Race Info > JAPAN OAKS 2017 - Results,Payoff
JAPAN OAKS 2017

Sun,21May2017

JAPAN OAKS G1

Tokyo/Turf/2400m

Related News -JAPAN OAKS 2017-

  • Arrival News

Race favorite Soul Stirring took advantage of the firm track condition and demonstrated her winning ways in dominating the Yushun Himba (Japanese Oaks). Bouncing back from a third-place finish in the Oka Sho (Japanese 1000 Guineas) in which she failed to show her best over soft goings, the 2016 Best Two-Year-Old Filly also gave jockey Christophe Lemaire one memorable victory as the French rider was able to celebrate Oaks victories in two countries—one with Soul Stirring's dam Stacelita with whom he won the 2009 Prix de Diane in France and this time, his first Oaks victory in Japan, with Stacelita's daughter. Trainer Kazuo Fujisawa, whose last G1 victory was in the Asahi Hai Futurity Stakes with Satono Ares last December, became the first JRA trainer to reach a milestone of 100 grade-race titles since the graded system was implemented in 1984 while scoring his 25th career G1 win. Christophe Lemaire, who also won the G1 Victoria Mile with Admire Lead only last week, landed his 12th career G1 title.

Soul Stirring was well positioned along the rails among the leaders behind Flawless Magic and edged closer to second position while angling slightly away from the rails after the third corner. Smooth into her stretch drive along the center lane, she assumed command before the furlong pole and drew away to a comfortable victory as Mozu Katchan, looking to have any chance from behind on her inside, failed to pin her down.

“It's such a thrill for me as I also won the Oaks back home with her mother. Soul Stirring certainly has inherited the power both from her sire (Frankel) and her dam. I was quite confident coming into this race. I wasn't sure yet about the distance as it was her first time (at 2,400m) so I wanted her in a good position which I did because she is quick out of the gate. She also has a good lasting speed so I was able to give her the go from early at the stretch and sustain our bid right up to the finish,” commented Christophe Lemaire.

Mozu Katchan saved ground in mid-division early, a few lengths behind Soul Stirring, followed that foe into the stretch and launched her bid as they overtook the tired pacesetter but was unable to keep up with the winner while well clear of the others in second. Admire Miyabi bounced back to form after struggling over the rain sodden track in the Oka Sho. Unhurried after breaking from an outside stall, jockey Mirco Demuro rated the Heart's Cry filly off the rails and outside a rival, five to six horses from the rear. Making headway approaching the last corner but still well behind as the gray filly swung wide into the lane for a clear run, Admire Miyabi came charging with great force along the uphill stretch with the fastest finish over the last three furlongs and continued to overtake her rivals while unable to threaten the leaders after having to make much ground.

Other Horses:
4th: (7) Deirdre―saved ground 4th from rear, launched bid on the inside, passed by Admire Miyabi before wire
5th: (14) Lys Gracieux―sat 3-wide in mid-group, checked passing 400m marker, quickened in last 300m
6th: (3) Flawless Magic―set pace, outrun by winner before 200m marker, held well but outrun in last 100m
7th: (12) Black Onyx―traveled around 5th outside winner, ran gamely until 200m marker, weakened thereafter
8th: (18) Manarola―raced 2nd or 3rd from rear, turned wide and showed effort, was too late
9th: (10) Black's Beach―hugged rails in mid-division, boxed at early stretch, accelerated in last 200m
10th: (4) Miss Panthere―chased leader outside winner, sustained bid until 200m marker
11th: (17) Caribbean Gold―ran behind winner, met traffic passing 400m marker, quickened thereafter
12th: (5) Mauve Sapphire―sat in mid-pack, found little room 300m out, lacked needed kick
13th: (13) Reine Minoru―settled 3-wide in mid-group, showed brief effort until 200m marker
14th: (6) Hello Unicorn―trailed in rear, passed tired rivals at stretch
15th: (11) Red Cordis―was off slow, positioned 2nd or 3rd from rear, failed to respond at inner stretch
16th: (8) Ho O Perfume―traveled 4-wide in mid-division, showed little at stretch
17th: (9) Dipavamsa―sat toward rear, no impression at stretch, unable to reach contention
18th: (15) Yamakatsu Grace―stalked leaders in 3rd, gradually fell back after wide trip

JAPAN OAKS 2017 - Preview 17 May 12:43 pm

Tokyo Racecourse hosts the second jewel in the fillies' triple crown, the Yushun Himba (Japanese Oaks), on Sunday, May 21, with a heady first-place prize of 100 million yen. Twenty-three of Japan's top 3-year-old fillies have been nominated for the race and 18 of them will go to the gate for the 78th running of the classic.

Reine Minoru, winner of the Oka Sho (Japanese 1000 Guineas), seeks to claim her second victory for the crown, a feat only 13 fillies have done in the past. Lys Gracieux, runnerup in both the Grade 1 Hanshin Juvenile Fillies and the Oka Sho, is ripe for revenge, as is Soul Stirring, who failed to come up a winner for the first time in her career last out in the Oka Sho.

The Oaks is run over 2,400 meters of turf, a distance new to many of the runners and one shared by the Tokyo Yushun (Japanese Derby) and the Japan Cup at the same venue. The Tokyo course is known for its long homestretch of just under 530 meters and for the hill that starts 400 meters to the finish line, rises 2 meters over the next furlong and tests runners to the utmost.

The favorite has won the Oaks three times over the past 10 runnings, run second three times and third once. The race does tend to favor the top five choices, though upsets are not unknown. Ninth pick Meisho Mambo surprised when she won in 2013 and a double-digit underdog, 13th pick F T Maia ran second to Tall Poppy in 2008.

All runners carry a set weight of 55 kg. The Oaks is the 11th race on the Sunday card of 12 at Tokyo Racecourse. Post time is 15:40 local time.

Following is a look at the expected top picks.

Soul Stirring: Hanshin Juvenile Fillies champion Soul Stirring, a daughter of Frankel, suffered the first loss of her career last out, when she finished third in the Oka Sho. This filly's big stride was hampered by the slow track, although she was a mere 0.1 seconds off of the winner. Lys Gracieux and Reine Minoru, both seen as top rivals this Sunday, beat Soul Stirring in the Oka Sho. This filly is definitely no washup and she has proven herself at Tokyo, namely a win of the 1,800-meter open-class Ivy Stakes last October. She topped runnerup Persian Knight by nearly 2 lengths and that colt went on to finish second in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas). It will be Soul Stirring's first time over the distance and her sire did excel mainly over middle distances, but 12 furlongs is still considered to be well within her ability. Christophe Lemaire, current No. 2 jockey in JRA racing, is expected to get the ride.

Lys Gracieux: Much like Soul Stirring, Lys Gracieux has yet to finish out of the top three spots since her debut. She broke her maiden over 1,800 meters, but all of her other five starts have been at the mile. She was second in the Hanshin Juvenile Fillies just 0.2 seconds behind Soul Stirring and second in the Oka Sho, 0.1 seconds behind Reine Minoru. Lys Gracieux also has experience at Tokyo, having proven herself by winning the Grade 3 Artemis Stakes at the end of October. With Heart's Cry as her sire, the extra distance of the Oaks is seen to be a definite plus. Lys Gracieux is to be partnered with Yutaka Take.

Admire Miyabi: Following Admire Lead's victory in the Victoria Mile, owner Riichi Kondo will be seeking his second big win in as many weeks with Admire Miyabi, another Heart's Cry filly. Admire Miyabi had four wins and one second until she was handed her first major loss, a double-digit finish in the Oka Sho. Trainer Yasuo Tomomichi writes it off largely to the distance. “The mile is too short for her and the going was bad. She couldn't get traction in a number of spots in the Oka Sho and she also covered extra ground with an outside run,” Tomomichi said. Admire Miyabi has two wins from two starts at Tokyo, including her win of the Feb. 11 Grade 3 Queen Cup, in which she beat runnerup Aerolite, who went on to win the Grade 1 NHK Mile Cup at Tokyo two weeks ago in 1 minute, 32.3 seconds, the third-fastest time in the race's 22-year history. Japan's current leading rider Mirco Demuro, who rode Admire Miyabi in the Oka Sho, will once again be up in lieu of regular rider Christophe Lemaire.

Reine Minoru: Oka Sho champion Reine Minoru has only one race out of the top three spots, the Grade 3 Queen Cup. Starting her career with two wins in a row, she narrowly missed the winner's circle for her next four starts until once again claiming victory in the Oka Sho. Favoring a position on the pace, the Daiwa Major-sired Reine Minoru was not flummoxed by the slightly yielding track of the Oka Sho. A bigger concern for the Oaks is the distance. Her fourth in the 1,600-meter Queen Cup and the fact that she has never raced at distances longer than the mile indicate Reine Minoru may not be well-suited to either the track or the distance. Also, progeny of Daiwa Major have yet to win a JRA graded stakes race at distances over or including 2,000 meters. Still, Reine Minoru's forte is her speed and if she can secure a good position from the gate as she did in the Oka Sho, she may be able to hold her ground. Reine Minoru is trained by Masaru Honda, who as a jockey rode to victory in all the filly classics. Jockey Kenichi Ikezoe is looking to make it his third win of the Oaks.

Mozu Katchan: Mozu Katchan is on a three-race winning streak, the last victory being her first bid in a graded stakes race, the Grade 2 Flora Stakes, a 2,000-meter event on April 23 at Tokyo. She was advantaged by an inside draw but had a hard time getting a clear run, yet was able to top the field in a close finish that put her over the line in first by a nose ahead of Yamakatsu Grace, with Flawless Magic a neck later in third. Mozu Katchan's other four starts were all over 1,800 meters, and from them she has reaped two wins, a third and a sixth. It's not a bad performance for only having debuted last year on Christmas Eve. A jump to Grade 1 company may be asking a lot, but the Harbinger filly has improved in leaps and bounds. Trainer Ippo Sameshima believes the distance will not pose a problem. “Looking at her last start, she'll be able to settle well over 2,400 meters,” the Ritto-based Sameshima said.

Also drawing attention are Deirdre and Flawless Magic. Deirdre has yet to fare better than a third at the Grade 3 level, but her sixth in the Oka Sho was only 0.6 seconds off of the race winner and 0.2 seconds off of NHK Mile winner Aerolite, which finished fifth. By Harbinger, Deirdre displayed excellent late speed on May 7 in winning the 1,800-meter Yaguruma Sho by 2 lengths and may find Tokyo to her liking.

The Miho-based Flawless Magic finished third in the Flora Stakes, her first time racing at longer than the mile. Her last four starts, all at Tokyo, included two Grade 3 races and the Grade 2 Flora Stakes. From the four she has notched one win, one second and two thirds.

[See more]

>>See more

 2冠制覇を狙う桜花賞レーヌミノルは、逍遙馬道でリラックスしてから、角馬場で運動を行った。どっしりと張り詰めた馬体から目下の充実ぶりが伝わってくる。

 「追い切りのあとも順調。体つきが大人っぽくなって、桜花賞のときより状態はいいと思う。東京までの輸送も大丈夫だろう。音に敏感なので歓声やファンファーレに驚くかもしれないが、すぐに落ち着くはず。あとはレーヌと(池添)ケンイチに任せるだけ」と、本田調教師は泰然自若。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【オークス】ソウルスターリング12Fも問題なし 5月18日(木) 12:45

 桜花賞3着からの逆転を狙うソウルスターリングはけさ、美浦坂路下の角馬場でダク中心の運動を消化した。「追った次の日のいつものパターン。順調だし、大丈夫だよ」と、担当の手島厩務員は明るい表情だ。

 桜花賞とは違い当日は良馬場となりそうで、勝つには距離が最大のポイントとなるが、津曲助手は「賢い馬で競馬を理解しながらやってきているからね。2400メートルも克服できるはず」とキッパリ。母スタセリタとの仏日オークス制覇へ、ムードは申し分ない。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【オークス】一発あるぞ ディアドラ切れ味十分 5月18日(木) 12:45

 矢車賞を圧倒的な強さで勝ってきたディアドラは、今春大注目のハービンジャー産駒。桜花賞も6着ながら上がり3F34秒9は最速だった。

 間隔が詰まっているうえに長距離輸送があるため、栗東坂路でサラッと仕上げた。軽快なフットワークで15秒2−13秒3−12秒5とラップを速めて、ラスト1Fも馬なりのまま12秒4。身のこなしは切れていた。

 「中1週なので馬なりで、時計、動きとも予定どおり。鋭い動きで良かったですね」と、橋田調教師が笑みを浮かべた。

 「前走は疲れを残さないよう、遠征するTRより、中1週でも少頭数で輸送のないレースを選んだ。スローの流れにも慣れさせたかったしね。東京は合うと思うし、距離も血統面やレースぶりから大丈夫だと予測している。桜花賞でも崩れなかったから楽しみだ」と、一発の期待は十分だ。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【オークス】ソウルスターリング・ルメール騎手トーク5月18日(木) 05:05

 −−桜花賞は3着

 「少し難しかったね。馬場が軟らかかったし、枠も外。直線で反応が少し遅かったし、手前もよく替えていた。それでも3着ですから、能力があるね」

 −−今回は2400メートルに距離が延びる

 「桜花賞もゴールの後すぐに止まってはいないですから。乗りやすいタイプだし、2400メートルもいけるかも」

 −−母スタセリタはルメールが乗って仏オークス勝ち

 「とても似ています。雰囲気とか、脚が長くて跳びが大きいところとか、少しハイテンションなところもね」

 −−希望の枠順や作戦は

 「枠は真ん中ぐらいがいい。距離がまだわからないから、馬の後ろでいいポジションにつけたい。あまり後ろすぎないようにね」

 −−先週は大活躍

 「先週は先週。今週はオークスを勝ちたいね。東京は広くて直線が長くて、ベストホースが勝てるから好き。ソウルスターリングにとっては桜花賞のリベンジです。みんな応援してください」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【オークス】ヤマカツグレース、力強く11秒95月18日(木) 05:04

 サンスポ賞フローラS2着のヤマカツグレースは、CWコースを単走で6ハロン83秒8−11秒9。しまい重点に追われて、力強い伸びを披露した。池添兼調教師は「前走後のダメージもなかったし、しっかりとやれている。動きを見ると、上積みがありそう」と状態面に自信を見せる。前走で2000メートルの距離に対応しており「引っ掛かる馬ではないので、距離は乗り方ひとつでこなせる。あとはベテランジョッキーに任せるよ」と、32年目の横山典騎手の手綱に期待した。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【オークス】リスグラシュー・武豊騎手トーク5月18日(木) 05:04

 −−桜花賞

 「ゴール前でよく伸びてくれましたよ。4コーナーでモタついたのが…。ただ、チューリップ賞(3着)よりもおしまいの伸びは良かった」

 −−距離は

 「やってみないと分かりませんが、これまでのレースぶりから、2400メートルは悪くないと思いますよ」

 −−最後に見通しを

 「東京コースはアルテミスSを勝っていますし、合っていると思います。乗り難しい面はないですし、折り合いも問題ないタイプ。GIで2着が2度ありますし、十分に勝ちを意識できる馬です。チャンスのある馬で挑戦できます。何とかGIホースにしてあげたいですね」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

>>See more

優駿牝馬(オークス)2017/人気
「1人気の信頼度は高め、10人気以下はまったく奮わない」
優駿牝馬(オークス)は1人気が3勝6連対と上位人気では1番信頼できる。その他の人気で特徴的なのは10人気以下で過去10年で2着1回とまったく馬券になっていない。無謀な大穴狙いを避けて中位人気の穴馬を警戒すべきレースだ。
人気 着度数
1番人気 3-3-1-3/10
2番人気 1-3-1-5/10
3番人気 2-0-1-7/10
4番人気 1-0-1-8/10
5番人気 2-1-2-5/10
6番人気 0-0-1-9/10
7〜9番人気 2-1-3-24/30
10番人気〜 0-1-0-87/88
優駿牝馬(オークス)2017/脚質
「差し馬が無双状態!逃げ先行は消しの一手」
優駿牝馬(オークス)は逃げ馬が0勝、先行馬も0勝と完全に先行馬には向かないレースと言えそう。一方で差し馬は8勝14連対3着9回とほぼ無双状態に近い圧倒的な成績となっている。軸馬選定の際はとにかく先行馬を軽視して差し、追い込み脚質の馬をセレクトしたい。
脚質 着度数
逃げ 0-1-0-9/10
先行 0-1-1-34/37
差し 8-5-9-62/84
追込 3-2-0-43/48
優駿牝馬(オークス)2017/枠順
「5枠を中心に外めが有利」
近年好成績の2枠が最多の3勝も5枠が2勝4連対、2勝5連対の7枠、2勝3連対の8枠と外めの枠が優勢。
枠番 着度数
1枠 1-0-1-18/20
2枠 3-1-1-14/19
3枠 0-1-2-17/20
4枠 1-1-0-18/20
5枠 2-2-1-15/20
6枠 0-0-2-18/20
7枠 2-3-2-23/30
8枠 2-1-1-25/30
優駿牝馬(オークス)2017/前走レース
「桜花賞組が突出した成績で他レースを圧倒」
最重要ステップはとにかく桜花賞組。過去10年間で8勝13連対と圧倒的な成績でほぼこの組からの出走馬でオークスは決着している。本命選考の際は桜花賞組からチョイスしたい。他に警戒したいのはフローラステークス組で勝ち数こそ1回だけだが、4連対3着3回と2、3着候補として押さえておきたい所、忘れな草賞組は勝つか負けるかはっきりしている。
レース名 着度数
桜花賞 8-5-4-64/81
忘れな草賞 2-0-0-9/11
フローラS 1-4-4-32/41
スイートピーS 0-0-1-24/25

※対象データ(優駿牝馬(オークス)過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「オークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ソウルスターリングのみ1頭。
第2グループ(黄)は、レーヌミノルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリスグラシューまで2頭。
第3グループ(薄黄)はアドマイヤミヤビから同差内のフローレスマジックまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G、第2G→第3G、第3G→第4G間にそれぞれ開きがみられ、上位各所に差が生じる配置となっています。ただし、キャリアの浅い馬も多い3歳牝馬同士のレースであり、さらにオークスというほぼ全馬未知の適性が問われる東京芝2400mG1ですから、伸びしろや騎手・展開といった様々な要素を加味する必要はあるとみています。

今回はまず人気3頭評から。結論から先に書くと、○ソウルスターリング、▲アドマイヤミヤビ、☆リスグラシューと素直に上位評価しました。ただ、○は行きたがる気性面から序盤スロー濃厚なペース面で割引、▲☆は外枠がマイナスで本命にはしませんでした。▲☆は人気のハーツクライ産駒ということも個人的には引っ掛かっている点です。ただ、いずれも有力候補であることに違いないと思っています。
そして◎は人気のないハーツクライ産駒から◎ホウオウパフュームとしました。前走は休み明けで、1週前追いが坂路追いだったり、併せ馬で劣勢だったりと中間の調整過程に“異変”があった中での重賞挑戦。おそらく、パフォーマンスを発揮できる状態になかったと判断しています。今回は、1週前をWコースで追われ最終追切でも時計良化と本来の状態に戻った様子。もともと、オークス向きとのことでここ一本に狙いを定めたローテを組んだ中、その“ひと叩き”という位置付けだったフローラSでの敗戦には目を瞑って一発を期待したいと思います。
あとは△モーヴサファイアにも穴で注目しています。休み明けですが、この時期の3歳牝馬ですので使い詰めよりはいいと思っていますし、好枠と好調子が不気味な存在。前走500万下からの挑戦組がどうかと思いざっと調べてみたところ、過去の該当馬の好走は0。ただ、ほとんどが矢車賞組を含む牝馬限定500万下からで、この馬の場合牡馬混合500万下勝ちからの挑戦。その前走も含めこれまでずっと牡馬にぶつけてきている珍しい臨戦パターンですし、通用があってもいいのではと考えました。人気もないので気楽にイン突きを狙ってもらいたいと思っています。
今回の私の馬券は、◎が思った以上に見限られているオッズの印象なので単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から4頭への馬単&3複と、◎−△モーヴのワイドで勝負とします。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔2,5,14,16(8点)

【3複流し】
◎=印
8=2,5,14,16(6点)

【ワイド】
◎=△(5)
8=5(1点)


計15点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/オークス G1(スガダイプ05月21日() 13:00競馬プロ予想MAX

 いよいよ牝馬クラシック第二弾のオークスが行われます。2400mは初距離という馬が多く、毎年のように距離適性のことが話題に上る、予想しがいのあるレースですね。本日はウマニティ公認プロ予想家の第一人者として圧倒的な実績を残し、不動の人気を獲得しているスガダイさんに、この注目の一戦を予想してもらいます。ウマニティが誇るカリスマ予想家の結論に注目です。
 本命はミスパンテール。「7カ月ぶりながらチューリップ賞で2着に好走したのは高い素質の証。桜花賞はその反動があったので度外視できる。ウメノファイバーを出した牝系の血統背景から距離もOK」と推奨根拠を挙げてくれました。
 対抗はソウルスターリング。単穴はアドマイヤミヤビ。以下、リスグラシューフローレスマジックレッドコルディスまで押さえます。馬券は馬連・3連複1頭軸流しあ↓阿脳”蕕靴泙后
本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017オークス〜05月19日(金) 12:00山崎エリカ

オークスは、逃げ、先行馬が断然不利。
さて、絶好ポジションは?
__________________________


 春のG1戦線もいよいよ大詰め。今週はオークスが行われます。実はこのオークスは牝馬限定戦ながら、日本ダービーよりもハイペースで流れることが多いのです。オークスは数ある牝馬限定戦の中でも、もっとも逃げ、先行馬に厳しいレースと言っても過言ではありません。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 まず、オークスが行われる東京芝2400mは、正面スタンド前の直線からスタートして、平坦のホームストレッチを走り、ゴール板を一度通過。そこから一周するコース。最初の1コーナーまでの距離は約350mと程良く、逃げ馬でも楽に息が入れられます。また、コーナーも小回りでも急コーナーでもありません。最後の直線距離も約525.9mと十分あるので差し、追い込み馬でもチャンスがあります。東京コース全体的に言えることですが、特にこのコースは大きな癖がありません。

 つまり、ペース次第で逃げ馬有利になることもあれば、差し馬が有利になることもあり、多様性に富んだコースであるということ。しかし、オークスはダービーやジャパンCよりも、極端に逃げ、先行馬が断然不利。何と驚くことに、過去10年の1〜3着馬30頭中、逃げ馬は2着1回、先行馬すら2着1回、3着1回のみなのです。(※今週より、中距離以上は3コーナー1番手以内は逃げ、2〜5番手以内は先行、6〜9番手以内は中団、10〜13番手以内は差し、14番手以降は追込と定義付けました。)


●参考データ
年度 馬場 勝ち馬 1着時計 前4F 後4F 前後差 ペース 1着 2着 3着
2007 良 ローブデコルテ 2.25.3 59.1 60.7 -1.6 HH 中団 中団 差し
2008 稍 トールポピー 2.28.8 61.4 61.5 -0.1 M 中団 中団 差し
2009 良 ブエナビスタ 2.26.1 61.0 60.0 1.0 S 追込 中団 差し
2010 稍 アパパネ 2.29.9 60.6 62.9 -2.3 HH 差し 差し 先行
2011 良 エリンコート 2.25.7 60.7 60.0 0.7 M 中団 逃げ 追込
2012 良 ジェンティルドンナ 2.23.6 59.1 60.2 -1.1 H 追込 中団 中団
2013 良 メイショウマンボ 2.25.2 59.6 61.4 -1.8 HH 中団 中団 追込
2014 良 ヌーヴォレコルト 2.25.8 60.7 59.6 1.1 S 中団 追込 中団
2015 良 ミッキークイーン 2.25.0 61.3 58.6 2.7 SS 中団 先行 中団
2016 良 シンハライト 2.25.0 59.8 59.8 0.0 M 追込 差し 中団


 要するに、1〜5番手以内で競馬をする馬は、オークスではまず苦しいということ。過去10年で逃げて2着だったのは、2011年のピュアブリーゼ、先行して2着だったのは2015年のルージュバックですが、いずれもペースが平均よりも遅い年でした。

 これはなぜかと言うと、・・・

[See more]

【濃霧注意報DX】〜オークス(2017年)展望〜05月18日(木) 16:00

 皆様、お久しぶりです。公認コラムライター兼公認プロ予想家の霧です。
 昨秋のG1シーズンより”DX”という形で再開させて頂いていた当コラム”濃霧注意報”ですが、この春は個人的な事情によりお休みを頂いておりました。
ようやくある程度の態勢が整い、こうして筆を執っているわけですが、今回のお題はオークス
オークス、そして来週のダービーと言えば、いずれもクラシックレースの最高峰。正に今が、最も競馬が盛り上がる時期と言っても過言ではありません。
 そんな時期に当コラムはまさかの初回。若干盛り上がりの波に乗り損ねている感がありますが、その分、残されたG1レースの展望に200%の力を注いでいきたいと思っておりますので、またしばらくの間よろしくお付き合い下さいませ。
 それでは早速、オークス展望、まいります。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644




 オークスというレースの大きな特徴として挙げられるのは、やはり2400mという距離。
 一部の条件戦を除き、牝馬クラシックの主要ステップには2400mという条件のレースは存在しないため、例年ほぼ全馬が初めて経験する距離になるという難しさがあります。

[See more]

【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2017オークス05月18日(木) 13:00岡村信将

オークスが行われる東京芝2400mは、JRA全競馬場の中でも有数の瞬発コース。勝負どころから区間タイムにして1秒以上の瞬間的な加速が特徴で、先団からジリジリと伸びる馬よりも、後方から一気に加速できる馬が有利。道中の位置取りはあまり関係なく、騎手がGoサインを出してから、ものの10秒ほどの瞬発力で勝負が決まる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


もはや誰も「オークスはタフなレース」なんて言わなくなったし、オークスがタフなレースになったのは、22年前のチョウカイキャロルが最後だろうか。それはサンデーサイレンス産駒登場以前の話。それでも1997年以前のオークスは瞬発力のない馬でもソコソコ勝負になっていたのだが、現代のオークスは絶対的な瞬発力勝負。

ほとんど全馬が初距離となる2400mで、2000m勝ちの実績などが注視される傾向にあるレースだが、実は2000m実績の何倍も、瞬発戦実績のほうが重要だと思われる。

ただ、・・・

[See more]

くりーくの中間調教チェック 2017オークス05月18日(木) 10:05くりーく

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

レーヌミノル(A) 
坂路もCWも速い時計の出る馬。特に1週前に強めに追われ好時計の出ている時は成績が良い。今回も1週前にかなり速い時計が出ており関東圏や小倉でのレースの時は直前馬なりなので今回も馬なりでの最終調整になるのではないかと思います。
距離に関しては折り合いさえつけば持つと思いますしレベルの高い相手に大崩れのない競馬ができているので当日落ち着いているようなら問題ないと思います。

ソウルスターリング(C) 
今回この馬の調整に関して気になるところは2週前に南Wで追い切られていないことと1週前の追い切りで外に併せたことそして全体的に時計が速いというところも気になります。距離を意識した内容なのかもしれませんがいつもとは少し何かが違う感じで個人的にはいつも通りでないことはあまり好みではないです。折り合いに関してもデビューからの2戦が1800m戦で前半折り合いに苦労する場面も見られたので今回の2400mでの折り合いという点に関してもマイナスになるのではないかと思います。

モズカッチャン(C)
この馬は坂路での走りを見ると右に寄っていくところのある馬で左回りの方が内にササらない分良いのかもしれませんが長くいい脚を使う馬というよりは切れる脚を使う馬。前走はラチ沿いでスペースが開くのを待っていてちょうど良い時に右前が開いて切れる脚を使えました。スムーズにいった時は早仕掛けになる可能性もあり長い直線は脚の使いどころの難しい馬だと思います。

ヤマカツグレース(A)
2歳時のこの馬は距離も短めのところを使っていたこともあると思いますが直前は坂路で追われていました。それが休み明けからCW中心の長めから追い切る調教に変えてきています。それにともないレースでの距離も延ばしてきており先行力を活かしたレースで結果も良い方に出ています。3月4月で3戦して前走はフローラSとそれほど余裕のあるローテーションでもありませんが1週前にはCWでいつも通り長めから強く追われていることを考えると状態は悪くないと思います。あとは直前はそれほど強くやる必要もなく順調な仕上がりできていると思います。

ブラックスビーチ(D)
この馬は角居厩舎の馬の割に調教内容がコロコロ変わる馬でちょっと気難しいところがある感じがします。前走のスイートピーSでもズブいというか伸びそうでスパっと伸びないところがあり距離が延びる今回は道中前走以上にリラックスして走れないと厳しいように思います。

カリビアンゴールド(C)
この馬は調教でもゆったり走る馬でパドックでもイレ込むタイプの馬ではないので気性的には長い距離のレースは向いていうのかもしれません。ただマイル戦を中心に使われてきておりここを目標にきているローテーションでもなく相手も一気に強くなるのでどこまで戦えるかといったところでしょう。


<収得賞金順>

ハローユニコーン(E)
昨年秋の未勝利勝ち後少し休養。今年に入り月1走のローテーションで現在2連勝中。調教的には2走前の黄梅賞の時がいちばん良く前走は何とか良い状態を維持といった感じこの中間は時計的に物足りない内容。無理のないローテーションも使い詰めで上積みは厳しそう。

ブラックオニキス(F)
400キロほどの小柄な馬で夏の滞在での函館、札幌では成績が良かったもののその後秋には京都、阪神へ輸送しての競馬ではさすがに好成績を上げるには厳しかったと思います。休養後も阪神での競馬で馬体も大きく減りイレ込みもキツかった。そして前走スイートピーSは関東での競馬ということもあり直前強めに追われて好時計も小柄な牝馬で直前ビッシリ追われてしまうと馬もカリカリしてくるのでなかなか力を発揮するには厳しい状況。特に今回は長距離戦で間隔も詰ってくるので調整はさらに難しくなってくると思いますのでこの馬に関しては調教の時計で判断するのはやめた方が良いと思います。

ディーパワンサ(E)
早い時期にデビューして2連勝後は物足りないレースが続いています。特にきついローテーションではないものの調教では1週前、最終追い切りと強めに追われるのでもう少し余裕のある調整の方が馬には良いのかもしれません。それほど大きくはない馬で今年3戦すべて関東での競馬となりますので馬にはストレスの溜まる条件が重なっているのでその辺もレース結果に影響があるのかもしれません。

ミスパンテール(B)
キャリア3戦の馬でチューリップ賞が新馬勝ち後長期休養明けで素質馬相手に好走。桜花賞の敗因に関してはチューリップ賞時が長期休養明けの割に直前2本の追い切りが馬なりだったものの、桜花賞に関しては直前2本の追い切りが強めと正反対の内容で長期休養明けを好走した反動が出たのではないかと思います。坂路でも好時計の出る馬で素質のある馬であることは間違いないとは思いますがどちらかというと切れる脚を使う馬なのでパンパンの良馬場の方が良いハズ。今回は人気もないので四位騎手得意の前半死んだふりをして直線一気の競馬がハマれば怖い1頭かもしれません。

ディアドラ(D)
この馬は使われるごとに調教の時計が良くなってきている馬ですが使い込まれるとテンションが高くなるような感じがある。今回叩き5戦目で桜花賞後に1戦挟んでいるので調整はかなり難しいと思います。前走時直前2本を強めに追っていて今回間隔もなく関東への輸送もあるので上積みどころか状態を維持することで精一杯ではないかと思います。

ホウオウパフューム(B)
この馬はこれまでの4戦すべて1ヶ月以上間隔を空けて使われており今回が初めての連戦となります。前走時は間隔が空いていた割には2週前、1週前と坂路で追われておりいつもと違う調整内容だったのでレースに間に合わせた急仕上げ気味なところがあったのではないかと思います。この中間は南Wでのいつもの調整できており今回は本来の走りが見られるのではないかと思います。

マナローラ(E)
前走500万特別勝ち道悪で決してレベルの高い相手ではなくゆったりしたローテーションもこの中間乗り込み量の割に時計は目立つものはなく一気の相手強化でここでは厳しそう。

モーヴサファイア(D)
2月以来ぶっつけ本番。この中間はCWを長めから併せ馬で本数を乗られているものの強めは1週前のみで坂路での時計はもっと出る馬。大きめの馬なので数字的に良くても中身ができているか不安は残る。


<抽選通過馬>
レッドコルディス(B)
1頭の枠を賭けた抽選を突破した馬で運が良い。キャリアは少ないですが使われるごと時計を詰めておりこの中間の坂路での時計も優秀。フローラSでは外を回されており他にも出走しているフローラS組との力の差はそれほどない感じもします。


リスグラシューアドマイヤミヤビフローレスマジックについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


今回はオークス編でした。
今年の3歳牝馬はレベルが高いといわれていますがここにNHKマイルCを勝ったアエロリットと休養に入ったファンディーナが出走していればさらに面白さが増したのかもしれませんがそれでも桜花賞上位3頭が揃って出走してきますしこの距離になってどの馬が勝つのか興味は尽きません。そんなオークスの馬券予想検討会に今年も出演することになりました。今年も楽しいイベントになると思いますのでお時間のある方は新橋までぜひ足を運んで頂けたらと思います。
尚、オークス出走各馬の最終追い切りについては最終予想でコメントする予定です。
それでは次回、日本ダービー編(予定)でお会いしましょう。(*^_^*)


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[See more]

オークス・201705月18日(木) 10:00覆面ドクター・英

ヴィクトリアマイルも三連単91万馬券と難しかったですね。1着のアドマイヤリードは上昇度ナンバーワンと直前には▲まで上げたのですが、本命を打つ思い切りの良さが足りませんでした(無難に本命を打ったのはミッキークイーン)。2着のデンコウアンジュは「一発屋で田辺騎手でないと」と評価しなかったのですが、1着父ステイゴールド2着父メイショウサムソンと馬場が重かったのだろうなという結果でもありました。3着ジュールポレールは予想通り3着でしっかり買っていたし、人気のマンハッタンカフェ産駒2頭(クイーンズリングルージュバック)は馬場が合わないこともあり「消し」とし、穴人気ウキヨノカゼも追い込めない馬場で「消し」としたのは良かったんですが......。

では、気持ちを切り替えて今週のG1ヘ。桜花賞と皐月賞が終わっていくらも経っていない気がしていましたが、もう今週はオークス、来週にはダービーという時期なんですね。早いですね。案外間隔がなくて、確かに間に一戦トライアルをはさまないほうがいいであろうことは、自分が年取ったら、何となく分かるようになりました(笑)

今年は桜花賞が馬場悪く、前哨戦で勝負づけが終わったかと思ったメンバーでの順番入れ替わりの結果で、さらに今回大幅距離延長により、なかなか難しい一戦となりました。ここまでこの世代の実力上位牝馬達が、能力で距離こなしてしまう組と明らかにパフォーマンス落とす組に分かれ、しかもここ全力投球であとは夏休みに入るであろう渾身の仕上げでの一戦になります。また皐月賞に向かったファンデイーナは体重が減り続けたのもあり秋に備えて休みに入り、トライアルからはモズカッチャンが人気薄での勝利だったが評論家らの高評価を得ての参戦となります。

では恒例の1週前時点での全頭診断を。

1番人気想定 リスグラシュー:堅実に阪神JFでも桜花賞でも2着。東京マイルのアルテミスSを勝ち、阪神マイルのチューリップ賞で3着と間違いなくこの世代の上位形成はしている。だがハーツクライ産駒という血統的距離適性もありオークスで1番人気に持ち上げられるのは、ちょっと違うんじゃないかな、距離延びて案外な走りだったり、ここまで堅実だったが、そろそろ崩れるのもあるのでは、と個人的には思っています。好調な武豊騎手込みでちょっと過剰人気になるのでは。押し出された危険な人気馬な感ありあり。

2番人気想定 ソウルスターリング:桜花賞は断然人気を裏切り、血統的に父フランケルがマイラーだったことなどで距離不安を言われてもいますが、ヨーロッパの馬場でのマイラーくらいが日本の中距離にはいいと思いますし、まだそう気難しい感じにはなってきていないので馬場さえ良ければ、前哨戦で見せてきた高い能力(アイビーSでは皐月賞2着のペルシアンナイトも完封しています)からも巻き返し十分あると思います。

3番人気想定 アドマイヤミヤビ:桜花賞は惨敗したがクイーンCではNHKマイルCを制したアエロリットを余裕で差し切っており、リスグラシューよりこちらが距離延びて良いハーツクライ産駒でしょう。アドマイヤムーンをダーレーに売ったから社台グループの逆鱗に触れてG1勝てる馬をまわしてもらえなくなった、という説は話としては面白いが真実でないと思います。一時期、資金繰り悪化してキャンセルが相次いだりしたように超一流馬を手に入れられなかっただけだと思います。オーナーの2週連続G1制覇も十分あると思いますが、雑な騎乗のデムーロ騎手とはあまり手が合わないようにも思います(連勝中はルメール騎手でした)。

4番人気想定 フローレスマジックディープインパクト×マジックストームという世界的良血と言っていい配合ですが晩成なのか、本命を打ったフローラSでの3着には正直がっかりしました。完成は秋以降まで待たなければならないようで、ここでは消す予定です。

5番人気想定 レーヌミノル:桜花賞馬にしては人気を落としそうです。道悪でワンペースな走りが良かったのもあるのでしょうが、父ダイワメジャー自身もマイラーと思わせて有馬記念3着と案外距離はもつ下地はあり、母父タイキシャトルも厩舎が違ったら、もっと長い距離の馬だった可能性もある馬だったと思います。同世代同士なら距離適性より能力でやれてしまってもおかしくないと思います。

6番人気想定 モズカッチャン:3連勝でトライアルのフローラSを制しての参戦となります。玄人受けするのか競馬雑誌では高く評価する評論家が多いのですが、トライアル好走はあるかと思っていましたが、トップレベルからはちょっとスケールが落ちる感じがします。

ホウオウパフュームハーツクライ×キングマンボでノーザンF生産の本格派で、未勝利、寒竹賞と完勝して軌道に乗ったかと思ったが前哨戦のトライアルがいまいちで、活躍は秋以降か。

ブラックスビーチディープインパクト×キングマンボで角居厩舎とPOGで人気になりそうな組み合わせでスイートピーSを勝っての参戦だが、晩成傾向でここではまだ通用難しいのでは。

ハローユニコーン:桜花賞と同日の忘れな草賞の勝ち馬で、着差以上に楽な勝ちだったが今年はレベルが低かった感じもあり、父ハーツクライからもそこそこ人気になりそうで、あまり妙味は無いか。

ヤマカツグレース:行きたがる面がありトライアルの2000Mでもなだめつつやっとだったので、本番は厳しそう。父ハービンジャーより母が強くでているようでマイルあたりで活躍するのでは。

ミスパンテール:休み明けのチューリップ賞2着と能力見せつつも桜花賞では若さ丸出しで外に逃げ加減でさっぱり。今回人気を落とすだろうが、今度はきちんと走ってくれるかもしれず調教も良く、穴で期待。母父シンボリクリスエスは最近活躍をみせている。

ディアドラ:桜花賞6着まではマイル以下を使われてきたが、ハービンジャー×スペシャルウィークという血統通り距離延びた矢車賞を完勝してきた。間隔詰まるここ使えるか微妙かもしれないが、更に距離延びるここでも通用してよい。

カリビアンゴールド:体重を減らしながらトライアル2着してすべりこんだがもう余力ないのでは。唯一のステイゴールド産駒ということで距離延びて期待する人もいそうだが......。

ディーパワンサ:新馬、中京2歳Sと連勝したが、以降伸び悩みでここは厳しい。

モーヴサファイア:2月に小倉で2000M勝ってからの休み明け。ノーザンFだけに休み明けでも仕上がっているだろうが、ハービンジャーらしく小倉2000Mで夏に活躍するがここではないのでは。

レッドコルディス:フローラS5着と力をつけてきているしデビュー戦勝ちの素質馬だが、1月末の感冒での取り消しがあったように、賞金積めずここは間に合わなかった印象。

ムーンザムーン:スイートピーSは後方から差を詰めてきたが、あの相手を差し切れないようではちょっと物足りない現状。

アドマイヤローザ:フローラS7着はやや期待はずれだったが、母母アドマイヤグルーヴの良血馬でまだまだ伸びしろあり。ここに来て勢いを増すアドマイヤ軍団の二本目の矢も要注意。ヒモで買いたい。

マナローラ:ノースヒルズのハーツクライ産駒で母父もキングマンボと本格派だが、良くなるのは秋以降でまだ物足りない状況。

アルメリアブルーム:父ドリームジャーニーは弟オルフェーヴルが立派過ぎてピンチな状況だがオークスに産駒が出られるのは立派。トップレベルとはまだ差があるか。

ブラックオニキス:昨年夏にクローバー賞と札幌2歳S2着と十分実力以上に稼いだ馬で、今もそれなりに入着で稼いで馬主孝行だが馬券的には要らない。

ブルークランズ:3月末に未勝利を勝ち上がったばかりで先々成長してくるのだろうが今は要らない。

アンネリース:骨折明けのトライアル惨敗で上向くのは先で要らない。


<まとめ>
有力馬として軸候補:ソウルスターリングアドマイヤミヤビレーヌミノル

人気サイドで評価下げたい馬:リスグラシュー(ヒモでは買う予定だが)、フローレスマジック(消し想定)、モズカッチャン(消し想定)

穴として期待の馬:ミスパンテールディアドラアドマイヤローザ

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月17日号】05月17日(水) 17:00伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月20日(土) 京都11R 平安ステークス
【前走の条件別成績(2013年以降)】
●“JRAの重賞か地方のダートグレード競走” [4-4-3-27](複勝率28.9%)
●“JRAの重賞か地方のダートグレード競走”以外 [0-0-1-24](複勝率4.0%)
→臨戦過程がポイント。前走がオープン特別や条件クラスのレースだった馬は苦戦していますし、前走の距離が1900m以上だった馬も2013年以降[0-0-1-17](複勝率5.6%)と信頼できません。


▼2017年05月20日(土) 東京11R メイステークス
【前走の条件別成績(2012〜2014年、2016年のメイステークス、2015年のモンゴル大統領賞)】
●“JRAの重賞” [1-0-1-28](複勝率6.7%)
●“JRAの重賞”以外 [4-5-4-37](複勝率26.0%)
→前走が“JRAの重賞”だった馬は過信禁物。また、基本的に前走好走馬が強いレースでもあります。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解05月16日(火) 18:00競馬プロ予想MAX

前回の〜ヴィクトリアマイル編〜では、2着デンコウアンジュに対する“変わり身があれば上位入線も”“得意コースでの1発には注意”や、3着ジュールポレールへの“十分勝ち負けできる馬”“G1でも好勝負可能”“牝馬限定であればG1でも上位に食い込める”“かきこむような走法でパワーも兼備したタイプ”との人気薄で好走の2頭へのコメントをご紹介。貴重な情報が詰まった当コラムを、是非予想の参考にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、5/21(日)G1オークス
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/15(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
リスグラシュー
 サラマッポ 軽やかなフットワークと、細身で線のキレイな馬体です。走法と馬体からは中距離で軽い良馬場向きの印象を受けますね。それだけに、力の要る馬場だった桜花賞での好走は地力の証だと思います。腹回りが薄めでスタミナ面には不安が残りますが、例年通りの切れ味勝負なら問題ないと思っています。
 スガダイ 桜花賞ではよく頑張ったね。直線を向いた時は手応えも悪かったし、鞭をいれられても反応がなかったから惨敗するかと思ったけど、そこからバテずに伸びてきた。しぶといね。マイルでは追走に手間取るような感じもあったから距離は延びたほうがいいんじゃないかな。サラマッポが指摘している馬体面は別として、少なくとも牝馬同士なら2400の距離でバテる姿は想像できないね。今回も崩れずに走ってくれるんじゃないかな。
 km 完成度の高さで勝負している馬かと邪推していましたが、桜花賞の走りを見て考え直しました。この馬のベストパフォーマンスはアルテミスS1着時ですし、東京コースに戻れば、距離の不安がないことも併せて首位争い可能でしょう。
 河内一秀 桜花賞では、ソウルスターリングに初めて先着し、アルテミスS以降やや伸び悩んでいた格好の指数面でも自己最高を更新。2着に敗れたとはいえ、改めて力のあるところを見せた印象だよ。距離延長、東京コースへの適性ともに不安は無く、さらなる前進も見込めるだろうね。
 くりーく この馬のこれまでの調教内容を見てみると、1週前にジョッキー騎乗で併せて強めに追い切られ、直前は所属の坂井騎手騎乗で終いを軽く伸ばす内容の追い切りが多く見られます。休み明けだったチューリップ賞だけは本番が先ということもあってか、直前の追い切りが馬なりで仕上げに関しては余裕残しでしたが、桜花賞になると一変して、直前に併せ馬で強めに追われる内容に変わっていました。ある意味『勝負調教』だったように思います。今回は距離延長と関東への輸送があるので、直前は通常の終い軽く伸ばす程度の追い切りが一番良いのではないかと思います。これが軽すぎたり強くやり過ぎたりするとレース結果に悪い影響が出るかもしれません。ただこれまでのレース内容を見ても行きたがるようなところはありませんし、東京コースも経験済で長くいい脚を使える馬。普通の状態なら有力候補の1頭で大崩れはないと思いますね。

アドマイヤミヤビ
 km 桜花賞の敗因は、馬場が悪かったのと、テン乗りのデムーロがこの馬の乗り方を解っていなかったことに求められます。舞台が東京に戻り、(仮に)鞍上が戻れば有望でしょう。
 くりーく そうですね。私も似たような観点で、前走はこれまで乗ってきたルメール騎手と前走から乗っているデムーロ騎手の違いが大きかったと考えています。長くいい脚を使わせるルメール騎手と一瞬の切れを活かすデムーロ騎手では、ルメール騎手が乗っているなら買いたい馬と個人的にはとらえています(詳しくは19(金)の『オークス予想検討会@新橋Gate J.』にて触れたいと思っています)。調教面では、3勝すべてが・・・

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】優駿牝馬2017・GIのネッ05月15日(月) 10:32ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第78回 優駿牝馬(オークス) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月14日号】05月14日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 オークス 2017年05月21日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ重賞以外のレース”における出走数別成績(2012年以降)】
○3戦以下 [5-5-4-41](複勝率25.5%)
×4戦以上 [0-0-1-33](複勝率2.9%)

 少ないレース数で3歳牝馬クラシック戦線に乗った馬が優勢。条件クラスのレースやオープン特別を4回以上使った馬は苦戦しています。2012年12着のミッドサマーフェア(単勝1番人気)など、注目を集めながら敗れてしまった馬も少なくありません。たとえ近走の内容が良くても、思い切って評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→アドマイヤミヤビリスグラシューレーヌミノル
主な「×」該当馬→ハローユニコーンブラックスビーチモズカッチャン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[See more]

>>See more

2017年上半期G詰汁枩績と考察

さん 6月25日() 22:27

(1)成績
[フェブラリーステークス]★
◎アスカノロマン 15着(9人気)
[高松宮記念]★
◎シュウジ 15着(4人気)
[大阪杯]☆的中
◎キタサンブラック 1着(1人気)
[桜花賞]★
◎リスグラシュー 2着(3人気)
[中山グランドジャンプ]★
◎オジュウチョウサン 1着(1人気)
[皐月賞]★
◎ペルシアンナイト 2着(4人気)
[天皇賞(春)]☆的中
◎キタサンブラック 1着(1人気)
[NHKマイルカップ]★
◎ディバインコード 10着(11人気)
[ヴィクトリアマイル]★
◎ジュールポレール 3着(7人気)
[オークス]★
◎ディアドラ 4着(9人気)
[日本ダービー]★
◎アルアイン 5着(4人気)
[安田記念]★
◎イスラボニータ 8着(1人気)
[宝塚記念]★
◎ミッキークイーン 3着(4人気)

◎本命馬平均着順 5.4着(70/13)
◎本命馬平均人気 4.5人気(59/13)
◎本命馬勝率 23%(3/13)
◎本命馬複勝率 54%(7/13)
ウマニティ予想的中率 15%(2/13)
ウマニティ予想回収率 165%

(2)考察
◎本命馬着順<人気を目指したが、達成できず。序盤2戦の大敗が大きく響いた。

回収率こそ100%を上回ったが、◎本命馬複勝率(54%)に対して予想的中率(15%)が低すぎた。まだまだ馬券下手なことがわかる。

月別に見ると、4月は◎本命馬複勝率100%と好成績。競馬場別に見ると、中山と阪神が◎本命馬複勝率100%である一方で東京の成績がひどすぎた。

昔から東京のG気篭貅蠅任△蝓△い泙世帽酩できていない。

的中率と回収率アップを目標に、下半期も予想とレースを楽しみます。

ウマニティPOG、今シーズンの指名馬ラインナップ藤沢雄二さん 6月24日() 05:07

長々と続けてきた指名馬紹介の最終回は、先週の3回目の入札で落札した牝馬の2頭についてです。

・エンジェルフォールの2015(牝/美浦・武市)
父:ハービンジャー
母の父:ジャングルポケット
馬名:ヴェロニカグレース
馬主:シルクレーシング
生産:ノーザンF
(募集価格:480万PP→入札額:480万PP)

昨シーズンはペルシアンナイトとモーヴサファイアでお世話になったハービンジャー産駒ですけど、今シーズンはリスト作成の時点でピンと来る馬がいなくてスルーしておりました。
ただ、3週目の入札を前に「さすがに1頭ぐらいは何かいないか?」と改めて洗い直したところ、ちょうど美浦に入厩するタイミングだったこの馬を見つけて入札することに。

母系はキャロットでお馴染みのトールポピーを輩出したアドマイヤサンデーの一族なわけですが、この一族の泣き所は体質の弱さがあって潜在能力には確かなものがあっても、まともな時期にデビューできない馬が多いのと、早熟とまでは言わないものの『賞味期限の短い』馬が多い一族なので、やはりデビュー時期というのが重要になってきます。
そんな一族の馬が2歳の6月に入厩できるのはポジティブな材料だし、同じ武市厩舎のシルクという3歳馬のラグナアズーラが入札時の出走で戸崎→ミルコという騎手起用だったので、厩舎的な弱さもないのかな、と。
若干、オカルト的な話でいくと、ずっと拘っていた馬主さんの手から離れた途端に活躍するというケースがチョイチョイ見受けられるのを考えると、キャロット→シルクということもプラスに捉えて良さそう。

で、入札は当然のように最低入札額でw
いや、3週目まで残っているシルクだったら、実際の一口でもそうだと思うのだけど、サンデーレーシングとキャロットは募集開始の時点で壮絶な票読みがあったりするわけですけど、シルクぐらいだと募集開始で満口になるのは一握りですからね。
その辺の“市場原理”は似たようなものだと思っています。

近況はというと、入厩のタイミング的に新潟デビューになるのかと思って入札したのですが、思いの外アッサリとゲート試験に合格したことで福島の最終週が目標だとかいう嬉しい誤算w
普通は福島デビューだと期待度が低いと感じるわけですが、シルクで考えると馬主会的には福島が“ホーム”ですからね。期待が高いからこそのお膝元デビューと考えることにします。


・ステラプラドの2015(牝/栗東・本田)
父:ワークフォース
母の父:ハーツクライ
馬名:ダンツクレイオー
馬主:山元哲二
生産:社台F
(募集価格:380万PP→入札額:380万PP)

トレーニングセールの出身馬というのは大概『即戦力』と目されているわけだが、新馬戦の開幕が前倒しされてきているのにトレーニングセールの開催時期は変わらないので、その看板は特にPOG的には有名無実といった感がある。

というのも、これは個人的な印象ではあるのだが、入厩からゲート試験までに2週間、ゲート試験合格からデビューまでは4週間の時間が必要だと思っている。
なので入厩からデビューまで6週間は必要だと思っているのだが、毎年、フローラSの翌日に開催されるブリーズアップセールの日程で新馬戦の開幕にギリギリ間に合うかというわけで、やはりセールで売れてナンボとあればセールに向けて仕上げる→売れて馬主・厩舎が決まる→一息入れる、そんな流れになったら実際の馬主さんにはメリットがあってもPOG的には旨味がほとんど感じられない。
だからヴィクトリアマイルの前後、年によってはオークス週になる千葉サラブレッドセールとか、それよりさらに遅い時期の北海道トレーニングセールの上場馬は、下手するとドラフトに間に合わないなんてこともあるわけで、特にPOG的には近況を吟味できるルールじゃないと食指が動かない、いや動かせないというのが正直なところ。

ここ数年、千葉サラブレッドセールの上場馬からの指名を穴馬枠に用意してはいたのだが、昨シーズン辺りは最強の法則で妙に特集された割には奮わなくて、その一因として『セールで売買→入厩』ではなく一息入れてしまう馬の方が多いように考えられた。
そこで今年は、一応、セールの結果を見ながら静観を決め込んでいたのだが、3週目の入札を前に「そういえば千葉サラブレッドセール組ってどうなった?」と調べてみたところで急浮上したのがこの馬。

元々は社台RHで黒岩厩舎の予定で募集されていたのが、何らかの理由でキャンセルになったという曰く付きの馬。
2年前に半姉のスパツィアーレを指名していたので、血統的にはリスト入りの当落線上にはあったのだけど、落札者が社台グループと縁が薄そうな山元氏であったのと、先述のトレーニングセール組の抱える事情もあって、スルーしていたわけですよ。

ところが気がつけば競走馬登録が完了しているだけでなく函館に入厩しているのがわかって、これならと思った次第。

昨年、レーヌミノルで小倉2歳Sを勝った本田厩舎がですよ、馬主さんが鹿児島の方なのに小倉ではなく函館に持っていった辺りに適性を感じているのだと思うし、やはりトレーニングセールの出身馬がセールから『そのまま』使っているのは魅力ですよね。

ちなみにウマニティPOGでこの馬を指名しているのは全てのカテゴリーで私だけ。一番の隠し玉だな。
これ、新馬勝ちしたらドヤ顔できるなw
もっとも、G1ワールドから下のカテゴリーではトレーニングセール出身の馬をデビュー前から指名する必要はないですもんね。

というわけで、なんとか今シーズンの20頭(厳密には19頭+仮1頭)のラインナップを書き終えました(^^;

スペシャルワールド連覇へ向けての陣容としては手応えはあります。
後は、目論見通りに走ってくれればいいのですけどねw

[See more]

ウマニティPOG、今シーズンの指名馬ラインナップ藤沢雄二さん 6月23日(金) 02:44

今シーズンの指名馬紹介の5回目は、これぞ隠し玉と言っていい枠の2頭です。

・バレエブランの2015(牡/栗東・須貝)
父:エイシンフラッシュ
母の父:ダンスインザダーク
馬名:(ソーグレア)
馬主:G1レーシング
生産:追分F
(募集価格:350万PP→入札額:350万PP)

昨シーズンのウマニティPOGでアエロリットとの二枚看板となったのがペルシアンナイト。
そのペルシアンナイトの母の全兄にゴールドアリュールがいる、祖母のニキーヤに由来する牝系なのだが、この牝系からは昨シーズンは期間内7戦2勝で掲示板を一度も外さなかったファームフェイスも出ており(ちなみにファームフェイスも指名馬)、活気のある牝系と言える。
そこでこの牝系から今シーズンも…という事で、オークスの頃には既に吉澤ステーブルWESTに入っていたバレエブランの2015に白羽の矢を立てたという次第。

ペルシアンナイト、ファームフェイスと同様にG1レーシングでの募集馬でもあるし、出資者が『後から外厩に来た馬に栗東に先に入厩された』とボヤいていた点もペルシアンナイトと同じエピソードだったので、その辺も加味してみました。

また血統的にも、父の父キングズベスト×母の父ダンスインザダークという組み合わせが、昨シーズンの須貝厩舎からはアドマイヤウイナー(これまた昨シーズンの指名馬)を出しているということもあって、父のエイシンフラッシュが新種牡馬でも、ある程度の類似サンプルは持ち合わせているのでは?という読みもあった。

で、近況はというと、依然として吉澤ステーブルWESTに滞在という事で、函館デビューは時間的にあり得ないな(苦笑)
須貝厩舎の馬を指名する場合の一つの強い根拠が函館デビューなので、それ以外となるとちょっと掴み所がなかったりするわけで…(^^;
昨シーズンでも、早期デビュー組の中からでも東京デビューだったステイゴールド産駒の某馬とか、中京デビューだったハーツクライ産駒の某馬とかは先週の函館の3歳未勝利戦を走っていたでしょ。

なので、新種牡馬から何か指名しようなんて思っている人がいるなら、この馬よりもオルフェーヴル産駒から何か選んだ方がいいですよw

まあ冗談はさておき、かくなる上は須貝厩舎から新たな狙い目を発掘できるかもしれないので、そういう点にも注視しながらこの馬を見守っていきたい。
幸か不幸か、吉澤ステーブルWESTにいる2ヶ月半ぐらいの間に体重が30kgほど増えてしっかりと成長しているみたいだし、使い出してみたら意外とスルッと出世するかもしれないし。

入札状況としては、やはり新種牡馬はオルフェーヴルの方に注目がいっているので、予想通り無風でした。
いや逆に言えば「無風じゃなきゃ困る」ぐらいの感覚だし、そうでなければ『隠し玉』とは言えないわけで。
走るかどうかは何とも言えないですが、スペシャルワールドを戦う上ではこういう馬もれっきとした戦力になってほしいですし、誰の目にも留まらない馬を指名していくことでスコアメイクをしていかないと、予算にも限りはありますからね。


・シーイズインポッシブルの2015(牝/栗東・小崎)
父:スマートファルコン
母の父:Yankee Victor
馬名:レディバード
馬主:吉田和美
生産:ノーザンF
(募集価格:160万PP→入札額:160万PP)

昨シーズンのウマニティPOGの指名馬であったオールポッシブルの半妹になるのですが、世間的には今年のTCK女王盃とエンプレス盃を勝ったワンミリオンスの半妹といった方がわかりやすいと思います。

で、この馬を指名した経緯ですけど、ゴールデンウィークの頃に栗東に入厩したのは一応、チェックしていました。
でも血統を見ると、父がスマートファルコンですからどう見てもダート馬っぽいし、『シーズインポッシブルの2015』のままでは馬主も厩舎もわからないわけで。
いや、別に『○○の2015』という表記でもそれなりに馬主さんや厩舎というのはわかるのですけど、いかんせんこの馬、今現在もnetkeibaの掲示板の投稿数が0なので(苦笑)

それでとりあえずスルーしていたところ、やおら競走馬登録されて確認してみるとワンミリオンスと同じ小崎厩舎なのはともかく、馬主が吉田和美さんということがものすごく興味を惹いた。
というのもここ2年、吉田和美さんのその世代最初に競走馬登録された馬をウマニティPOGで指名しているのだが、2年前のヒルダは函館で新馬勝ち→函館2歳S3着、萌黄賞2着とソコソコの活躍はした。
また昨シーズンのモーヴサファイアは新馬戦とあすなろ賞を勝って6戦2勝と頑張ってくれた。
決して長打コースではないかもしれないけど、こういった馬で脇を固めるとスコアメイクが楽になるのである。
もっともそう言っている本人は、伝え聞いたところによると『脇が甘い』らしいのだが(殴蹴

話を戻す。
競走馬登録されて厩舎や馬主が確定するのを待っているようでは、正直なところスペシャルワールドでは戦っていけない。
POGは情報戦でもあり、厩舎や馬主なんてものは大概、ちょっと調べればわかるものである。
だが、中にはこういう馬もいる、ということである。

血統的なバックボーンはゴールドアリュール産駒のワンミリオンスを管理している小崎厩舎だから、ある程度の母系の癖みたいなものは把握しているだろうと推測できるし、5月にゲート試験に合格して競走馬登録されているところは、7月の中京で新馬勝ちをしたオールポッシブルに似たところがあるのだろう。
もし半姉2頭のいいとこ取りをしているのなら、エーデルワイス賞を皮切りに兵庫ジュニアグランプリ→全日本2歳優駿と交流重賞を総なめにできる可能性まで見込めるだろう。
“パネルが開いた”ことによってそこまで想像できるのであるなら狙わぬ手はない。
誰がどう見てもダート馬という配合なら、ウマニティPOGの入札で競りかけられるわけがない、という目論見通りに無風で落札できました。

で、近況なのだが、先述の通り、netkeibaの掲示板に書き込みがないので先の予定は何も知らないw
わかるのはこれまでの調整過程で、ゲート試験に合格後に短期放牧に出て、6月8日に栗東に再入厩。そこから調整してきて今週は出走がないからおそらく来週のデビューだと思われる。
予想されるのは7月1日の福島のダート1150mか、7月2日の中京の芝1400mのどちらかではないか?
前者なら血統の字面通りだし、ダートの新馬戦は今の時期は絶対数が少ないから選んでいる場合でもないだろう。もしダートでデビューするとして、7月8日の中京ダート1400mだとするなら栗東への帰厩が早すぎる感はある。
まあエーデルワイス賞まで考えるなら断然、後者の方がいい。ダートの王者だったスマートファルコンとて、現役時代には初芝のジュニアCを快勝しているので芝適性が皆無だとは思えない。それこそ半姉のオールポッシブルは芝でソコソコの成績を残しているのだから、母系からもこなせる下地はある。来週の日曜日なら戸崎が中京だというので、芝の新馬戦を勝つようならダリア賞も視野に入るだろうし、福永でも乗って新馬戦を勝つようならフェニックス賞とかも考えられるだろう。
いずれにせよ想像するだけならタダですからw
情報の少ない馬で先々を予測する(または想像してニヤケる)のも楽しみの一つだとは思います。

ここまでの 銑イ、ウマニティPOGと主戦場のドラフト制のPOGの両方で指名している今シーズンの主力となる馬たちです。

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=af42822ba1&owner_id=c218baf74d


http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b1a70582e8&owner_id=c218baf74d


http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=c5f101cfe3&owner_id=c218baf74d


http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=5e24158e6d&owner_id=c218baf74d

次回からはウマニティPOGのみでの指名馬について書いていきます。

[See more]

ミッキークイーンの宝塚記念?パトラッシュさん 6月20日(火) 17:15

宝塚記念は、キタサンブラックと武豊騎手という今シーズン、私と最も相性の悪い組み合わせが圧倒的な人気を集めてしまうことが確実ですが、先日も書いたと思いますが、買うしかないかと。
しかし、キタサンブラックから、となると、相手を絞らないということになります。
ということで言えば、まず、人気を集めそうなミッキークイーンですが、前走のヴィクトリアマイルは不発で、距離不向きなど、云々されています。阪神は、3.2.0.0、で、中距離もオークスをかっていることから、問題なし。さらに昨年マリアライトが勝ち、それ以前も牝馬が度々活躍してしていることから、けっこうな人気になりそうな気配です。
牝馬が活躍していることには、春のシーズンの古馬の番組構成の問題があることは間違いないように思います。
すなわち、秋シーズンには、中距離のG1として、国内で天皇賞、JCが組まれている一方、春のシーズンでは、古馬の一線級が目標とできるレースは海外にしかなく、国内に目標を置くとすれば、非常に特殊な、消耗するような春の天皇賞しかありませんでした。そのため、宝塚記念で人気になる一線級の牡馬は、海外か春の天皇賞で、一旦、ピークに持って行き、レースでも全力を尽くすことになります。
一方、牝馬の場合、矛先を国内中距離以外に置かなければならないということでは、牡馬と同様ですが、海外に行かなければ、多くは、マイルに矛先を向けるか、宝塚記念までピークに持って来ないという状況が影響しているように思います。
ミッキークイーンの場合もステップは、一昨年ゴールドシップの3着だったヴィルシーナと同じで、これまでの牡馬相手の戦績を考えると、かなり有力と言えるのではないでしょうか?春の一連のレースを見ると、この間、キタサンブラックと対戦した牡馬より、脈ありかもしれません。

[See more]

ウマニティPOG、今シーズンの指名馬ラインナップ藤沢雄二さん 6月17日() 19:48

金曜日に開封された3回目の入札では、入札した4頭を無風で獲得できて、今シーズンの20頭の指名枠が全て埋まりました。
今シーズンは、あまりにもこっちの思うように指名馬を獲得できたので逆にスムーズ過ぎて不安になるのですが、他のプレイヤーのさらに上を行っているのだとポジティブに信じることにしますw

さて今シーズンの指名馬ラインナップの3回目は牝馬勢から3頭を。

・ブルーメンブラットの2015(牝/栗東・石坂)
父:キングカメハメハ
母の父:アドマイヤベガ
馬名:(ブルーメンクローネ)
馬主:キャロット
生産:ノーザンF
(募集価格:2,440万PP→入札額:5,000万PP)

オークスの頃に既にしがらきにいたことでリストイン。
『キャロット×石坂調教師×牝馬』という、比較的計算できそうなトリオなのですけど、個人的にはこの母系からは従兄弟にあたるアドマイヤウイナーを指名しており、そういう意味でもこっちの方が指名するには都合がよかったですね。

入札に関しては、他にもっと入札があるのかと思っていたのですけど先行入札は1件だけだったので、ホントはもう少し抑えてもよかったんです。
ただ、その先行入札をされた方が某POGでご一緒していて、そこでボクが取っているのわかっていて入札されているので、若干、ムキになりましたw
この馬に関しては「他に入札者があれば2回目、3回目と増額してもいい」ぐらいの心持ちでしたね。

近況はというと、栗東入厩のプランもあったようなのですが熱発のために白紙に。
でもしがらきにいることは間違いないので、POG的には他の陣容も固まったことだし別に秋でもいいのかな〜とは思っています。


・シーズンズベストの2015(牝/美浦・鹿戸雄)
父:クロフネ
母の父:ゼンノロブロイ
馬名:ベストヴォヤージュ
馬主:キャロット
生産:ノーザンF
(募集価格:370万PP→入札額:500万PP)

リストアップした時には既にゲート試験に合格して天栄で一息入れている状態でした。

昨シーズンもそう狙ったように、クロフネ産駒で長打コースを望めるのは早期デビュー組なので、具体的なデビュー予定は立っていなくてもゲート試験に合格済だったのが魅力的でリストイン。

入札状況は、金曜日の朝まで誰も入札していなかったのですけど、キャロットだったら誰か突っ込んで来るよね〜と最低入札額から一色つけてみたら、どうやら正解だったようです♪

近況はというと6月8日に美浦に入厩。
ただ初時計が14日の芝コースだから東京の最終週には間に合わないでしょう。
まあ中京も視野に入れているみたいなので、2週目の1400辺りに使えればいいな〜と希望します。
しかしながら、あまり順調ではないようで『気管と馬体重に課題がある』という話はチョット不安。
その辺が解消されるといいのですが…。


・アメジストリングの2015(牝/美浦・斎藤誠)
父:ルーラーシップ
母の父:フジキセキ
馬名:ウラヌスチャーム
馬主:G1レーシング
生産:ノーザンF
(募集価格:470万PP→入札額:470万PP)

この馬も5月11日には美浦に入っていたのでリストイン。
母のアメジストリングは何回か馬券を追いかけた馬で、多少の思い入れがあったこと。
『斎藤誠厩舎×ルーラーシップ産駒×G1レーシング』は桜花賞の裏の雨の中山でエミットライトが勝ったのを見ていて、なんか印象に残っていたので、それよりは稼いでくれるだろうと安直に指名してみたw
だから入札額も最低募集価格。全く期待していないわけではないけど、G1レーシングなら競りかけてくる人もいないかな?という読みのもあって。

上記のエミットライトと比べると母の父がダンスインザダークかフジキセキかの違いになるわけですけど、そりゃあフジキセキの方が素軽いだろうとは思うので、先行力があってほしいですね。

近況は天栄で放牧中ですが、どうなんだろう、早ければ新潟で使うことにでもなるのだろうか?

い任浪看2頭を紹介します。

[See more]

ウマニティPOG、今シーズンの指名馬ラインナップ藤沢雄二さん 6月16日(金) 07:12

今シーズンのラインナップ。
2回目は今シーズンのカギを握りそうな3頭をピックアップ。

・アガルタの2015(牡/栗東・角居)
父:マンハッタンカフェ
母の父:キングカメハメハ
馬名:ダブルフラット
馬主:金子真人HD
生産:ノーザンF
(募集価格:1,170万PP→入札額:12,000万PP)

ウマニティPOGでの指名の流れというのは↓

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=cb466d6332&owner_id=c218baf74d

このエントリーで記した通りに、オークスの週に行われる主戦場のPOGのドラフトでのリストが基になっているのですが、今シーズンは「これ!」と思う馬がなかなか見当たらなくて四苦八苦。
それで『角居厩舎&金子さんだからとりあえず書いとけ』という感じでテキトーにリストインさせたところ、スルスルと繰り上がってハズレ6位で取れてしまった。
実が幹事さんもこの馬をリストアップしていて、自分のリスト提出後に幹事さんから「受け取りました」のメールに幹事さんのリストが添付されてくるのだが、純粋な順位でいえば幹事さんがつけていた順位の方が上だったから、てっきり取れなかったものだとばかり思っていたので指名確定の報に思わずビックリ。

そしてこの“ハズレ”6位というのがポイント。
要するに抽選(=じゃんけん)負けということなのだが、実は昨シーズンの主戦場のドラフトで抽選負けで繰り上がったのがペルシアンナイト。
それを思うとダブルマインドへの期待というのも膨らむわけで。

となると、個人的にはこの馬が今シーズン一番のキーホースになると踏んで、入札時に既に2名の入札があったことから、単純に募集価格からほぼ10倍のPPをポイっと。
どうやらギリギリのところだったらしいのですけど、あまり深く考えなかったのが効を奏したようです。

金子さんの馬なので事前に情報が出てくることもほとんどなかったのですけど、ひょっこりと6月3日に栗東に入厩して昨日(15日)にゲート試験に合格と素晴らしい流れ♪
「今シーズンのキーホースになりそう」という直感は今のところ正しい、そんな感じです。

角居厩舎だから一息入れるのでしょうけど、これからが実に楽しみになりました。


・シルバーフォックスの2015(牝/栗東・庄野)
父:ロードカナロア
母の父:クロフネ
馬名:レッドシャーロット
馬主:東京HR
生産:ノーザンF
(募集価格:1,010万PP→入札額:3,000万PP)

東サラ勢からは本当は『ノーザンファーム生産の関西の牡馬』というのが狙い目なのだけど、牝馬であることに目を瞑ればオークスの頃に既にしがらきまで来ていたことが決め手になってリストイン。
庄野厩舎×ノーザンファーム×東サラのトリオは、レッドソロモンとレッドアンシェルが出ていて、派手さはないけどそれなりに計算できるのが魅力。

で、自分はツイッターのフォロワーさんが主催している『牝馬限定POG』というのに4年連続で参加している。
このPOG、ツイッターのDMを使って1巡毎にドラフトが行われる10頭持ちの大会なのだが、実は過去3年、競合になった時に一度もじゃんけんで勝ったことがなかった。

それで今年、4巡目を迎えた時にちょうど栗東への入厩がアナウンスされたので、5巡目の予定を繰り上げて4巡目で書いたら競合してしまった(>

[See more]

JAPAN OAKS Strategy Tool

Up-and-coming tipsters/Smash Hits -JAPAN OAKS2017-

Up-and-coming tipsters may help your prediction! We provide a lot of tips if you are an Umanity Member(Free)! It is definitely worth checking!

  • Tips(Including Pro)
  • Tips(Free Only)
Winners
Update:21May 16:34
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result JAPAN OAKS
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 ty a728205400 Lv 118 5% 159% 203,000 None
2 車馬次郎 e3202e8f7f Lv 101 58% 194% 340,600 None
3 ブレイヴ♪ yu-ki Lv 85 10% 228% 128,000 None
4 ヌマさん fe700d89b1 Lv 85 100% 2013% 191,300 None
5 にゃーん nyaaan Lv 90 30% 121% 77,880 None
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold
Winners
Update:21May 16:34
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result JAPAN OAKS
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 week week Lv 109 16% 169% 246,700
2 marblebleble marblebleble Lv 98 25% 433% 187,010
3 Montana Montana Lv 103 27% 127% 98,500
4 StLouisCardinals fan StLouisCardinals fan Lv 88 25% 178% 62,800
5 ginniro_no_samurai ginniro_no_samurai Lv 100 16% 125% 45,000
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -JAPAN OAKS 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 1 2 94.8 Soul Stirring F3 55.0 C.Lemaire K.Fujisawa EAST 474(0) 2.4 1 2.24.1
2 1 1 88.3 Mozu Katchan F3 55.0 R.Wada I.Sameshima WEST 468(0) 15.0 6 2.24.4 1_3/4
3 8 16 90.9 Admire Miyabi F3 55.0 M.Demuro Y.Tomomichi WEST 476(+2) 4.8 2 2.24.8 2_1/2
4 4 7 89.4 Deirdre F3 55.0 Y.Iwata M.Hashida WEST 478(+2) 27.6 9 2.24.8 Head
5 7 14 93.3 Lys Gracieux F3 55.0 Y.Take Y.Yahagi WEST 432(-4) 5.9 3 2.24.9 3/4
6 2 3 91.4 Flawless Magic F3 55.0 K.Tosaki T.Kimura EAST 448(-4) 11.4 5 2.25.0 Neck
7 6 12 84.4 Black Onyx F3 55.0 T.Ono K.Kato EAST 410(0) 242.5 17 2.25.4 2_1/2
8 8 18 85.7 Manarola F3 55.0 M.Ebina I.Sameshima WEST 452(+14) 151.9 16 2.25.6 1_1/4
9 5 10 85.9 Black's Beach F3 55.0 H.Kitamura K.Sumii WEST 444(+4) 26.9 8 2.25.6 Neck
10 2 4 85.4 Miss Panthere F3 55.0 H.Shii M.Kon WEST 508(+6) 51.3 11 2.25.7 1/2
11 8 17 87.5 Caribbean Gold F3 55.0 K.Tanaka F.Kojima EAST 454(-4) 88.9 14 2.25.8 1/2
12 3 5 89.9 Mauve Sapphire F3 55.0 Y.Kitamura M.Ikezoe WEST 490(-2) 76.9 13 2.26.0 1_1/2
13 7 13 95.3 Reine Minoru F3 55.0 K.Ikezoe M.Honda WEST 468(+2) 10.4 4 2.26.2 1_1/4
14 3 6 85.6 Hello Unicorn F3 55.0 Y.Shibayama I.Sameshima WEST 432(+4) 52.4 12 2.26.4 1_1/2
15 6 11 87.9 Red Cordis F3 55.0 Y.Yoshida Y.Takahashi WEST 454(-6) 111.9 15 2.26.5 1/2
16 4 8 88.1 Ho O Perfume F3 55.0 M.Matsuoka T.Okumura EAST 474(-6) 25.9 7 2.26.7 1_1/4
17 5 9 88.4 Dipavamsa F3 55.0 H.Uchida T.Matsushita WEST 432(-6) 251.6 18 2.26.8 1/2
18 7 15 89.6 Yamakatsu Grace F3 55.0 N.Yokoyama K.Ikezoe WEST 448(0) 43.4 10 2.27.9 7
Lap Time 12.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.6
The first half 12.7-24.3-37.1-49.7-61.7
The latter half 57.8-45.7-34.1-22.8-11.6

Payoff

Win2 240 JPY 1(Fav)
Show
(Place)
2 130 JPY 1(Fav)
1 350 JPY 6(Fav)
16 190 JPY 3(Fav)
Bracket quinella1-1 2,280 JPY 9(Fav)
Quinella1-2 2,290 JPY 6(Fav)
Quinella Place1-2 830 JPY 7(Fav)
2-16 370 JPY 2(Fav)
1-16 1,680 JPY 18(Fav)
Exacta2-1 2,790 JPY 8(Fav)
Trio1-2-16 4,600 JPY 9(Fav)
Trifecta2-1-16 20,130 JPY 41(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -JAPAN OAKS 2017-

Sun,9Apr2017OKA SHO  Hanshin Turf1600m Good

1st 10 Reine Minoru ENTRY 40.8(8Fav) K.Ikezoe 1:34.5 98.6
2nd 6 Lys Gracieux ENTRY 14.5(3Fav) Y.Take 1/2 97.8
3rd 14 Soul Stirring ENTRY 1.4(1Fav) C.Lemaire Neck 97.8
4th 8 Karakurenai 24.3(7Fav) H.Tanabe Neck 97.1
5th 12 Aerolithe 23.6(6Fav) N.Yokoyama Neck 97.1
>>See more

Sun,23Apr2017FLORA STAKES  Tokyo Turf2000m Firm

1st 1 Mozu Katchan ENTRY 37.2(12Fav) R.Wada 2:01.3 93.1
2nd 7 Yamakatsu Grace ENTRY 32.2(10Fav) N.Yokoyama Neck 93.1
3rd 14 Flawless Magic ENTRY 4.1(2Fav) K.Tosaki Head 93.1
4th 6 Tagano Aswad 11.5(3Fav) K.Kokubun 1_3/4 91.3
5th 16 Red Cordis ENTRY 36.2(11Fav) H.Kitamura Neck 91.3
>>See more

Sun,30Apr2017SWEETPEA STAKES Tokyo Turf1800m Firm

1st 7 Black's Beach ENTRY 6.4(3Fav) H.Kitamura 1:47.4 89.9
2nd 5 Caribbean Gold ENTRY 18.4(9Fav) K.Tanaka Neck 89.9
3rd 11 Moon the Moon 9.7(5Fav) Y.Fujioka Neck 89.2
4th 18 Win Chatelaine 5.4(2Fav) H.Uchida Nose 89.2
5th 17 Port Vendres 5.0(1Fav) K.Tosaki Neck 89.2
>>See more

Sun,7May2017NHK MILE CUP  Tokyo Turf1600m Firm

1st 16 Aerolithe 5.8(2Fav) N.Yokoyama 1:32.3 101.3
2nd 14 Rieno Tesoro 37.5(13Fav) H.Yoshida 1_1/2 99.8
3rd 6 Bom Servico 14.4(6Fav) K.Matsuyama 2_1/2 96.7
4th 15 Red en Ciel 14.5(7Fav) Y.Fukunaga Neck 96.7
5th 11 All the Go 57.1(16Fav) H.Uchida 3/4 96.0
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -JAPAN OAKS 2017-

2016 JAPAN OAKS 22May2016 Tokyo11R Turf2400m Firm

JAPAN OAKS 2016

1st 3 Sinhalite 2.0(1Fav) K.Ikezoe 2:25.0 96.8
2nd 13 Cecchino 4.0(2Fav) K.Tosaki Neck 96.8
3rd 14 Biche 16.0(5Fav) M.Demuro 1/2 96.3
Win 3 200 JPY(1Fav) Trio 3 - 13 - 14 2,070 JPY(4Fav)
Quinella 3 - 13 420 JPY(1Fav) Trifecta 3 - 13 - 14 5,790 JPY(6Fav)

2015 JAPAN OAKS 24May2015 Tokyo11R Turf2400m Firm

JAPAN OAKS 2015

1st 10 Mikki Queen 6.8(3Fav) S.Hamanaka 2:25.0 94.5
2nd 14 Rouge Buck 2.7(1Fav) K.Tosaki 3/4 94.0
3rd 17 Culminar 11.8(6Fav) K.Ikezoe 1/2 93.5
Win 10 680 JPY(3Fav) Trio 10 - 14 - 17 4,140 JPY(7Fav)
Quinella 10 - 14 1,160 JPY(1Fav) Trifecta 10 - 14 - 17 20,150 JPY(24Fav)

2014 JAPAN OAKS 25May2014 Tokyo11R Turf2400m Firm

JAPAN OAKS 2014

1st 9 Nuovo Record 9.8(2Fav) Y.Iwata 2:25.8 95.5
2nd 10 Harp Star 1.3(1Fav) Y.Kawada Neck 95.5
3rd 5 Bounce Shasse 16.4(3Fav) H.Kitamura Neck 95.0
Win 9 980 JPY(2Fav) Trio 5 - 9 - 10 1,530 JPY(2Fav)
Quinella 9 - 10 380 JPY(1Fav) Trifecta 9 - 10 - 5 12,850 JPY(31Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
19May2013
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Firm Meisho Mambo 28.5 9 K.Take 2:25.2 94.1
20May2012
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Firm Gentildonna 5.6 3 Y.Kawada 2:23.6 98.0
22May2011
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Firm Erin Court 37.2 7 H.Goto 2:25.7 93.8
23May2010
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Good Apapane
Saint Emilion
3.8
8.5
1
5
M.Ebina
N.Yokoyama
2:29.9 95.2
24May2009
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Firm Buena Vista 1.4 1 K.Ando 2:26.1 98.9
25May2008
JAPAN OAKS
Tokyo 18 Good Tall Poppy 9.7 4 K.Ikezoe 2:28.8 96.0

JAPAN OAKS Strategy Tool

*Forget your password?

This Week Graded Race

Sun,2Jul2017
CBC SHO G3
RADIO NIKKEI SHO G3

Race Program

Sat,1Jul2017
Hakodate
Fukushima
Chukyo
Sun,2Jul2017
Hakodate
Fukushima
Chukyo