は、みんな忖度してくれるんじゃないかな(苦笑)
 くりーく 前走・大阪杯時のコラムでも言いましたが、休み明けがG1レースということで3頭併せの追い切りをたくさん消化していたこともあってか、同じ休み明けの昨年の大阪杯、京都大賞典とはパドックでの気合い乗りが全く違い上手に仕上がっていました。大阪杯で仕上げ過ぎたと見る向きもあるようですが、前走時の調教では本数こそ多く乗られていましたが、内容的には余力を残している調整でした。結果、馬体重もこれまでで一番重い540キロでの出走でしたし、レース後も今年は昨年より5日ほど早い翌週の土曜日には坂路に入れて時計を出し始めているところを見ると、レースの反動や疲れもあまりなかったように思います。1週前追い切りでは・・・

[See more]

天皇賞・春 201704月25日(火) 15:00覆面ドクター・英

桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち〜今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】天皇賞(春)2017・GIの04月24日(月) 10:22ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第155回 天皇賞(春) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

>>See more

☆久々に聞いた(*^-^*)G1でのアドマイヤ!!

ユウキ先生さん 5月15日(月) 11:16

昨日行われたヴィクトリアマイル♪

アドマイヤリードが栄冠を勝ち取りました〜〜〜

2着に1馬身以上の差をつけての快勝!!ですね☆

久々に『アドマイヤ』のG1勝利を聞きました〜〜〜

国内でのG1制覇はアドマイヤジュピタでの天皇賞・春以来9年振りだとか(*^-^*)

アドマイヤジュピタの天皇賞(春)制覇はもう9年も前の事だったんですね〜〜

時間が過ぎるのは早い〜〜〜

さて今週はオークスにアドマイヤミヤビが登場予定!!

2週連続もあり得ますね〜〜〜♪

天皇賞(春)をふりかえる あらすぺさん 5月3日(水) 21:56

時間がたってしまいましたが先日行われた天皇賞(春)を見直してみました。
ちなみに現地観戦しました。
結果はトリガミでして、またしてもやってしまったという感じです。
1〜3着以外のレースでよく見えた馬の印象を書いておきます。

4着・アドマイヤデウス
びっくりしました。あわや3着でしたから。
3着になっていたらトリガミどころかハズレでした。
有馬記念の結果を見て、もっと着順下だと思っていました。
ここぞというときの岩田ジョッキーはすごい。

5着・アルバート
良い着順ではないでしょうか。上位がやっぱり強すぎです。
またステイヤーズステークスでお世話になるでしょう。

6着・ディーマジェスティ
決して悪くない着順です。悲観してはいけません。
この馬には距離が長すぎます。マイル〜中距離がよいと思います。
皐月賞馬を見放すのはまだ早い。

7着・ゴールドアクター
去年の有馬記念からすると、もう少し善戦してもよかったのではないか。
日経賞での吉田隼人騎手もそれまでと同じように乗ってあの結果だったので、馬自体ピークを過ぎたのかもしれません。
得意の中山で復活してほしいところ。

8着・トーセンバジル
阪神大賞典を見てもしかして…と思いましたが、こんなもんでしょう。

9着・シャケトラ
スポーツ新聞がやたらと推していただけという感じ。
適性距離ではないのでしょう。

12着・レインボーライン
このレースでもっとも残念だった馬。存在感がまるでなかった。
今回は参考外かな。

15着・ヤマカツライデン
大逃げをうちハイペースを演出した。こうするしか戦いようがなかったのだろう。
ただし、ハイペースを2周目3コーナーぐらいまで維持したのは案外すごいかも。
ローカル小回りのハンデ重賞なら逃げ切り勝ちできる力はありそう。
マルターズアポジーみたいな感じになるのではないか。

[See more]

古豪インカンテーション グリーンセンスセラさん 5月3日(水) 13:33

かしわ記念(G1)は復活の古豪インカンテーションに要注意! 「G3で終わるはずがない」2度の骨折を乗り越えた不屈がリベンジを果たす!─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年5月3日 8時2分

http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3284.html

「早い内からG3で終わるはずないと思っていましたが、今も変わりません」
 今年2月のフェブラリーS(G1)前のことだった。インカンテーションの羽月友彦調教師が力説していたことを覚えている。
『スポーツ報知』の取材に応えた羽月調教師は「歯車が狂った分、結果に結びついていないけど馬自体は良いんです。いつ結果が変わっても驚きません」と管理馬のコンディションに関してコメント。いつも控えめで慎重なコメントが目立つ師だけに、大穴の一角にも関わらず強気な姿勢が印象に残っていたのだ。
 残念ながら、そのフェブラリーSではオーバーペースで逃げたことで13着に大敗したが、師の言葉が証明されたのが、前走のマーチS(G3)だった。
 57.5圓箸い酷量を背負わされながら、番手を追走したインカンテーションは最後の直線入り口で先頭集団を射程圏に捉えると、先に抜け出したアスカノロマンを猛追。しぶとく競り落としてディアデルレイとの叩き合いを制すると、後続を完封して4つ目の重賞タイトルを手にした。
 重賞3勝馬が単勝10番人気だったという事実が、この馬の歯車が如何に狂っていたのかを物語っている。
 一昨年の平安S(G3)を勝つまでは、まさに順風満帆だった。前走のフェブラリーSを2着してからのG3制覇。秋には間違いなくダートの頂上決戦に割って入ってくる存在と見られていたが、その矢先に骨折。その年の全休を余儀なくされた。


次のページ 「歯車が狂った分、結果に結びついていないけど馬自体は良い」

帰ってきたのは年明けの昨年1月、フェブラリーSに向け東海S(G2)で復帰したインカンテーションは、長期休み明けにもかかわらず強豪を押し退け、3番人気に支持されていた。
 しかし、結果は11着大敗。スタートの出足が鈍く中団からの競馬を余儀なくされ、勝負所で好位に押し上げたが、早々に一杯になった。いかにも休み明けといった内容だったが、その後またも骨折が発覚。再び長期休業を余儀なくされた。
 2度目のカムバックを果たしたのは、昨年11月のみやこS(G3)だった。今度は番手からいつもの競馬に持ち込んだものの、やはり早々に息切れ。ズルズルと後退し、8着に惨敗した。
 その後、叩き2走目としての上昇が見込まれて4番人気に支持された今年の東海Sで、またも12着に大敗。スタートで出遅れた上に他馬との接触と敗因は明確だったが、さすがに大方のファンの関心も途絶えたのか、フェブラリーSではブービーの15番人気となっていた。
「歯車が狂った分、結果に結びついていないけど馬自体は良い」
 例えば、先月引退したメイショウマンボであり、期待された今年の阪神大賞典や天皇賞・春で、やはり見せ場なく終わってしまったワンアンドオンリーであり......陣営が前向きな主張を繰り返しても、結局復活できないままでいる馬も多い。だが、インカンテーションは帰ってきた。
「57.5kgを背負っての勝利だから決してフロックではないはず。やはり能力は高い馬だよ」


次のページ 全盛期のインカンテーションであれば打ち負かす可能性は十分にある

見事な復活を遂げたマーチS後、騎乗した勝浦正樹騎手がそう話したように、本来の力さえ戻ればここでは格の違いを感じさせる内容だった。一昨年のフェブラリーSで勝ったコパノリッキーに食い下がり、最後まで苦しめた"あの"インカンテーションが帰ってきたのだ。
 5日に行われる交流G1かしわ記念。3月の名古屋大賞典(G3)で補欠馬にさえ選ばれなかった本馬がここに出走できたのも、マーチSの勝利があったからこそ。"幸い"にもコパノリッキーはまだ健在であり、あの時の借りを返すチャンスが巡ってきた。
 他にもベストウォーリアやモーニンなど強豪がそろっているが今の、いや、全盛期のインカンテーションであれば打ち負かす可能性は十分にあるといえるだろう。
 2度の骨折を乗り越えた7歳の古豪に、遅まきながら最大のチャンスが巡ってきた。

[See more]

【兵庫チャンピンシップ(G2)展望】 グリーンセンスセラさん 5月3日(水) 13:22

【兵庫チャンピンシップ(G2)展望】昨年の新人王の重賞初制覇なるか!? 3連勝中ダートの「大物」リゾネーターが3歳最初の重賞タイトルを狙う!─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年5月3日 8時2分 http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3283.html
 
4日(木)には園田競馬場で第18回兵庫チャンピンシップ(G2)が開催される。ドバイなどの特殊な例を除けば「3歳限定戦で最初の重賞」だけに、毎年骨のあるメンバーが集う出世レースだ。
 かつてはコパノリッキーやクロスクリーガー、昨年もケイティブレイブがここで重賞初制覇。そこから白山大賞典、浦和記念、そして先日の名古屋大賞典とすでに4つの重賞タイトルを手にしている。2着馬は今年のフェブラリーSを勝ったゴールドドリームだ。今年も素質馬の出世の足掛かりとなるのだろうか、楽しみなメンバーが集った。
 その中でも中心は3連勝中のリゾネーター(牡3歳、美浦・牧光二厩舎)だ。
 前走の伏竜S(OP)は、まさに圧巻の勝利だった。抜群のスタートから好位につけると、最後の直線ではメンバー最速の末脚であっさりと抜け出し後続を完封。レース後、主戦の木幡巧也騎手が「クラスが違う」と話したように、4馬身差の楽勝だった。
 デビュー戦こそ、今や"世界No.2"まで上り詰めた怪物エピカリスに突き放されたが、続く未勝利戦を完勝。この馬の能力の高さが証明されたのが年明けの500万下であり、後にヒヤシンスS(OP)で5着するキャプテンキングを7馬身置き去りにする圧勝を飾っている。
 藤田菜七子騎手と同期で昨年デビューを果たした木幡巧也騎手は、これが重賞初制覇のチャンス。先日のマーチS(G3)ではあと一歩という惜しい2着があり、今度こそ決めたいところだ。昨年の新人王が、いよいよ全国に名を轟かせるか。
 実績面ではリゾネーターに一歩劣るが、勢いで負けていないのがクイーンマンボ(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。
次のページ 実績面ではシゲルコング

 今年の3月の遅れたデビュー戦こそ芝で大敗したが、ダートに替わってからは2戦2勝と底を見せていない。それも未勝利戦が3馬身差、500万下が2馬身差といずれも危なげなく勝ち上がっている。
 近親には天皇賞・春を勝ったスズカマンボがおり、将来的にも楽しみな逸材。北村友一騎手と共に3連勝を狙う。
 勝ち身に遅いもののタガノディグオ(牡3歳、栗東・宮徹厩舎)の安定感はここでも脅威だ。
 昨年8月のデビュー戦こそ芝でシンガリ負けを喫したが、ダートに転向してからは8戦して馬券圏内を外したことがない堅実派。その分、9戦2勝と勝ち身には遅いが、それはゲートが不安定で、いつも後方からの競馬を余儀なくされている面が大きい。
 ただ、出遅れがマシだった前走の500万下は後続を3馬身半突き放す強い内容。まともなスタートさえ切れば、善戦マンを返上しての重賞初制覇もあるはずだ。
 近走こそ奮わないが、実績面ではシゲルコング(牡3歳、美浦・松永康利厩舎)に一日の長がある。
 昨年はオキザリス賞(500万下)を勝って全日本2歳優駿(G1)に出走。2番手からしぶとく粘り込み2着を確保している。ただ3歳を迎えてからは、その賞金によって他馬よりも斤量が重いために苦戦が続いている。ここ3戦はいずれも着外と一息。
 ただ、ここは久々に同斤で走れる舞台。良いころの走りを知っている内田博幸騎手に戻ったのも大きく、世代屈指の実績馬が復活の一発を狙っている。
 他にもJRA勢からはノーブルサターンも出走しているが、前走の伏竜Sでリゾネーターに完敗しており厳しいか。地方勢では地元のナチュラリーが筆頭格だが、前年の兵庫ジュニアグランプリ(G2)でJRA勢の前に7着に完敗しており、苦戦は必至だ。
 果たして、昨年の新人王・木幡巧也騎手が重賞初制覇を飾り、大器リゾネーターが連勝を伸ばすのか。それとも脇役陣の中に、将来ダートの重賞戦線を賑わす逸材が隠れているのか。楽しみな一戦・兵庫チャンピンシップ(G2)は4日(木)に園田競馬場で開催される。

[See more]

ネオリアリズムは最強馬と戦うのか? グリーンセンスセラさん 5月3日(水) 13:17

晩成馬・ネオリアリズムがQE2世C制覇!! 今後は宝塚記念で最強・キタサンブラックとの直接対決かそれとも......─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年5月3日 8時2分 http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3279.html


 派手なガッツポーズを見せ、J・モレイラ騎手が全身でその喜びを表現した。
 30日、香港のシャティン競馬場で行われた第43回クイーンエリザベス2世カップ(G1)。日本から遠征したネオリアリズム(牡6歳、栗東・堀宣行厩舎)は、2015年度のJRA賞年度代表馬であるモーリスを負かした実績があるため、戦前から高い評判を得ていた。
 昨年、ネオリアリズムは香港マイル(G1)で3番人気に推されるも9着と惨敗。今回で2度目となる海外遠征に陣営がかける思いは強かったはずだ。またレースには、過去の同レースを制した馬が3頭も出走するなど実力馬揃い。騎手にかけられるプレッシャーは並々ならぬものがあっただろう。
 レースではスタート直後に出遅れたネオリアリズムだったが、全体のスローペースにも助けられ、徐々に進出。残り1000mで早くも先頭に立った。4コーナーを周って最後の直線に入ると、外からワーザー、パキスタンスターらに追いすがられるも、先頭を譲らずトップでゴール板を駆け抜けた。
 勝利後、堀調教師は「今回は馬の学習能力にも助けられ、前回よりいいコンディションで出走させることができ、いいレースをお見せすることができました」と手放しでネオリアリズムを賞賛。またモレイラ騎手も「ゴール前でビュッと伸びるというより、長くいい脚を使う馬なので、勝負に行かせた。このメンバー相手に勝ててうれしい」と会心の勝利に声を弾ませながら、相棒の好走を讃えた。
 悲願の海外G1を達成したネオリアリズム。気になる次走について堀調教師は「日本に帰ってから馬の状態を見てレースを選択していきたいと思います」とまだ検討中であるとしている。
 ネオリアリズムがどのレースに出走するかに注目が集まるが、競馬ファンが期待するのは宝塚記念(G1)でのキタサンブラックとの直接対決ではないだろうか。
次のページ QE2世C制覇後の次走は?

キタサンブラック陣営は天皇賞(春)制覇後、すでに宝塚記念を経て凱旋門賞(G1)出走をも視野に入れていると明かしている。
 宝塚記念にはキタサンブラックのほか、16年のダービー馬・マカヒキや日経新春杯(G2)を制したミッキーロケット、昨年の香港ヴァーズ(G1)で優勝したサトノクラウン、日経賞(G2)の3着馬・アドマイヤデウスらが出走を予定している。
「昨年、クイーンエリザベス2世カップに出走したラブリーデイ、サトノクラウンの2頭は次走に宝塚記念を選択しています。ただ、ネオリアリズムはこれまで2200mを走った経験がないですので、15年に同レースで2着だったステファノスのように毎日王冠(G2)へ向かう可能性も捨てきれないでしょう。
 しかし、中山記念(G2)、クイーンエリザベス2世カップと2連勝を飾っており、調子は上向き。陣営としては出走レースの選択肢を広げるためにも、この辺りで距離を伸ばすことも視野に入れるかもしれません。ライバルだったサトノダイヤモンドは宝塚記念を避け、凱旋門賞へ直行する可能性もありますので、ネオリアリズムが出走すればキタサンブラックに迫ることができる1頭と考えられますよ。チャレンジしてもらえれば面白いのですが......」(記者)
 ネオリアリズムがオープン入りしたのは昨年からだ。遅咲きの馬であるため、キタサンブラックとの直接体験はまだない。
 晩成馬が"最強馬"へ挑戦することになるのか。はたまた他の道を模索することになるのか。今後、陣営の決断が待たれる。

[See more]

キタサンブラック「壊し屋」 グリーンセンスセラさん 5月3日(水) 13:12

キタサンブラック実は「壊し屋」!? ライバルたちの「その後の不遇」と名作マンガばりの頑強さ─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年5月3日 8時2分 http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3276.html

4月30日の天皇賞・春(G1)をスーパーレコードで圧勝したキタサンブラック。ヤマカツライデンが常識はずれの大逃げをしただけに、2番手のキタサンブラックがほぼ「逃げ」の展開となった。ディープインパクトのレコードを超えるペースで走りながら、最後まで脚色にぶらず後続を完封した内容はまさに圧巻。現役最強の称号を得るに相応しいレースぶりだった。
 一方、3着に敗れたサトノダイヤモンドは、レース後池江調教師が「レース後はガクガクだった」と、キタサンブラックを負かそうとした結果、相当な疲弊を見せていたようだ。大外からキタサンブラックを狙いに行かねばならない展開だっただけに、ダメージもより大きくなってしまった部分もあるだろう。今後は宝塚記念に臨むのか、秋の凱旋門賞を見据えて休養に入るのか未定としている。
 唯一最大のライバルをねじ伏せ、レース後のダメージすら残す今のキタサンブラックは、今や「歴史的名馬」の域にあるとする声も少なくない。すでにG1競走5勝でその資格はあるが、まさに今こそが全盛期といえる状態だけに、今後の活躍も十分に予感させる。今後は予定どおり宝塚記念に向かうということなので、レコードタイムの激走を見せてもダメージは想定の範囲内ということだろう。その頑健さもこの馬のストロングポイントだ。
 ただ、頑丈すぎる馬だけに、サトノダイヤモンドのようにそれについていこうとする馬たちからすればたまったものではないのだろう。一部では「壊し屋キタサンブラック」なんてあだ名までつけるものも出てきた。
 実際、日本競馬トップクラスの馬として存在感を放った昨年から、キタサンブラックとシノギを削った馬たちが次々と「脱落」している。
 昨年の宝塚記念、稍重馬場でながら逃げて前半1000m59秒台前半の厳しいラップを刻んだキタサンブラック。最後の直線では外から強襲したマリアライトとドゥラメンテに交わされ3着に敗れた。


次のページ キタサンブラックをレースで「潰し」に行けば逆に「体ごと潰される」

しかし、勝ったマリアライトは、その後糸がプッツリと切れたかのように牝馬限定戦でも惨敗を繰り返し引退。ドゥラメンテは宝塚記念後に馬運車に運ばれそのままターフを去った。(これはもともと脚の状態の悪さもあったとは思うが)。
 秋のジャパンCで圧勝したキタサンブラックだが、2着には乾坤一擲の末脚を見せたサウンズオブアースが入った。サウンズオブアースはその後有馬記念とドバイで見せ場なく敗れた。
 さらに、年末の有馬記念で2着キタサンブラックに最後まで抵抗した3着ゴールドアクターは、今春得意の中山で開催される日経賞をまさかの惨敗。天皇賞でも出遅れて本来のレースをできずに終わった。
 無論「たまたま」ということもあるだろうが、今回相当な疲労を溜めていたサトノダイヤモンドを見るに、キタサンブラックをレースで「潰し」に行けば逆に「体ごと潰される」という図式が成り立ちそうな気がしないでもない。
「競馬マンガ『みどりのマキバオー』(集英社)で、主人公の最大のライバル『カスケード』という馬がいましたが、まだ2歳の段階で宝塚記念馬アルカロイドとトレセンでマッチレースをし、敗れたもののアルカロイドが骨折引退......というあり得ない話もありましたが、サトノダイヤモンドを八つ裂きにしたキタサンブラックは、まさにそんなマンガのような馬なのかもしれません。ディープインパクトも、ライバルたちが次々故障していくというのがありましたが......」(記者)
 キタサンブラックは今や、それほど畏怖すべき領域にいるのだろうか。
 ちなみに、キタサンブラックと3回(16天皇賞、16ジャパンC、17天皇賞)馬券に絡みながら、一切調子を落としていないのがシュヴァルグランだ。一流のステイヤーとして今や誰もが一目置く存在だが、このくらい頑強でなければ、キタサンブラックに競りかけないほうがいいのかもしれない。競りかけなければ勝てないのが辛いところだが......。

[See more]

TENNO SHO(SPRING) Strategy Tool

Up-and-coming tipsters/Smash Hits -TENNO SHO(SPRING)2017-

Up-and-coming tipsters may help your prediction! We provide a lot of tips if you are an Umanity Member(Free)! It is definitely worth checking!

  • Tips(Including Pro)
  • Tips(Free Only)
Winners
Update:30Apr 16:31
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result TENNO SHO(SPRING)
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 かつんキサラギ katun kisaragi Lv 61 50% 945% 169,000
2 グルット4 GLUT4 Lv 92 12% 233% 106,600
3 福福福 sanren-huku Lv 66 100% 1906% 144,500
4 Mr.eleven Lv 86 14% 210% 77,100
5 アマノチェリーラン 1cee2f3200 Lv 12 100% 1430% 133,000 None
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold
Winners
Update:30Apr 16:31
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result TENNO SHO(SPRING)
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 katun kisaragi katun kisaragi Lv 61 50% 945% 169,000
2 GLUT4 GLUT4 Lv 92 12% 233% 106,600
3 sanren-huku sanren-huku Lv 66 100% 1906% 144,500
4 Mr.eleven Mr.eleven Lv 86 14% 210% 77,100
5 a0c9b0f52c a0c9b0f52c Lv 61 100% 1134% 103,400
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -TENNO SHO(SPRING) 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 2 3 104.5 Kitasan Black M5 58.0 Y.Take H.Shimizu WEST 536(-4) 2.2 1 R3.12.5
2 3 6 102.5 Cheval Grand M5 58.0 Y.Fukunaga Y.Tomomichi WEST 468(-6) 12.0 4 3.12.7 1_1/4
3 8 15 103.5 Satono Diamond M4 58.0 C.Lemaire Y.Ikee WEST 506(0) 2.5 2 3.12.7 Neck
4 5 10 101.7 Admire Deus M6 58.0 Y.Iwata T.Umeda WEST 490(+4) 100.0 10 3.12.8 Neck
5 4 7 100.9 Albert M6 58.0 Y.Kawada N.Hori EAST 480(+2) 22.4 6 3.13.3 3
6 5 9 99.8 Dee Majesty M4 58.0 M.Ebina Y.Ninomiya EAST 486(-2) 35.8 8 3.13.5 1_1/2
7 6 12 102.0 Gold Actor M6 58.0 N.Yokoyama T.Nakagawa EAST 494(-4) 20.7 5 3.13.6 3/4
8 7 13 99.1 Tosen Basil M5 58.0 H.Shii H.Fujiwara WEST 480(-2) 79.6 9 3.13.7 Neck
9 1 1 100.8 Sciacchetra M4 58.0 H.Tanabe K.Sumii WEST 508(-2) 9.9 3 3.13.7 Neck
10 3 5 100.9 Fata Morgana G9 58.0 S.Hamanaka Y.Arakawa WEST 494(+2) 219.1 15 3.13.8 1/2
11 7 14 98.9 One and Only M6 58.0 R.Wada S.Hashiguchi WEST 496(0) 113.9 11 3.14.1 2
12 8 16 99.4 Rainbow Line M4 58.0 M.Demuro H.Asami WEST 442(-6) 23.2 7 3.14.3 1_1/4
13 4 8 99.1 Tamamo Best Play M7 58.0 H.Yoshida K.Minai WEST 488(-2) 211.5 14 3.15.1 5
14 2 4 96.6 Spirits Minoru M5 58.0 H.Miyuki M.Honda WEST 498(0) 221.1 16 3.15.2 1/2
15 8 17 97.0 Yamakatsu Raiden M5 58.0 K.Matsuyama K.Ikezoe WEST 532(+8) 134.2 12 3.15.7 3
16 6 11 95.1 Proletariat F6 56.0 M.Sugihara S.Kojima EAST 434(-4) 326.8 17 3.15.9 1_1/4
17 1 2 96.9 Labradorite G8 58.0 M.Sakai T.Saito WEST 492(+16) 167.7 13 3.16.2 1_1/2
Lap Time 12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2
The first half 12.9-24.4-35.6-46.9-58.3
The latter half 60.2-47.7-35.5-23.9-12.2

Payoff

Win3 220 JPY 1(Fav)
Show
(Place)
3 110 JPY 1(Fav)
6 160 JPY 3(Fav)
15 110 JPY 2(Fav)
Bracket quinella2-3 1,090 JPY 3(Fav)
Quinella3-6 1,040 JPY 2(Fav)
Quinella Place3-6 260 JPY 2(Fav)
3-15 140 JPY 1(Fav)
6-15 350 JPY 3(Fav)
Exacta3-6 1,430 JPY 3(Fav)
Trio3-6-15 610 JPY 1(Fav)
Trifecta3-6-15 3,780 JPY 5(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -TENNO SHO(SPRING) 2017-

Sun,19Mar2017HANSHIN DAISHOTEN  Hanshin Turf3000m Firm

1st 9 Satono Diamond ENTRY 1.1(1Fav) C.Lemaire 3:02.6 106.6
2nd 3 Cheval Grand ENTRY 4.9(2Fav) Y.Fukunaga 1_1/2 105.9
3rd 4 Tosen Basil ENTRY 33.5(5Fav) H.Shii 2_1/2 104.3
4th 8 Tamamo Best Play ENTRY 48.0(6Fav) H.Yoshida 1_1/4 103.6
5th 1 Spirits Minoru ENTRY 94.0(8Fav) H.Miyuki Nose 103.6
>>See more

Sat,25Mar2017NIKKEI SHO  Nakayama Turf2500m Firm

1st 13 Sciacchetra ENTRY 7.3(4Fav) H.Tanabe 2:32.8 103.6
2nd 11 Miraieno Tsubasa 34.9(7Fav) Y.Fujioka 3/4 103.1
3rd 10 Admire Deus ENTRY 24.5(6Fav) Y.Iwata Head 103.1
4th 9 Rainbow Line ENTRY 5.1(2Fav) M.Demuro 1_1/4 102.2
5th 12 Gold Actor ENTRY 1.7(1Fav) H.Yoshida Neck 101.7
>>See more

Sun,2Apr2017OSAKA HAI  Hanshin Turf2000m Firm

1st 5 Kitasan Black ENTRY 2.4(1Fav) Y.Take 1:58.9 108.5
2nd 4 Staphanos 17.7(7Fav) Y.Kawada 3/4 107.9
3rd 13 Yamakatsu Ace 10.2(4Fav) K.Ikezoe 1/2 107.3
4th 14 Makahiki 3.8(2Fav) C.Lemaire 1_1/2 106.1
5th 12 Ambitious 13.2(5Fav) Y.Fukunaga Head 106.1
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -TENNO SHO(SPRING) 2017-

2016 TENNO SHO(SPRING) 1May2016 Kyoto11R Turf3200m Firm

TENNO SHO(SPRING) 2016

1st 1 Kitasan Black 4.5(2Fav) Y.Take 3:15.3 107.9
2nd 3 Curren Mirotic 99.2(13Fav) K.Ikezoe Nose 107.9
3rd 8 Cheval Grand 6.4(3Fav) Y.Fukunaga 1_1/4 107.2
Win 1 450 JPY(2Fav) Trio 1 - 3 - 8 32,350 JPY(103Fav)
Quinella 1 - 3 20,160 JPY(51Fav) Trifecta 1 - 3 - 8 242,730 JPY(682Fav)

2015 TENNO SHO(SPRING) 3May2015 Kyoto11R Turf3200m Firm

TENNO SHO(SPRING) 2015

1st 1 Gold Ship 4.6(2Fav) N.Yokoyama 3:14.7 105.2
2nd 14 Fame Game 22.6(7Fav) H.Kitamura Neck 105.2
3rd 2 Curren Mirotic 30.5(10Fav) M.Ebina 3/4 104.8
Win 1 460 JPY(2Fav) Trio 1 - 2 - 14 57,160 JPY(165Fav)
Quinella 1 - 14 6,060 JPY(22Fav) Trifecta 1 - 14 - 2 236,300 JPY(678Fav)

2014 TENNO SHO(SPRING) 4May2014 Kyoto11R Turf3200m Firm

TENNO SHO(SPRING) 2014

1st 7 Fenomeno 11.5(4Fav) M.Ebina 3:15.1 105.6
2nd 12 Win Variation 6.5(3Fav) K.Take Neck 105.6
3rd 6 Hokko Brave 101.5(12Fav) H.Tanabe Nose 105.6
Win 7 1,150 JPY(4Fav) Trio 6 - 7 - 12 38,790 JPY(87Fav)
Quinella 7 - 12 2,080 JPY(6Fav) Trifecta 7 - 12 - 6 211,180 JPY(401Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
28Apr2013
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 18 Firm Fenomeno 6.2 2 M.Ebina 3:14.2 106.8
29Apr2012
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 18 Firm Beat Black 159.6 14 S.Ishibashi 3:13.8 104.5
01May2011
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 18 Good Hiruno d'Amour 16.9 7 S.Fujita 3:20.6 102.4
02May2010
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 18 Firm Jaguar Mail 5.9 2 C.Williams 3:15.7 109.8
03May2009
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 18 Firm Meiner Kitz 46.5 12 M.Matsuoka 3:14.4 108.0
04May2008
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 14 Firm Admire Jupiter 5.8 3 Y.Iwata 3:15.1 108.5
29Apr2007
TENNO SHO(SPRING)
Kyoto 16 Firm Meisho Samson 4.5 2 M.Ishibashi 3:14.1 107.6

TENNO SHO(SPRING) Strategy Tool