Race Info > JAPAN DERBY 2017 - Results,Payoff
JAPAN DERBY 2017

Sun,28May2017

JAPAN DERBY G1

Tokyo/Turf/2400m

Menu

Related News -JAPAN DERBY 2017-

  • Arrival News

JAPAN DERBY 2017 - Rey de Oro Tactfully Defeats Strong Field of 3-Y-Os in This Year's Tokyo Yushun 

Second favorite Rey de Oro partnered with Christophe Lemaire bested his three-year-old opponents in the Tokyo Yushun (Japanese Derby) to revenge his fifth-place finish in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) and to capture his first G1 and second graded victory. The son of King Kamehameha debuted in October last year and won his first three starts including his first graded win in the year-end G2 Hopeful Stakes. This marked trainer Kazuo Fujisawa's 26th JRA-G1 victory following last week's Yushun Himba (Japanese Oaks) title with Soul Stirring and his first classic title for colts. He is the fifth trainer—first in 13 years—to win both the Oaks and Derby in the same year. For jockey Christophe Lemaire, this win marked an impressive three-week G1 winning streak, which includes the Victoria Mile with Admire Lead and Yushun Himba with Soul Stirring. He is the second jockey since Olivier Peslier in 2001 to do so. This was his first Derby win and 13th G1 victory. He is also the fifth jockey—first in 42 years—to win both the Oaks and the Derby in the same year.

Rey de Oro settled toward the rear, around fifth from last, while My Style took the front to set a slow pace. Traveling wide through the first two corners, jockey Christophe Lemaire urged his mount to make an early bid and the King Kamehameha colt responded willingly to forge its way toward the front along the backstretch. Rey de Oro tagged behind the frontrunner in second around the last two corners, nailed the front before the 200-meter pole and fended off the strong challenge by Suave Richard to claim his first G1 victory.

“We had no specific tactic, but we were forced to travel toward the rear after a slow start and the pace was slow, so I decided to move forward in the backstretch. He was very relaxed and was responding well in the homestretch so I knew we will win in the last 100 meters. I'm really happy to be able to win both the French and Japanese Derby,” commented Lemaire.

Third choice Suave Richard remained in good striking position, around seventh from the front by the rails, stirred to the outside after entering the homestretch and pursued Rey de Oro with his powerful late kick for a 3/4-length runner-up effort.

Odds on favorite Admirable, breaking from the outermost stall, traveled wide around second from the rear and though briefly checked at the top of the stretch, dislodged an impressive turn of speed that marked the fastest over the last three furlongs to reach the wire 1-1/4 lengths behind the runner-up.

Other Horses:
4th: (3) My Style―set slow pace, led until 200m marker, sustained bid, outrun in last 100m
5th: (7) Al Ain―chased leaders in 3rd or 4th, checked at top of stretch, showed effort thereafter
6th: (1) Danburite―took economic trip in 3rd or 4th, quickened after 300m marker
7th: (11) Persian Knight―raced 3-wide in mid-pack, ran willingly outside winner, weakened in last 200m
8th: (8) Trust―stalked leader in 2nd, sustained bid until 100m, outrun thereafter
9th: (10) Best Approach―traveled 3-wide in mid-group, showed effort but never a threat
10th: (6) Satono Arthur―settled in mid-pack, gradually fell back, showed belated charge
11th: (13) Cadenas―sat in rear group, turned wide, responded well at outer stretch but belated
12th: (16) Kyohei―trailed in rear, accelerated in last 300m, was too late
13th: (5) Clincher―positioned around 6th, never fired at stretch
14th: (15) Daiwa Cagney―ran 3-wide around 5th, failed to respond at stretch
15th: (17) Win Bright―raced 4-wide in mid-division, checked at early stretch, lacked needed kick
16th: (9) Meiner Sphene―traveled in mid-pack, unable to reach contention
17th: (2) America's Cup―hugged rails in mid-group, showed little at stretch
18th: (14) Jo Strictly―rated along rails in rear division, no factor throughout

[See more]

JAPAN DERBY 2017 - Comments from runners' connections 

Admirable
Hidetaka Otonashi, trainer
“He has had three races in fairly quick succession, and while it could be said that that’s asking too much of him, he’s made the adjustment each time and won his races. Coming into this race, everything’s been fine with him and as I’ve expected, with the jockey working him well. I think the horse is able to put in a good showing in any kind of race, and all being well, he’ll get a good start from the gate.”

Mirco Demuro, jockey
“There is no change with him since his last race, and I’ve come to understand the horse well, which is good. Of course, it’s a tough race, but I’m looking forward to what he can do here.”


Al Ain
Yasutoshi Ikee, trainer
“He has come on nicely since his last race, where he had to work pretty hard for the win. His footwork’s good, and he’s showing similar qualities to Orfevre before he ran in the Derby. Al Ain has run well so far, and regarding the 2,400 meters, I don’t think he needs to be pushed too hard, but I’d rather he just take up a good position and see what he can do, ridden to his full potential.”

Kohei Matsuyama, jockey
“I think the horse is in top condition, and stronger than he was for the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas). He’s a horse that always tries, and I get the feeling riding him, the distance won’t be a problem. He’s been relaxed in training, and that’s how I’d like to see him on the day. The Derby’s different from other races and it’s everybody’s goal. Fine weather would be good, and looking at last week’s racing, the inside is good, but I’ll decide things on the day.”


America's Cup
Hidetaka Otonashi, trainer
“Before the Satsuki Sho and the transportation to the track, his weight was 454kg, and that’s about what I’d like to see this time too. The horse needs to run with a good action, as when he takes the bit he goes well, and the key over the 2,400 meters will be for him to run smoothly.”

Fuma Matsuwaka, jockey
“He is relaxed and in good shape after his last race. I want to ride him in the best way possible to get a result.”


Best Approach
Nobuyuki Tashiro, assistant trainer
“All has gone as expected with him in training. In his last two races, ability-wise, there hasn’t been much difference between him and the winner, and the last race was over the Derby distance, so I think we can take a lot from that. He can be a little unruly in the paddock, but when he gets to the race, he’s fine. I want him to show his best in the big race.”

Hideaki Fujiwara, trainer
“To some extent, the interval since his last run is short, so options have been limited, but he’s trained well, and hopefully he’ll give his best effort.”


Cadenas
Kazuya Nakatake, trainer
“This is the big target for him. We’ve had him training on the woodchip course with this race in mind, and over longer distances. I’ve been satisfied with him in training, and his movement’s good. I think last time was just unfortunate, but I want him to show the potential he has here, as he did in the Yayoi Sho.”

Koichi Shirakura, assistant trainer
“He has had experience at Tokyo, and I think the distance is fine. He has done well leading up to the race, so I want him to show his true strength and ability here.”


Clincher
Hiroshi Miyamoto, trainer
“He has been training well on the woodchip course, his movement’s been good, and we’ve been concentrating on his finish. He disappointed on his debut and we don’t know why, but he has run well over 2,200 meters to prove his stamina. He is a horse that can get to the front and keep going, if things go in his favor.”


Daiwa Cagney
Takanori Kikuzawa, trainer
“He has recovered quickly from his last race. There is no tiredness about him, and we’ve just kept him ticking over to keep his condition. I think he’ll be fine with the 2,400 meters, and I have a slight worry about the start in front of the stands, but if he gets to run his best race, I’m looking forward to what he can do.”

Hiroshi Kitamura, jockey
“He is a horse that always tries, and while he’s a bit highly strung, once out of the gate, he gets on with the race itself. I’d like a smooth run throughout the race, conserving him for the long home straight.”


Danburite
Hidetaka Otonashi, trainer
“He has posted a couple of fast runs in training, so in his last workout this week, he took it easy. He can get a little tense before the race, but it’s something to be expected, and in his races he’s shown how well he can do. He has further to race this time, but his bloodlines say it shouldn’t be a problem. I’ll leave things down to the jockey, Yutaka Take.”

Yutaka Take, jockey
“He was a bit unlucky last time. He shouldn’t have a problem finding his rhythm, and adjusting to the distance looks fine for him. I’d like an inside draw.”


Jo Strictly
Hisashi Shimizu, trainer
“He has trained well with a horse in front, and him finishing on the outside, and his movement’s been good, so I have no complaints in the lead up to the race. It’s 2,400 meters this time, and while I think he can adjust to this, because he hasn’t done it before, there’s no telling what he might do. I’m not worried about the other horses, I just want my horse to run well in the condition we’ve got him in.”


Kyohei
Hiroshi Miyamoto, trainer
“He has been doing steady work on the woodchip course, with the 2,400 meter distance in mind. Looking at his last race, going further might be better for him. On his breeding, the distance shouldn’t be too much of a worry. The key is really for him to have a smooth race, and if the ground comes up soft, he can handle that perhaps a lot better than some of the other runners.”


Meiner Sphene
Takahisa Tezuka, trainer
“The week before, he did his hard work, so this week he’s done light training, which I think is sufficient. I think he’ll come on for his last race, and while I’m not worried about the distance or the track, we’ll have to see just what he can do against his strong opponents here.”


My Style
Mitsugu Kon, trainer
“The jockey (Norihiro Yokoyama) rode him recently, and put him through his paces on the woodchip course, with this race in mind. The horse is developing, as many of the 3-year-olds now are, and after the experience of his last race, with the adjustments in training, hopefully he’ll be able to put in a better race by being in a more forward position.”


Persian Knight
Yasutoshi Ikee, trainer
“He has taken some time to recover from his last run, and he’s not the type to suddenly come good. He now looks to be in good shape, looks better in his coat, and I’m pleased with his condition, by getting him back to where I want him to be. I think the distance will be fine, according to his breeding. I think it’s OK to start slow in the Derby, and race further back or midfield, which is his style of racing.”


Rey de Oro
Kazuo Fujisawa, trainer
“I was successful last week in the Yushun Himba (Japanese Oaks), so I’d like to win this time too. Even on his debut at Tokyo, this colt ran well, and I’ve been careful with him, turning him into a good 3-year-old, hopefully. He might have been just a little heavy for the Satsuki Sho, but he still ran on well to finish fifth. It’s better if he gets a good start. He has a lighter feel to him now, and he’s relaxed.”

Christophe Lemaire, jockey
“Since his debut, he’s shown plenty of ability, and we saw that when he won the Hopeful Stakes, showing a good turn of foot. Over 2,400 meters, I think he can demonstrate that again. He is a horse that can certainly run, and I have confidence in him in the Derby. He can start slowly, so I need to be careful about that.”


Satono Arthur
Yasutoshi Ikee, trainer
“He is a horse with a lot of ability, and I now think he’s developed well for this particular time in his career. He will have no problem after going a short while without a race. Of course, it’s his first time to tackle 2,400 meters, but I think the Tokyo course will suit him, and he’ll be all right with the transportation to the track. I’m looking forward to it, and I really hope the owner (Mr. Hajime Satomi) can win the Derby.”

Yuga Kawada, jockey
“He has improved in training, and in getting him this far without any problem, all looks to be good.”


Suave Richard
Yasushi Shono, trainer
“He has come back to himself quickly after the Satsuki Sho, and his legs and back are fine after just a couple of weeks since that last run. His times in training have been good, and he’s moving well. I think switching back to Tokyo, the wide course, and also going left-handed, are big pluses for him. Given these factors, he can do well here.”

Hirofumi Shii, jockey
“He is a strong horse, and the type to improve race by race. He hasn’t won since the Kyodo News Service Hai, but that was a good win, and although we won’t know about the extra distance this time until we try, the plan is to run with a good rhythm to the final corner, and then get him to finish strongly down the home straight.”


Trust
Hiroshi Nakamura, trainer
“He is a horse that doesn’t give up easily. His training’s been fine in the short interval since his last run, and his appetite remains good. In the Satsuki Sho, he had to go forward from a wide gate, but thinking of this, the longer trip could be better for a horse that likes to get to the front and try and stay there.”


Win Bright
Yoshihiro Hatakeyama
“He recovered well from his last race, and quickly got back to 470kg, and that made it good to prepare him for this race, and everything’s gone well in that respect. It will be his first time at the distance, so ideally he can produce a run where he can conserve his stamina. I think the draw and the ground will also play a part.”

Masami Matsuoka, jockey
“He is in good condition after getting rid of some stiffness. Last time he started slowly and didn’t handle the ground so well, so a tighter run this time would be good.”

[See more]

JAPAN DERBY 2017 - Preview 

After an exciting Oaks win last Sunday for the Frankel filly, Soul Stirring, attention turns to the colts this week, when Tokyo Racecourse stages one of the greatest races on the Japanese racing calendar, namely the Tokyo Yushun (Japanese Derby), on Sunday, May 28. Nineteen 3-year-old colts have been nominated for the 84th running of the race, to be run over 2,400 meters on the turf track at Tokyo Racecourse, just outside of central Tokyo.

A race that was first run in 1932 at the Meguro Racecourse, some of Japan's greatest thoroughbreds have left their mark on the race, including seven Triple Crown winners, the latest of which was Orfevre in 2011. There are no fillies nominated this year, so it's all down to the boys, and Al Ain will be bidding to become the 24th horse to go on and win the Derby after securing the first leg of the Triple Crown, the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas).

Lead up races to this year's Tokyo Yushun (Japanese Derby) have included the Grade 1 Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), Grade 2 TV Tokyo Hai Aoba Sho, Grade 1 NHK Mile Cup, Grade 2 Kyoto Shimbun Hai, and the open class Principal Stakes. The first two of those races were held in April, while the latter three were held earlier this month. Automatic entry to the Derby is given to the first four home in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), the first two past the post in the Aoba Sho, and the winner of the Principal Stakes. As things have turned out, the first six horses from the Satsuki Sho will take each other on – or at least have been nominated – for the Derby.

First favorites have won four times in the last 10 years, and the last to do so was Duramente in 2015, who also set a new record for the race that year, winning in a time of 2 minutes, 23.2 seconds. Deep Impact sired colts have won three times in the last decade, proving that the 2005 Derby winner is still influencing the way things have been more recently. The total purse this year is a hefty \432 million, with \200 million going to the winner. The Tokyo Yushun (Japanese Derby) will be Race 10 on the card on Sunday, with a post time of 15:40 local time.

Here's a look at some of the runners the huge crowd on Sunday will be cheering on:

Al Ain: The colt by Deep Impact provided jockey Kohei Matsuyama with his first Grade 1 victory in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), and is one of a strong hand that trainer Yasutoshi Ikee fields for the race. Of the colt, he said, “A little while ago, his times were not so quick, but his responses were good, as well as the way he moved. The intention is to get him posting faster times in the lead up to the race. While he's showed a lot of class in what he's done so far, the key will really be seeing out the 2,400 meters.” Once again, the 27-year-old Matsuyama, who has ridden in the Derby three times, is scheduled to get the ride.

Persian Knight: The Harbinger colt has never been unplaced in six starts, and he has three wins to his name. He made up good ground late in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), his last run, to finish second. With a lot of activity in jockeys securing rides, it looks as if Keita Tosaki will ride him this time. The horse is another from Yasutoshi Ikee's yard, and the trainer said, “He's taken a bit of time to come back to himself, and hopefully he'll be in good shape by the time of the race. Pedigree wise, I see no problem with the 2,400 meters.”

Satono Arthur: Another Deep Impact colt that cost owner Hajime Satomi a near king's ransom, the horse has already started to repay some of his heady purchase fee. He is two wins and two seconds from four starts, and he finished second to Al Ain in the Grade 3 Mainichi Hai over 1,800 meters at Hanshin in March, his latest run. A stablemate of Al Ain and Persian Knight, the trainer stated recently: “He looked a little lackluster a while ago and dull in his coat, but as we get nearer to the race, he's looking better. It'll be his first time over 2,400 meters, but I think the long straight will suit him.”

Admirable: This well bred colt by Deep Impact out of the Symboli Kris S mare, Scarlet, is seemingly on the up, and has three wins from four starts, with two of those wins coming over 2,400 meters. He won the Grade 2 TV Tokyo Hai Aoba Sho most recently, winning by 2 1/2 lengths, while being sent off as the overwhelming favorite at 1.5-1. Jockey Mirco Demuro teams up with Ritto-based trainer Hidetaka Otonashi, and the trainer said, “The horse has raced three times recently with three week intervals in between, but he adjusts every time and just keeps getting better with each race. He started slowly last time in the Aoba Sho, and I was worried, but from the third corner he started to gain momentum and finished off so well to win the race.”

Danburite: Also hailing from the stable of Hidetaka Otonashi, the colt by Rulership has been just a little unlucky, considering his three third-place finishes that accompany his one win and one second from six career starts. Derby winners come as second nature to jockey Yutaka Take, and now in the 30th year of his career, will he make it another great win aboard Danburite? The trainer stated: “He was a bit unlucky last time, taking a slight bump on the final bend, and the eventual winner getting a run on him on the inside. So, bearing those things in mind, there wasn't really much difference between him and the winner. He's had his usual break at the farm, where everything's been satisfactory with him.”

Suave Richard: An expensive buy at the 2014 Select Sale, the colt by Heart's Cry certainly seems no slouch, and has already notched up two wins and two seconds from five races so far. Connections felt his sixth-place finish in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) was down to him not quite handling the tight, right-handed track at Nakayama. Trainer Yasushi Shono has no Grade 1 wins to date, but Suave Richard could change all that. The trainer said, “He's had a two-week break at the farm, which has been good for him, getting rid of any tiredness. He's starting better in his races, and last time he couldn't quite finish so well going right-handed. He's switching back to Tokyo, where he won the Grade 3 Kyodo News Service Hai, and the way he won that time, left-handed at Tokyo would seem best for him.”

Rey de Oro: Trained by Kazuo Fujisawa and ridden by Christophe Lemaire, this dynamic duo were responsible for Soul Stirring's victory in the Oaks last week, and they team up again here in the Derby. The King Kamehameha colt has just had the one run this year, finishing fifth in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas). Daisuke Tsumagari, assistant trainer, said, “He was well back in his last race, and despite a tremendous finish, the winning post came too soon. You would have to say that it was a good run, with what he showed he could do, even though he had to settle for fifth. He's had a break at the farm, and came back to the stable on May 4, and everything's been fine on his return.” With back-to-back Grade 1 wins for Lemaire in the Victoria Mile and Yushun Himba, will it be a hat trick for the French jockey making such a name for himself here in Japan?

Daiwa Cagney: Unbeaten in three races at Tokyo, the Shadai Farm-bred Daiwa Cagney was a 2 1/2 length winner of the Principal Stakes in his last start, an open class race over 2,000 meters at Tokyo early this month. Trainer Takanori Kikuzawa scored his first Grade 1 victory recently with Aerolithe in the NHK Mile Cup, and said of Daiwa Cagney: “The key to him is keeping him relaxed, and he was fine last time in the Principal Stakes, both in the preliminaries and during the race, which he won well. The worries I have are the start in front of the stands, and the fact that it's still early in his career.”

[See more]

>>See more

東京優駿(日本ダービー)2017/人気
「頭はとにかく1番人気」
過去10年で1番人気、3番人気がともに4勝を挙げており、人気馬の信頼度は抜群に高いレース。エイシンフラッシュ(7番人気)が勝った2010年以外はすべて3番人気以内に支持された馬が優勝している
人気 着度数
1番人気 4-1-2-3/10
2番人気 1-1-0-8/10
3番人気 4-1-1-4/10
4番人気 0-0-1-9/10
5番人気 0-4-0-6/10
6番人気 0-0-1-9/10
7〜9番人気 1-0-4-25/30
10番人気〜 0-3-1-84/88
東京優駿(日本ダービー)2017/脚質
「差し馬が信頼度では1番」
過去10年で差し馬が6勝(11連対)で抜けた信頼度。対して逃げ切りは一度もなく、先行馬の成績も奮わない。末脚のしっかりした馬をチョイスしたい。
脚質 着度数
逃げ 0-1-1-8/10
先行 2-3-1-28/34
差し 6-5-6-68/85
追込 2-1-2-44/49
東京優駿(日本ダービー)2017/枠順
「1枠を筆頭に内枠が◎」
過去10年で1枠〜4枠が8勝(12連対)に対し、5枠〜8枠が2勝(7連対)となっており、とにかく内枠が有利。中でも最多5勝の1枠は2008年、2009年、2010年と3年連続勝利を挙げており、当レースで最も警戒すべき枠となっている。軸馬を選ぶ際は内枠からが近年のダービーのセオリーだ。
枠番 着度数
1枠 5-1-2-12/20
2枠 2-0-3-15/20
3枠 1-0-0-19/20
4枠 0-3-2-14/19
5枠 1-1-1-17/20
6枠 0-2-1-17/20
7枠 1-1-2-26/30
8枠 0-1-0-28/29
東京優駿(日本ダービー)2017/前走レース
「例外はキズナのみ!前走GI出走が◎」
過去10年の優勝馬はキズナを除きすべて、前走で「皐月賞」・「NHKマイルC」「桜花賞」のGI レースに出走。中でも皐月賞は7勝2着6回3着5回と突出した実績となっており、主力ローテーションと言える。 また、青葉賞・京都新聞杯からは過去10年では勝ち馬はキズナ1頭のみと苦戦。基本的には2着までと考えて良さそう。
レース名 着度数
皐月賞 7-6-5-61/79
京都新聞杯 1-1-1-19/22
NHKマイルカップ 1-1-1-28/31
桜花賞 1-0-0-1/2
青葉賞 0-2-2-23/27

※対象データ(東京優駿(日本ダービー)過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は東京10R「東京優駿日本ダービー) G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、アドミラブルアルアインレイデオロペルシアンナイトの4頭。第2グループ(黄)は、ベストアプローチスワーヴリチャードダンビュライトの3頭。第3グループ(薄黄)はカデナダイワキャグニーの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間ではペルシアンナイトベストアプローチ間で1.3の溝、ダンビュライトカデナ間で1.0の溝がありますが、決して大きな溝ではなく、かなりの混戦模様の分布となっています。

私の本命は◎アドミラブルとしたいと思います。

長期休養明けの未勝利戦でディープスカイの持つ毎日杯(1800m)1分46秒0のレコードを上回る超抜時計1分45秒8をマーク。さらに前走の青葉賞でもロスの多い粗削り競馬ながら最後は流してレコードV。低調な今年の牡馬戦線では能力的に一歩抜けている可能性が高いと見ます。懸念材料である18番も土曜日の芝状態を見るに外からの差しも決まっていましたので、そこまで大きな不利にならないと判断しました。青葉賞勝ち馬から初めてのダービー馬誕生を期待しています!

以下、○アルアイン、▲スワーヴリチャード、△レイデオロと印を打ちます。

【馬連ながし】
18

4,7,12

【馬単ながし】
18

4,7,12

【3連単ながし】
18

4,7,12

4,6,7,11,12,15


18

4,6,7,11,12,15

4,7,12

計36点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/日本ダービー G1(霧プロ)05月28日() 13:00競馬プロ予想MAX

 去る5月24日に、競馬予想SNSウマニティはおかげさまで10周年を迎えることになりました。今後ともウマニティならびに当コラムをよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。
 さて、本日は競馬の祭典・日本ダービーが開催されます。日本中が注目するこの大一番を予想してくれるのは、“競馬予想界のファンタジスタ”の異名をとるウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。先週大幅プラスだった絶好調男の結論にご注目ください。
 本命は「左回りのほうが走りは圧倒的にスムーズで、ここが叩き2戦目という余裕のあるローテも魅力」のスワーヴリチャード。対抗は「馬場さえ良ければ末脚の破壊力は上位」のサトノアーサー。単穴は「大外枠の克服が鍵も、スケールの大きさは最上位」のアドミラブル。以下、レイデオロアルアインペルシアンナイトの順に押さえ、馬券は馬連・3連複1頭軸流しあΝЛ欧脳”蕕靴泙后
 本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

くりーくの中間調教チェック 2017日本ダービー05月27日() 17:30くりーく

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

アルアイン(B)
前走の皐月賞時に比べるとローテーションに余裕があるため入念な乗り込み。1週前の追い切りでは手応え抜群の動きをみせていて調子落ちはなさそう。

ペルシアンナイト(B)
乗り込み量も豊富で使われるごとに追いきりでも折り合いを気にせず調教できるようになってきた。1週前の追い切りもいつも通り併せて一杯に追われ好時計。ここまでは順調にきています。

ダンビュライト(E)
武豊騎手騎乗で1週前の追い切り。まだ動きが重い感じに映りあと1週でどこまで変わってくるか。

クリンチャー(B)
これまで通り1週前にCWを長めから強めに乗られ前走以上の時計が出て順調な仕上がり。

ベストアプローチ(C)
弥生賞までは平均月1ペースでの出走。少し間隔を空けた青葉賞でしたが本数を乗られていたものの馬なりでの追い切りのみで好走。中間も馬なりで3本乗られ最終追い切りを前に調子落ちはなさそうな出来。

ダイワキャグニー(D)
この馬は1週前に南Wで時計を出してきた馬で今回も南Wでの追い切りでしたが長めからと言う訳でもなく時計が速いと言う訳でもなく間隔も詰っており上積みまではどうか。


◇賞金決定順◇

カデナ(B)
この馬は坂路で乗られてきて直前の追い切りで終いがしっかり伸びている時は好走してきています。この中間は強く追われていなく1週前の追い切りがCWを長めからに変えてきたところは気になります。ここにきて調教内容の変更は良い方に考えることはできませんが最終追い切りの動きを見て終いの伸びが良いようなら押さえておきたい馬ではあります。

レイデオロ(C)
長期休養明けの皐月賞はかなり乗り込まれての出走でしたがプラス体重で絞り切れていない印象。パドックでもいつもと同じで気負い気味。それでも後方からで5着までくるくらいだから能力はある。この中間は思っていたよりも牧場から戻すのが遅くトレセンでの本数も少ない気もしますが日、水、日に南W、南W,坂路といつも通りの内容あとは最終追いでどう仕上げてくるか。ただパドックでのイレ込みがある馬なので距離延長はプラスになるとは思いません。

ウインブライト(D)
皐月賞出走をかけたスプリングSでの追い切りに比べると前走時は物足りない印象が残りました。この中間も乗り込まれているものの1週前の追い切りでは全体的に重心が高く前に伸びる感じが少なくスプリングS出走時の良い動きまではいっていない感じです。

ジョーストリクトリ(D)
NHKマイルCからの出走となるこの馬ですが近走は間隔が詰まっておりこの中間もローテ−ション的には厳しい。一気の距離延長もプラスには働かないと思いますし好走の条件が見当たらない。

アメリカズカップ(B)
終いの伸び脚が物足りなかった皐月賞時に比べると今回の1週前追い切りは最後のひと伸びがありました。調教で終いまでしっかり伸びている時はレースで好走する印象があり最終追い切りの動き次第では今回は好走の可能性もありそうです。

キョウヘイ(D)
これまで使われてきているレースを見てもここ目標という感じはない馬。間隔が詰まっているとはいえ1週前の追い切りはなく前走後の初時計が日曜日と状態面での上積みはなさそう。最終追い切りでの1本でどれだけ変われるのか。

トラスト(C)
成績はついてきませんが追い切りの動きは悪くない。毎日杯、皐月賞、NHKマイルCと厳しいローテーションできているので上積みはありそうもないが坂路でもCWでも好時計が出ている時は好走しているので最終追い切りで変わり身があるのかどうか。

マイスタイル(B)
デビューから月1のローテーションも1週前の追い切りの動きは悪くない。速い時計を出す厩舎なので時計だけ見て評価するのは危険ですが併せ馬でほとんど遅れることのない馬なので思っているほど調子落ちはないのではないかと思います。

マイネルスフェーン(D)
久しぶりの青葉賞は物足りない調教内容。この中間は2週前から時計を出しており上積みはありそうだが伸びきれない動きを見るとガラッと変わった印象はない。


アドミラブルスワーヴリチャードサトノアーサーについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


今回は日本ダービー編でした。
今回で84回目を迎える今年の日本ダービーですが第60回から毎年東京競馬場で生観戦しています。どんなことでも20年以上も続けられることはなかなかないと思いますしできそうでできないことだと思います。やはりそれだけ競馬には魅力がありダービーには夢があるのだと思います。オーナー、生産者、調教師、ジョッキーなど競馬に関わる仕事をしている人達そして競馬ファンとすべての人たちが夢を見ることのできる場所に今年も居たいと思います。そして今年は誰の夢が叶うのかみんなで見届けましょう。
尚、日本ダービー出走各馬の最終追い切りについては最終予想内でコメントする予定です。
それでは次回、宝塚記念編でお会いしましょう。。ヽ(^o^)丿


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017日本ダービー〜05月26日(金) 15:00山崎エリカ

アドミラブルが青葉賞で見せた強さと危うさ
__________________________


 今年の3歳牡馬クラシック路線は長らく「低調」と言われてきました。しかし、皐月賞は直前の上り馬アルアインペルシアンナイトがワン、ツーを決め、ギリギリ水準レベルを保つ結果。PP指数上は、アルアインがハイレベルと言われた昨年の皐月賞出走なら4着(エアスピネルと同着)、ドゥラメンテが勝った2015年の皐月賞出走なら2着(リアルスティールと同着)、イスラボニータが勝った2014年の皐月賞なら勝利しているという結果になりました。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さらに青葉賞ではアドミラブルがレースレコードで完勝し、皐月賞組に待ったを掛ける形。青葉賞は例年スローペースになることが多く(過去9年がスローペース)、レコードタイムが出づらいのに対して、今年は超高速馬場の平均ペースで決着したことがレースレコードに繋がった一面はあります。しかし、それを加味しても青葉賞は水準以上。皐月賞馬アルアインを1pt上回る指数(タイム換算すると0.1秒上回る指数)で勝利しました。

 これまで青葉賞馬がダービーで善戦することは何度かあれど、ダービー馬が誕生したことはありません。この一番大きな理由は、皐月賞よりも青葉賞のほうがレベルが低いことです。そしてもうひとつの理由は、日本ダービーと青葉賞ではレースの流れが異なること。ダービーは中緩みの少ない流れになるのに対して、青葉賞は中緩みが生じます。例年であれば中盤4Fは50秒台まで緩むこともあるのに、今年の青葉賞は、前半4F47秒3-中盤4F49秒2-後半4F47秒1とそれほど緩んでおらず、「これぞダービーラップ」と言われても頷けるラップ。

 つまり、アドミラブルは青葉賞で日本ダービーのような流れを、皐月賞馬アルアイン以上の指数をマークしたのですから、日本ダービーで1番人気に支持されても当然レベルの馬ということになります。しかし、アドミラブルは青葉賞で強さを見せると同時に、弱点をさらけ出す形となりました。その弱点とは・・・

[See more]

【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2017日本ダービー〜05月26日(金) 13:00岡村信将

日本ダービーが行われる東京芝2400mは、ラップギアコース適性値【瞬8平2消0】の瞬発特化コースで、直線入り口からの1ハロンで急激にペースが上がるのが特徴。8割方、スローからヨーイドンの競馬だと考えて間違いない。

これは東京芝の長距離ではよく見られるラップの構成で、近年では新潟、阪神、中京でも同様の傾向がみられるようになってきたものの、札幌や福島、小倉なのどのローカルはもちろん、中山や京都ともラップの構成がまったく違う。

そういった「東京芝の長距離」の中でも、ジャパンカップよりペースが緩み、(上位は)能力の高い馬がそろう日本ダービーは、JRA全レースの中でも屈指の「瞬発力勝負」になりやすい。近年は新潟2歳Sのほうがその傾向が強くなってきたのだが、それでもJRA屈指であることに変わりはない。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


現代のダービーは、瞬発力のみが求められる「特殊なレース」。逆にダービーで必要不可欠な「究極の瞬発力」は、古馬G1戦線ではほとんど必要とされないため、能力よりも瞬発適性で勝ったようなダービー馬、つまり“ダービーだけの一冠馬”の多くは、そのあと苦戦が続くことになる。瞬発力が頼りになる古馬G1というと、ジャパンカップとスローペースになったときの天皇賞(秋)ぐらいだろうか。

そういった理由で、古馬になってG1戦線で全般的に活躍できるのはダービー馬よりも皐月賞馬や菊花賞馬のほうであり、“ダービーと菊花賞”の二冠馬が誕生しにくいのもそれが理由。ラップギアのコース適性値で言うと皐月賞 や菊花賞 「瞬5平4消1」 に対してのダービー 「瞬8平2消0」。皐月賞や菊花賞とは「求められる適性」がまったく違うのだ。

ラップギアについては、下記URLを参照してみてください。
http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html


三冠馬とはそういった「異なる適性をすべて凌駕した上で成り立つもの」だからこそ価値がある。それは牝馬三冠にしても同じことで、近年桜花賞とオークスの二冠馬が多いのは、阪神芝1600mも東京芝2400mも同じラップギアのコース適性値 【瞬8平2消0】になってしまったからという理由に他ならない。2006年春以前の阪神芝1600m桜花賞は 「瞬3平6消1」で絶妙なバランスだったのだが、2007年以降の牝馬クラシック路線は二冠馬が誕生しやすいレース構成になってしまった。


■近年のダービー、人気で敗れた主な馬のラップギア適性値

1997年 2番人気 5着 ランニングゲイル  【瞬1平3消1】
1998年 3番人気 4着 セイウンスカイ   【瞬2平2消0】
2000年 2番人気 12着 ダイタクリーヴァ  【瞬0平5消1】
2001年 2番人気 5着 クロフネ      【瞬1平4消0】
2002年 2番人気 8着 ノーリーズン    【瞬1平2消0】
2004年 2番人気 8着 コスモバルク    【瞬2平2消0】
2008年 3番人気 18着 サクセスブロッケン 【瞬1平2消1】
2010年 1番人気 3着 ヴィクトワールピサ 【瞬3平3消0】
2010年 2番人気 6着 ペルーサ      【瞬2平2消0】
2010年 3番人気 9着 ヒルノダムール   【瞬2平3消0】
2011年 3番人気 12着 デボネア      【瞬0平1消1】
2014年 2番人気 6着 トゥザワールド   【瞬2平4消0】
2014年 4番人気 12着 レッドリヴェール  【瞬2平2消0】
それらに加えて
2012年 1番人気 4着 ワールドエース   【瞬3平2消0】
2013年 2番人気 5着 ロゴタイプ     【瞬3平2消0】
2015年 3番人気 3着 サトノクラウン   【瞬2平1消0】
この辺りも瞬発力不足が明らかだったと思われる。

単勝27.6倍フサイチコンコルド 【瞬2平0消0】
単勝13.6倍サニーブライアン  【瞬4平0消0】
単勝10.5倍ウオッカ      【瞬6平0消0】
単勝31.9倍エイシンフラッシュ 【瞬3平0消0】
荒れた年だって例外ではない。日本ダービーは間違いなく瞬発力で勝負するレースだ。


■2017年日本ダービーに出走予定のラップギア適性値

※瞬発力が不足していると思われる馬
ダンビュライト  【瞬1平1消0】
クリンチャー   【瞬1平1消0】
トラスト     【瞬0平2消0】
ベストアプローチ 【瞬1平2消0】
レイデオロ    【瞬1平2消0】
キョウヘイ    【瞬1平2消0】
ウインブライト  【瞬1平3消0】



先に「ダービーは瞬発力のみが求められる特殊なレース」と書いたのだが、それは古馬(中距離)重賞を基準としての話。ちょっとややこしくなるのだが、
古馬中距離重賞を基準とした場合「皐月賞が主流でダービーは傍流」なのだが、
2〜3歳重賞を基準とした場合は「ダービーが主流で皐月賞は傍流」だと考えられる。
つまり2〜3歳重賞と古馬重賞は、まったく別物ではないかという論法だ。

もう少し噛み砕いて説明すると、2〜3歳新馬戦はスローからの瞬発力勝負になりやすい。2〜3歳の重賞も少頭数であることが多く、これもスローからの瞬発力勝負になりやすい。だから新馬で強い競馬をした馬は、重賞でも好勝負をする可能性が高くなる。それが、岡村信将が「デビュー1戦だけで出世しやすい馬のラップが分かる」と言い始めた根拠でもある。

しかし皐月賞は、多くの3歳馬が初めて経験する「厳しい流れのレース」。皐月賞の人気要素は「少頭数の重賞」、つまりはスローからの瞬発力勝負を基準として形成されてゆき、それが「スローからの瞬発力勝負ではない」皐月賞で一旦リセットされてしまうということだ。

東京スポーツ杯2歳S、朝日杯フューチュリティS、共同通信杯にきさらぎ賞と弥生賞、王道と言われる重賞路線はすべて基本「スローからの瞬発戦」想定だと考えられる。違うのは京成杯ぐらいではないか? ホープフルS、スプリングSはどうかな? ちょっと今は調べる時間がないのだが。

逆に古馬の中距離重賞は、世代限定の(2〜3歳)重賞よりもペースが引き締まり、その多くが皐月賞に近い、持久力を必要とする流れになりやすい。だから古馬にとって「皐月賞が主流でダービーは傍流」。ダービーは特殊なレースという位置付けにもなる。

最近こういうことを考えていたのだが、だからこそ、ダービーでは・・・

[See more]

【kmのG1データブレイカー】〜2017日本ダービー〜05月26日(金) 12:30km

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”、おまけコーナーの”血統診断”も合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
日本ダービー

・前走4-8枠【0.3.2.55】
・前走7-18番【0.3.2.48】

アドミラブル→前走7枠10番(青葉賞1着)
アメリカズカップ→前走6枠12番(きさらぎ賞1着)
アルアイン→前走6枠11番(皐月賞1着)
ウインブライト→前走8枠17番(スプリングS1着)
クリンチャー→前走8枠16番(すみれS1着)
ジョーストリクトリ→前走4枠7番(ニュージーランドT1着)
ダイワキャグニー→前走6枠8番(プリンシパルS1着)
ダンビュライト→前走5枠10番(皐月賞3着)
ベストアプローチ→前走7枠9番(青葉賞2着)
ペルシアンナイト→前走4枠7番(皐月賞2着)

若駒には過酷な2400mを勝ち切るには経済コースを通ることが必須で、前走でその予行演習をできたかどうかが明暗を分けるようです。
ただ、今年は該当馬に競馬上手な馬が多く、その心配も杞憂に終わるでしょう!

[See more]

【濃霧注意報DX】〜日本ダービー(2017年)展望〜05月26日(金) 10:45

 皆さんは、東京競馬場に行かれたことがあるでしょうか。
 私のような地方民にはなかなか縁遠い場所ではありますが、それでも20年以上競馬ファンでいると、足を運ぶ機会は何度もありました。G1の開催日を狙って遠征してみたり、お目当てのレースはなくとも、首都圏に住む旧友達と会うための場所として利用してみたり、近くまで用事があった際にぶらりと立ち寄ってみたり……などなど、私なりに色々な表情の東京競馬場を見てきたつもりです。
 そんな中でも最も印象に残っているのが、2002年、タニノギムレットが勝ったダービーの日。この日が私にとって初めての”生ダービー”だったのですが、何というか……朝からもう雰囲気が違ったのですよね。人の数が普通の開催とは段違いでしたし、1レース発走前にも関わらず、メイン前後かと錯覚するようなファンの熱気。メインが近づくに連れて熱量は増していき、お目当てのダービーの直線では十数万人の興奮や歓声に当てられ、いつしか私もこれでもかと言わんばかりに叫んでいました。
 そして思いました。これがダービーか、と。
 それから随分と年を重ねましたが、あの日以降もずっと、ダービーというレースからは上手く言葉では表現できない”特別な何か”を感じています。恐らく同じ経験や感覚を持つ方も少なくないと思うのですが、そんな特別なレースで予想も的中できたら最高ですよね。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 まだ発走までは2日あります。興奮や緊張は抑えて、今は冷静に予習を繰り返しておきたいところ。私もこのレースは毎年毎年冷静さを欠いた予想を披露してしまっていますので、コラム執筆を通しながらしっかりと自分の予想も組み上げていきたいですね。
 それでは、前置きが長くなりましたが……日本ダービー展望、まいります。



 今年のダービーを考える上で最も大きなカギを握るのが、皐月賞組の評価。
 既に皆さんもご存知の通り、今年の皐月賞は9番人気−4番人気−12番人気という大波乱の結果となりましたが、ここでの上位陣がダービーでも存在感を発揮すると考えるのか、或いは着順を落とすと考えるかによって、買い目は全く違ってきます。
 今年の皐月賞で注目すべき点は、極めて速い時計での決着だったということ。
 上位陣が本当に強くて速い時計になったという可能性もありますが、この日の中山芝コースは異様なまでに速い時計の出る馬場に変貌しており、能力差というよりはこの特殊な馬場への適性差が勝負を分けたように思えてなりません。
 実際に、時計的にはかなりのハイレベルで走れているはずの10着馬プラチナヴォイス、12着馬アウトライアーズ、13着馬トラストは、メンバー的にはだいぶ落ちるはずのNHKマイルカップにおいても着順はほとんど上がらず、見せ場すらなく敗れています。
 指数などを見ても皐月賞というレース自体は高い数値を示していますが、それが”本当の強さ”を示しているのかは少し疑ってみるべきではないかと考えます。
 この観点を踏まえると、例年ならば真っ先に馬券圏内候補となる皐月賞上位組は、今年に限れば非常に悩ましい存在に映ってきます。
 順番に触れていくと……まずは皐月賞馬のアルアイン
 ここまで5戦4勝、敗れたシンザン記念は致命的な不利があってのもので、実質崩れていない馬ではありますが、皐月賞前までのレースレベルはかなり平凡。上がり上位の末脚を使うことも少なく、ダート寄りの母系を持つディープインパクト産駒という血統も考えると・・・

[See more]

【各馬の前走と妙味】〜2017日本ダービー〜05月24日(水) 16:00夢月

東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走予定馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■

直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回って、どれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは、極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視が安全策。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠なのですが、今年に限りそうとは言えない印象。それは、Bコースの馬場が思ったより悪くなってしまい、先週の時点でCコースの馬場をバンバン走ってしまっていること。ダービーまでにさらにダメージを受けているようだと、この穴パターンの基本線となる考え方はもう通用しなくなってくるでしょう。
以上のことから、今年の日本ダービーは枠に関係なく単純に強い馬が勝ちそうで、予想する側はどれだけ各馬の地力を正確に把握出来ているかにかかっていると言えます。
オーソドックスながらも大変難しいレースになるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドミラブル
●前走青葉賞 G2 1着 (経由3頭)
最後方で折り合いに専念し、大外を回すロスをものともせず先頭を射程圏に入れ、楽に突き放して快勝。
直線は遊びながら走って着差を広げており相当な器だろう。
本番までに・・・

[See more]

【U指数的分析】日本ダービー05月24日(水) 12:15【ウマニティ】

日本ダービー

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは日本ダービーです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●新連載・U指数公認攻略&本格検証系コラム『【U指数コラム】活用法を伝授!予想力・回収率UP大作戦!』も好評連載中!!

<ポイント 
・U指数下位の人気薄が1頭絡んでのちょい荒れはたまにあるが、基本的に指数上位馬を信頼できるレース。指数1位は単勝回収率118.0%、複勝回収率80.0%。指数2位は単勝回収率170.0%、複勝回収率110.0%。

<ポイント◆
・低指数馬の激走はほとんどない。指数90未満は【0 0 0 12】。指数10位以下は【0 1 1 43】。指数10以下の低指数馬同士の組み合わせは期待薄。絡めるとしてもヒモまで。

<ポイント>
・ちょい荒れの年は3着に指数下位の人気薄が食い込むパターンが多く、上位2頭は指数上位が占める傾向にある。指数1〜2位+指数1〜5位というフォーメーションを購入した際の馬連回収率256.3%、馬単回収率366.7%。


日本ダービーの予想U指数はこちら⇒(日本ダービー重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は安田記念となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見...05月23日(火) 18:30競馬プロ予想MAX

前回の〜オークス編〜では、勝利したソウルスターリングへの「総合力で世代トップの能力に疑いはない」(河内一秀プロ)や「桜花賞の敗因は馬場。出走馬で最も幅広の蹄をしており、渋った馬場では走りづらかったはず」(サラマッポプロ)といった声や、3着アドマイヤミヤビへの「直前に強く追ってくるようだとかなり危険。逆に、百日草特別やクイーンC時のような馬なりであれば狙える」(くりーくプロ)などのコメントをご紹介。貴重な情報が詰まった当コラムを、是非予想の参考にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、5/28(日)G1日本ダービー
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/22(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
アドミラブル
 サラマッポ 休養明け後に3連勝。全て余裕のある勝ちっぷりで、まだ底を見せてない印象です。500キロ超の雄大な馬体、体幹のしっかりした走り、前さばきの硬さから、パワーも十分あり、仮に道悪でも問題ないですね。今年の牡馬クラシックは混戦で、青葉賞からというローテーションも気にする必要はなさそうです。
 スガダイ 青葉賞は強かったな。あの時計は立派だよ。ただ相手がかなり弱かったのは事実。今回は大幅に相手が強くなるし、頭数も増える。前走のように出遅れて大外を回すような競馬になるとどうかな。そんな競馬でも勝ってしまいそうな可能性は感じる馬だけどね。青葉賞組は勝てないってジンクスはあまり気にする必要はないと思うよ。青葉賞のレベルが高い年はダービーでもしっかり好走しているし、フェノーメノなんかは勝ちに等しい競馬だった。ただ、青葉賞馬がダービーを勝ったら、藤沢先生は悔しいだろうね......。
 km そうですね。能力上位は判っていても、後ろから競馬をするのであれば脚質的に取りこぼす可能性がありますよね。そういう意味で“鉄板”ではありませんよね。
 河内一秀 青葉賞勝ちの指数は近年の中ではかなりのハイレベルで、匹敵するのは2012年のフェノーメノまで遡る。そのフェノーメノはダービーで2着に入線しているのだから、当然今回も勝ち負けの期待ができるし、ノド鳴りが完治した2戦目以降は順調に指数を伸ばしている点も好印象だね。
 くりーく この馬のポイントとして必ず出てくることがノドの手術。手術の結果に関して詳しくは分かりませんが、新馬戦と手術後の未勝利戦の調教過程がほぼ同じなので、どこが変わったのか比較してみると終い4F、3Fの時計がガラリと良くなりました。手術前と手術後の追い切り映像を見ても、普通に走っていちばん苦しくなる後半の数百メートルの走りが楽になりました。ノドの状態が悪くなれば調教での走りも悪くなるハズですが青葉賞時、ダービー1週前の動きを見ても悪くなっているようには見えないので、今のところレースに悪い影響を与えることはないと思います。また、トライアル的なレースをする印象がないデムーロ騎手が青葉賞で「ダービーを勝つための練習」と言っていたこと、皐月賞2着馬を断ってこの馬に乗ることを考えてもこの馬の能力の高さが分かると思います。休み明けの未勝利戦を驚異の時計で勝ち上がったのが3月5日。そこからギリギリのローテーションの中ここまで順調に結果を残してダービーに出走できることは運があってこそ。ダービーを勝つための運を持っているのかもしれません。

スワーヴリチャード
 km 元からダービーを目標に進んできた馬ですから、臨戦過程には好感が持てます。距離は合いますし、東京替わりも問題ありません。…が、管理する庄野厩舎は絶不調。昨年29勝に対して、今年は未だ3勝(原稿執筆時点)です。ここが非常に気になるポイントです。
 くりーく この馬は新馬戦でも◎にしたくらい調教では時計の出る馬で、毎回好時計を出しています。ただ右にササるところがある馬なので、右回りのレースだと慎重に乗らなくてはならず力を発揮できないところがあります。皐月賞でも直線で一番左ムチを入れたいところで右からしかムチを入れていませんでした。今回は左回りの東京コースなので、この中間は前走時ほど真っ直ぐ走らせることを気にした調整ではなく乗り込み量も豊富です。1週前には四位騎手騎乗で強めに追われており、いつも通りの追い切りを消化できていますし、今回は変わり身が十分あると思います。
 河内一秀 クラシックと相性の良い共同通信杯の勝ち馬ということで、皐月賞では2番人気に推されたわけだけど、特に見せ場もないまま6着敗戦。ただ・・・

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】東京優駿2017・GIのネット...05月22日(月) 10:30ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第84回 東京優駿(日本ダービー) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月21日号】特選...05月21日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 日本ダービー 2017年05月28日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【前走の単勝人気順別成績(2012年以降)】
○5番人気以内 [5-5-3-36](複勝率26.5%)
×6番人気以下 [0-0-2-38](複勝率5.0%)

 2012年以降の連対馬は前走で上位人気に推されていた馬ばかり。1999〜2016年の過去18回まで集計対象を広げても、前走の単勝人気順が6番人気以下だった馬は[2-1-4-121](複勝率5.5%)とあまり優勝争いに食い込めていません。前哨戦で穴をあけたばかりの馬は過信禁物と見るべきでしょう。ちなみに、数少ない例外である2006年1着のメイショウサムソン、2010年1着のエイシンフラッシュ、2011年2着のウインバリアシオンは、それぞれ高齢になるまでG1戦線の主役を張った歴代屈指の実力馬でした。

主な「○」該当馬→アドミラブルカデナレイデオロ
主な「×」該当馬→アルアインクリンチャーダンビュライト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[See more]

>>See more

JAPAN DERBY Strategy Tool

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -JAPAN DERBY 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 6 12 95.3 Rey de Oro M3 57.0 C.Lemaire K.Fujisawa EAST 480(-4) 5.3 2 2.26.9
2 2 4 93.8 Suave Richard M3 57.0 H.Shii Y.Shono WEST 492(-12) 5.9 3 2.27.0 3/4
3 8 18 97.0 Admirable M3 57.0 M.Demuro H.Otonashi WEST 514(+4) 3.4 1 2.27.2 1_1/4
4 2 3 90.3 My Style M3 57.0 N.Yokoyama M.Kon WEST 462(+10) 188.8 14 2.27.2 Neck
5 4 7 95.7 Al Ain M3 57.0 K.Matsuyama Y.Ikee WEST 516(-2) 6.3 4 2.27.2 Nose
6 1 1 95.2 Danburite M3 57.0 Y.Take H.Otonashi WEST 464(-2) 14.5 7 2.27.3 1/2
7 6 11 96.2 Persian Knight M3 57.0 K.Tosaki Y.Ikee WEST 478(-2) 11.9 6 2.27.4 1/2
8 4 8 92.3 Trust M3 57.0 Y.Tannai H.Nakamura WEST 472(0) 219.1 16 2.27.5 3/4
9 5 10 94.9 Best Approach M3 57.0 Y.Iwata H.Fujiwara WEST 474(+6) 61.2 11 2.27.6 1/2
10 3 6 92.0 Satono Arthur M3 57.0 Y.Kawada Y.Ikee WEST 466(-6) 8.0 5 2.27.6 Neck
11 7 13 93.3 Cadenas M3 57.0 Y.Fukunaga K.Nakatake WEST 454(+2) 17.1 8 2.27.7 Neck
12 8 16 88.8 Kyohei M3 57.0 R.Takakura H.Miyamoto WEST 424(0) 200.2 15 2.27.8 3/4
13 3 5 92.4 Clincher M3 57.0 Y.Fujioka H.Miyamoto WEST 472(-4) 30.2 9 2.28.1 2
14 7 15 94.1 Daiwa Cagney M3 57.0 H.Kitamura T.Kikuzawa EAST 484(-2) 40.9 10 2.28.1 Nose
15 8 17 92.6 Win Bright M3 57.0 M.Matsuoka Y.Hatakeyama EAST 472(+6) 133.6 12 2.28.4 1_3/4
16 5 9 87.1 Meiner Sphene M3 57.0 D.Shibata T.Tezuka EAST 450(+4) 289.8 17 2.28.5 1/2
17 1 2 88.5 America's Cup M3 57.0 F.Matsuwaka H.Otonashi WEST 448(+2) 187.6 13 2.28.5 Neck
18 7 14 91.1 Jo Strictly M3 57.0 H.Uchida H.Shimizu WEST 500(+10) 335.6 18 2.28.9 2_1/2
Lap Time 13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4
The first half 13.0-24.2-37.1-49.9-63.2
The latter half 59.1-46.5-33.8-22.3-11.4

Payoff

Win12 530 JPY 2(Fav)
Show
(Place)
12 180 JPY 2(Fav)
4 200 JPY 3(Fav)
18 150 JPY 1(Fav)
Bracket quinella2-6 1,180 JPY 3(Fav)
Quinella4-12 1,620 JPY 4(Fav)
Quinella Place4-12 650 JPY 4(Fav)
12-18 470 JPY 1(Fav)
4-18 490 JPY 2(Fav)
Exacta12-4 2,860 JPY 7(Fav)
Trio4-12-18 2,220 JPY 1(Fav)
Trifecta12-4-18 11,870 JPY 8(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -JAPAN DERBY 2017-

Sun,16Apr2017SATSUKI SHO  Nakayama Turf2000m Firm

1st 11 Al Ain 22.4(9Fav) K.Matsuyama 1:57.8 100.5
2nd 7 Persian Knight 8.1(4Fav) M.Demuro Neck 100.5
3rd 10 Danburite 56.1(12Fav) Y.Take 3/4 99.9
4th 16 Clincher 76.7(13Fav) Y.Fujioka 1_1/4 98.7
5th 5 Rey de Oro 10.4(5Fav) C.Lemaire Neck 98.1
>>See more

Hol,29Apr2017AOBA SHO  Tokyo Turf2400m Firm

1st 10 Admirable 1.5(1Fav) M.Demuro 2:23.6 101.6
2nd 9 Best Approach 11.7(4Fav) Y.Iwata 2_1/2 99.7
3rd 6 Admire Winner 20.2(8Fav) S.Akiyama 1_1/4 98.7
4th 4 Popocatepetl 9.1(3Fav) C.Lemaire Nose 98.7
5th 2 Sir Rembrandt 55.4(10Fav) Y.Shibayama 1_3/4 97.2
>>See more

Sat,6May2017PRINCIPAL STAKES Tokyo Turf2000m Firm

1st 8 Daiwa Cagney 3.3(1Fav) H.Kitamura 1:58.3 97.3
2nd 1 Red Roses 4.7(2Fav) M.Ebina 2_1/2 94.9
3rd 7 Lord Alberta 14.8(8Fav) K.Tosaki 3/4 94.3
4th 3 Etre Digne 12.9(7Fav) Y.Shibayama Neck 93.7
5th 9 Nishino Apple Pie 58.1(9Fav) T.Ono Nose 93.7
>>See more

Sat,6May2017KYOTO SHIMBUN HAI  Kyoto Turf2200m Firm

1st 11 Platinum Bullet 4.2(2Fav) S.Hamanaka 2:15.2 93.9
2nd 3 Satono Chronicle 3.9(1Fav) Y.Kawada Head 93.9
3rd 2 Danon Distance 17.9(6Fav) R.Wada Neck 93.9
4th 5 Satono Ryuga 6.8(5Fav) K.Ikezoe 1/2 93.4
5th 8 Mikki Swallow 6.3(4Fav) K.Kikuzawa Nose 93.4
>>See more

Sun,7May2017NHK MILE CUP  Tokyo Turf1600m Firm

1st 16 Aerolithe 5.8(2Fav) N.Yokoyama 1:32.3 101.3
2nd 14 Rieno Tesoro 37.5(13Fav) H.Yoshida 1_1/2 99.8
3rd 6 Bom Servico 14.4(6Fav) K.Matsuyama 2_1/2 96.7
4th 15 Red en Ciel 14.5(7Fav) Y.Fukunaga Neck 96.7
5th 11 All the Go 57.1(16Fav) H.Uchida 3/4 96.0
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -JAPAN DERBY 2017-

2016 JAPAN DERBY 29May2016 Tokyo10R Turf2400m Firm

JAPAN DERBY 2016

1st 3 Makahiki 4.0(3Fav) Y.Kawada 2:24.0 102.0
2nd 8 Satono Diamond 3.8(2Fav) C.Lemaire Nose 102.0
3rd 1 Dee Majesty 3.5(1Fav) M.Ebina 1/2 101.5
Win 3 400 JPY(3Fav) Trio 1 - 3 - 8 850 JPY(1Fav)
Quinella 3 - 8 700 JPY(1Fav) Trifecta 3 - 8 - 1 4,600 JPY(5Fav)

2015 JAPAN DERBY 31May2015 Tokyo10R Turf2400m Firm

JAPAN DERBY 2015

1st 14 Duramente 1.9(1Fav) M.Demuro 2:23.2 101.3
2nd 1 Satono Rasen 18.7(5Fav) Y.Iwata 1_3/4 99.8
3rd 11 Satono Crown 6.3(3Fav) C.Lemaire Nose 99.8
Win 14 190 JPY(1Fav) Trio 1 - 11 - 14 3,950 JPY(9Fav)
Quinella 1 - 14 1,980 JPY(5Fav) Trifecta 14 - 1 - 11 15,760 JPY(36Fav)

2014 JAPAN DERBY 1Jun2014 Tokyo10R Turf2400m Firm

JAPAN DERBY 2014

1st 2 One and Only 5.6(3Fav) N.Yokoyama 2:24.6 100.7
2nd 13 Isla Bonita 2.7(1Fav) M.Ebina 3/4 100.2
3rd 3 Meiner Frost 108.0(12Fav) M.Matsuoka 1_1/2 99.2
Win 2 560 JPY(3Fav) Trio 2 - 3 - 13 27,470 JPY(73Fav)
Quinella 2 - 13 850 JPY(2Fav) Trifecta 2 - 13 - 3 103,300 JPY(304Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
26May2013
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Firm Kizuna 2.9 1 Y.Take 2:24.3 99.7
27May2012
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Firm Deep Brillante 8.5 3 Y.Iwata 2:23.8 100.1
29May2011
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Soft Orfevre 3.0 1 K.Ikezoe 2:30.5 104.4
30May2010
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Firm Eishin Flash 31.9 7 H.Uchida 2:26.9 101.9
31May2009
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Soft Logi Universe 7.7 2 N.Yokoyama 2:33.7 99.1
01Jun2008
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Firm Deep Sky 3.6 1 H.Shii 2:26.7 97.4
27May2007
JAPAN DERBY
Tokyo 18 Firm Vodka 10.5 3 H.Shii 2:24.5 103.4

JAPAN DERBY Strategy Tool

*Forget your password?

This Week Graded Race

Sun,24Sep2017
ALL COMERS G2
KOBE SHIMBUN HAI G2

Race Program

Hol,23Sep2017
Nakayama
Hanshin
Sun,24Sep2017
Nakayama
Hanshin