Race Info > SATSUKI SHO 2017 - Results,Payoff
SATSUKI SHO 2017

Sun,16Apr2017

SATSUKI SHO G1

Nakayama/Turf/2000m

Related News -SATSUKI SHO 2017-

  • Arrival News

Al Ain defeated a strong field of three-year-olds that included 11 graded winners—largest number in the history of the race—in the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), the first leg of the three-year-old Triple Crown, while renewing the race record set by Dee Majesty (JPN, by Deep Impact) last year by 0.1 second. The son of Deep Impact won his two starts over a mile as a two-year-old and although beaten to sixth in his kickoff start this year in the Shinzan Kinen (G3, 1,600m) due to a disadvantage, Al Ain claimed his first graded victory in the Mainichi Hai (G3, 1,800m) just three weeks ago. Trainer Yasutoshi Ikee, who dominated the top two positions in this race, registered his 17th JRA-G1 victory—his first since winning the year-end Arima Kinen with Satono Diamond last year—and second Satsuki Sho title since winning the race with Orfevre in 2011. Jockey Kohei Matsuyama, who debuted in 2009, captured his first JRA-G1 and classic title and his seventh graded JRA victory.

Breaking from stall eleven, Al Ain rushed out to rally for the lead and eventually settled around fifth while eyeing race favorite Fan Dii Na on the inside. The son of Deep Impact was caught between horses as the field crowded in entering the homestretch, but once Kohei Matsuyama guided him through a narrow space for a clear path around the 200-meter pole, the bay unleashed a powerful drive and caught up with Persian Knight 100 meters out for a strong duel, which he won by a neck margin.

“I can't believe we won! I was runner-up in two G1 races last year so it feels just great to be a winner. He ran a strong race last time so I was quite confident today. He wasn't responding well in the last two corners but stretched really well in the straight. He's easy to ride so I think he'll have no problem with the extra distance in the Derby,” commented Kohei Matsuyama

Fourth choice Persian Knight traveled toward the rear, fourth from last, but gradually advanced forward along the rails through the backstretch. Entering the homestretch toward the front, the son of Harbinger also threaded through the crowded horses and took command 200 meters out but was unable to hold off the strong charge by Al Ain in the last 100 meters.

Rated around sixth from the front, 12th favorite Danburite stalked Fan Dii Na through most of the trip but overtook the race favorite 100 meters out and accelerated powerfully to close in on the dueling front runners to cross the wire 3/4 length behind in third. Meanwhile, Fan Dii Na took the lead briefly at early stretch but weakened in the uphill and finished seventh, about 3-1/4 lengths behind winner.

Other Horses:
4th: (16) Clincher―stalked leaders in 3rd, rallied for lead at early stretch, sustained bid, weakened in last 100m
5th: (5) Rey de Oro―sat near rear, responded well on inner stretch, failed to threaten top finishers
6th: (2) Suave Richard―traveled 3-wide in mid-pack, quickened in last 200m, was too late
8th: (17) Win Bright―broke poorly, made headway to mid-field on outer route, never a threat
9th: (4) Cadenas―raced near rear early, advanced along rails at backstretch, lacked needed kick
10th: (9) Platina Voice―ran behind eventual winner, met traffic 300m out, lost momentum
11th: (13) Satono Ares―trailed in rear, showed belated charge, timed fastest over last 3 furlongs
12th: (6) Outliers―settled toward rear, angled wide, passed tired rivals at stretch
13th: (18) Trust―pressed pace from widest draw, led briefly around final corner, weakened in last 200m
14th: (3) Komano Impulse―traveled in mid-group, found little room between 3rd and 4th corner, even paced
15th: (14) King's Rush―sat 3-wide toward rear, unable to reach contention
16th: (1) My Style—hugged rails in mid-division, outrun by rivals after 3rd corner
17th: (15) Adam Barows―set solid pace, led until 3rd corner, faded thereafter
18th: (12) America's Cup―raced 4-wide in mid-group early, dropped back before 3rd corner

SATSUKI SHO 2017 - Preview 12 Apr 11:29 am

It's a big weekend coming up next at Nakayama Racecourse, just outside Tokyo, when the Nakayama Grand Jump (J-G1) will take place on Saturday, April 15, followed by the first leg of the Triple Crown, the Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas), on Sunday, April 16. It will be the 77th running of the colts' Classic, and some of Japan's greatest thoroughbreds have left their mark on the race. The roll call of horses to win the race includes Saint Lite (1941), Shinzan (1963), Symboli Rudolf (1984), and in the modern era, Deep Impact (2005) and Orfevre (2011), all horses that went on to win the Triple Crown.

The race is run over 2,000 meters on the inner turf track of the course, starting in front of the stands and comprising of just over a circuit of the track. There have been 19 nominations for this year's race, and one of them is the eye-catching filly, Fan Dii Na, bidding to become the first filly to win the race since Hide Hikari in 1948. Twenty three Satsuki Sho winners have gone on to win the Derby, the last to do so was Duramente in 2015. The total purse for the race is \216 million, with \100 million going to the winner. First favorites have only won twice in the last 10 years, and last year's winner, Dee Majesty, sent off eighth in the betting, kept another favorite out of the winner's enclosure. He also set a new record time for the race, winning in 1 minute, 57.9 seconds.

Lead up races to the Satsuki Sho have included three big races in March, namely the Grade 3 Flower Cup, Grade 2 Fuji TV Sho Spring Stakes, and Grade 2 Hochi Hai Yayoi Sho, the latter proving the most successful when runners come from this race and then take on the Satsuki Sho.

The final field for Sunday's big race, and the draw, will be available later in the week, but in the meantime, here's a look at some of the top names expected to feature in the Satsuki Sho, which will be Race 11 on the card on April 16, with a post time of 15:40 local time:

Fan Dii Na: By far the most fascinating runner to be nominated, the filly by Deep Impact is unbeaten in three starts, and what's more is coming off a five-length victory in the Grade 3 Flower Cup over 1,800 meters at Nakayama in March. She recently worked on the hill on April 5 at Ritto Training Center, putting in a four furlong time of 54.1 seconds, with three furlongs in 39.1 seconds, and a final furlong time of 12.4 seconds. Jockey Yasunari Iwata thinks she's “certainly a match for the colts,” while trainer Tomokazu Takano commented: “She's eating well and there's no problem with the way she's coming on. It'll be the second time to transport her to Nakayama, and keeping her calm will be the main thing. She's up against colts this time, and she's still immature, so it won't be easy.”

Cadenas: This colt, also by Deep Impact, has an impressive record to date, always finishing in the top two from five starts so far. His latest win was in the Grade 2 Hochi Hai Yayoi Sho over 2,000 meters at Nakayama last month, and he was sent off favorite for that race. Jockey Yuichi Fukunaga has ridden him the last three times, and is expected to ride him again this Sunday, while trainer Kazuya Nakatake is seeking just his second Grade 1, having won the 2009 NHK Mile with Jo Cappuccino. An assistant trainer for Nakatake said, “Looking at his last win, we're able to look ahead to the Satsuki Sho. He's recovered well from that last race, and so that's been a help. He's eating well, so everything's fine up to now.”

Suave Richard: The Northern Farm bred colt was an expensive purchase at the 2014 select sale, but his \59 million prize money tally so far has gone some way to repay his connections. He's two wins and two seconds from four starts, and in his only race this year he ran out a 2-1/2 length winner of the Grade 3 Kyodo News Service Hai over 1,800 meters at Tokyo in February. Jockey Hirofumi Shii has ridden him in all his races and is lined up for the ride again. Trainer Yasushi Shono commented: “He showed he could race last time when winning. He's come back from the farm in top condition and seems to have developed. We've transported him long distance a couple of times now, and it's not a problem.” The trainer is looking for his first Grade 1 title.

Rey de Oro: Rey de Oro has won all three of his starts so far, and they've all been over 2,000 meters, including the Grade 2 Hopeful Stakes at Nakayama last December, the last time he ran. The King Kamehameha colt is one of two entries for trainer Kazuo Fujisawa, looking to avenge Soul Stirring's defeat last week in the Oka Sho (Japanese 1000 Guineas). Rey de Oro's latest work at Miho Training Center saw him put in a four furlong time of 52.7 seconds, three furlongs at 38.6 seconds, and a final furlong time of 12.9 seconds. Assistant trainer Daisuke Tsumagari said, “It's taken time for him to recover from his Hopeful Stakes run, but we wanted to give him that time. Now on his return to the Miho Training Center, he's been working well uphill and on the woodchip course, and has filled out quite a bit.”

Satono Ares: The other runner from the Fujisawa stable, Satono Ares was last year's champion 2-year-old colt. He won the Grade 1 Asahi Hai Futurity Stakes last December over a mile at Hanshin, and is three wins and two seconds from a six race career to date. He has never raced beyond 1,800 meters, but being by Deep Impact, it shouldn't be a problem. Tsumagari commented: “His timing was off a little in his last race, and he had trouble finding his rhythm. He's a horse with power, and he needs to just use what he has to run his best race.”

Win Bright: The grey colt by Stay Gold has won his last two races, both at Nakayama, the latest being the Grade 2 Fuji TV Sho Spring Stakes over 1,800 meters. He generally races midfield, before producing the goods at the finish. Bred at Cosmo View Farm, his big race jockey will be Masami Matsuoka. He is trained by Yoshihiro Hatakeyama, who recently said, “He's by Stay Gold, so he can be a bit unruly, like he was in the paddock last time. He still ran a good race though, and I was pleased with what he did to win. I think he's improved from that and will prove versatile enough from now.” The trainer is another looking for just his second Grade 1, after winning the NHK Mile in 2013 with Meiner Ho O.

America's Cup: By Manhattan Cafe, America's Cup has four runs and has won three times, including his latest race, the Grade 3 Kisaragi Sho over 1,800 meters at Kyoto in February. It will be his first time at Nakayama, and also his first run over 2,000 meters. His trainer, Hidetaka Otonashi, is enjoying a good year so far, and commented: “He's put on about 10kgs, but I think come the race, he'll be about the same weight as he was for his last race. He should be able to run in a similar way to last time, although with a full field, he'll need to find his rhythm.”

[See more]

>>See more

 東の伯楽・藤沢和雄調教師が牡馬クラシック初Vの期待をかけるサトノアレスが13日朝、「第77回皐月賞」(16日、中山、GI、芝2000メートル)に向けて、美浦トレーニングセンター(茨城県)のWコースで絶好の動きを見せた。昨年暮れのGI朝日杯FSの覇者。年明け初戦のフジテレビ賞スプリングSは4着に敗れたが、期待どおりの上昇曲線を見せ決戦に臨む。

 昨年の2歳チャンプが激変した。前哨戦のフジテレビ賞スプリングS4着は単なる叩き台。藤沢和厩舎悲願の牡馬クラシック戴冠へ、サトノアレスが見事な変わり身をアピールした。

 快晴に恵まれた美浦TC。先週と同様に戸崎騎手を背にWコースに姿を現すと、外シャドウチェイサーを4馬身、中アヴニールマルシェを2馬身追いかけて、ペースを上げた。

 暮れの朝日杯FS快勝時、そして前走時と、けいこでは派手なアクションを見せることが少なかった実戦タイプ。それがどうだ。鋭い加速力で4コーナーを回り直線に入ると、攻め駆けする中アヴニールに余裕の手応えで並びかけ楽々と併入。外シャドウは3馬身置き去りにした。

 藤沢和厩舎は大レースの最終追いでも“静”が多いだけに、馬なりで叩き出した“動”=ラスト1F12秒5のイメージは強烈。素軽い身のこなしも文句なく、短期間での見事な変貌ぶりは“A”評価にふさわしい。

 「先週はすいませんでした」と、追い切り直後の共同会見で切り出したトレーナー。桜花賞で断トツ人気のソウルスターリングで3着と、苦杯をなめたばかりだが、そこは競馬の厳しさと喜びを知り尽くす第一人者。反撃へ、アレスでの可能性を改めて感じ取る。

 「前走はスタートのタイミングが合わず、位置取りが悪くて、仕方のない結果だった。でも、一度使わせてもらったことで、ずいぶんと気持ちが乗って、いい感じになってきた。けいこでは速い時計を出すほうじゃないけど、けさなんか、本当にいいころのフットワークだった」

 JRA重賞99勝の名門にして、牡馬クラシックは末戴冠。しかし朝日杯FS馬がひと叩きされ、期待どおりの上昇カーブを描く今、悲願を果たせるかもしれない。

 「牡馬のクラシックは一度も勝ててないし、特に皐月賞は、時季的にもコース的にも難しいレースだと思う。だけど、勝ちたいと思ってやらせてもらっている。アレスは引っ掛かる馬じゃないから距離も心配ないし、体調がよさそうだから楽しみなんだ」と、トレーナーは言い切った。

 自身のクラシック初Vがかかる戸崎騎手も、もうふがいない競馬はさせられないとばかり、「GIで改めて」と気合が充満。13年ロゴタイプ以来の2歳王者Vへ、ムードが急激に高まってきた。

■戸崎Jに聞く

 −−年明け初戦のフジテレビ賞スプリングSは4着

 戸崎圭太騎手「スタートでつまずいて、リズムに乗れなかった。途中からはいい感じだったけど、最初の分、伸びを欠いた」

 −−けさの感触は

 「動きは良かった。先週よりもさらに良くなっている。前走は久々のせいか、おとなしかったけど、今回はそこが大きく違う。やっぱり前走は休み明けだったと思う」

 −−2000メートルは初めて

 「前走の感じから、距離は問題ないでしょう。とにかくレースではスタートだけ気をつけたい。枠順は極端なところじゃなければ大丈夫」

 −−2歳王者の意地を見せたい

 「2歳チャンピオンとして、前走はふがいない走りになってしまったから。GIで改めて、いい走りを見せたい」

■藤沢和師、悲願の牡馬クラシック

 藤沢和雄調教師(65)はこれまで皐月賞に10頭、ダービーに18頭、菊花賞に4頭と、計32頭を牡馬クラシック3冠に送り出している。

 栄冠に最初に近づいたのは02年のダービー。3番人気の青葉賞シンボリクリスエスで1番人気タニノギムレットに迫ったが、1馬身差の2着に敗れた。翌03年のダービーも青葉賞ゼンノロブロイで3番人気となったが、1番人気の皐月賞ネオユニヴァースに半馬身差届かず2着だった。

 皐月賞は13年コディーノ(3番人気)の3着、菊花賞は03年ゼンノロブロイ(2番人気)の4着が最高で、牡馬3冠は通算【0・2・2・28】。JRA重賞99勝の伯楽が競馬の“華”である牡馬クラシックと無縁なのは競馬の七不思議ともいわれる。

 ちなみに古馬となったシンボリクリスエスは02&03年、ゼンノロブロイは04年に年度代表馬となった。今年はついに牡馬クラシック獲りの悲願なるか−。

(夕刊フジ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【皐月賞】カデナ中竹和師「現時点で大変満足な状態」 4月13日(木) 12:51

 先週の桜花賞では出走はわずか1頭と、影が薄かったディープインパクト産駒。一転、「第77回皐月賞」は牝馬ファンディーナを筆頭に強力4騎がスタンバイしている。なかでもこれまでの勝ちっぷりが“ザ・ディープ”なのが、カデナ中竹和也調教師(52)にディープ産駒逆襲のシナリオを聞いた。

 −−12日の最終追いは坂路で55秒3。先週の4F51秒6とは一転、控えめだった

 中竹和也調教師「ウチの厩舎は時計にこだわっていない。“反応が悪かったら追ってほしい”と鞍上(福永騎手)に言って、実際追わなかったのだから、反応が良かったということ。先週ビッシリやったことで張りが出てきている」

 −−前走・弥生賞は仕上がり途上でのV

 「正直言って、仕上げは甘かった。それでも、返し馬に行ったら“雰囲気が変わった”と鞍上。しかも1〜2角までかなりのスローで厳しいと思ったが、強い勝ち方だった。安心した」

 −−ディープインパクト産駒特有の切れが最大の特徴

 「そう、その瞬発力。アクセルを踏んだらいきなりトップギアに入る。さらに上腕も発達していて、パワーも結構ある」

 −−ペースが上がったときにその脚が使えるか

 「前走で若干折り合いに苦労していたことを考えれば、スローよりむしろ競馬はしやすい。それでどれだけ伸びるかは断言はできないが、ハイペースでもと思っている」

 −−福永騎手もかなりの熱の入れよう

 「中間も熱心に乗ってくれて、スタッフともよくコミュニケーションを取ってくれている。特にほしいタイトルに向けて一体感を感じる」

 −−弥生賞を使った上積みも十二分

 「ブヨブヨしていた体が皮膚に筋肉が張りついた感じ。上がしっかりして下とのバランスも整ってきた。現時点では大変満足いく状態。中山で弾ける姿を見ていただきたい」

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【皐月賞】13日の気配 ファンディーナ平常心4月13日(木) 12:50

 ヒデヒカリ以来69年ぶりの皐月賞牝馬Vがかかるファンディーナはけさ、厩舎回りの引き運動でクールダウン。この時期の女馬とは思えない穏やかさで、ゆったりと歩く姿は気品さえ感じさせる。

 「(昨日の)追い切りのあともテンションが上がることはなく、平常心を保っている。とはいえ、まだ若い牝馬だから。能力を発揮させることだけに集中したい」と、高野調教師は神経を研ぎ澄ませている。(夕刊フジ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【皐月賞】レイデオロ不安残る 美浦W5F71秒2 4月13日(木) 12:50

 史上17頭目の無敗皐月賞Vを狙うレイデオロホープフルS以来、中111日での実戦となる。最終追いは美浦Wコース3頭併せで行われたが、レースへ不安を残す内容になってしまった。

 五十嵐騎手(実戦はルメール騎手)を背に向正面から馬場入りし、僚馬2頭を追いかけた。序盤は口を割ってエキサイトするシーンもあり、直線ではスッと並びかけるかと思われたが、先に抜け出したサトノギャラントとの差がなかなか詰まらない。最後は外デルカイザーに1馬身先着したものの、ギャラントには1馬身遅れてしまった。

 「ギャラントがシュッと動いてしまった。先週より息の感じは良くなっているし、中身もできています」と鞍上はフォローしたが、5F71秒2、ラスト1F13秒3は4カ月ぶりを思えばいかにも物足りない。

 そもそもホープフルS後の疲れがなかなか抜け切らず、トライアルを使えずにぶっつけ本番と順調さを欠いていた。「短い期間で2000メートルを3回も走ったからね。ここへきて気合が乗ってきたし、体も少したくましくなった」と藤沢和調教師は言うが、「休み明けでのクラシックは大変」がやはり本音か。過去、年明け初戦で皐月賞を制した馬はいない。ハードルを乗り越えるのは相当な試練といえそうだ。(夕刊フジ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

【皐月賞】ファンディーナは「名牝」の器 4月13日(木) 05:05

 中央競馬の牡馬クラシック第1弾となる皐月賞(16日、中山、GI、芝2000メートル)の追い切りが12日に行われ、69年ぶりに牝馬の優勝を狙うファンディーナは滋賀・栗東トレセンの坂路で力強いフットワークを見せた。併せ馬で先着し、サンケイスポーツ調教評価も最高ランクの『S』。偉業に向けて視界は良好だ。枠順は13日に確定、14日に金曜発売が実施される。

 牝馬らしからぬ迫力満点の馬体が、荒れた馬場を豪快に駆け上がった。3戦全勝のファンディーナが坂路で3馬身先着の圧巻デモを披露。名牝(めいひん)の道につながる69年ぶりの牝馬Vへと態勢を整えた。

 「気を抜くこともなかったし、力が要る馬場でこれだけ動けたらいいでしょう」

 高野調教師は納得の表情だ。前日の雨の影響で重たい不良馬場。さらに入れ替えたウッドチップがこなれておらず、通常より3秒ほど時計がかかる状況。それでいて余力を残し4ハロン(800メートル)54秒5−13秒1のタイムは優秀だ。

 「1週前の段階で体ができているから、(この日は)整える程度。追い切りでの能力アップは考えていないし、無理はするなと指示しました」

 トレーナーが満足そうにうなずいた。インヘリットデール(未勝利)を2馬身ほど追走し、直線に向いて追いついても、ゆったりと歩調を合わせる。ラスト1ハロンあたりで心もち気合をつけられると、相手を瞬時に突き放した。500キロを超えるたくましい馬体が力強く弾みフィニッシュ。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。

 青写真通りの調教をこなして挑む大一番。新馬戦を除く過去2走と同じ中3週というローテーションも、勝利への方程式の一つだ。「過去の調教方法をベースにできるから、やりやすかったですね。これが(桜花賞で)中2週なら、一から考え直さないといけない部分も出たでしょう」と高野調教師は言う。レース後の1週間は回復に努め、1週前に速めの時計を出し、当週は控えめ。中3週の皐月賞だからこそ、この“必勝パターン”を貫くことができたのだ。

 1948年ヒデヒカリ以来の69年ぶり牝馬V&2005年ディープインパクト以来の12年ぶり無敗の皐月賞馬誕生へ。指揮官は「歴史は意識しません。走れたらダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)へ行きたいですね」と野望を抱く。ウオッカブエナビスタジェンティルドンナの名牝に騎乗した岩田騎手は「背中がすごいところは似ている。スピードとパワーがあって、名牝になれる器だなと思う」と確かな素質を実感している。底知れぬ能力を秘める牝馬ファンディーナが、日本の競馬史に名を刻む。 (佐藤将美)

[See more]

【皐月賞】アルアイン、鋭伸12秒0 4月13日(木) 05:04

 毎日杯快勝のアルアインは松山騎手騎乗でCWでの追い切り。ソーグリッタリング(3歳500万下)を追走して直線は内に併せ、6ハロン83秒8。ゴール前で追われると3ハロン38秒2−12秒0の瞬発力で1馬身先着した。「長めからやって、最後は流してくれという指示。動きは良かったですね」と池江調教師は満足そうな表情。「使うごとに前進気勢をみせているし、コロンとした体形だけど2000メートルはこなしてくれないと」と初距離にも期待十分の口ぶりだった。

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[See more]

>>See more

皐月賞2017/人気
「1〜4人気の信頼度はほぼ同等」
通常、G1では1番人気、2番人気が着度数ベースでは優秀だが、皐月賞過去10年では1番人気が2勝4連対、2番人気1勝4連対、3番人気2勝、4番人気2勝と1番人気〜4番人気までそこまで大きな差は生まれていない。10番人気以降は0勝1連対とかなり厳しい結果となっている。
人気 着度数
1番人気 2-2-2-4/10
2番人気 1-3-1-5/10
3番人気 2-1-2-5/10
4番人気 2-0-2-6/10
5番人気 0-0-0-10/10
6番人気 0-2-0-8/10
7〜10番人気 3-1-2-24/30
10番人気〜 0-1-1-85/87
皐月賞2017/脚質
「先行・差し馬のレース」
逃げ馬は2勝しているが、母数が少なく参考程度。一方、追い込みは該当馬が多いにもかかわらず、勝ち馬0と奮わない。先行・差し馬から入るのが無難なレース。
脚質 着度数
逃げ 2-0-1-8/11
先行 1-4-2-24/31
差し 6-2-5-62/75
追込 0-3-1-38/42
皐月賞2017/枠順
「7枠、8枠狙いも大きな偏りはなし」
7枠2勝、8枠3勝と結果を残しているが、1枠〜4枠も勝ち馬をまんべんなく出しており、外枠絶対有利とは言い切れない。5枠、6枠は勝ち馬を出していない点はポイント。
枠番 着度数
1枠 1-1-1-14/17
2枠 1-2-0-15/18
3枠 1-1-1-15/18
4枠 1-0-1-16/18
5枠 0-2-1-15/18
6枠 0-0-3-15/18
7枠 2-1-1-22/26
8枠 3-2-1-20/26
皐月賞2017/前走レース
「近年好成績の共同通信杯組を要警戒」
着度数では3勝5連対と結果を残す、スプリングステークス組を当然評価したいところだが、10頭の出走ながら4勝、3着2回と好走率の高い共同通信杯組が面白そう。他では王道である弥生賞組。2勝にとどまっておいるが、連対数、3着内数と考えると外せない。
レース名 着度数
スプリングステークス 3-2-2-42/47
共同通信杯 4-0-2-4/10
弥生賞 2-5-3-35/45
若葉ステークス 1-3-1-18/23

※対象データ(皐月賞過去10年)

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「皐月賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ファンディーナ1頭。
第2グループ(黄)は、アメリカズカップから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダンビュライトまで4頭。
第3グループ(薄黄)はレイデオロから同差内のカデナまで9頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと何といっても特徴的なのがファンディーナアメリカズカップ間の4.1の大きな溝。一方、その他では溝は全く生まれていない横並びの混戦といった図式となっています。

中間に芝刈り(内)が行われ、時計が早い中山の芝。マイル寄りのスピードと持続力が問われる皐月賞となりそうです。

私の本命は◎ファンディーナにしたいと思います。フラワーカップのコラムでも書きましたが、今年は牝馬>牡馬の図式と個人的には思っていますが、その牝馬戦線でもトップクラスの評価をしている馬。当出馬表でも見てとれますが、能力は抜けていると思います。2戦目で見せた絶対スピードと持続力、前めにつけられる先行力は今回の皐月賞にばっちりハマると思いますし、普通に走れば勝てるのではないでしょうか。

対抗は○ペルシアンナイト。スピード重視の予想ですのでマイルに実績のあるこの馬は最大級に評価します。以下、▲スワーヴリチャード、△アルアインアウトライアーズプラチナヴォイスカデナレイデオロと印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
8

2,7,11

2,4,5,6,7,9,11

8

2,4,5,6,7,9,11

2,7,11

計36点

「プロ予想MAX四天王の決断!」/皐月賞 G1(サラマッポプ04月16日() 13:00競馬プロ予想MAX

 69年ぶりの牝馬Vなるかに話題が集まっている三冠第一弾の皐月賞。本日、この注目の一戦を予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさんです。馬体と走法から競走馬の真の適性を見抜くことのできる“神の相馬眼”を持つ男は世代限定戦を得意にしており、今年の3歳戦では回収率119%を記録しております。結論にご注目ください。
「牡馬勢と牝馬ファンディーナの力関係の見極めがポイントになる」と指摘したサラマッポさんが本命を打ったのはファンディーナ。「そのすべてが余裕のある勝ちっぷりで、底知れない強さを感じる。牝馬らしからぬ雄大な馬体を持ち、胸の深さからスタミナも十分。時計の裏付けもあるので、厳しい流れになっても力は出せる」その素質を高く評価しました。
 対抗はペルシアンナイト。単穴はウインブライト。印はここまでとし、馬券は単勝─馬連流し│Л韻脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿サラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[See more]

【各馬の前走と妙味】〜2017皐月賞〜04月14日(金) 17:00夢月

中山芝2000m右回りで行われる皐月賞
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
スタートしてからすぐに急坂があり、ゆったり運びたいコース。ここを落ち着いて走れないと後半スタミナが持たないので、逃げ先行馬は無理なく普段通りの位置を取れるのか推察する必要があります。
問題の急坂を越えると1コーナーからバックストレッチまでかなりの起伏があり、加速力に乏しい馬はここでスピードを乗せることが難しくなります。となると切れ味タイプの馬は良さが活かせないので、多少反応が悪くても長く脚を使えるようなタイプがコースの恩恵を受けられ穴を演出する可能性があると言えるでしょう。
枠は器用なタイプなら断然内枠有利。今年のような荒れ馬場ならまず馬群はばらけてくれそうなので内枠により不利を被ることは考えなくて良さそうです。
そして注意したいのは適性判断。この舞台の適性を推し量るため中山での実績を見る際、基本的には2000m以外のレースは参考にならないことが多いです。1800mと2000mでも求められるスタミナの質が全く違うので、単なる200mの距離延長と考えると脚が鈍ったりタレてしまうことが間々あります。初めてタフな競馬を経験する馬も多く、荒れやすいレースと言えるでしょう。


■前走の分析■

アウトライアーズ
●前走スプリングS G2 2着 (経由4頭)
勝負所で窮屈な場面があったが、競馬をやめずに長く脚を使った。
未勝利勝ち上がりの内容も良く適性は申し分ないだろう。
ただ伸び伸び走らせないと引っかかる馬なので、前走は少頭数に助けられたし未勝利戦は大外枠が良かった。能力は認めるが大舞台で悪い面が出るようだと厳しい戦いになる。

アダムバローズ
●前走若葉S OP 1着 (経由1頭)
逃げ馬を見る形で直線早め先頭から押し切る。
連勝して勢いがあるがここまでのレースレベルはそこまで高くない。
久々の多頭数のなか、さらに粘りが増すかというと難しいかもしれない。

アメリカズカップ
●前走きさらぎ賞 G3 1着 (経由4頭)
好位の外目でしっかりなだめて、早めのスパートから突き抜ける。
この勝ちっぷり自体は良いものだったが、・・・

[See more]

【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017皐月賞〜04月14日(金) 12:00山崎エリカ

皐月賞は、向こう正面でペースが上がりやすい舞台
牝馬ファンディーナ、69年ぶりの偉業達成なるか?
__________________________


 先週の桜花賞の最終予想見解で、『今年の牝馬クラシック戦線は、PP指数上ソウルスターリングリスグラシューアドマイヤミヤビアエロリットの「4強」。距離が短ければレーヌミノルも加わって来る』と書いたら、レーヌミノルが距離をこなし、勝利してしまいました。能力上位の中で一番前で戦う不利やピッチ走法を考えると、苦しい競馬になると見ていたんですが…、淀みのない流れを横綱競馬で押し切る完勝でした。

 レーヌミノルは、クイーンCもフィリーズレビューも、かなり苦しい競馬で敗戦したことが人気の盲点となり、また、その苦しい競馬によって、レーヌミノルのしぶとさが増したのでしょう。けっして2着リスグラシューや3着ソウルスターリングが弱かったわけでもありません。牝馬は本当にハイレベルなのに、牡馬のだらしなさは一体......。まずは力関係を整理しましょう。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 今回上位人気に支持されるであろう弥生賞馬カデナ。3走前の百日草特別では、アドマイヤミヤビの2着に敗れていますが、そのアドマイヤミヤビは桜花賞で何着でしたか? 確かにアドマイヤミヤビは桜花賞の見解で『休養明けの前哨戦・クイーンCでぶっ放したために桜花賞でのドボン率が高い』と綴ったように、弥生賞でぶっ放したことが主敗因です。しかし、休養明けの前哨戦でぶっ放したという意味では、カデナも同じです。これまで正攻法の競馬で結果を出していないという点でも、よく似ているでしょう。

 また、共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャード。この馬は慢性的に出負け癖があり、必然的に追走に脚を使って行くことで全能力を出し切れないことや、・・・

[See more]

くりーくの中間調教チェック 2017皐月賞04月14日(金) 11:50くりーく

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容評価(A〜F)を中心に各馬へのコメントを行っていきます。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

カデナ(D)
2歳時は月1ローテーションということもありましたが、直前の追い切りを坂路で強く追ってレースに臨むのがこの馬のパターンでした。しかし、前走の弥生賞では1週前に強く追って直前軽めと輸送を考慮しての内容なのか、少し変えてきました。この中間も2週前、1週前と福永騎手を乗せての追い切りでしたが、軽いジョッキーを乗せている割に時計はイマイチであまり良い印象を受けません。

マイスタイル(B)
間隔はまちまちですがデビューから月1ペースで使われている馬。間隔が詰まっていなければ1週前に西谷騎手が騎乗してCWを長めから併せて追われるのがこの馬のパターン。そして今回、1週前にはいつも通り西谷騎手で追われて併せて先着していました。使い詰めの心配はありますがここまでは順調そうです。

ダンビュライト(D)
この中間も坂路中心で追われており本数も足りていると思いますが、終いの伸びがまだ物足りなく上積みまではどうかと思います。

アダムバローズ(B)
この馬は間隔を空けて、1週前には長めから終いまで好時計が出ていれば良い感じ。1週前は池添騎手騎乗で前走並みの時計は出ており、好調キープといったところでしょうか。

ウインブライト(C)
前走時は1週前、直前と松岡騎手騎乗で強めに追われて勝負調教のような感じでした。この中間は1週前に好時計が出ていますが馬なりと少し控えめな印象があり、上積みまではなさそう。ただ調子自体は悪くなさそうです。

アウトライアーズ(B)
休み明けの前走は乗り込まれていたものの、動きも時計も物足りない印象がありました。レースでの折り合いが難しい馬なのでこの中間もあまりビシッと追うことはしていませんが、1週前追い切りでは併せて好時計が出ていました。前走よりは上積みがありそうです。

プラチナヴォイス(C)
今回は叩き3戦目で中3週ということになりますが、1週前の追い切りではこれまでとは違いCWを単走で一杯に追われて好時計をマークしています。併せ馬をしてこないところをみると前走である程度仕上がっていたので、その状態をキープするような調教内容なのかもしれません。


<賞金決定順>

アメリカズカップ(E)
朝日杯FSを叩いて前走のきさらぎ賞(1着)では、新馬戦以来のこの馬らしい調教内容だったので○印をつけたのですがこの中間は乗り込まれているものの1週前の追い切りが物足りない内容。約1ヶ月間乗り込まれての出走なら間にトライアルを一戦挟んだ方が良かったのかもしれませんが、使い込めるほど馬がまだしっかりしていないのかもしれません。

スワーヴリチャード(A)
この馬はデビュー前から調教で目立つ時計を出していたので、もちろん新馬戦でも◎にした馬でした。その新馬戦こそ2着に敗れましたが、未勝利を勝って東スポ杯2着と2歳時はこの3戦で休養。その後年が明けての今年初戦の共同通信杯では、これまで以上に中身の濃い調教内容だったので自信の◎で、レースでもかなり強い競馬を見せてくれました。この中間は少し間隔が空いていますが、その分しっかりと乗り込まれています。1週前にはここ2戦と同じように、四位騎手が騎乗して併せて好時計で先着と前走並みの仕上がり。最終目標はこの先ではあると思いますが、今回も調子落ちなくこの馬の力は出してくれると思います。

アルアイン(C)
この馬はデビュー前の追い切りではそれほど目立つ時計を出していた馬ではありませんでしたが、一度使われてからガラッと変わり調教で時計が出るようになりました。前走の毎日杯時も好時計が出ていて重賞まで勝って勢いはありそうです。ただ今回は間隔が詰まって乗り込めていないので、前走ほどの走りまでは厳しいかもしれません。

ペルシアンナイト(B)
ここ3戦はマイルを使われていますが、デビュー戦からの2戦が1800m戦だったように2000mぐらいまでなら大丈夫だと思います。調教内容もその頃よりもだいぶ良くなっていますし、この中間も1週前に一杯に追われて先着といつも通り変わらず調整されています。調子落ちなく力は出せそうです。

コマノインパルス(B)
この馬はデビューからの2戦は坂路中心の調教でしたが、3戦目から南Wでの調教がメインになってきて今回もそのまま南Wでの調整できています。前走もそうでしたが1週前にかなり速い時計を出すところも特徴的です。今回もかなりの好時計が出ており、一度叩かれての2戦目での上積みは十分ありそうです。

トラスト(C)
JRA移籍後坂路、CW、併せ馬、単走といろいろと模索しながらここまできていて、まだこれといったこの馬の調整パターンというものが定まっていないような状況です。追えば時計はいくらでも出るだけの能力はもっている馬なので、あとは馬が戸惑ってしまわないような調教パターンか決まってくれば成績も安定してきそうです。

クリンチャー(E)
今年デビューで今回が4戦目。この中間は少し間隔が空いているので乗り込み量こそ多いですが、1週前の追い切りでは終いの時計がかかっていてデビューからの3戦での疲れが抜けきっていないように思います。

キングズラッシュ(D)
久しぶりのレースになりますが、これまでの3戦もどちらかというと間隔を空けて出走してきた馬。それでも今回は4ヵ月ぶりでいきなりG1レースということで楽ではないと思います。中間の追い切りに関しては、長めから乗り込まれ1週前にはかなり良い時計がでていますが、目立つ時計はその1本のみ。それ以外をみるといきなり好勝負するには厳しそうです。

ファンディーナレイデオロサトノアレスについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


今回は、私くりーく単独コラムとしては今年最初となる皐月賞編でした。
今は新馬戦のない時期ではありますが、平日はシューナカコラム準備、地方競馬予想とやり始めると寝る間も惜しんで入り込んでしまい、なかなかこのコラム執筆までたどり着きませんでした。来週からはホッカイドウ競馬と、大井競馬で2歳新馬戦の開始、POG指名馬準備などなど、もっと忙しくなっていきそうですが予想、コラムと皆様の役に立てるものはできる限り発信していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。
尚、皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については最終予想内でコメントする予定です。
それでは次回、天皇賞(春)編でお会いしましょう。(*^_^*)


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[See more]

【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2017皐月賞〜04月13日(木) 12:00岡村信将

クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

[See more]

【kmのG1データブレイカー】〜2017 皐月賞〜04月12日(水) 17:30km

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
皐月賞

大荒れの桜花賞が終わり、桜も散りました。
来月は日本ダービー。その前に皐月賞を検討します。

・前走2000m以上【0.4.2.39】

報知杯弥生賞→皐月賞の黄金ローテは、今は昔。
馬場整備の進化とともに、皐月賞ではマイルをこなせるくらいのスピードが要求されるようになりました。
しかし、比較的きれいな馬場で行われた近5年と違い、今年は馬場の痛みが目立ちます。
そうなると、事情は変わります。荒れた馬場=スタミナと考えれば、答えは自ずと出ます。
3戦連続で2000mを試したカデナ、荒れた馬場や湿った馬場は大得意のダンビュライト、OP2連勝のアダムバローズも侮れません。
今年は、スタミナ型の馬が王座を取り返します!

アダムバローズ→前走2000m(若葉S1着)
カデナ→前走2000m(報知杯弥生賞1着)
クリンチャー→前走2200m(すみれS1着)
コマノインパルス→前走2000m(京成杯1着)
ダンビュライト→前走2000m(報知杯弥生賞3着)
マイスタイル→前走2000m(報知杯弥生賞2着)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月12日号】04月12日(水) 17:00伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年04月15日(土) 中山11R 中山グランドジャンプ
【“JRAのJG1”において3着以内となった経験がなかった馬の、馬齢別成績(2014年以降)】
●5歳以下 [2-1-1-7](複勝率36.4%)
●6歳以上 [0-0-0-16](複勝率0.0%)
→2014年以降の中山グランドジャンプで3着以内となったのは、既にJG1で好走経験のある馬と馬齢が5歳以下だった馬のみ。特別登録を行った馬のうち、“JRAのJG1”において3着以内となった経験があるのはアップトゥデイトオジュウチョウサンサンレイデュークルペールノエルの4頭だけで、馬齢が5歳以下の馬はいません。


▼2017年04月15日(土) 阪神11R アンタレスステークス
【馬齢別成績(2010年以降)】
●4歳 [2-3-4-20](複勝率31.0%)
●5歳 [4-2-0-16](複勝率27.3%)
●6歳 [1-1-2-26](複勝率13.3%)
●7歳 [0-1-1-17](複勝率10.5%)
●8歳以上 [0-0-0-8](複勝率0.0%)
→若い馬ほど信頼できる一戦。また、前走の着順が3着以下だった馬は2010年以降[1-2-5-63](複勝率11.3%)ですし、そのうち前走の条件が“JRAのG1かG2”でなかった馬は2010年以降[0-1-2-56](複勝率5.1%)とさらに苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[See more]

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解04月11日(火) 18:30競馬プロ予想MAX

前回の〜桜花賞編〜では、その他の特注馬として取り上げたうちの1頭、8番人気レーヌミノルがV(――前走のフィリーズRは、浜中騎手の雑な騎乗でつけいる隙を与えてしまった。指数的には標準以上を記録しているしマイルにも実績があるのでまだ見限れない。 by河内一秀プロ)。注目馬3頭以外へのコメントの中にも、貴重なプロの事前見解情報が詰まった当コラムを是非ご活用ください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、4/16(日)G1皐月賞
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て4/10(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。

●各馬へのコメント
ファンディーナ
 河内一秀 デビュー戦の指数が史上最高レベルで、2戦目を静観していたところ、その2戦目も仮に出走していたらG1大阪杯でも勝ち負けになるレベルの次元を超える指数でまとめてくるという離れ業をやってのけた。古馬G1でも通用という判断に困るパフォーマンスを発揮した状況を経て、初めて標準レベルのレースとなった3戦目フラワーCでさえも、相手が弱いとはいえあの勝ちっぷりで、能力が標準レベルではないことは明らか。もちろん競馬に絶対はないけど、拙作指数によれば3馬身程度は今年の牡馬であれば千切れる計算になるね。
 スガダイ POGとか一口の都合上、牡馬クラシックには出てこないで欲しいと思ってたんだけどね、来ちゃったね〜(笑)。まあ強いよこの馬は。今年の牡馬はレベルが微妙だからね。アッサリ勝たれても全く不思議ないかな。河内さんの言う通り、3馬身千切られちゃうのかなあ。ただ、まだ厳しいレースを経験してないのは事実だし、安心して本命に出来るってほどでもない。かなり人気を集めそうだしね。パドックでの仕草なんかを見ていると、気性的にちょっと怪しい所もありそう。大観衆の前で落ち着きを保てるかどうかも気になるね。当日の気配には要注意だね。ソウルスターリングの単勝を買った人みたいに、前日に大金を突っ込むのはやめておいたほうがいいよ(笑)
 くりーく この馬の調教のポイントは、1週前に坂路でかなり速い時計を出すところです。デビューから3戦していますが、すべて破格の時計で先着しています。この中間は、これまでと違い終い重点の内容で、1週前追い切りとしては控え気味に感じます。しかし、スガダイさんも指摘の通り前走・前々走とパドックでやや気負い気味なところを見せていましたし、今回も中山への長距離輸送があるのでそのあたりを考慮しての調教内容なのではないかと思います。レースを使われ、大きな馬体も締まってきていますし、そのうえ輸送ということも考えると直前の追い切りは強く追う必要はないでしょう。あとは当日これまで以上にテンションが高くなっていなければ、この相手でも十分勝ち負けできる馬だと思っています。 
 加藤拓 先行しやすい前走の1800mと違って、コース的にもメンバー的にも先行するのに力を要し、流れの速くなりそうな今回、同じようにいくかどうかは未知数ではあります。ただ、昨年は1着から3着を独占したディープインパクト産駒。今年も何頭か出走を予定していますが、母父を比べるとその中では一番2000mの持久力勝負にも適応できそうなのが母父ヌレイエフ系のこの馬です。牝馬ということを気にしないなら、一番有力視したいディープ産駒ではありますね。
 サラマッポ レースで一杯に追われたことがなく、底を見せてない馬。牝馬らしからぬ雄大な馬体で、牡馬相手でも能力的には一枚上に思えますね。トモ高で距離の壁がありそうな点は否めないのですが、今回の2000mに関しては守備範囲と判断しています。

レイデオロ
 サラマッポ キングカメハメハ産駒らしく、体幹の強さが目立つ馬です。持久力やパワーに優れた馬なので、タフなレースになりがちな皐月賞向きだとは思います。あとは3戦とも相手に恵まれた印象なので、能力的にどうかといったところ。
 加藤拓 ホープフルSの頃はロベルト系がよく来る力の要る馬場でした。当日もグラスワンダーシンボリクリスエスなどのロベルト系産駒が馬券に絡んでいれば要注意ですが、そうでなければ長期休みも相まって評価を下げたいという印象です。皐月賞をみてもここ数年、この馬のようにサンデーサイレンスの血が入っていない馬は全く馬券に絡んでいませんし。
 スガダイ ソエと胃潰瘍で休養が長引いて、結局ぶっつけ本番になってしまったね。まあ早い段階で、トライアルが始まるまでは厳しいだろうなとは思っていたけど......。ただ、出走しなかった弥生賞もスプリングSも大した内容じゃなかった。今年のメンバー・・・

[See more]

【予想コロシアム】第127回大会のトップは変わらず!このまま04月11日(火) 15:40ウマニティ編集長

現在開催中のウマニティ予想コロシアム第127回大会は3週目までが終了し、残す大会期間はあと1週となりました。桜花賞は大本命が3着に敗れるという波乱の結果になりましたが、果たして皐月賞はどうなるでしょう。人気が予想される紅一点のファンディーナが牡馬勢を一蹴するのか。それとも2週続けてまさかの結末が訪れるのか……。いずれにせよ、この注目の一戦をしっかり的中させて、大会を締めくくりたいところですね。

それでは、大会成績を確認していきましょう。1位に立っているのは、先週に引き続き『ミリオン♡ハートさん』。2位以下につけていた大きな差は多少詰められましたが、先週は万馬券を10本的中させるなどの勝負強さを見せ、トップの座をガッチリとキープしています。なかでも日曜福島12Rにおける21万馬券的中は鮮やかでした。現在2位の『だぁ〜やまさん』との予想偏差値差は2.6。最終週で大きく崩れなければ、という状況ができあがってまいりました。逃げ切り優勝を狙うミリオン♡ハートさんの戦いぶりをしっかり見守りたいと思います。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[See more]

【U指数的分析】皐月賞04月11日(火) 15:00【ウマニティ】

皐月賞

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは皐月賞です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・低指数馬の一発はたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数93以上の馬が馬券に絡んでいる→指数93未満の馬同士の組み合わせは期待薄。

<ポイント◆
・指数1〜4位から2頭、5位以下から1頭という組み合わせで決まることが多い。また、過去5年中3回で4番人気以内の3頭が馬券圏内を占めているように、人気馬が強いレース→8番人気の低評価ながら指数2位で3着に好走した14年のウインフルブルームのような、隠れた実力馬から上位人気に流す馬券を推奨。

<ポイント>
・指数上位が安定+超大穴の台頭はなし(過去5年はすべて8番人気以内で決着)という傾向を踏まえ、指数1位+指数2〜4位+1〜8人気という3連複フォーメーションを購入すると回収率111.6%。


皐月賞の予想U指数はこちら⇒(皐月賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は天皇賞(春)となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[See more]

皐月賞201704月11日(火) 13:00覆面ドクター・英

桜花賞は難しかったですね。馬場が渋って、良馬場での力関係とは全然違った適性が問われる状況となったため、当日の最終予想ではレーヌミノルを「人気かなり落としたが馬場渋って下を気にして折り合うパターンある」と評価上げたのですが、頭まで来るとは・・・。掛かり気味に行く馬の前進気勢が道悪だといい感じの先行力に化けたりするのが競馬の面白いところでもあり、難しいところです。しかしソウルスターリングの単勝に4000万つっこんだ方がいたとは......。きっと痛くも痒くもないんでしょうけど、いくらなんでもやり過ぎです(笑)
皐月賞も1週間で、馬場回復どのくらいするんでしょうか?1週前の段階ではちょっと見ないくらいひどい馬場でしたが(ダートも、あそこまで水浮いているのは、そう無い)、ロジユニヴァースのダービーみたいな泥んこ馬場での勝負となるんでしょうか。

桜花賞に比べると、低レベルと言われている牡馬のクラシック戦線ですが、特に抜けた一頭が居ないのは確かですが、重賞で上位に来た馬達は指数的には例年くらいはあり(昨年が、弥生賞やスプリングSの前哨戦の段階で、毎年の皐月賞・ダービーの本番くらいの高指数が出た完成早い世代で、そこからは伸びていかなかった)、印象ほど弱い世代ではないと私は思っています。ただ走るたび楽勝で次元の違う印象を与え続ける大物牝馬ファンディーナの参戦で、目一杯走ったら一体どういう走りをするんだろう?と、楽しみな一戦とはなりました。動物学的な見地で、以前読んだ記事では前に居る牝を牡は全力で抜こうとしない面があるというのを読んだこともあり最後の直線で牝馬が競り勝つのが斤量差と能力差ばかりではないようで、無敗の皐月賞牝馬誕生を見られるのかもしれません。馬券的にも人気上位牡馬のどこから入るのも有りという状況で妙味あると思われます。

1番人気想定 ファンディーナ:持ったままの圧勝の連続で先行力もあり、今年の牡馬ならまとめて面倒みておかしくない大物感あり。馬場渋ってどうかだが馬格もあり非力な感じは無いので、スイスイと先行して馬なりで先頭からの圧勝もあり得そうで、最有力候補であるのは確か。非社台軍団からのディープの大物だが母系も良く(ナムラシングンの下というと、そうでもなく思えてしまうかもしれないが(笑))今後の活躍までも楽しみ。

2番人気想定 カデナ:本来は主役と言える、王道路線である弥生賞の勝ち馬だし、京都2歳Sも勝っているディープインパクト産駒なのだが、やや地味な印象がするのはクラシックでは地味でダートのイメージの強いグランド牧場生産だからか。ディープインパクト×フレンチデピュティの成功配合で軽い馬場なら中心となれる素材なのだろうが、今の不良馬場だと割引が必要そうでもある。

3番人気想定 スワーヴリチャード:共同通信杯は四位騎手が最後の直線で周囲を見渡しての余裕の追い出しで2馬身半差の完勝をしてきた。ダービー向きの印象もあるがハーツクライ産駒らしく成長力あり、年明けてからグンと上昇してきており、馬場もこなせそうで有力な一頭。札幌スープカレー大好きなのも年齢も私と同じ四位騎手にはここも次のダービーも頑張って欲しい。

4番人気想定 レイデオロ:G1昇格すると発表されたホープフルS(武豊騎手ですら、大阪杯勝って再度全G1制覇リーチと発言したように昇格忘れ去られている)の勝ち馬で無敗の3連勝でダービーを見据えての皐月賞ぶっつけローテなのだろうし、内容も相手が弱いとは言え完勝してきての参戦で、かなり能力高そうで楽しみな反面、後方からまくる形になりそうで今年の馬場悪い皐月賞向きではないので、ここはひと叩きのためのローテなのかもしれない(ただダービーの瞬発力比べ向きでもなさそうだが)。JRA的には是非、ホープフルSから皐月賞馬が出てほしいのだろうが(笑)

5番人気想定 サトノアレス:朝日杯FS勝ち馬だが、スプリングSでは4着で一気に評価を下げた。決してマイラーだとは思わないが気難しくなっており巻き返せるかは微妙。キレ味生かしたいタイプではあるが稍重の中山で未勝利勝ちあり母父デインヒルだけに馬場こなせておかしくはないが、まだ人気にはなりそうで妙味は無さそう。

6番人気想定 ペルシアンナイト:デビュー以来5戦すべて1番人気でアーリントンCを含む3勝をあげている。スピードや瞬発力が物足りない事が多いハービンジャー産駒にしては母がゴールドアリュールの全妹だけあり、多くのハービンジャー産駒とは違った印象だが、重馬場だったシンザン記念でキョウヘイに差されており、今の馬場は思ったより合わない可能性もありそう。

7番人気想定 アルアイン:評判馬(評判倒れ?)のサトノアーサーの追撃退けた毎日杯の勝ち馬のディープインパクト産駒で、本来クラシック路線の中心となるべき血統でもあるのだろうが今の馬場がちょっと不向きか。母父がエーピーインディ系で馬格も有るので馬場が渋ってもやれる余地はあるのかもしれないが・・。

8番人気想定 アメリカズカップ:きさらぎ賞で断然人気のサトノアーサーに勝っての参戦だが、勝ったきさらぎ賞も野路菊Sも少頭数で、マンハッタンカフェ産駒は少頭数での淡々とした流れで強い傾向あり、この馬自身も多頭数だった朝日杯FSで凡走しており、本番は当然多頭数となりごちゃつくだろうから、流れ的には向かないか。

9番人気想定 ウインブライト:2歳王者のサトノアレスが敗れたスプリングSでの1着馬でやや地味な印象だが、ウインブライトステイゴールド産駒で成長力あって上昇してきており、馬場も後押しになりそう。

10番人気想定 アウトライアーズ:スプリングSの2着馬でこちらも地味ながら力をつけてきており、ヴィクトワールピサ×フレンチデピュティという血統も今の馬場だとチャンスかも。

その他の馬
プラチナヴォイス:スプリングSの3着馬で内にササらなければもっと着順良かった可能性もあり。気性悪いのは父エンパイアメーカーからなのだろうが、馬場悪い方に気をとられて案外最後までマジメに走って激走する可能性もある。でも馬券的には、ここまでは手が回らないか。

アダムバローズ:若駒Sと若葉Sでオープン2勝で計4勝あげているのだが重賞(京都2歳Sと京成杯)では二けた着順で弱い相手や少頭数向きの可能性あり、ここでは厳しいか。

キングズラッシュ:新馬、特別と2連勝で臨んだ東スポ杯2歳Sでは4着といまひとつだったが、そこから休んで成長促し、調教動いており、上位グループとそう差の無い走りは可能なのでは。ちなみに父としてはイマイチなシンボリクリスエスだが母父では高い能力伝えると私自身は思っている。

クリンチャー:未勝利、すみれSと連勝を飾り、しかも4馬身タガノアシュラをちぎって勝ってきたが、7頭立てという少頭数でレベルに疑問あり、ディープスカイ産駒での芝の活躍馬は少なく頑張ってほしいが足りないのでは。

コマノインパルス皐月賞と同じ舞台の京成杯を1番人気で勝っているが、弥生賞では6着とそれほど成長感じさせない内容で、相手揃うここは厳しいのでは。

スズカメジャー:NZTで2番人気6着と人気裏切ったし、ここは登録だけでNHKマイルCに向かうのでは。

ダンビュライト:能力は高そうなのだがサウジアラビアRCでも最後の直線でブレスジャーニーが来るとカニ歩きのように内へ内へ逃げたように気性の問題ありそうで多頭数の出入り激しい流れは向かなそう。。

トラスト:オーナーの岡田さんが大物とぶち上げたがどうもダート馬のようで札幌2歳Sうまく勝ったがクラシックでは厳しそう。ただ不良馬場適性高い可能性はありそう。

マイスタイル:弥生賞2着だがドスローでの楽逃げであり再現は難しそう。


<まとめ>
混戦で、調教の動きや馬場状態みての組み立てになりそうだが、現段階では

有力(三連単の1,2着候補)〜ファンディーナスワーヴリチャードウインブライト

ヒモ候補(主に3着候補)〜カデナレイデオロサトノアレスペルシアンナイトアルアインアメリカズカップアウトライアーズキングズラッシュ

[See more]

【U指数競馬新聞(特別登録版)】皐月賞2017・GIのネット04月10日(月) 10:25ウマニティ

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第77回 皐月賞 GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[See more]

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月09日号】04月09日() 15:00伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 皐月賞 2017年04月16日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1800m以上の重賞”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-4-32](複勝率30.4%)
×なし [0-0-1-40](複勝率2.4%)

 2012年以降の3着以内馬15頭中、2014年3着のウインフルブルームを除く14頭は、“JRA、かつ1800m以上の重賞”において連対経験があった馬。マイル以下のレースを主戦場としてきた馬はもともと好走例が多くありませんし、近年は“若葉ステークス”で優先出走権を獲得した馬も苦戦しています。1800m以上の重賞で見せたパフォーマンスを素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ウインブライトカデナスワーヴリチャード
主な「×」該当馬→アダムバローズサトノアレスペルシアンナイト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[See more]

>>See more

なぜ予想ロボにこだわるのか!?

猫寄り犬派のムトさん 6月10日() 00:51

なぜ予想ロボをめぐり退会も視野に考えて怒りぶちまけてしまった、、のか、、、

はっきりとさせたいのはこの予想ロボの予想をそのまま買う事は考えていない。

去年までの大きな大敗から善戦できるまではこぎつけた。
それにより去年唯一の万馬券は2016年最後のファイルステークス
、、、そこから何度も万馬券を的中できるまでになった。
それでも現在地方競馬含めて約38000円も負けている。
去年までだったら普通に喜ばしい結果、、、
が、、、ここまで来たら確実にプラスに持っていきたいよな!?
とどきそうでとどかないもどかしさ、、、
マイナス38000って現実的に1発的中したら余裕で逆転できるとか思うだろ!?、、、いや、、、寧ろ俺は逆に考えてしまった、、ここまできても『何かが足りない』から負け組のままなのだ。で、、、色々策を考えていた。基本的ベースは人気薄の実力馬だったのだが、、、最初こそ成功していたが最後はたんなる人気薄狙いになり目的が変わってきたと思ったのでデータを削除した。桜花賞・皐月賞も的中するも×100円買いが続き善戦むなしく微妙に負け額が増えてきた。タイム指数やU指数、、、確かに破壊力は有るがあれぶっちゃけ、、、予算額に余裕ある金持ち有利やろ!?、、、で、、、手を出さなかった。俺がやりたいのは少ない予算額での万馬券的中、、、確かにコロシアムをふりかえると約2週間に1発万馬券的中しているが、、、予算額の都合×100円なので、、、結果微妙に負けこしてしまった、、target的な、何かをほっしていたので、、、別に的中してる機械マシーンがほしいのでわなく、、、少ない予算額でも確実に戦える基本的基盤と方向性の道しるべが欲しかったのだ。
で、、、具体的にこの予想ロボ、、、想像以上に優れていた。素晴らしい。なるほどね、、、無理に万馬券狙わなくても、、、、シュミレーションの結果で判断するならば、、、1レース2000円以内であの馬券とあの馬券とあの馬券の組み合わせと配分で安定した的中で更に払い出しが10000円以上に馬券が化ける。
なので、、、簡単なはなし1レース~12レース毎回2000円も使う必要もない。なるほどね、、、普通に前半戦×100円買いで予算額を制限して買えば1日10000円以内で遊べる。点数も7点・8点以内なのでそのまま1000円以内で遊べる。
的中してる配当もそこそこ高いのでいきなりプラスも可能。
要するに今までの買い方をベースにこの予想ロボを使う事で真の俺が理想とする買い方に方向性が見えてくる。
そしてその馬券が意外だったのだが(笑)、、、
普通に今まで万馬券ありきの高配当狙いしているがああして買えばリスクもなく、、、普通に2000円以内でシュミレーションの結果上66000円も可能、、、だった。
なぜ2000円以内でシュミレーションしているのか!?
予算額の都合と制限も有るのだが、、、何よりも忘れたらダメなのは『予想ロボの結果の正確さ』なので、、、先ずは基本的な基盤作り。最低でも拾える可能性が高い馬券の買い方、、、何よりも驚いたのは最低でも1000円確保の意味ででの基盤作りの段階で『10000円以上』のシュミレーション結果が連発
この2000円以内で3通りの買い方をしてこの結果、、、基盤を作れば更に予算額の増額を考えている。現実的に追加3000円、、、5000円以内でシュミレーションを考えている。当然予算額を少なく設定したい。あくまでも『リアル馬券』を想定している。シュミレーションの結果で安定してる買い方でも12レース中12レース不的中の結果も3月半ばであった。この結果からもなるべく少ない予算額で全敗もあると考えておくべき…
馬券を買うということはすなわち最悪の結果も頭に入れておく。毎回最高の結果になるとは限らない、、、そこが修正できて全敗のシュミレーション結果から3400円確保できた。
24000円が0の結果と24000円が3400円確保だと同じ負けでも後々違ってくる。最大で1レース66000円、、、あの馬券の買い方でこの結果ならば、、、普通に今年買い方でもうまくなったなと自画自賛していたがまだまだ下手くそだった事を思い知らされた。
2000円以内でこんな有効な買い方があるのであるならば無理に万馬券を狙う必要もなくならる。
何度も言うが工夫次第、、、その工夫次第でを知りたくてウマニティと多少もめた。方向性が定まったという事は即ち馬券のスタイルが完成した。
ついに、、、レース次第で、、、3連系も主体にでかそう、、、予想ロボを利用できるか出来ないかでうんていの差。
こんなにも買い方ひとつで馬券が化けるのか、、、
今日まで今年から無駄な買い方は何一つ無くなったと勘違いしていたが、、、2000円以内でこういう買い方でもハマれば勝てるのか、、、

フランツ正義の魂さん 6月9日(金) 19:25

ここのPOGで、幸運にも、フランツを落札できた。

確か、管理する音無師は、皐月賞は勝った(ヴィクトリー)が、
日本ダービーはまだだったという記憶がある。

昨年度は、ここのPOGでも、同厩のアドミラブルで
惜しい思いをしたので、今年度はフランツに
頑張って欲しいものである。

マニアックな話だが、フランツの父が「エルンスト」だったら、
もっと面白くなったと思うが。

[See more]

今シーズンのPOGの初期リストより…藤沢雄二さん 6月9日(金) 08:03

6月を迎え、POGは新しいシーズンが開幕しました。
ウマニティPOGでも2回目の入札が始まっていて、先週の1回目の入札ではそれぞれに悲喜こもごもがあったのではないかと思われます。

ディフェンディングチャンピオンとして迎えるスペシャルワールドでの新しいシーズンの指名馬選びですが、その手法はウマニティPOGの2年目(2014〜2015シーズン)から基本的に変更はありません。
そのやり方はというと…

)菁、オークスの週にドラフトが行われる主戦場のPOG(=15頭持ち)に向けて20頭の指名リストを作る
▲疋薀侫箸侶覯漫獲得できた15頭をウマニティPOGの1回目の入札で入札する
残りの5枠+1回目の入札で落札できなかった頭数分の枠を『お試し枠』として来シーズンのドラフトに繋げられるように意識して、残りの指名馬を選択する
い海痢悗試し枠』では既走馬はもちろん指名しない。また主戦場のPOGで他の参加者が獲得している馬も指名対象外とする。

指名の流れはこんな感じです。
色々なPOG大会に参加している方は、その大会毎に指名馬を分散させたいと思っている人の方が多いかもしれませんが、自分は特に主戦場のPOGとウマニティPOGにおいてはなるべくなら揃えたい派で、別々に指名した馬が同じレースで被った場合に『どっちを応援すればいいの?』という状況はできるだけ避けたいので。

というわけで、以下に記したのが今シーズンのリストとドラフトの成否です。

1.ラストグルーヴの2015(牡/栗東・藤原英)
→○
2.モルガナイトの2015(牝/栗東・高野)
→○
3.ミスパスカリの2015(牡/栗東・音無)
→○
4.ミスアンコールの2015(牡/栗東・友道)
→×
5.ブルーメンブラットの2015(牝/栗東・石坂)
→○
6.イルーシヴウェーヴの2015(牝/美浦・堀)
→○
7.ヒルダズパッションの2015(牡/栗東・池江)
→×
8.アドマイヤテンバの2015(牡/栗東・友道)
→×
9.ハヤランダの2015(牡/栗東・須貝)
→×
10.アオゾラペダルの2015(牡/美浦・高木)
→×(抽選負け)
11.スターアイルの2015(牝/栗東・音無)
→×
12.アガルタの2015(牡/栗東・角居)
→○
13.リッスンの2015(牝/栗東・角居)
→×
14.バレエブランの2015(牡/栗東・須貝)
→○
15.シーズインポッシブルの2015(牝/栗東・小崎)
→○
16.シーズンズベストの2015(牝/美浦・鹿戸雄)
→○
17.シルバーフォックスの2015(牝/栗東・庄野)
→○
18.フォルテピアノの2015(牝/栗東・安田隆)
→○
19.アメジストリングの2015(牝/美浦・斎藤誠)
→○
20.ダンスインザムードの2015(牝/栗東・松永幹)
→×

この主戦場のドラフトでは『リスト提出式』という方法を採用しています。
ドラフトというからには全ての参加者が一同に介してというのがいいのでしょうけど、
・幹事の方が九州在住である
・海外から参戦している人もいるので、全員が揃う時間というのが無理
・私自身、Skypeを使えないw
などの理由で、リスト提出式という方法が採用されています。

そもそもこのPOGが始まったきっかけが、幹事さんのブログのコメント欄で盛り上がった勢いで始まったので、参加資格というのが
『幹事さんのブログでコメントのやり取りをした人』だったんですね。
なのでリスト提出方式というのにも初回の参加者が納得して始まったことなので、それを踏襲しているという次第。この6月からのシーズンで11回目を迎えるのですが、過去10年で幹事さんの優勝が一度もないことで不正がないことは概ね証明できるでしょう。特に昨シーズンなんて皐月賞の頃まで1勝しかしていなくて、すわ大会ワースト更新か?と周りが心配したくらいなので。(結果的に3勝しましたが)

まあその後に参加資格に『参加者からの紹介』というのが加わって、概ね18人、多い年で21人という年がありましたけど、今シーズンは15人と参加者が少なめになっています。
先の話になりますけど、2018〜2019シーズンに参加したいと思う方がいらっしゃれば私にメッセージでもいただければ。3人ぐらい増えても問題はないでしょうから。一応、紹介することになれば、幹事さんの雰囲気に合いそうかどうかの判断はさせていただきますけど。
それよりも今の段階なら、幹事さんのブログにコメントを書いて幹事さんと仲良くなった方が話が早いかもしれませんねw

さて参加者が少ないということはドラフトにも影響があるわけで。
前年比3人減なのですけど、そのうちの1人はここ3年ほど『ディープインパクト固め』をしていて、もう1人はキャロットの会員さんということで『キャロット固め』をするPOG的にキャラの立った人だったので、余計にドラフトに影響があるシーズンになりました。

その辺を考慮して作成したのが上記のリスト。
ザッと見て「その馬、その順位じゃ取れないでしょ!」と思った方もいるかと思いますが、こちらとて全ての馬を取れるとは思っていないし、取ろうとも思っていない。
ディープインパクト産駒6頭にキングカメハメハ産駒4頭を無傷で取れるようだったら、ウマニティPOGでのポイント配分の心配が大きくなるもの。
それとドラフト特有の『展開のアヤ』みたいなのを見つけるためにも、ある程度取れない方が都合がいいこともあるわけで。
まあリストを使いきったらそれまで、というのではなく指名枠が足りなかったら開幕前に申告して埋めればいいので。

では取れなかった馬に関して簡単に、一応、リストアップした理由を。

・ミスアンコールの2015
これまで全姉のテンダリーヴォイスとミンネザングを指名していた思い入れのある血統で、初の牡馬+初の関西入厩(友道厩舎)。
一般的にはサイズがあった方がいいとされているけど、小さかったテンダリーヴォイスの方がコンスタントに使えてアネモネSを勝ったのを思えば、『牡馬にしては体が小さい』と言われているこの馬にとってはむしろそれは好材料なのでは?
そして秋デビューの姉2頭が今一つ弾けなかったのを考えると、5月には栗東に入っていて中京デビューが予定されているというのも早期始動だったテンダリーヴォイス寄りで好材料…という目論見だったのだけど、1位で書いた人がいたので取れなかったという話。

まあちょっとボヤくけどね。これまでミスアンコールをリストアップしてきた人って誰もいないのよね。
ここのPOGも10年やっていれば参加者の入れ替わりもそれなりにあって、それこそ初期の頃は半数以上の参加者がブログを更新していたので情報戦もそれなりに行われていたのだけど、最近は幹事さんはともかく横のつながりは本当に希薄になっているから、その辺はだいぶドライになっている。ひょっとしたらツイッターぐらいはやっているのかもしれないけれど、アカウント知らんもの。初年度から参加している身からすると新顔さんはもう少し自分をアピールしてくれって話で。
だからね、1位で書いたのなら仕方ないけど、せめて仁義ぐらい切ろうよって。
いや、これまでの上を2〜3頭無風で指名してきたのに、ディープインパクト産駒になった途端に(特に牡馬)なんの断りもなく持っていく輩が多いのよね。

まあ自分の成績は昨シーズンは終盤に失速して4位だったけど、ドラフト期間中は首位にいて、2世代前が3位で、3、4世代前は連覇を達成しているから、この5年以内に参加してきた人から見ればそりゃあ一番マークされる立場にあるのかもしれないけど、別に絡んでもらうことは構わないし、むしろ絡みがない方が嫌なわけで。

で、長いことやっていると『他人の血統を横取りするとロクなことがない』というのは個人的なPOGあるあるw
なので今年、ミスアンコールを指名した人は気をつけておいた方がいいかもしれません(^^;

・ヒルダズパッションの2015
『池江厩舎×ノーザンファーム×牡馬』を書いときゃだいたい当たるぅ〜(某アイドル風w)
というわけで、当初はこの枠でギーニョの2015を考えていて、こちらは『池江厩舎×島川氏』という長打コースも望める組み合わせなのだけど、「気性が不安定で脱北できない」とかいう話を見かけて再考した結果、キャロットのディープ牡馬のこの馬をリストインさせたけど甘くはなかったw

・アドマイヤテンバの2015
『エアグルーヴの一族』という括りではラストグルーヴの2015よりもこちらの方が注目を集めていたようで。
「函館でゲート試験を受けて札幌デビュー」というかなり具体的な話も出ていたのが評判に加速したのかもしれないけれど、個人的には『6番・7番を打つ中田翔なら怖いけど、4番の中田翔なら怖くない』そんな感じ。
というのも友道厩舎とダイナカール牝系の馬の相性が今一つ。
ドゥラメンテの全姉になるボージェストは期間内未勝利だったし、アドマイヤキンカクが期間内1勝。あとノーブルソニックも期間内未勝利だったもの。
そしてキングカメハメハと母の父クロフネの噛み合わせもそんなによくないイメージがある。
だからダメとは言わないけど、下位打線ならチャレンジできるけど…という感覚になるわけですよ。

・ハヤランダの2016
高打率を誇る『須貝厩舎×ハーツクライ』の中で、オークスの前にそれなりの情報が出ていたのがこの馬。9月の阪神を予定して金子さんだから、とりあえず書いとけ的な枠。なので取れたらラッキー的な感覚でした。

・アオゾラペダルの2016
オークス週の時点で既に美浦に入っていて、坂路の時計もマズマズで開幕週デビューがファーマメントのことなんですが、じゃんけんで負けましたw
デビュー予定が出ていただけでなく、スカーレットインクの3×4という牝馬クロスが魅力的だったので、厩舎が厩舎だからこれはノーマークだろうと思っていたんですけどね。
ただ1番人気の新馬戦で7着だったから結果オーライなのかな。

・スターアイルの2015
過去に指名したミッキーアイルの全妹で、9月の阪神を目標と順調のようなのでとりあえずリストインさせてみたけど、この馬相当に人気なのね。
それなりに走るとは思うけど、ミッキーアイルを指名していた身からすると、ミッキーアイル超えを期待したらとてもハードルが高くて物足りなさを感じるだろうと思ってそれで評価を下げただけ。
あと最近の音無厩舎は、池江厩舎ほどではないけど活躍馬が牡馬に偏っている感があるのも上位評価を嫌った要因。

・リッスンの2015
リストインした理由は「角居厩舎だから」という単純なもの。下位評価なのは、単に置きどころがなかっただけの話で。

・ダンスインザムードの2015
仔出しのいいダンスインザムードがノヴェリストを迎えたわけだが、父がノーザンダンサー系種牡馬に替わるのは間違いなくプラス。
ただ評価を下げた原因は厩舎で、松永幹夫厩舎って特にクラブの馬で優先出走権を使わない傾向が目立つから。個人馬主だと比較的に使うんだけどね。
なので勝ちきれなかった時のリスクヘッジに不安があって順位を下げているうちに一番下へw
まあ1つ勝てば(POG期間内の)優先出走権は関係なくなるので、早いうちに勝てばいいんだってことなんだけど。

というわけでここまでに確保できたのが12頭。
牡馬4頭に牝馬8頭の布陣なので、補強ポイントは明らかに牡馬。
そこで追加指名となったのが以下の3頭。

追.アパパネの2015(牡/美浦・堀)
追.エリドゥバビロンの2015(牡/栗東・須貝)
追.ブルーミングアレーの2015(牡/栗東・池江)

これが主戦場のPOGでの指名馬になります。
この第一陣で挑んだ1回目の入札結果は項を改めて。

次にアップする時間は早くても今夜なので「2回目の入札終わっとるやないか!」というツッコミはナシでお願いしますw

[See more]

あらためてマーメイドS狙いを宣言。猫寄り犬派のムトさん 6月7日(水) 23:44

あらためて、、、そしてウマニティ以外のSNSで、、、同じくマーメイドSで軸馬不在の穴馬狙いを宣言したら、、、批判とまではいかないが皮肉っぽいコメントをされていた。『他頭数買い狙いでしょ?、、、結局、、そんな当てかたして楽しめますか、、、』このようなコメントだったと思う。で、、、何が悪い?まともに狙い当たらないのならば最初から『荒れる可能性が高いレース』で万馬券だけを狙い何が悪い?というか、、、軸馬で仕留めるレースと穴狙いの強弱で買い方をかえるのは当たり前に思うが!?荒れる可能性が高いならば逆に荒れたオッズだけを狙い万馬券以外を切り捨てるのもひとつの方法だが!?、、、逆に言えば桜花賞・皐月賞・オークスは的中したが日本ダービー・ヴィクトラルアマイルは不的中。それぞれのレースにはそれぞれの特徴がありその特徴に応じて馬券を買い狙う。『牝馬のハンデ戦重賞』はそれ相応の考え方があるのでそのような買い方を『生涯』狙うと決めた。その条件をひたすら狙う、、、真面目に予想したとするなら軸馬はマキマムドパリだよ(笑)、、、でもな!!万馬券を拾える可能性があるレースは万馬券ありきの馬券を買い続ける。まともに狙うレースと特殊なレースはその独特なやり方を貫く。だから何回も言っているだろう、、、俺は天の邪鬼を貫くと今年の金杯から宣言し続けているが!?、、、確かに収支はマイナス。だからといって買い目は人の予想を真似していないが!?、、、卑怯?、、、時には的中ありきのプラス狙いの何が悪い?まともに予想するレースと特殊なレースの見極めな?、、、野球で例えるならば緩球のつかいわけだよ(笑)、、、おわかり?、、、皐月賞アルアイン軸で笑われるも的中した。安田記念、対抗もロゴタイプから買い的中した。日本ダービーアルアイン軸に不発。、、、時には的中。時には笑われバカにされ、、、競馬ってそれでいいんじゃないの?、、、俺は皐月賞も安田記念も的中してもいるが逆に他の簡単なレースや泣いたレースは数知れず、、、だから逆に自分自身がチャンスだと思いこんだレースを強引につくりそして強引な理屈でがんじがらめにする。、、、その中で10回に1回でも万馬券が絡めばいいんじゃないの?そんな目くじらたてて卑怯って言われてもな、、、逆に何で万馬券狙える可能性もあるレースで万馬券狙える買い方を思い付いてお前はそれを狙わないの!?、、、で万馬券的中してたらあの時買ってたらってコウカイしてんだろ?、、来ようが来なかろうが俺は『牝馬のハンデ戦重賞』はこの先々ダービー牝馬ウォッカが登録されてようがウォッカを消して買い続ける。、、、もしくはウォッカ軸の荒れる伏兵狙いに徹する。、、、あぁ、、、君はそういう買い方して楽しめますか!?って聞いただけだったな、、、悪い悪い、、、答えは楽しめる、、、だよ(笑)、、、競馬は1レースだけじゃないんだ。時には堅く、時には変化球を使いその中で限られた予算額の中で工夫して買う。12レースが12レース堅い馬券を買い続けても勝てないのだよ、、、おわかり?、、、そしてその中で1ヶ月ローテーションをくんで楽しめてもいるのだよ、、、かといって万馬券だけを狙っても当たるわけじゃ無いのだよ、、、『万馬券の可能性のあるレース』を狙い続けているのだよ、、、あとは普通に予想していての万馬券。万馬券を狙って仕留めるレースと普通に予想しているレースははなか意味合いが違う。なのであらためてウマニティでも万馬券ありきの馬券を買い狙うとマーメイドSで宣言する。昨日も言ったが『荒れたら勝ち・堅かったら爆死』マキマムドパリが着たら爆死。以上マーメイドSでの事実上の敗北宣言でした(笑)、、、いやいや荒れたら勝ち、、、まだまだわからんぞ?俺の中でこのレースはそういう買い方をするレース。以上終わり。

[See more]

POG2017−2018の人気馬を物色するpartやすの競馬総合病院さん 6月6日(火) 20:45

今日は、POG2017−2018シーズンの人気馬を物色して、いいな〜と思う馬がいたら、netkeiba.comやJRAVANなどで開催されてるPOG大会の指名馬に決定しようと思います。

ぼくは2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、POG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牝馬 シーリア(父キングカメハメハ 母シーザリオ 角居厩舎)
父キングカメハメハなんでリオンディーズの全妹になりますが、日刊スポーツの2歳牝馬部門で最上位の評価されたそうで、かなり期待できるのかな〜。
9月の阪神開催でデビュー予定らしいですが、どんな走りしてくれるかすごく楽しみやし、2歳王者リオンディーズの全妹なんで2歳女王の期待も膨らみます。
ぼくの場合、母シーザリオの時点で指名決定。
母シーザリオがオークス馬なんで、オークスを勝って母・娘オークス制覇をしてくれると最高ですが、オークスに出走してくれたらそれだけでも最高にうれしいです。

牡馬 タニノフランケル(父フランケル 母ウオッカ 角居厩舎)
ウオッカの4番目の子供にして初のフランケル産駒。
相変わらず馬体は大きくて540kgを越えてるそうですが、すでに入厩して調教を順調にこなしているそうです。
父がフランケル、母がダービー馬のウオッカというだけですでに相当価値高いけど、サンデーサイレンスやキングマンボという日本で主流の血が入っていない牡馬なんで活躍したら種牡馬としての価値は想像を絶する高さになりますね。
もし、この馬がダービー勝ったら、母の父・母・息子の親子3代ダービー制覇ということになりますが、フランケル産駒はソウルスターリングがオークス勝ったりで日本でも活躍馬がいるだけに夢がますます膨らみます。

牝馬 プリメラビスタの2015(父オルフェーヴル 母ビワハイジ 池添学厩舎)
ブエナビスタなど活躍馬を多く出してきたビワハイジと三冠馬オルフェーヴルの配合なんでどこまで活躍するのかワクワク感すごくあるし、ビワハイジ最後の子ということなんでよりいっそう頑張ってほしいな〜と思います。
騎手が誰になるかはわかりませんけど、もし、池添騎乗でGI勝ったら、兄(騎手)・弟(調教師)の兄弟GI制覇になりますね。
オルフェーヴル産駒は初年度産駒なんで何もわかりませんが、イメージ的にはスタミナありそうで桜花賞よりはオークス向きなのかな〜って気がします。
(桜花賞・オークスともに好走する馬多いんで、あまりどっちに向いてるとか関係ないかもですが)

牡馬 シンハラージャ(父オルフェーヴル 母シンハリーズ 石坂厩舎)
ぼくのPOG馬だった半姉のシンハライト(ディープインパクト産駒)がオークス1着、桜花賞2着と大活躍してお世話になったし、母のシンハリーズは種牡馬に関係なく安定していい子を出してるんで、オルフェーヴルとの子供がどんな活躍するのか楽しみです。
「デイリースポーツPOG虎の巻」の表紙になってたぐらいなんで注目度も期待度も相当高い馬っぽいですね。
半姉にオークス馬がいるけど、兄や姉を見てると1600〜2000mがよさそうに思うんで、1番向いてる3歳春のGIはNHKマイルCだと思うけど、皐月賞やダービーで活躍が見たい馬ですね。

牝馬 マルケッサ(父オルフェーヴル 母マルペンサ 池江厩舎)
半兄のサトノダイヤモンド(ディープインパクト産駒)が菊花賞・有馬記念1着など大活躍してるんで、父がオルフェーヴルになってどんな活躍するのか楽しみです。
関係者のコメントで「オルフェーヴルの代表産駒になってほしい」と期待されてるそうですが、「サトノダイヤモンドというよりはオルフェーヴルという感じ」らしいんで、粗削りだけど潜在能力はかなりあるという感じなのかな?
半兄のサトノダイヤモンドは、ぼくの競馬歴の中で3歳春の時点でこんなに完成度高い馬ってアグネスタキオンとサトノダイヤモンドぐらいしか記憶にないってぐらい抜群の競馬センスしてた馬。
父のオルフェーヴルは、現役時代に数々のやんちゃ伝説を残したいろんな意味ですごい馬。
なので、サトノダイヤモンドとオルフェーヴルのどっちと比べられても、両方とも極端すぎてマルケッサがかわいそうかなって気はします(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
POG2017−2018の指名決定馬
・シーリア(父キングカメハメハ 母シーザリオ 角居厩舎)

シーリアは母シーザリオの時点で指名決定。
あとの馬に関しては、指名するかどうかまでは今のところわかりませんが・・・。

タニノフランケルに関しては、
オーナーがウオッカにディープインパクトやキングカメハメハなど今の日本競馬の主流の種牡馬と配合させることなく、欧州に滞在させて欧州の種牡馬と配合させ続けてて、きっとすごくお金もかかってると思うけど、日本競馬のもっと先を見据えて行動し続けてるのはすごいな〜と思うので、それを応援する意味でもタニノフランケルは指名しようかな〜と思ったりもしています。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
今日の東海ダービー(名古屋競馬場 ダ1900m)で6番人気のカツゲキマドンナに乗ってた木之前葵騎手がスタートした直後に落馬しちゃいました。

VTRで見たら、これは落馬しちゃっても仕方ないというぐらいに見えたんで、馬や木之前騎手が無事だといいなと思いましたが・・・。

スタート直後の落馬なんで、この馬から馬券買ってた人達はレースが終わるまでの数分間で無の境地に達してしまい新たな何かに目覚めてしまった方もおられるかも?

2年前の北海優駿(ダービー)で1.1倍の圧倒的1番人気でスタートした直後に落馬したオヤコダカの時は、ポイント狙いでオヤコダカ絡みの馬券に大金をぶち込んだ人達の阿鼻叫喚が聞こえてきそうで、競馬って恐ろしいな・・・と痛感したのを鮮明に覚えています。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

[See more]

鞍上替えればG亀薀吋ぅ▲ぅ痢璽謄奪正義の魂さん 6月5日(月) 22:09

ここのPOGで、サトノオンリーワンに入札したが、
落札はできなかった。

だが、新馬戦2着とはいえ、1着馬にかなり
離されてのものだし、大物といえるかどうかは
疑問が残った一戦であった。
落札できなかったことが、かえって吉と出たか。

対して、ケイアイノーテックは、最後の直線で
他馬をまったく寄せ付けずの圧勝であった。
ダート血統などとも囁かれていたが、
結果は芝の重賞でも、充分に好走できる、
と深く印象付けられるものであった。

しかしケイアイノーテックの場合、
鞍上のJRA最弱の騎手・福永祐一を降ろし、
別の騎手に替えることが、最重要である。

奴の場合、小さなレースでせこく勝ち、
大きなレースをその人気馬で負けさせ、
観衆を落胆させることが趣味であると、
今年の皐月賞等を観て、よく分かったからである。

[See more]

SATSUKI SHO Strategy Tool

Up-and-coming tipsters/Smash Hits -SATSUKI SHO2017-

Up-and-coming tipsters may help your prediction! We provide a lot of tips if you are an Umanity Member(Free)! It is definitely worth checking!

  • Tips(Including Pro)
  • Tips(Free Only)
Winners
Update:16Apr 16:32
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result SATSUKI SHO
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 いっくん Ikkun 16% 3424% 11,967,900 None
2 EGGEYE 9ec81f6437 Lv 106 50% 712% 2,205,580
3 ワタシはカモメ 382fc2de96 Lv 53 50% 10643% 2,108,720 None
4 へるきん@大牟田 Herukin Lv 109 74% 617% 1,811,480 None
5 オオシマナギサの仔 oshimanagisaJr Lv 30 100% 17603% 1,750,300 None
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold
Winners
Update:16Apr 16:32
Rank Tipster Name Tipster
Level
Tipster
Class
Today's Result SATSUKI SHO
Tip
Open
Range
Hit Rate Return Rate Winnings(JPY)
1 9ec81f6437 9ec81f6437 Lv 106 50% 712% 2,205,580
2 39c87be472 39c87be472 Lv 98 27% 1568% 1,615,000
3 hajime hajime Lv 94 25% 281% 643,200
4 8cbd05d853 8cbd05d853 Lv 109 11% 277% 636,390
5 hige2000 hige2000 Lv 9 100% 6906% 612,600
=Open(Free) to all
=Open(Free) to person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend and person who add you to watch list
=Open(Free) to Uma friend
=Sell by Gold

Result:「U Index」for Umanity Members(Free) -SATSUKI SHO 2017-

  • Entry List
  • Race Card
  • Result
Place BN HN U Index
(Predict)
Horse Name Sex
Age
Wt
(kg)
Jockey Trainer Be
long
Horse
Weight
(kg)
Odds Fav
(JRA)
Time Margin
1 6 11 91.7 Al Ain M3 57.0 K.Matsuyama Y.Ikee WEST 518(-2) 22.4 9 1.57.8
2 4 7 92.5 Persian Knight M3 57.0 M.Demuro Y.Ikee WEST 480(-2) 8.1 4 1.57.8 Neck
3 5 10 92.5 Danburite M3 57.0 Y.Take H.Otonashi WEST 466(-4) 56.1 12 1.57.9 3/4
4 8 16 85.5 Clincher M3 57.0 Y.Fujioka H.Miyamoto WEST 476(0) 76.7 13 1.58.1 1_1/4
5 3 5 91.7 Rey de Oro M3 57.0 C.Lemaire K.Fujisawa EAST 484(+8) 10.4 5 1.58.2 Neck
6 1 2 89.4 Suave Richard M3 57.0 H.Shii Y.Shono WEST 504(+4) 7.0 2 1.58.2 Neck
7 4 8 95.9 Fan Dii Na F3 55.0 Y.Iwata T.Takano WEST 504(-4) 2.4 1 1.58.3 Neck
8 8 17 90.2 Win Bright M3 57.0 M.Matsuoka Y.Hatakeyama EAST 466(+6) 14.7 6 1.58.3 Head
9 2 4 90.6 Cadenas M3 57.0 Y.Fukunaga K.Nakatake WEST 452(-8) 7.2 3 1.58.3 Neck
10 5 9 90.4 Platina Voice M3 57.0 R.Wada I.Sameshima WEST 504(0) 41.7 10 1.58.3 Head
11 7 13 90.3 Satono Ares M3 57.0 K.Tosaki K.Fujisawa EAST 500(0) 19.8 8 1.58.4 1/2
12 3 6 90.3 Outliers M3 57.0 H.Tanabe S.Kojima EAST 480(-2) 16.5 7 1.58.4 Head
13 8 18 89.2 Trust M3 57.0 D.Shibata H.Nakamura WEST 472(+4) 153.6 17 1.58.6 1
14 2 3 90.7 Komano Impulse M3 57.0 T.Eda M.Kikukawa EAST 460(-2) 127.3 16 1.58.6 Neck
15 7 14 83.0 King's Rush M3 57.0 Y.Shibata T.Kubota EAST 520(-2) 224.4 18 1.58.7 1/2
16 1 1 90.8 My Style M3 57.0 N.Yokoyama M.Kon WEST 452(+2) 79.0 14 1.59.6 5
17 7 15 90.2 Adam Barows M3 57.0 K.Ikezoe K.Tsunoda WEST 498(-6) 43.7 11 2.00.3 4
18 6 12 92.8 America's Cup M3 57.0 F.Matsuwaka H.Otonashi WEST 446(-4) 84.1 15 2.00.5 1_1/2
Lap Time 12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7
The first half 12.1-22.9-35.1-46.8-59.0
The latter half 58.8-46.4-34.5-23.1-11.7

Payoff

Win11 2,240 JPY 9(Fav)
Show
(Place)
11 650 JPY 9(Fav)
7 320 JPY 4(Fav)
10 1,340 JPY 12(Fav)
Bracket quinella4-6 2,380 JPY 10(Fav)
Quinella7-11 8,710 JPY 31(Fav)
Quinella Place7-11 2,250 JPY 25(Fav)
10-11 16,960 JPY 102(Fav)
7-10 6,770 JPY 58(Fav)
Exacta11-7 20,720 JPY 67(Fav)
Trio7-10-11 176,030 JPY 306(Fav)
Trifecta11-7-10 1,064,360 JPY 1,646(Fav)

What is the U-index?
It is an index developed exclusively by Umanity to indicate the performance of a horse race.
The value is based on the time over the distance of each horse up to now, and estimates whether and how well they will perform in this race; as such, the higher the index, the better the race performance is expected to be.
The details are here!

Step Races -SATSUKI SHO 2017-

Sun,12Feb2017KYODO TSUSHIN HAI  Tokyo Turf1800m Firm

1st 1 Suave Richard ENTRY 3.1(2Fav) H.Shii 1:47.5 94.6
2nd 8 Etre Digne 25.6(6Fav) Y.Shibayama 2_1/2 91.9
3rd 4 Move the World 2.8(1Fav) K.Tosaki Head 91.9
4th 3 Taisei Starry 5.7(4Fav) C.Lemaire Nose 91.9
5th 2 Dear Shooter 73.3(9Fav) H.Tanabe Head 91.9
>>See more

Sun,5Mar2017YAYOI SHO  Nakayama Turf2000m Firm

1st 11 Cadenas ENTRY 3.3(1Fav) Y.Fukunaga 2:03.2 94.1
2nd 10 My Style ENTRY 26.4(8Fav) N.Yokoyama 1/2 93.5
3rd 4 Danburite ENTRY 9.1(5Fav) C.Lemaire 1_1/4 92.3
4th 1 Best Approach 18.6(7Fav) K.Tosaki Nose 92.3
5th 5 Satono Max 9.8(6Fav) A.Starke Neck 92.3
>>See more

Sat,18Mar2017WAKABA STAKES Hanshin Turf2000m Firm

1st 10 Adam Barows ENTRY 8.6(4Fav) K.Ikezoe 2:00.3 96.8
2nd 8 Eclair Sparkle 3.3(2Fav) Y.Kawada Nose 96.8
3rd 7 Invicta 2.8(1Fav) C.Lemaire 2 95.0
4th 11 Shironii 21.1(8Fav) A.Starke Neck 95.0
5th 4 Shiny Gale 6.3(3Fav) Y.Fukunaga 1_3/4 93.2
>>See more

Sun,19Mar2017SPRING STAKES  Nakayama Turf1800m Firm

1st 10 Win Bright ENTRY 8.1(5Fav) M.Matsuoka 1:48.4 95.2
2nd 8 Outliers ENTRY 3.5(2Fav) H.Tanabe 1/2 94.5
3rd 7 Platina Voice ENTRY 19.3(6Fav) R.Wada 1/2 93.9
4th 9 Satono Ares ENTRY 3.2(1Fav) K.Tosaki 3/4 93.2
5th 11 Tricolore Bleu 3.9(3Fav) M.Demuro Neck 93.2
>>See more

Sat,25Mar2017MAINICHI HAI  Hanshin Turf1800m Firm

1st 3 Al Ain ENTRY 7.7(2Fav) K.Matsuyama 1:46.5 94.6
2nd 1 Satono Arthur 1.2(1Fav) Y.Kawada 1/2 94.0
3rd 6 Kiseki 32.8(7Fav) A.Starke 1/2 93.3
4th 7 Platinum Bullet 14.2(5Fav) K.Ikezoe 2 91.3
5th 5 Trust ENTRY 16.9(6Fav) Y.Tannai 1_3/4 89.3
>>See more

ENTRYstands for the horses in the entry lists. The numbers next to "RunningTime" indicate an U Index(Results).

Results(Past 10 Years) -SATSUKI SHO 2017-

2016 SATSUKI SHO 17Apr2016 Nakayama11R Turf2000m Firm

SATSUKI SHO 2016

1st 18 Dee Majesty 30.9(8Fav) M.Ebina 1:57.9 102.9
2nd 3 Makahiki 3.7(3Fav) Y.Kawada 1_1/4 101.7
3rd 11 Satono Diamond 2.7(1Fav) C.Lemaire 1_1/4 100.6
Win 18 3,090 JPY(8Fav) Trio 3 - 11 - 18 6,000 JPY(17Fav)
Quinella 3 - 18 6,220 JPY(18Fav) Trifecta 18 - 3 - 11 70,390 JPY(172Fav)

2015 SATSUKI SHO 19Apr2015 Nakayama11R Turf2000m Firm

SATSUKI SHO 2015

1st 2 Duramente 4.6(3Fav) M.Demuro 1:58.2 102.4
2nd 5 Real Steel 3.8(2Fav) Y.Fukunaga 1_1/2 101.2
3rd 7 Kitasan Black 9.7(4Fav) S.Hamanaka 2_1/2 98.9
Win 2 460 JPY(3Fav) Trio 2 - 5 - 7 3,110 JPY(10Fav)
Quinella 2 - 5 790 JPY(2Fav) Trifecta 2 - 5 - 7 12,360 JPY(30Fav)

2014 SATSUKI SHO 20Apr2014 Nakayama11R Turf2000m Firm

SATSUKI SHO 2014

1st 2 Isla Bonita 5.1(2Fav) M.Ebina 1:59.6 100.7
2nd 17 To the World 3.5(1Fav) Y.Kawada 1_1/4 99.5
3rd 18 Win Full Bloom 24.9(8Fav) D.Shibata 1/2 98.9
Win 2 510 JPY(2Fav) Trio 2 - 17 - 18 7,690 JPY(22Fav)
Quinella 2 - 17 920 JPY(1Fav) Trifecta 2 - 17 - 18 33,490 JPY(98Fav)
Date Venue No.of
Horse
Going Horse Name Odds Fav Jockey Time U Index
(Result)
14Apr2013
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Firm Logotype 3.7 1 M.Demuro 1:58.0 100.1
15Apr2012
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Good Gold Ship 7.1 4 H.Uchida 2:01.3 103.8
24Apr2011
SATSUKI SHO
Tokyo 18 Firm Orfevre 10.8 4 K.Ikezoe 2:00.6 100.8
18Apr2010
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Good Victoire Pisa 2.3 1 Y.Iwata 2:00.8 99.7
19Apr2009
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Firm Unrivaled 6.1 3 Y.Iwata 1:58.7 104.9
20Apr2008
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Firm Captain Thule 17.1 7 Y.Kawada 2:01.7 101.1
15Apr2007
SATSUKI SHO
Nakayama 18 Firm Victory 17.3 7 K.Tanaka 1:59.9 98.8

SATSUKI SHO Strategy Tool